FC2ブログ

トンローのベルリン風ドネルケバブ



トンローのソイ10。

トンローからエカマイへの抜け道である。

このソイの入り口付近に、ジ・オーパスというビルがある。近くのエイト・トンローに比べると、なんとも使いにくいビルなので入りづらい。

ビルに入って各階に上がるのではなく、外階段で求める階に上がると直接店舗の入り口になる。

01_132024kebabry.jpg


02_125058kebabry.jpg


1階がフードコートのようになっている。フードコートっぽいが共用スペースに各種の飲食店が並んでいるので、席に着くとオーダーを取りに来る。

ラーメン屋からタイ料理まで色々あるので、オーダーに来たオネエさんが違うメニューを持ってきたら、直接店舗にオーダーする方が早い。

その中でケバブ料理の「The Kebaby」がある。ここのオーダーは隣のハンバーガーショップが取っている。

03_125339kebabry.jpg


ケバブは名前をドネルケバブ(doner kebab)というが、実はレバノン料理シャワルマshawarmaと同じだという解説もあったが、シャワルマとケバブは似ても似つかない。

似ているのは材料だけなのである。

04_Turkey-Shawarma.jpg
[シャワルマ]

ケバブはトルコ料理と思いきや、実はドイツ料理である。ベルリンのソウルフードである。ニューヨークのタコス、バンクーバーのプーティンくらいの感じかな。


Doner grilled chicken in German-Turk Spices, on Fragrant Saffron Rice, Char-Grilled Veggies, Organic Greek Salad Side and our 3 Sauce Combo - Garlic Yogurt, Hot Harissa, and Zesty Mint..
Mouth Watering already? Visit us now at The Opus Thonglor Soi 10.

ケバブには、ケバブプレートといって、お皿にサフランライス・サラダ・ケバブが乗ってくるタイプと、ベルリナーといってピタパンの間にケバブとサラダが挟んであるタイプがある。

05_kebabry Provencal Rice22
[ケバブプレート]

ベルリナーを注文する。175THB

見た感じはハンバーガーっぽいが、ピタパンの間に野菜とケバブがてんこもりで入っているので、思いっきり大きな口を開けてガブリ!!

ニンニクソースやスパイシーケチャップが付いているので、それを塗りながらガブリ。

06_130526kebabry.jpg


うん。うん。なかなかにウマイ。待ってる間のお茶請けくらいのつもりだったけど、完全な食事になってしまった。

この後で行こうと思ってたインド料理は次回まわしだ。

「ベルリンのケバブ」。質実剛健の"Berlins Luft"の風がする。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

エカマイのsabaijaiでプーパッポンカリー




ウドムスックから赤バス23番に乗ると、エカマイのソイ1までは直通です。6.5THB。安いけどエアコン無いから暑いよ。

今日はガイヤーンの有名店である「サバイジャイสบายใจ」に行ってランチにしようと思う。

ソイ1のバス停で下車すると、目の前にサバイジャイという看板の店がありました。でもちょっと外装が違うような・・・


01_140457sabaijaiekamai.jpg


入ろうかどうしようかと思案していたら、ソイ1の入り口に座っていたピンクのポロシャツの兄さんが「サバイジャイかい?お店が移転したから付いておいで」と声をかけてきました。

ふつうこのパターンだと絶対あやしい。有名店の前で客引きをしてボッタクリ店に引っ張り込むパターンだ。良い子は付いて行っちゃダメ。

02_133142sabaijaiekamai.jpg


でもタイではこのパターンで付いていくのが正解。

ソイ3まで歩いて少しだけ引っ込んだ場所が本物の「サバイジャイ」です。

03_140241sabaijaiekamai.jpg


本家のサバイジャイをパクって、堂々と元の店の位置に出店している方がひどいのか、よその店の目の前で堂々と客引きをして客を横取りする方がひどいのか。

「屋根の下の鶏」というシンボルマークも両店とも使ってますので、意匠権侵害になるんじゃないかな。

タイではソンブーンなどのように、店名・デザインとも勝手に使って本物と偽物が紛らわしいことがある(まあソンブーンくらいの有名店では、大手のデパートにあるのが本物だからわかりやすいが)
********************************************************

