FC2ブログ

インド料理のSarasでディナー




パタヤの夜は長い。不夜城のようにいつまでもお店は閉まらない。朝は遅いけどね。

パタヤの街中ではインド料理店というのが実に多い。タイ料理店よりも多いんじゃないかって気がするくらい。

2軒にひとつはインド料理店の割合であるけど、そのほとんどにお客さんが入っていない。お客さんがいなくても撤退はしない。

むしろバービアとかゴーゴーバーの方がすぐ撤退するようだ。馴染みの店とか馴染みの女とか作っても無駄。店も女もすぐに撤退するからいつでもイチゲンさん扱いになってしまう。まあ個人的感想だけどね。

そういう話をタイ人としていたら、ゴーゴーバーじゃなくて「ア・ゴーゴー」だよって訂正されてしまった。確かに「a gogo」と書いてあるからそうなのか。

タイマッサージの馴染みの店もホテルに直属だったので、まさか潰れてないだろうと思って行ったら、ホテルごと潰れて取り壊しになっていた。

まさに諸行無常である。


そんな話はともかく。インド料理の話に戻そう。

インド料理店は山ほどあるが、味はじつにバラバラ。確かに安いと思うのだが、しょっぱいだけのカレーとか、香辛料が単純っぽい店もある。

その中でお薦めだと思うのは、ロイヤルガーデンプラザにあるインド料理の「Saras」

ロイヤルガーデンプラザのビーチロード1側にある。

01_191927Sarasdinner.jpg


お隣にバーガーキングとワインコネクションもあるのだが、実にわかりにくい。

02_191919Sarasdinner.jpg




********************************************************

お店に入ると、お客さんは全くいない。流行ってるとか流行ってないとかではない。そもそもインド料理店に入るお客がほとんどいないのである。

03_194559Sarasdinner.jpg


いちおうメニューも載せておこう。

04_192319Sarasdinner.jpg

05_192328Sarasdinner.jpg


注文したのはハーフサイズの北インド風タリー Half North Thali 235THB

ヒヨコマメのダルマサラー、パニールマサラー、バスマティ、ロティ、グラブ・ジャムンの組み合わせ。

確かに有名店だけあって、塩っぱいだけのインド料理とかではない。かといって絶賛するほどでもない。
それでもパタヤの中では安心して食べられる部類に入るかな。

06_193018Sarasdinner.jpg


この「Saras」はバンコクにもある。スクンビットソイ20のBASILICOの奥である。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : タイ・パタヤ   ジャンル : 海外情報

「La Baguette」にてティータイム




パタヤといえば、ゴーゴーバーとかバービアとかの情報ばかりですが、パタヤといっても丘の上なので、そういう情報紹介ではありません。



パタヤタイからソンテオに乗って、丘の上のティーハウス「La Baguette」に立ち寄ります。


01_121110Bagettetea.jpg


「La Baguette」は、ナクルアの入り口と、バンコクのエムクォーティアにもあるのですが、ナクルア店はだいたい中国韓国だらけでうるさい。エムクォーティア店は狭いので暑苦しい。

それでいつもパタヤに来ると、だいたいここに寄ってます。

でも今回は、けっこう満席に近かった。店内はファランだらけなのでうるさくはないのだけど、みんな同じ理由でここまで逃げてきてるのかも。



地図も載せておきます。

********************************************************
このお店はランチも美味しいのですが、午後のティータイムということで、紅茶を頼みます。ポットサービスなので、何杯でもお替りできるほどたっぷりのポットサービスです。

それとケーキからはシンプルにザッハトルテ。

02_121754Bagettetea.jpg


このチョコレートケーキはよく見ると6層のチョコになっています。

ビターとスイート、フォンダンとスポンジというように互いに違った食感が楽しめますので、少しずつ切って、紅茶をいただきましょう。

03_121715Bagettetea.jpg


そして追加でオーダーしたのがクロワッサン。

04_122016Bagettetea.jpg


表面がぱりっぱりのクロワッサンですが、中にはカスタードクリームがたっぷり。
これは欠かせません。絶対注文しなくては後悔するかも。。。


でも、どうやって作るんだろコレ。切っていないから焼いた後に追加したものではない。とすると最初から中に巻いておくことになる。

最初からカスタードを入れて巻いてそれで発酵させるとなると、カスタードが溶けだしたりパン生地に染み込んだりしないのかな。

05_122115Bagettetea.jpg


・・・・などなど考えながらお茶していたら、お客さんがだいぶ減ってきました。
そこで急いで店内の写真を撮っておきましょう。

ガラスのショーウィンドウの中がケーキとパンです。

06_125716Bagettetea.jpg


「メゾン・エリック・カイザー」よりも、こちらの方がゆったりとティータイムを楽しめるような気がします。(個人的感想ですが)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・パタヤ   ジャンル : 海外情報

遅く起きた朝にはルアンタイで朝昼兼用




パタヤに来ています。

夜遅いバスで来たので、ホテルに直帰でそのまま寝てしまいました。

正確に言えば、ホテルにチェックインして、シャワーを浴びてテレビを付けて、しばらく休んでから夕ご飯でも食べに出かけようと思ってたんですが、ふと気が付くと午前3時。

これじゃあロクな店は開いてないか~とそのまま二度寝したら、朝の10時だったわけです。

朝ご飯でも食べようかとセントラル・フェスティバルに出かけたものの、10時に開いているのは地下のTOPSだけで、フードコートも11時からです。

仕方がないので、パタヤカンのそばにカオマンガイ屋があったな~と思い出して、ブラブラ歩きます。

でも暑い々々々々々々

ソンテオ乗るにも逆方向だしな~

そうこうしているうちにロイヤルガーデンプラザの近くまで来たけど、まだお店は開いてない。

そうそう近くに「Ruen Thai」があったな。

01_110456Ruenthai.jpg


開店準備中のルアンタイで、もうご飯食べれる?と聞いたらOKだったので入店。


まずは何はともあれ、のどが渇いた。スイカのシェーク(テンモーパンแตงโมปั่น)を持ってきてもらおう。

02_111918Ruenthai.jpg



********************************************************
メニューを見てもよくわからん。

メニューが読めないとかじゃあなくって、ディナー料理とかパイナップルのお皿に盛った料理とか、観光用の料理っぽいので普通のご飯が食べたい。

そこで、カオパックン出来る?って聞いたら、OKだった。

カオパックンとかメニューに載せないのかな?

少し待ったら、カオパックンが出てきたが、美味しいぞコレッ。。。

朝から贅沢をしたみたいだけど、テンモーパンと合わせて140THB。テンモーパンが70とすると、カオパックンは70ということになる。それともテンモーパン40でカオパックンが100かな?