さて、サバイジャイは入り口付近はオープンスペースですが、暑いので誰もいません。

入口付近にお客が全くいないので不安になってしまうけど、ここは思い切って奥の方へずんずんと進みます。奥の方に自動扉があって中はエアコンがよく効いてます。


多分、外のオープンスペースの方は、夜に来てチュムチュムなどの鍋をつつくといいのかも。

04_133302sabaijaiekamai.jpg


メニューを見るとガイヤーン、ラープペッ、ヤムウンセン、クンパオ、ソムタム、チュムチュムといった定番メニューが並びます。

でもマサマンカレーとかグリーンカレーとかカオソイとかはありません。


この辺の区別がよくわからないのだが、イサーン料理というくくりでも無いようだ。


05_132914sabaijaiekamai.jpg


それでガイヤーンの有名店なんだからガイヤーンを・・・と思ったのだが、それでは芸がないから、「プーパッポンカレーปูผัดผงกะหรี่」を注文します。

気紛れではなくて、実はプーパッポンカレーが何種類もあって、この店はどうもカニ料理も得意らしいと思ったから。

そこで「プーニムパッポンカレーปูนิ่มผัดผงกะหรี่」というのを注文します。

06_135607sabaijaiekamai.jpg


「プーニムパッポンカレーปูนิ่มผัดผงกะหรี่」の説明では脱皮したての殻の柔らかいソフトシェルクラブのパッポンカレー。240THB(800円)

それとスイカのスムージー50THB

だいたいソンブーンの半額。屋台値段で出してくれるのが、この店の特徴です。

07_133256sabaijaiekamai.jpg


スイカのスムージーを飲みながら待っていると、来た来た「プーニムパッポンカレーปูนิ่มผัดผงกะหรี่」

08_133754sabaijaiekamai.jpg


これは美味しいぞ。プーパッポンカレーは殻を取るのが大変で、殻なしだと味気ないという欠点があるのだけど。

このプーニムパッポンカレーは殻ごとバリバリと食べることが出来る。そこでカニの旨味と食感を同時に味わうことが出来る。

09_133631sabaijaiekamai.jpg


いや~これをチョイスして大正解。


見かけは少なそうに見えるのだが、思いのほかに量が多くて食べ終わるとお腹ぱんぱんになってしまった。

周りに日本人の客もちらほら。これなら訪タイした日本人でも案内できるかな。



※お出かけの際は、お店を混乱されないように・・・


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介47~ヤムネームカオトート



ウドムスックのミニBig-Cの前に出ていた屋台。
「ヤムネームカオトート ยำแหนมข้าวทอด」というのはカオトート(揚げたご飯)のサラダという意味かな。35THB

看板に載っている絵が出来上がりのようです。

01_165437yamkhaototo.jpg


このコロッケみたいなのが、カオトート。

炊いたご飯に、卵・すりおろしたココナツ・塩・ひき肉・ロッティ・ロットガイ・シーユーダムを加え、混ぜ合わせておにぎりのようにライスボールを作ります。

この時にライスボールは潰さないようにします。
このライスボールを溶き卵をくぐらせ、揚げます。これでカオトートが出来ます。

02_180146yamkhaototo.jpg


次にボウルにネーム แหนม(発酵ソーセージ)を入れてよくほぐします。
カオトートも入れて砕きます。

マナオの果汁、砂糖、ナンプラー、生姜、揚げた唐辛子、ホムデン(エシャロット)、パクチー、ピーナッツを加えてあえていきます。

03_180135yamkhaototo.jpg


出来上がりは、ラープみたい。ご飯に付けて食べるのかと思ったら、手前にある緑の葉やキャベツで巻いて食べるといいよと教えてもらいました。

04_192412yamkhaototo.jpg


食べてみたら、ウン。これはおかずというより、ビールのアテだね。

激辛かと思ったら、ピリ辛くらい。辛いのが苦手な人でもいくらでもイケますね。
暑い夜には、これを肴にビールがすすみます。

ラープもいいけど、ヤムネームカオトートも「安い・旨い・後ひき」の三冠王だな。

05_192836yamkhaototo.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

都心なのに静かなイタリアン「MOMO」




ラチャダムリのソイ・マハトレックスアン1には、アナンタラホテル(元の名前はフォーシーズンホテル)がある。
そしてその裏にコートヤード・マリオットホテルがある。

そばにアナンタラとかグランデ・セントラルポイントとか大きなホテルが立ち並ぶので、逆に目立たなくてひっそりしている。

コートヤード・マリオットホテルの1階のイタリアンビュフェの「MOMO Cafe」に行ってみた。



この近くに7年も暮らしていて、いつもそばを通りながら一度も入らなかったな。

01_135239momocaferajadamri.jpg


地元感が強いので、ホテルといってもあまり緊張感が無い。なんだか自分のコンドに入っていく様な気分だ。

02_135009momocaferajadamri.jpg

********************************************************

イタリアンビュフェでは定番のパスタコーナーである。パスタの種類は、フィットチーネ、イカ墨スパゲティ、ペンネの中から選び、ソースはボロネーゼ、トマト、オリオ・ペペロンチーノから選ぶ。
その他香草類が8種類ある。

イカ墨スパゲティがあるところが他のお店と違うところかな。

03_133008momocaferajadamri.jpg


パスタとは別にシーフードコーナーには、ムール貝、エビ、魚の天ぷらなどもある。

04_133029momocaferajadamri.jpg


料理はサーバーでストックするのではなく、IH調理台で保温にしてあった。でも今回は料理は全く手を出さなかったから、お味の方はよくわからない。

05_133335momocaferajadamri.jpg


クッティアオコーナー。

06_133451momocaferajadamri.jpg


ソムタムコーナー。

07_133432momocaferajadamri.jpg


イタリアンビュフェなのに中華コ-ナーもある。

08_133353momocaferajadamri.jpg


パンコーナー。バケットやパン・ドゥ・カンパーニュが並んでいて、好きなだけ自分で切り取るようになっている。
でもフォカッチャは置いてなかった。

09_130348momocaferajadamri.jpg

********************************************************
それではこれらの中で組み立てた本日の料理。

まずは"antipasto"「前菜」
二種類のハムにブリーチーズ。ベイクドブロッコリーとキノコ。ラディッシュを添えました。

10_131114momocaferajadamri.jpg


続いては"primo piatto"「第一の皿」
フィットチーネのアマトリチャーナです。

11_131956momocaferajadamri.jpg


"secondo piatto"「主菜」
海と山の組み合わせ。茹でたエビを豚肉のステーキと組み合わせてみました。ズッキーニを添えて。

12_131117momocaferajadamri.jpg


主菜にはもうひとつ。お寿司をコーディネート。最近のイタリアンはお寿司を出すのが流行っているのかな。

13_131107momocaferajadamri.jpg


"Dolce"(デザート)はムースとタルト。デザート類はタイのお菓子の方が多かった。

15_133606momocaferajadamri.jpg




ほとんどの料理やスープには手を出さなかったので、こういうあっさりした組み合わせです。

食べ放題に行きながら、食べ放題をするのが嫌い。

ビュフェというのは好きな料理を自由に組み立てられるから好きなのであって、ドカ喰いするのは好きなわけじゃあないからね。

これだけ多彩な料理が並んでいると、いろいろな組み合わせが考えられる。次回は天ぷらを中心に組んでみようかな。

今回はeatigoの30%引きを使ったので、453THB(1,530円)。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

チュラ大美術館「The Journey of Life」展




チュラ大には美術学部に所属する博物館「พิพิธภัณฑ์มหาวิทยาลัย จุฬาลงกรณ์」と、カセム教授によって40年前に創設された美術館「หอศิลป์จามจุรี」があります。

「หอศิลป์จามจุรี」の方はChamjureeビルの1~2階にありますので、「Chamjuree Art Gallery」という名前で呼ばれています。



地図に示したように、ここはMBKを少しだけ南下したところにあります。

01_144057Chamjuree.jpg


「Chamjuree Art Gallery」は入場無料ですが、このビルの1-2階以外は美術学部の教室になっていますので立ち入り禁止です。

本日は2階で開催されている「The Journey of Life」展を紹介します。
開催は8/9~9/2まで、月曜日〜金曜日10:00-19:00、土曜日〜日曜日12:00〜18:00。新年とソンクラーンだけが休館日。入場は無料です。