いずれにしてもスゴク安い。

03_112508Ruenthai.jpg


お店の中はディナーショーでタイ古典舞踊とかファイアーダンスとかできる舞台が中央にあって、周りはタイの宮廷料理を出せるような雰囲気になっている。

04_114414Ruenthai.jpg


壁のレリーフをよく見ると、キンナリーとキンナラーの物語のようだ。

しかしよく調べてもキンナリーとキンナラーの恋の物語というのは出てこない。

タイでは、話として有名なのはスダナ王子とキンナリー族の姫のマノーラの恋の物語の方である。

人間の王子と鳥の姫よりも、鳥の王子と鳥の姫の方がビジュアル的に美しいから、ちょいと変更したのかな。

05_114522Ruenthai.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・パタヤ   ジャンル : 海外情報

センターグランデのオーストリアフェア




チッドロムのCentralWorldに併設のセンターグランデホテル25Fにある「The World」でオーストリアフェアをやってます。

以前はオーストラリアフェア(オージー)だったが、今回はオーストリアフェア(エストライヒ)です。

オーストラリアとオーストリア。日本語で書くと間違えやすいのに、現地語では誰も間違えないという言葉の典型だと思う。

01_170306vinefea.jpg

むかし行ったオーストリア。ウィーンには行ったものの、ハイリゲンシュタットで時間を潰したので、ホイリゲくらいしか行かなかったので、ビールだけ飲んで料理はよくわからない。

でも印象として料理よりもケーキのほうが有名だったかな。「料理が食べられなかったらケーキを食べればいいじゃない。」って貧民の生活を知らない暴言に捉えられているけど、実際は料理に好みが合わなくて食べられなくてもケーキは世界共通なので食べられるよってイミだったのかも。


今回のお話ではウィーンの料理をいろいろ解説しながら食べてみましょう。

********************************************************
まずは、ウィンナ・シュニッツェル(Wiener Schnitzel)

「子牛のカツレツ」と訳されますが、今回は豚肉でした。実際にウィーンでも牛だったり豚だったりします。サクサクしているのですが、こういうものはどうしてもトンカツと比較してしまいますね。トンカツよりはあっさりしています。

02_134234vinefea.jpg


ウィーン風焼き鯉(Wiener ausgebackener Karpfen)

カウフンKarpfenというのは鯉のことだけど、ニジマスを使っているようでした。川魚のレモン風味焼きというところでしょう。

03_135721vinefea.jpg


エアトエプフェルグーラシュ(erdäpfelgulasch) ポテトとソーセージの煮込み料理

これはなかなか美味しい。まさに家庭料理。ポトフみたいだけど、パプリカとリントズッペが入るので、赤くなっています。

04_135707vinefea.jpg


ザワークラウト (Sauerkraut) のベーコン炒め。

ザワークラウトってドイツ料理屋さんに行くとソーセージの添え物に付いてきますが、これをカリカリに揚げたベーコンで炒めたものです。普段食べているザワークラウトも、こうするととても美味しくなります。

05_135735vinefea.jpg


********************************************************
さてウィーンと言えばお菓子は外せません。

ザッハトルテ (Sachertorte)

チョコレートケーキの代名詞ですが、正確にはチョコとアプリコットのケーキです。チョコレートベースとアプリコットベースが層をなしているものです。

06_140630vinefea.jpg


シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(Schwarzwälder Kirschtorte)

この長い名前もフランス語になるとガトー・ド・フォレノワール (gâteau de forêt noire)要するに「黒い森のキルシュ」です。
これはケーキが黒い森みたいだからか、それとも黒い森からの恵みにあふれたケーキだからか。
とっても酸っぱくておいしいキルシュです。

07_140614vinefea.jpg


エステルハージ・ケーキ(Esterhazy Kuchen)

エステラハージ公が考案したというケーキです。話はハイドンに遡ります。ハイドンお抱えのエステラハージ公。モーツァルトやベートーベンにも出資しています。というかオーストリア=ハンガリー帝国の中の最大の資産家ですのでお城も持ってます。

さてこのケーキ。パッと見は普通のケーキですが、中はアーモンドクリームとプリンのようなカスタードクリームの互層で何段も積み重なっています。

まさしくケーキの中のケーキ。東京でもなかなか手に入りません。

絶っっっっっ対、このケーキを味わうためだけにこのフェアに参加しても損はありません。

08_140654vinefea.jpg


09_141008vinefea.jpg


アプフェルシュトゥルーデル(Apfelstrudel)

アップルパイみたいですが、パイではなくてデニシュかシュー生地にアップルフィリングを入れたパンです。
そのまま食べたので少し固かったのですが、これはアイスクリームをトッピングして皮が柔らかくなるのを待って食べたほうがよかったみたいです。

10_141015vinefea.jpg


クグロフ (Guglhupf)

このフランス菓子っぽいのは、マリーアントワネットが大好物だったというクグロフです。干しブドウを入れた生地をクグロフの型に入れて焼きます。
余ったら、ラム酒に浸すとサバランみたいになります。
シフォンケーキみたいにクリームを塗って食べるといいでしょう。

名だたるケーキの大御所の後なので、ちょっと霞んでしまいましたが、これもれっきとしたウィーン菓子の代表選手には間違いない(ちょっと影がうすいケド)

11_140606vinefea.jpg


やっぱり予想通り。ウィーン料理よりもウィーン菓子でしたね。まだまだ試していないケーキがたくさんあります。
一度くらいではとっても食べきれないです。

今回もeatigo割引きで593THB(2,045円)でした。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「Indian Essence Art」でランチ




スクンヴィット・ソイ22の入り口付近には、最近インド料理屋さんが乱立している。
建物は古そうなんだけど、以前はバーと旅行代理店があったはずなので、居ぬきで店舗にしているようだ。

そのうちの一つ「Indian Essence Art」に行ってみよう。



01_134108Indea-Essence-Art.jpg


実はソイに入らずに、スクンヴィットに面した場所にも同名の「INDIAN SSENCE ART」がある。こちらは全部大文字なのだが、それはあまり違いにはならないかもしれない。



だからといって兄弟店なのかどうかもわからない。Savaijaiのように名前を騙っているだけかもしれない。バンコクには勝手に同名店を作ることはよくある。ホンモノがどちらかは分からないが、美味いほうを本物とするしかない。

02_134747Indea-Essence-Art.jpg


********************************************************
お客さん少ないね。というより全く居ないね。

お店が繁盛しているかどうかは、値段で決まる。この店はナンが80THBだったが、パトゥーナムの繁盛店では40THBである。安ければ混むのだが、美味しいかどうかは関係が無い。