02_144227Chamjuree.jpg


会場には、美学生や助手などが交代で受付をしています。特に受付で書類を書くことも無く、ぶらりと入ってぶらりと出てもかまいません。

日本人だと分かると一生懸命日本語で話しかけてくる学生さんもいますので、その時はちゃんと相手をしてあげましょう。
********************************************************

「The Journey of Life」生命の旅ということでしょうか。
作者はさまざまな動物を配して、生命の同一性、等価性を描いているようにも思えます。

でも画面の上にバラモン神とハヌマンがいますね。

画面の中央にいるカエルは、ジャバ・ザ・ハットを連想してしまいました。

03_144531Chamjuree.jpg


こちらはアクリルガッシュで描かれたトラですが、ルミノサイン(蛍光塗料)を使っているかもしれません。

04_144329Chamjuree.jpg


ルミノサインだと、正面からでは少し下品に見えるので、ナナメから見たほうがムーブメントが感じられます。

05_144627Chamjuree.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコクのバス乗車アプリ




バンコクのバスはややこしい。似たような番号であっても全く経路が違うこともある。

そこで「バンコクバス路線図」というバスの早見マップも売ってはいるのだが。これも正確とは言えない。だいいち持ち歩くには不便である。


グーグルマップでも検索は出来るのではあるが、現在地のバス停に何番のバスが停まること、目的地のバス停に何番のバスが停まることが検索できるので、それから割り出すわけだがいささか使い勝手が悪い。

そこで今回使ってみたのは「ViaBus」というアプリである。

01_2057bkkbus.png


まずは現在地のバス停をタップしてみよう。ウドムスック駅前のバス停には、上り(サイアム方面)と下り(サムットプラカーン方面)があるから、上りのバス停をタップする。

02_2058bkkbus.png


地図の下に停車するバスがずらずらと列挙されている。

それぞれ行き先が英語で表示されているのだが、地名を知らないと全く意味をなさない。

03_2059bkkbus.png


では「511」をタップしてみよう。

「511」はウドムスック→セントラルワールド→パンティッププラザというようなルートを取ることが分かる。

その先は南バスセンターまで行くのだが、そんなに先まで行くには2時間以上もバスに乗り続けるわけなので、あまり意味はない。

それぞれの停車場所が英語で書かれているので、どこで降りたらよいかがだいたい見当が付く。

ただし、バスの中にはバス停の英語表記などは無い。

たまに親切な車掌さんがタイ語でバス停の名前を言ってくれるのだが、ほとんど役に立たない。主要な建物などで見当を付けるしか手はない。

また所要時間は書いてないので、どれだけかかるかは分からない。だいたいウドムスック~セントラルワールドでは1時間くらいかな。

04_2060bkkbus.png


もうひとつ「511Expressway」をタップしてみよう。

こちらは急行なのでウドムスック~パンティップで15分くらいになる。

ただし日本の急行バスのようにバス停を飛ばすエクスプレスではない。高速道路に入るので、全くの別ルートになる。

「511Exp」ではバンチャック~セントラルワールドまでは高速経由なので停車できない。セントラルワールドに行くにはパンティップで降りて歩かなくてはいけないことになる。

05_2061bkkbus.png


乗車したら、ノンエアコンの赤バスは6.5THB均一、ミニバスは9THB均一、エアコンバスは行き先を告げて料金を払う。だいたい11~17THB。

行き先を伝えにくいなら、目的地より先の有名な地名(アソークとかサイアムとか)を言っておけばよい。
********************************************************
「511」か「511Exp」かの見分け方は、バスの助手席側に小さな黄色いボードが掲示されているので慣れればすぐ分かるが、慣れないと全く分からない。

06_184448bkkbus.jpg


バスはバス停にゆっくり停まっているということはしない。

バスが接近した瞬間にサッと乗車意思を示さないと止まってはくれない。よそ見をしてもダメなことがあるから、積極的に乗りたいというオーラを出し続けることが大切である。

・・・と書くとかなりハードルが高い乗り物に見える。実際バンコクっ子でもバスに乗れないというのも多い。

07_155031bkkbus.jpg


しかしこれにはコツがある。

例えば今からオンヌットに行こうとすると、オンヌットに行くバスを探すのではなくて、オンヌットには行かないバスを探すのである。

それだと「511Exp」「139」「180」が行かない。それ以外はどれでも大丈夫。それ以外のバスに適当に乗ればいいことになる。


また利用は、ウドムスックからではアソークくらいまでにしておく。それより先だと渋滞にはまって1時間くらいかかってしまう。安いからどこまでも使ってみたい気になるが、時間がいくらあっても足りなくなる。

急行バスを利用する場合は、本数が少ない時間帯もあるので、少し待って来ないようならBTSにきりかえるのが良い。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコクの雨季を時系列で追ってみます




今バンコクは雨の季節

だからといって一日中梅雨ではない。パッとスコールがきてパッと晴れる。雨といっても暑さしのぎのお湿りだから、観光に不適ではないのです。

ちょうど窓から雨雲が見えてきたので時系列で追ってみよう。



[14:48]
 黒い不気味な雲が空を覆い始める。同時に突風が巻き起こり、路端のゴミが舞い上がる。
遠方のシーロム界隈は霞んで見えないから既に雨が降っている模様。

01_142802bangkokrainy.jpg


02_142811bangkokrainy.jpg




[14:55]
 7分後には周囲は雨の中に入る。クルマのヘッドライトが地面に反射しているので、どしゃぶりになっているようだ。


03_145532bangkokrainy.jpg



04_145610bangkokrainy.jpg




[15:36]
 雨はちょうど30分で終了。あとは傘が無くても歩ける程度になる。

歩いて5分ほどの市場に到着したが、市場の前はすっかり冠水しているので通れない。

05_153605bangkokrainy.jpg



[16:30]
 1時間後、市場から帰ると、遠くのシーロム界隈はすっかり雨が上がって夕暮れの雲に変わっている。

06_162754bangkokrainy.jpg



********************************************************

必ず15時前後に雨になるとは限らない。朝の場合もあるし深夜の場合もある。
ただ、ほぼ30分で雨は終了することが多い。

そして必ずと言っていいほど冠水する。

30分以上の降水もあるが、その時は市場の中まで冠水しているので、ほぼ洪水状態で、ヒザまである水中を歩いて買い物をするという状態になる。ナームトゥアンだな~。


そんな時、道を歩く人のほとんどはビーサンである。オシャレで履いているわけではなく、冠水の中を歩くにはビーサンでなくてはならない。

それでも出来るだけ水を避けて歩くようにしている。

足元が濡れるとビーサンは足に食い込むし、ビーサン自体が傷みやすくなる。それでも少しだけ待っているとビーサンの方が早く乾く。

そんな理由でタイではパンプスよりもビーサンが好まれる。特に雨季は。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