03_124825Indea-Essence-Art.jpg


メニューを見てみよう。ターリーが299THB。ターリーというのは定食セットのことで、カレーが何種類か少しづつとナンとデザートが付いたもの。

04_124915Indea-Essence-Art.jpg


ドーサはプレーンが150THB、マサラドーサ160THB、チーズマサラドーサ200THB。ドーサとはクレープのように丸めた薄焼きのパンで、餡に相当するものがポテトだったり、チーズだったりする。

05_133304Indea-Essence-Art.jpg


他のメニューのいろいろ

06_133239Indea-Essence-Art.jpg


07_133205Indea-Essence-Art.jpg


08_133215Indea-Essence-Art.jpg


09_133228Indea-Essence-Art.jpg


いろいろあるので迷ってしまうが、今回は「Malai Paneer Tikka」275THB、「Prawns Massala」350THB、「Butter Naan」80THB、を選択してみる。


注文すると、お通しに相当するパパドとチャツネのセットが運ばれてきた。

10_125018Indea-Essence-Art.jpg


この店のパパドは丸まったのが3個付いてくる。

11_125036Indea-Essence-Art.jpg


しばらくパパドを食べながら待っていると、「Malai Paneer Tikka」が運ばれてきた。パニール・ティカで一口大のパニールを焼いたものということになる。マライは乳膜の~だから、「牛乳に漬け込んだパニールの焼きもの」くらいの意味になる。

パニールの間にパプリカとトマトが挟んである。

これはあまり味がしなかった。塩をかけてみるがいまいち。

しばらくは味のしないもの頼んじゃったな~と思ってたんだけど、ふとマサラに付けたらいいんじゃない?と気が付いた。

マサラ(いわゆるカレー)に浸して食べましょう。

12_130225Indea-Essence-Art.jpg



「Prawns Massala」「Butter Naan」
プラウン・マサラとプラウン・カレーの違いがはっきりしないが、プラウン・マサラの方は焼き玉ネギを使っている。プラウン・カレーの方はココナツミルクを入れてある。とメニューに書いてある。

カレーの辛さはどうしますか?と聞かれたのだが。日本では中辛かそれ以上にするけど。ここはタイランド。中辛というのは、激辛か激激辛に違いない。

そう思って「ニッノイ(ちょい辛)」を頼んだヘタレです。
結果はもう少し辛くてもよかった。次回は「タマダー(中辛)」にしよう。

13_131316Indea-Essence-Art.jpg


14_131418Indea-Essence-Art.jpg


ナンが山盛り来たのと、パニール・ティカが食べごたえがあったのでけっこう腹がいっぱいになった。Eatigo割で373THB、税10%が加わって410THB。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ジムトンプソンのシルク




イセタンに併設された「ジムトンプソン」で2m長のタイシルクを見てみます。

長さ2mで幅50cmのストールです。
色は薄もえぎ色から肌色へのグラデーション。

01_130738JTSilk.jpg


こちらは鳥の子色から赤香色へのグラデーション

02_130811JTSilk.jpg


グラデーションに見えるのは、色は2色のツートンなのですが、サテン織なので光の具合によって色調は複雑に変化します。どちらも3,800THB(13,000円)

03_130955JTSilk.jpg


高いですね。ではこの色調を覚えておいてBang Chakにある「ジムトンプソン・ファクトリーアウトレット」に行ってみましょう。

********************************************************
「ジムトンプソン・ファクトリーアウトレット」はsoi93にあります。

04_154122JTSilk.jpg





一階は生地売り場。

このジョーゼットのような生地は600THB/mです。仕立て代は不明。

05_154605JTSilk.jpg


こちらは特売品の生地。2mあって900THB。

問題は生地だけ買っても細工ができるかどうか。

電話でタイ人に聞いてみたら、サテンは無理だそうです。

06_154724JTSilk.jpg



次に4階に上がります。4階はシルクの製品~バッグ、スカーフ、シャツ、小物などのアウトレットです。


まず、スカーフ。幅1m。1,200THB(4,100円)

07_155158JTSilk.jpg


これはイサーンシルクスカーフIsan Silk Scarfとあるから、マットミーだね。1,600THB(5,500円)

08_170947JTSilk.jpg


09_170917JTSilk.jpg


こちらがストール。2m幅。2,500THB(8,600円)

ジムトンプソンの伊勢丹店に比べて安いのは柄物だからでしょうか。柄物は好みが分かれますから。

10_170232JTSilk.jpg


11_170301JTSilk.jpg


12_170307JTSilk.jpg


小物としてはハンドバッグが1,050THB(3,600円)

お土産によさげなハンドバック。

13_170715JTSilk.jpg


象のぬいぐるみが690THB(2,370円)

14_170553JTSilk.jpg


冷静に見ると、スカーフやストールは楽天での値段の1/3~1/5になります。
観光土産として気分がハイになった時に買うべきなのか、冷静にじっくり選んで買うべきなのか。
安いから~というだけの理由で買うのはどうかなって思いますよ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

アユタヤ「クーロントンワッタナー」でランチ




友人を案内してアユタヤに来ています。

お昼はアユタヤまで来たのだから、名物のクンパオ(焼き海老)を食べなくっちゃ。

ということで、レンタカーのドライバーに32号線沿いのエビ市場に連れて行ってもらいます。

ドライバー氏が選んだのは、「クーロントンワッタナーครัวทองวัฒนา」というお店。この界隈はエビ屋さんがいっぱいあるが、多分店の前に駐車できるから選んだのかな。

小洒落たインスタ映えするようなお店ではないけど、漁師町の名物料理店の雰囲気。気取ってないぶん、味で勝負!!



店の前に海老の生簀があって、350、400、450、500とあります。キロ単位でしょう。ここでどの海老を何キロにするかだけ選んで中に入るようになっています。

********************************************************

しばらく待っていたらクンパオが来た来た。これで1キロ、400THB。
エビ食べ放題状態。

うん。これは美味しいぞ。北海道カニ食べ放題みたいな感じだ。お客さんには喜ばれるな。5人で1キロあれば十分だった。
もう1キロ頼んでいたので、そちらは疲れてホテルでダウンしている人にお土産で包んでもらいます。

01_125232AyutayaKunpao.jpg


赤貝も頼んだけど、1キロでは多すぎた。半焼きなので、殻が開いてないので死んだ貝だと思われてしまって、日本人には不評でした。

日本とタイでは赤貝の食べ方が違うのですよ。日本のように味付けをしないので、柔らかいけど生っぽくなるのです。

02_124439AyutayaKunpao.jpg


これは空心菜と海老のアバロンソース煮。

クンパオよりもこちらが興味があるらしく、どうやって作るのか聞かれたので、あとでバンコクに帰ってからTOPSでアバロンソースを教えてあげよう。
でも日本では、空心菜は手に入らないな。アスパラで代用してもらおう。