エカマイ「Spicy by Nature」でターリー




最近よく行くエカマイのインド料理店「Spicy by Nature」

ちょっとだけ値段が高め設定だけど、だいたい外しが無い。

無難すぎるお店なので、行ってみました~的なチャレンジャーの記事にはならないので、記事にするほどの内容かいなとは思うけど。

でもディープ過ぎないお店のほうが紹介記事にはいいのかなとも思う。

01_1305ekamaSPN.jpg



ということで今回は、ターリーの紹介です。

ターリーというのは一つのプレートに各種カレーが載った定食みたいなもの。

お昼のターリーはカレーが3種とライス、サラダ、ナンかロティが付いてきます。

カレーはダルカレーと、野菜カレー、そしてメインのカレーは野菜・チキン・パニール・魚・海老・マトンから選ぶことが出来ます。

02_1306ekamaSPN.jpg



********************************************************
今日はマトンを選んでみました。マトン・タリーセット250THB

マトンカレーはお肉がほろほろとして、とっても美味しい。インド人の作るカレーというのはどうしてこんなに違うんだろう。

中央にある白いものはヨーグルトですので、お好みに合わせてカレーに加えます。

ライスはインド米ですので、タイ米よりも長いお米です。

でも味の方はタイ米の方がいいと思う。タイ米というのは炊きあがりは、びっくりするくらい美味しく炊けます。

03_1312ekamaSPN.jpg


箸休めにはサラダが付きます。インドのサラダはレモン風味いっぱいで酸っぱい。

04_1314ekamaSPN.jpg


パンとしてはロティを注文しました。バターの入らないプレーンのロティです。

05_1322ekamaSPN.jpg


食事が終わったので、デザートにクルフィ(インドアイスクリーム)を注文します。120THB

ターメリックで色付けされた、カルダモンの香りと練乳味のするとてもさっぱりしたアイスクリーム。ちょっと街中では売っていない変わったアイスです。話のネタにこれだけ食べに来るのもいいかもしれない。

06_1342ekamaSPN.jpg





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

イタリア料理店のお刺身とはこれいかに




今日はひさびさにイタ飯の「No.43」へ。

チッドロムで降りて、ランスワン通りに向かいます。

このあたりも随分変わったのだが、「No.43」は変わりがない。お値段が少し上がって470THBになったのだが、それでも税サービスを外すと420THBだから、今時分では最安値ビュフェになるかもしれない。


01_1339sasimiitalian.jpg


少しだけ変わったところはメニューに日本語が入るようになった。それだけ駐妻さんの利用が多いということになろう。

02_1340sasimiitalian.jpg


********************************************************
席を案内してもらうと最初にすることは、キッチンに行ってパスタを選ぶこと。バスタの種類、ソースの種類、具の種類をそれぞれオーダーできる。

今日はほうれん草のリングイネとトマトソース、シーフード、の組み合わせにしよう。リングイネのペスカトーレだ。

03_1247sasimiitalian.jpg


アンティパストも用意しよう。パルマハムに、キュウリのオリーブ漬け、赤カブ、そしてキノコのマリネ。

04_1246sasimiitalian.jpg

このお店のイチオシは、パンである。パンコーナーへ行って好きなパンを適当に切ることが出来る。
ひまわりの種の入った黒パンと、各種のフルーツの入ったメール・ドゥ・フリュイ。
付け合わせにバターとハチの巣入りの蜂蜜、カマンベールチーズ。