03_124428AyutayaKunpao.jpg


普通にカオパックンだけど、中の海老が大きいね。
これは美味しいカオパックンだ。バンコクではなかなかこの味は出ない。海老が大きいほど味が良くなるという事かな。

辛いのが苦手だというから、ナムチムはかけなかったけど、かけないと気が抜けたような感じになるよね。

04_125825AyutayaKunpao.jpg

以上でだいたい5人前1800THBくらいかな。ビールも数本あります。アユタヤまでのレンタカーは10人乗りのトヨタコミューターを9時間くらいで、3500THB。ドライバー氏はアユタヤの人だから道に詳しい。案内はしてくれないけどね。

アユタヤ島の中はあまりお薦めできる店が見つからないのだが、郊外に出ると美味しい店がいっぱいある。
遺跡だけじゃあ観光客は先細りかもしれないのに、どうして宣伝しないんだろう。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

アユタヤ水上マーケットで象に乗る




日本から来たお客さんにアユタヤを案内しています。

いろいろ調べてらっしゃったようでマイナーな遺跡を指名して、ここに行きたい。と言われるのですが、だいたいそういった場所は閉鎖中・工事中・私有地のいずれか。

結局は有名な場所ばかり案内してしまいます。まあこれなら旅行社使わなくても行けるとこですけどね。

さささっと回って、水上マーケットに行きます。アユタヤって水上マーケットってあったっけ?

アユタヤ出身のドライバー氏もよく知らないというくらい最近できたものかな?

入場料もかかります。200THBくらい。

中に入ってもそれほど目ぼしいものがあるわけでもないけど、主な施設ではレストランかな。入らなかったけど。

アユタヤ城を囲んでチャオブラヤー川に見立てた堀で囲っています。ちょうど攻めるビルマ軍の視点ということでしょうか。

01_112751wattarat.jpg




********************************************************
水上マーケットのお隣が象乗り場になっています。700THBくらいだったかな。
お客さんには20バーツ紙幣を2枚だけ渡して、「何があってもこれだけしか無いと言っておけばいいよ」と、言っておきます。

最近アユタヤの象乗りではチップをやたらと請求するのですが、渡しても50THBくらいにしたいものです。

02_114018wattarat.jpg


親切な象使いなので途中で写真をいっぱい撮ってくれたって言うんだけど、肝心の写真は貰えてないようなので、売りつける為の写真みたいですね。単に撮ってくれたというなら、お客さんのカメラで撮らないとイミない。

この象のりの近くにはほとんど買物できそうなお店はありません。お土産を買うなら水上マーケットの方でどうぞ。

すぐ隣の檻では虎と写真が撮れます。200THB。
大人の虎なんで結構怖い。キモ試しにどうですか~と誘ってみたけど、全力で却下されました。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンブー リゾートの海鳥たち




ムアンボーランのそばにカモメで有名な「バンブーリゾート สถานตากอากาศบางปู」がある。

レンタカーの運転手が道を知らなかったので、グーグルマップを見せながら運転してもらった。どっかを設定すればタイ語によるナビが出来ると思うのだけど、どうするんだろう。


ここはリゾートではなく教育センターである。正式には「バンプー陸軍自然教育センターศูนย์ศึกษาธรรมชาติกองทัพบกบางปู」という。

タイでAPEC-ASSNが開かれた時、「Sustainable development of Mangrove」のテーマでマングローブの開発と利用及び保全が主要なテーマとなった。

その時のマングローブの利用モデルの一つとして提示された場所である。

01_143609MangrBird.jpg


かつてこの地区はエビ養殖池が広がり、産業としてのエビ養殖が盛んにおこなわれていた。
しかしエビ養殖は密集池での集中的な養殖のため、過剰な飼料による富栄養化をおこす。また防疫処理のため多量の抗生物質などの投与が行われていた。

その結果、エビ養殖池は荒廃し破棄されるので、次々と隣接したマングローブが伐採されエビ養殖池に変わっていった。

結果的には沿岸漁業は荒廃し、養殖池も荒廃するといった非循環的な食いつぶしが進んでいってしまっていた。



そこで、この橋を中心として広範囲にマングローブを保護するという王様の考えに基づいてこの教育センターが設立されることになったのである。

マングローブの根はソネラチアのような筍根、メヒルギのような支持根など複雑な根をもっており、これらの根は自然の漁礁となるので、カニや小魚の生育を助けることになる。

02_140043MangrBird.jpg


それらのカニや小魚の成長を助けることで、地域の生態系と漁業のリンクが成立し、燃料を使って遠方まで行かなくても沿岸で漁業の営みを続けることが出来るという考えである。

カモメはカニや小魚が増えているという事のメルクマールである。単にカモメのいる公園というわけではないのである。

03_150043MangrBird.jpg


→→→→しかしそういった環境保護運動をリゾートによる憩いの場として、さりげなく提案するというのがタイの素晴らしいところだと思う。

日本のように、割り箸を使わないのが自然保護だと言い出すのに、だからといってインドのように手で食べることはしないとか、自然景観を守ろうといってベタベタと立て看板を掲げるとか、言ってることとやってることの矛盾に気が付かないのが日本の環境保護運動である。

********************************************************

04_144757MangrBird.jpg


近くにはエサを売っている店もある。10THB
エサは鶏のから揚げだった。カモメは唐揚げが好物のようだ。

05_145114MangrBird.jpg


上手に手からエサを取れる子と、ドンくさくてエサを落とす子がいるんだねぇ。

06_145528MangrBird.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

海鮮料理ラビアンタレーでランチ




友人を連れてムアンボーランに行った帰りに、「ラビアンタレー ระเบียงทะเล」に寄ってみる。ラビアンタレーはバンナーにもあるけど、こちらが本店みたい。

けっこう分かりにくい場所の上に、すぐそばで土木工事をしていたからクルマが入るのに難儀をした。



「ラビアンタレー」は海のそばなので、汐風が心地よい。これならシーフード目的で、わざわざパタヤまで行かなくても済みそうだ。

01_142026Laviantarey.jpg


********************************************************
まずはお店のお薦めのトムヤム味のシーフードスープ。トムヤムタレー。

02_124954Laviantarey.jpg


海老とカナーの炒め物。これは結構おいしかった。

03_125436Laviantarey.jpg


シーバスの醤油煮込み。醤油soy sauceと書いてあったが、あまり醤油のような黒さが無い。どちらかというと塩だけで煮た感じかな。

でも魚の本来の味がよく出ている。バンコクで食べる魚は、魚の味が苦しいのでどうしても揚げたり強い香辛料を使うのだが。

ここの魚は鮮度がいいのか、塩味だけで食べることが出来る。

04_131426Laviantarey.jpg


カノムチーンは、魚に付いてきたから、魚と一緒に食べるようだ。

05_131430Laviantarey.jpg


お値段は比較的高めになっている。そのぶん海老も大振りになっていた。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ムアンボーランへ出かける




日本から友人が訪ねてきましたので、「ムアンボーラン」に出かけます。

「ムアンボーラン เมืองโบราณ」というのはサムット・プラカーンにあるテーマパークです。

昔ひとりで来た時は、511番のバスでパクナームまでバスで行ってソンテオに揺られて行ったことがあります。今回は人数も多いのでタクシーも使えません。10人乗りのレンタカーにします。

「ムアンボーラン」英語でAncient Cityとありますが、明治村みたいなもので、タイの遺跡や名所をレプリカで作ったものです。ただサイズはほぼ同寸ですので見ごたえはあります。



19年前は入場料は50THB、自転車のレンタルが50THBだったので格安の穴場だったのだけど、今回行ったら入場料700THB、カートは580THB/2時間とべらぼうな額だった。19年もたてば仕方がないか。

それでも700THBにはシャトルの代金が入っているという事なので、まだ良心的かな。そのうちシャトルも別料金になるでしょう。


シャトルは2時間コースで3ヶ所だけ停車します。レンタサイクルのような自由度は無いのですが、暑くないのでラクチンですね。

01_111135ancient.jpg


レプリカ自体は昔の方が趣があって良かった。タイ人のいう修復というのは出来立ての金ぴかに戻すことだから、日本人的に見ると修復しなければ良かったのに~ということになる。

02_101216ancient.jpg


03_102513ancient.jpg


04_113129ancient.jpg


********************************************************
こちらから下が以前のムアンボーランの写真(2000年12月)。

05old_029ancient.jpg


06old_034ancient.jpg


07old_042ancient.jpg


どうです。だいぶ感じが違うでしょ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

お土産にはサフラン




日本に持ち帰ったお土産のうち好評だったものを紹介しています。

主にレア物アイテムの紹介が多いので、バラマキ土産として定番の「ラープ味のポッキー」とか「ノニ石鹸」とかは登場しません。

今回は「サフラン」50THB

01_125523thaimiyage.jpg


「サフラン」といえば、パエリアを作るときくらいしか浮かびませんが、インド料理では、バスマティライスにこのサフランで色付けして使います。

バスマティもインディカ米の一つで長粒種ですが、タイ米とほとんど区別がつかない。あえて述べると香りが無い、パラパラ感がより強い。ですがこれは炊き方の違いかもしれません。

インド料理に限らずタイ料理でも上品に色付けしたい場合にはこの「サフラン」を使います。

色付けだけなので、ターメリックでもいいのでしょうが、ターメリックでは色がカレー色になってしまいます。

カレー色とサフラン色ってどっちも同じじゃないかって言われそうだけど。。。。

saffron-rice-19b2a42.jpg

********************************************************
タイでもスペインサフランとインドサフランは区別して売られています。

スペインサフランは雄しべ数本で1,500円くらい、インドサフランの100倍以上も高価なものです。
こちらはインドサフランとは比べ物にならないくらい香りが強く、数本入れるだけでパエリアが出来ます。

ただし気を付けないといけないことは、スペインサフランと称してインドサフランが混じっていたり、パエリアパウダーと称してターメリックだったりします。その逆は絶対に無いですね(笑)


ふだん使いでサフランライスを作るのなら、この「インドサフラン」でも十分かな。

色の出方が遅いので、スペインサフランのように入れるだけで色付くというものではありません。
まずインドサフラン小さじ1をよくすりつぶし、熱湯を加えて色だししておきます。
次にバスマティ(またはタイ米)をよく洗って、熱湯に入れて米を煮ます。
フライパンにオリーブオイルを入れ、炊きあがった米をよくお湯を切って加えます。
米の上にバターをのせて、弱火で蒸し焼きにします。
ご飯が炊きあがったら、さきほどのサフラン液を混ぜて色を付けます。

ただこの方法ではメンドウなので、直接炊飯器で炊いてしまうこともあります。
その場合は、ピラフの要領で米をバターとニンニクで炒めて、色だししたサフランを加えて炊飯器で炊けば出来上がります。


なお、タイでは青いライスも出て来ます。こちらは「バタフライピー(蝶豆)」50THBを入れて炊き上げるようです。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

そういえば今日はバレンタインデーだった




日本ではチョコレートを贈るという習慣があるようです。

でもタイではチョコというのは、あまり聞かないですね。

そのかわり薔薇の花を贈るようです。

薔薇rose00325


パステルと色鉛筆で




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 水彩画   ジャンル : 学問・文化・芸術

お土産にはクラティップ・カーオ




タイ料理店に行ってカオニャオ(もち米)を頼むと、かわいいお櫃に入って出てきます。

このお櫃を「クラティップ・カーオ กระติ๊บข้าว」といいます。



もともとはラオスの民芸品で、木や竹をカットしてお椀にしていたものが、使い捨てでは無駄になるから竹で編んだようです。

市場に行くと普通に売っているものだけど、バンコク中心街ではもう見かけませんね。

01_095853thaimiyage.jpg


大・中・小といろいろあるけど、使いやすいのは中サイズです。95THB

300円くらいの民芸品だけど、小物入れとかテーブルインテリアにも使えます。



お土産に渡したら、大好評だったのでいくつか追加購入します。
********************************************************
日本でも昔は「いいづと」と言っていたのだけどまだ残っているのかしらん。

ググってみたら「いずめ」で藁で編んだものが出てきたけど、記憶では竹籠でした。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

お土産には乾燥エビ




タイのお土産で喜んでもらえたもの。そのなかで特に安かったものを紹介してみよう。

第1回目はウドムスックの市場で購入した「干しエビ」35THB(120円)

01_124901thaimiyage.jpg


02_124816thaimiyage.jpg


こうしてみると桜海老っぽいのと、もう少し白いのがあって、白いほうが高いのだが味の方はあまり変わりがない。

日本にも売ってるだろと言われそうだけど、味が濃い。とにかく濃い。

パエリアとか、かき揚天ぷらとか、うどんに入れるとか、小エビの代用として非常に重宝するようです。

日本の干し海老はもんじゃとかお好み焼きに使うのだけど、あまりダシは出ない。多分エビの種類が違うのだと思う。
********************************************************
ただこれだけあげても、「タイ」らしさというものが全く無いから、知る人ぞ知るといった隠れアイテムになる。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「101the third place」に行ってみた