05_1248sasimiitalian.jpg


サラダはグリーンサラダに卵とレーズンを添えてみた。

06_1311sasimiitalian.jpg


これだけで十分なんだけど、ついつい気になったピザを取ってみる。このピザもなかなか箸休めにちょうどいいかな。

07_12452sasimiitalian.jpg


メインディシュは、ほとんど取らなかった。お付き合い程度にポテト、エビ、ほうれん草のグラタン。

08_1314sasimiitalian.jpg


そして、これはメインに入るのかな。お刺身の盛り合わせ。鮭、マグロ、タコ。

鮮度はそこそこ良かったし、魚臭いというようなことも無いので料理としては合格なのだが・・・

イタリアンのシェフが作るお刺身というのは、切り方がシーフードマリネにするようなブツ切りになっていた。

特にタコは挽いて切ったようには見えない。押して切っているから、口の中でタコが残ってしまう。これは刺身ではなくて生魚の切り身だね。

と辛口に批評してみるが、海外で出される刺身というのは、得てしてこんなものである。

なんちゃって日本料理店モドキのようにバラムツをマグロだと称して出して食中毒を起こすよりはマシだともいえる。

09_1250sasimiitalian.jpg


デザートもたくさんあるのだが、これはマカロンツリー。クリスマスツリーのようにマカロンが飾ってあるからお好きなものをどうぞ。

10_1326sasimiitalian.jpg


アイスクリームも充実している。抹茶のアイスとストロベリーのアイスを取ってみます。抹茶のアイスはとってもまろやかで美味しい。

11_1328sasimiitalian.jpg


おいしいけど、ちょっと食べすぎてしまったランチでした。



No.43 ランチタイム:11 am - 2 pm

JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンチャックのイカ墨スパゲティ




今日はバンチャックのバス停から見えたイタリアンカフェの「Maison de Baguette」に行ってみます。

バスはViva Gardenというサービスアパートメントのまん前に停まります。その先の工事中のコンドの角を曲がったところにお店があります。



01_141024mesonbagt.jpg


中は非常に狭くて、テーブルが5つだけ。うち1つは従業員の荷物が置いてあるので、実質4グループで満席です。

02_141620mesonbagt.jpg


室内はこんな感じ。家族の写真がいっぱい。

シェフはイタリア人だけど、彼は室内をうろうろしているだけなので、料理はタイ人が作っています。

03_143220mesonbagt.jpg


********************************************************
まずはバゲットが出てきます。

少し焼いたパンにオリーブオイルをかけてあります。

付け合わせは塩漬けのオリーブの実。普通のオリーブの実なんだけど、スーパーで買う瓶詰めオリーブとはだいぶ味が違う。瓶詰めオリーブを何かで処理したんだろうか。

オリーブとパンが美味しかったので、料理が来る前に全部なくなってしまった。

04_141614mesonbagt.jpg


本日のオーダーは「イカ墨のスパゲティ」390THB

まっくろクロスケだけど、いい香りです。

05_142340mesonbagt.jpg


中身はイカの切り身、ニンニク、バジルの葉です。イカ足は入ってなかったから、ゲソは使わないのが正しいのかな。

パスタの茹で具合はアルデンテよりは柔らかめだけど、クタクタではない。そこらへんはイタリア人シェフがちゃんと指導を徹底しているみたい。


イカ墨スパゲティの一番難しいのは、墨でお皿が汚れてしまうこと。

下手に盛り付けするとスパゲティの周囲にイカ墨が付いてしまうのだが、ここではパーフェクトに汚れていない。

つまりためらったり、二度三度に分けて装ったりすると汚れるから、スパッと盛り付けたことになる。

06_142337mesonbagt.jpg


タイのラーメン屋はなぜかタイ人の自己流に流されているお店が多いので、出店しては消えるということを繰り返しているのだが、どこが違うんだろう。

日本料理店が美味しくなかったりぬるかったりすると、タイ人だからラーメンは出来ない、寿司は出来ない、というような言い訳から入るようだけど。

出来る店は出来るわけだから、それってタダの逃げ口上。

そんなことを考えながらのランチでした。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ESTA期限満了のお知らせが来た




ESTAとは、ビザ免除プログラム参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国・通過する者に対し、米国出入国カードをアメリカ合衆国への渡航前に、インターネットのウェブサイトで電子申請する電子渡航認証システムElectronic System for Travel Authorizationのことである。



ビザ免除プログラム参加国である日本からは、米国にノービザで90日間滞在できるのである。

しかし90日滞在しようと、トランジットで1時間滞在しようと、出入国カードを記載する前にWEB上で14ドル払ってESTA申請をしなくてはいけない。これは2年間、またはパスポートの有効期間のどちらか短い期間までが有効になる。ただしグアムとサイパンは適応外である。

このプログラムはとても面倒なので、旅行代理店や航空会社が代行してやっておいてくれないかと思うのだが、お金だけ取って「ESTAが承認されませんでした。」と詐欺まがいの代行業もあるらしい。


無論、本人が申請しても何らかのミスで(だいたいは考えもなくYES/NOの回答のミスがほとんどらしい~例えばテロ行為を予定してますか[YES/NO]で[YES]をクリックしてしまったような)申請が却下されることもある。


その場合でもESTA申請費用のうち4ドルは没収される。おまけにアメリカ大使館に行ってビザ申請をしなくてはいけないから大変なことになる。


一番面倒なことは、ESTA申請が認可されたとしてもカードが来たり、パスポートにESTAのスタンプが押されるわけではない。そこでESTA申請をしたかどうか忘れてしまう。

********************************************************
ということでESTAについてはしっかり忘れ去っていたある日のこと。

E-mailで「ESTA Expiration Warning」というメールが届いていた。

"ATTENTION! The travel authorization submitted on Sep. 20, 2016 via ESTA will expire within the next 30 days. It is not possible to extend or renew a current ESTA travel authorization. You will need to apply for a new ESTA travel authorization. "