我が家の窓を開くと目の前にある高層ビル。ここは「Wisdam101」と言っていたがそれは右側のマンション。

左側の低層階ビルの方は商業ビルで「101the third place」という名前のようだ。

01_152901newshopcentra.jpg


サードだからファースト、セカンドはどうした?というと、どうもその奥に作っているのがそのどちらからしい。

この101へはウドムスックから歩いて行けます。

ウドムスック郵便局からの道は、まずスカイウォークに上がる。

02_140946newshopcentra.jpg


次にスカイウォークと101との分岐点があるから、左折。プナウィティへはこのまままっすぐ進めばいい。

03_141246newshopcentra.jpg


スカイウォークの分岐点からすぐに101の入り口が見えてくる。

04_141306newshopcentra.jpg


中に入ってみるがまだあちこちが工事中。タイではおなじみの「近日開店」の表示。

05_141517newshopcentra.jpg


********************************************************
中に入ってみる。

まず目についたのは日本料理店の多いこと。

これは「大戸屋」

07_142238newshopcentra.jpg


パンの「ヤマザキ」は、まだ工事中だった。

08_144446newshopcentra.jpg


大阪名物たこやき屋。銀だこは別の階にあるから、ここにはタコ焼きが二軒あることになる。

09_141616newshopcentra.jpg


「ナマケモノのゴキブリとお茶」って、すごい名前だなと思ったが、よくみたらナマケモノのカキゴリとお茶」だった。カギゴリってなんだ?韓国風かきごおりのことか?

10_142340newshopcentra.jpg


これは地ビールの店かな。
このあたりは一斉にテナントが開かないばかりか、工事中の場所が多いのでコンクリの剥離片が漂っているので、かなりひどい状態。

工事現場の中で食事をするようなものだ。

11_144432newshopcentra.jpg


地下二階まで降りたらTOPSがあった。ここは更にホコリっぽい。モルタルの乾燥するときに出る粉末がすごいので、商品に白い粉が付くんじゃないかな。

12_142937newshopcentra.jpg


地上に上がると対面にTOPSの元の店舗が見えた。営業は止めているがまだ工事が始めってはいない。おそらくこの辺りが「101 The Second」になるのだろう。

13_142925newshopcentra.jpg


これが入居予定の店舗一覧なのだが、ざっと見渡しただけでもここに無い店もあったので、大きなスポンサー店らしい。

14_144801newshopcentra.jpg


送迎のフリーシャトルも出ている。

15_142809newshopcentra.jpg


オンヌット行きとバンナー行きとがあるが、時間が1時間おきと30分おきだから、あまり利用されないかもしれない。もっともBTSのプナウィティへはスカイウォークが続いているし、ウドムスックも徒歩圏内。表通りには路線バスも頻繁に通っているので、メガバンナーのような陸の孤島ではない。

16_142758newshopcentra.jpg


まだ工事中のお店も多いので人通りは推測できないが、オンヌット駅前のテスコくらいにはなるんじゃないかな。
メガバンナーほど珍しい店も無いし、エムクォーティアのような高級店も無いので、ごった返すほどにはいかないと思う。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

中国正月ハッピーチャイニーズニューイヤー




中国正月。つまりは春節のことなんだが、バンコクではデパート以外はこれといった盛り上がりが少なくなっている。

これはタイばかりではなくて、日本の正月も年々盛り上がりがダダ下がりだが気のせいだろうか。TVが無いので、世間様の番組も歌番組もさっぱりわからない。たまに見るとナゼこんなのが面白いのかなぁ、と見続けるのがツライ。

そうしてみると、まだタイの方が中国正月のデコレーションをするから、正月気分になる。日本の正月は、気分も何も、お店がお休みである。

********************************************************
これはエムクオーティエの広場の銀のドラゴン。
CHANELがうしろに映ってるけど、シャネルのドラゴンではない(笑)

01_121659cnynwyear.jpg


でもカメラを引くとこのとおり、他には何にもない。

02_121647cnynwyear.jpg


これは「天燈」と書いてあったが、天燈ってロイカトーンにあげるコムローイのことじゃないのかな??

この違いはよくわからん。

それで今年のエムクオーティエは、落書き風な天燈で覆われていた。

03_121931cnynwyear.jpg


例年、真っ赤な服が大々的に売り出され、そして誰も着ていないという不思議なセールスがあるのだが、今年はその赤服セールスも少なくなっていた。
まあ誰も着ないものが売れるとも思えないから、売り場の邪魔なのかもしれない。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

視力障碍者のマッサージ店




ON NUTに行くと視覚障碍者の人が集まったマッサージ店がある。

01_153112Tmasagemien.jpg


看板には堂々と1時間100THB、2時間150THBと書いてあるが、入口のドアには1時間150THB、2時間200THBと張り紙がしてある。

02_153103Tmasagemien.jpg


Soi On Nut 21/2のAB-COOLというお店の隣なんだが、地図に載ってないのでAB-COOLの位置で示しておく。



********************************************************
マッサージ室は全室オープンなので、隣の人も丸見え。日本の某俳優で事件になったような、マッサージ中にいかがわしいことしたとか、されたとかの心配はまるでなし。

03_152703Tmasagemien.jpg


私の担当のオバさんは、その太った体格を使ってグリグリ押してきたからけっこう痛かった。
でも視覚障碍者であることで、腕の角度を正確に曲げてマッサージしてくれる。その結果筋肉が正確にマッサージされるので、不思議とこった部位が浮かび出されるようだった。

向かいのベッドにいるオバサンなどは高イビキ。よっぽど気持ちがいいらしい。

04_135717Tmasagemien.jpg


ただ問題もあって、お金の種類が見えないらしい。タイのお札には点字マークなどが付いていないようなので、お客に札の種類を聞いていました。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ideoMIX使ってみた




バンコクに戻ってきて、5日間くらい「ideoMIX」というコンドを使ってみることになりました。

ホテルでもいいんだけど、ideoMIXならお隣のコンドなので、荷物を運ばなくても済むというのと、Airbnbというシステムの使い方を知りたいという気持ちがあったので。

まずAirbnbの方だけど、かなり使いにくい。

[予約]→[料金決済]→[合鍵受領]→[チェックイン]→[チェックアウト]→[合鍵返却]
の流れになるわけだけど、[合鍵受領]のシステムについて連絡が入るのが[チェックイン]の寸前。良くて前日。悪くして数時間前ということになる。