要するにメールに変更のない常設のものを使っておけば、ちゃんとESTAの切れる30日前にお知らせが届くというわけです。

あとはこれが迷惑メールに入っていなければESTA忘れが無いということになるわけですが・・・やや不安もあるね。パスポートにメモしておこうか。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 海外旅行   ジャンル : 旅行

エカマイの高級インド料理「Spicy by Nature」はお値打ち価格




エカマイの高級インド料理店「Spicy by Nature」に出かけます。ここはチョクディー・ディムサムの隣にあったので、以前から気になっていたのですが。

口コミでは「値段が高い」「一軒家レストラン並みだ」と散々に値段のことを言われているようです。

でもまあ行ってみないと分からないこともあるかもしれません。



このお店も、メニューは日本語併記になっています。スラサック付近の高級インド料理メニューも日本語になっていましたが、日本語が書いてあるかどうかが、高級か低級かの目安かもしれません。

01_154922spicyindea.jpg


確かにお値段は少し高目です。バターチキンで1200円くらいですので、ほぼ日本のインド料理店と同じくらいの設定です。
********************************************************

お店の中は、高級インド料理というより、洒落たカフェという感じです。バフラット街のようなディープさが全くないですね。

02_152236spicyindea.jpg


壁紙も垢ぬけていて日本のインド料理店にいるような感じですので、エカマイ在住の日本人なら気後れせずに使えそうです。

03_152233spicyindea.jpg


セットランチは3時まで。ターリーがいろいろあるようです。

04_154900spicyindea.jpg

今日は単品からいくつか選んでみます。
まずはお通しとして、「パパド」が出てきました。インドの塩せんべいです。パリッとしていて美味しいですよ。塩味しかしないからチャツネを付けるといいかも。

05_154302spicyindea.jpg


チャツネが登場です。右は甘いマンゴーチャツネ、左はちょっと酸っぱいグリーンチャツネ。

お店を決めるには、チャツネが美味しいかどうかで決めるのがいいかもしれません。このマンゴーチャツネは最高です。瓶ごと買って帰ってホットケーキに付けたい気分。

06_153343spicyindea.jpg


本日のチョイスは、まずパニール・バターマサラ。250THB

パニールチーズをバターたっぷりのカレーソースで煮込んだ料理です。これはなぜかベジタブリアン料理に入るんですよ。

プラトゥーナムのロイヤルドーサでは130THBだったから、約2倍の値段です。しかし量が4倍くらい多い。

お味の方もバターの香りが豊かで、とっても美味しい。絶対日本人受けする味です。値段が2倍ではあるが、量は4倍、美味しさは2倍なので8倍も差が出てしまってます。コスパでは逆に1/4になるということです。

パニール・バターマサラが250THBなのに、チキン・バターマサラが350THBもするというのがよくわかりません。パニールの方が美味しいのに。

07_153156spicyindea.jpg


ロティは40THB。1枚を注文したら、4切れ出てきました。各々普通のロティの半分くらいのサイズです。4切れだからロティ2枚相当になります。
このロティはギー(バター)が入ったロティ・プラタです。

08_153249spicyindea.jpg


さて、お会計を待っていると口直しを頂きました。
「ベルプリ」というスナック菓子です。スナックというよりタネをそのまま食べたという感じかな。美味しいもんじゃあないけど、カレー臭を消す効果がありそうです。

09_154556spicyindea.jpg


確かに「Spicy by Nature」はプラトゥーナム市場に比べるとお値段が高いですが、その分満足度も高いかな。

高いと言っても和食やフレンチの高さに比べると微々たるものではありますが。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

やっとBKKの美味しい餡まん肉まんを発見




バンコクでは、なかなか日本と同じような餡まん・肉まんが無かった。
鼎泰豊とかに行けば美味しいものがあるけど、それはそれ。スナックとしても美味しい中華まんというくくりで。

今日業務スーパーの「makro」で見つけることが出来た。

餡まんはやや小ぶりではあるが、20個入りで140THB。1個では7THB(23円)