そこで旅行中の状態ではまず使えない。

一人旅などでは一泊目はホテルにしておかないと入室できないことになります。

それでも部屋カギをオーナーが持ってくるのであれば、チェックイン時間を厳守すればカギの受領が可能であるが、カギのありかがPDF文書で来る場合は、分かりにくいと入室が出来なくなります。


今回利用した「ideoMIX」についてみてみよう。

01_173611newcondideo.jpg


カギはロビーのメールボックスに入れてあるとPDFで連絡がありました。ところがメールボックスはロビーの中にあり、ロビーに入るには暗証コードが必要です。


ところが暗証コードが擦り切れていてよく見えない。おそらく上から1234・・・という順番だろうと見当をつけてみるが、番号を受け付けない。

番号だけでなく、キーカードによるセンサーもあるが、これはカギを入手しなければ使えません。

02_090205newcondideo.jpg


結局、ここは他の住人がドアを開けたすきに一緒に入ってクリア。

メールボックスにはカギがかかってなかったので、部屋カギは取り出せたけど、郵便箱の方こそカギが必要な気がするのですが。



さて、このカギについているキーカードがないとエレベーターも動きません。

03_090021newcondideo.jpg
[エレベーター]

つまり各自がキーとキーカードを持たないと部屋から出られないということになります。

また友人が訪ねてきても部屋をノックするどころか、ロビーにすら入れないので外まで迎えに行くことになります。

********************************************************

部屋は小綺麗で、インスタ映えします。

04_074632newcondideo.jpg


ベッドも窓際という事はなく、朝の強い日差しで起こされるという事は無さそうです。

書斎デスクが窓際というのは、夜景を眺めながらPCでも使いましょうという配慮でしょうか。

05_074642newcondideo.jpg


浴室はバスタブ付きです。バスタブのあるお風呂っていいですね。

バスタブとトイレの間にはカーテンなどありませんので、あけっぴろげでお風呂に入りましょう。

06_074735newcondideo.jpg


ただ泊まってみてはじめてわかったことに、けっこう外の音が聞こえます。
深夜の暴走族のバイク音、救急車のサイレン音、タクシーの急ブレーキ音などこんなにうるさいものでしたっけ。

同じウドムスックでもウチのコンドではこんなに聞こえないから、ideoMIXの外壁が薄いのかもしれない。


最後の[合鍵返却]はメールボックスにカギを入れて、e-mailで「チェックアウトしました」と英語で返事をして完了。mailを忘れたり、空港でドタバタして手続きを怠ると、ディレイチェックインなので追加料金が発生します。


使ってみた総合的な感想としては、短期間の利用には良さそうだが、長期にわたって腰を落ち着けるにはどうかな。
セキュリティが徹底しているともいえるのだが、この過剰なセキュリティというのは、裏返すと徹底した人員の削減なので、いざという時の対応力に欠けるかもしれない。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

早朝のPM2.5対策




バンコクは朝からPM2.5濃度が上がっています。

早朝からお掃除対策班でPM2.5の除去のために、水撒きをしながら道路掃除をやってます。

何事にもイベント好きなタイ人なので、楽しそうです。

01_080823udomskpm25.jpg


日本だとこんなことをやっても「焼け石に水」「カエルの面にションベン」と、やるだけの意味は無い!!と言われそうですね。

意味はないかもしないけど、やったら効果があったような気分になるかも。

「無駄無駄無駄無駄~」とDIOってないで、「いま深刻だから皆さん気を付けましょう」というACジャパンくらいのアピール効果はありますね。
********************************************************
昨年の記事でも書いたけど、以前からチェンマイを中心にヘイズ(煙害)の被害はあったわけだ。ヘイズではPM10の方で騒いでいた。PM10は粒子が大きいので視界が遮られホワイトアウトみたいになってしまう。PM2.5では朝靄になるけどしばらく吸うと気分が悪くなる。

でもコレって上がってから騒ぐんじゃなくて、上がる前から対策を取らないとダメじゃない?



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バターがカビてしまった




バンコクは暑い場所なので、いろいろトラブルも発生します。

服にカビが生えてしまったり、醤油がダメになっていたり。

とにかく、日本のように賞味期限を守っていたら、あとは心配しなくてもOKということはありません。

そもそも賞味期限なんてものも、販売店が守っているかどうかさえ怪しい。


冷蔵庫に入っていたバターケースを開けてみたら、今度はバターにカビが生えていた。

わずか二ヵ月前に購入したバターなのに。


01_182657.jpg


拡大してみたら、バターケースの中のバターが薄い部分にカビが胞子嚢を作ってます。バター本体にはカビは無さそうに見えるけど、胞子嚢を作ってないだけなのでまず無理でしょう。

02_182703butterkabi.jpg


********************************************************
仕方がないから、ケースはよく洗って新しいバターを入れておきます。

タイではバターはハープポンド224gというのは少なくて、だいたいクォーターポンド売りです。使い切りが原則のようです。

03_182459butterkabi.jpg


とにかく日持ちしないことを前提に冷蔵庫にしまうしかないですね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

VISA更新でチェンワタナーに行ったらお祭り状態だった




年に一度のビザ更新のためにチェンワタナーのイミグレーションに出かけました。

イミグレに行くには、BTSモーチットからタクシーを拾うことが多いけど、だいたい120THBくらい。

気分を変えて路線バスで行くと9THBくらいから。路線バスは庁舎のそばまで行かないから、敷地の入り口で無料のシャトルバスに乗り換える必要があります。

この無料のシャトルは、あまり行きで使ったことが無いけど、帰りはタクシーでは大渋滞で時間がかかるから、シャトルを使って大通りまで出ることが多いです。

シャトルは一般道とは全く別の道を通るから、渋滞がひどくても大通りまではラクラク出れるという計算です。

01_142136visachenwatta.gif

********************************************************
イミグレに到着したのが10時ころ。

それから銀行で書類を作ったり、パスポートコピーを作ったりしてクエリーナンバーを貰ったのが11時ころ。

まあ確実に午後まわしですね。

12時にお昼休みになったので、庁舎内の広間に行くと、ものすごい人だらけ。


こういうとき、インパクトアリーナやバイテックアリーナと同じようなレイアウトになるのは、タイはイベント慣れしてる感じがします。

02_125252visachenwatta.jpg


これはバナナロティを売っているイスラムの人。

シンガポールのロティって、インドのと違って激甘です。バナナのクレープに練乳をかけたものと思っていいでしょう。

03_121019visachenwatta.jpg


こちらはカレー屋さんだけど、見た感じはマサマンカレーらしかったから、タイ南部のカレーかな。ロティチャナイは食事用のロティだから甘くは無いです。

でも見てたら、ご飯のオーダーの方が多かった。タイ人もカレーにパンは合わないと思ってるらしい。

04_121027visachenwatta.jpg


こちらでは花屋も出店中。

バラの苗が80THB(270円)だった。安いっちゃあ安いんだけど、ちょっと農業祭で見たバラよりひ弱な気がする。バラを買う時は多少ムシに喰われていても、ハッパが力強いのがいいです。

05_133200visachenwatta.jpg


06_133136visachenwatta.jpg


今回も帰りは5時くらいになってしまった。庁舎から帰るクルマやらイミグレから帰るタクシーやらと大渋滞です。

そこで無料のシャトルで大通りまでとにかく出て、道路をわたり150番のバスでビハラディーランシット通りを突き抜けたところで降りてタクシーを拾います。

イミグレから直接タクシーに乗ると、ビハラディーランシット通りは右折が出来ないので、一旦ドンムアン空港の方に向かってからU-ターンするので、時間と距離がひどくかかります。

イミグレから先に進んで、地下鉄の「バンスー」の方に向かって行ってくれたら近いと思うのですが、そうしたルートは取ってくれないですね。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

絵ブログ:あなたが輝ける場所はどこですか




あなたが輝ける場所はどこですか

 昨日までが変わってく
 今日の私 息をする
 見慣れたのは過去の夢
 次の居場所探してる

    ~最後の羅針盤/熊木杏里



[明日を信じて/西村由紀江]

********************************************************
電車の中で走り書き・・・


ボブの少女M




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : イラスト   ジャンル : 学問・文化・芸術

重曹は酸かアルカリか





台所を洗うのに重曹を買ってきた。

これって、酸だっけ、アルカリだっけ。

重曹は炭酸水素ナトリウムといいます。酸という名前だけどアルカリです。

なんで????

01_033212jusoakkari.jpg

********************************************************
重曹が水に溶けると、炭酸水素イオンとナトリウムイオンに分かれます。

NaHCO3 → Na+ + HCO3-

でも本当は水に溶けても炭酸水素ナトリウムのままのやつもいます。

NaHCO3 → Na+ + HCO3- + NaHCO3

次に炭酸の解離定数を計算します。

H2CO3 → HCO3- + H+
K = [HCO3-][H+]/[H2CO3] = 4.16×10-7 とします。

さて最初にH2CO3は、ψmol/Lあったとします。

炭酸の電離度をα=0.004として、
反応が平衡状態になると
[HCO3-]=ψ・α
[H+]=ψ・α
になるので、
[H2CO3]=ψ・(1-α)

これを平衡定数に入れると K=ψ・α×ψ・α/ψ・(1-α)
=(ψ・α)2/ψ・(1-α)

[H+]=ψ・α=ψ√(K/ψ)=√(ψK)


次に炭酸イオンは水と反応して炭酸と水酸化物イオンに分かれます。

HCO3- + H2O ⇄ H2CO3 + OH-

この時の平衡定数Kを求めると

K = [H2CO3][OH-]/([HCO3-][H2O])です。

水のイオン積 Kw = [H+][OH-] = 10-14 を式に入れます。

K = [H2CO3](10-14/[H+])/([HCO3-][H2O])

[H2O]は多量にあるので1としておきます。

K = (10-14)/Kα

K = (10-14)/(4×10-3)

K = 2.5×10-12

そこでこれを対数に計算すると

pH = -Log(K) = -Log(2.5×10-12) =12-Log2.5

Log2.5はニュートン法で計算すると
Log1 = 0,   Log10 = 1 なので0と1の間ですから0.5にしておきます。(正しい値は0.398です)

pH = -Log(K) = -Log(2.5×10-13) = 12 - Log2.5 = 11.5

となるので、やはりアルカリでした。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 片付け・収納・お掃除   ジャンル : ライフ

カセサート大農業フェア~農作物編




農業フェアの続きです。

どちらかというと、この農業編の方がメインの行事なのです。

まずは「代かき用のトラクター」

日本では、もっとタイヤのごついのを使うけど、これぐらいのタイヤでも大丈夫なのか?陸送用にロードタイヤに履き替えているのかもしれんが。


01_123136kasetagri.jpg


これは「ウツボカズラ」80THB。

ウツボカズラはチャットチャックの園芸売り場でも売ってますが、タイでは比較的育てやすい園芸種のようです。

02_112751kasetagri.jpg


スイカ25THB。
タイはスイカの美味しい国です。マンゴスティンやパイナップルに隠れてあまり目立たないですが。

03_123518kasetagri.jpg


********************************************************
それではランの方に話題を持って行きましょう。カセサート大学は専用のラン育種研究所もあり、組織培養によるハイブリッドの研究も盛んにおこなわれています。

新品種が出来ますと、そのままでは株分けが難しいのでメルクロン培養になるわけですが、寒天培地でクローンを作るってあまり栽培という感じがしないものです。


「パフィオペディルム Paphiopedilum」アツモリソウの仲間です。

下の袋が食虫植物っぽいのですが、別にムシを食べるということではなくて雄しべとめしべの変形したものです。

04_123348kasetagri.jpg


「ファレノプシス(コチョウラン)」

コチョウランの仲間は、大輪の見事さからご贈答の定番となっている。そこでパチ屋の開店祝いだけでなくとも、ケーキ屋の開店祝いとかスナックの開店祝いとかでもよく見かけます。
でもその後あまり飾られていない。育てるのが難しいのかな。

そのうえ大学の入学祝とかお葬式とかでは見かけませんね。なぜだろう。

05_130650kasetagri.jpg


06_130838kasetagri.jpg


07_130905kasetagri.jpg


08_130858kasetagri.jpg


バラの花が1鉢120THBだったのが、2鉢150THBまで値下げしてあった。タイではバレンタインデーは男性から女性にバラの花を贈るのが決まりです。
その日が近づくとバラは爆値上げしてしまいます。

今買っておいて、1ヵ月半枯らさずにいたら、お金が節約できますよ。

09_140447kasetagri.jpg

10_140513kasetagri.jpg

絞りバラもありました。120THB。アラベスクかジョージ・バーンズっぽい。黄色が入ったらジョージ・バーンズだけど、苗の状態では黄色は出てこないこともある。

これが日本だったら即お持ち帰りなんだけど。バンコクじゃあどうしようもない。

11_141725kasetagri.jpg



【番外編】

今日はこのオバサンからピーナツとゴマで出来たお菓子をお持ち帰りします。50THB

意外と美味しかった。

黒ごまと白ごまがあって、どちらにしようかなと迷ってたら、通りすがりの人が「絶対黒ごまだよ。アロイよ」って言ってくれたけど、白ごまの方が好みだったな。

タイ人と味覚嗜好が違うのかもね。

12_142339kasetagri.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR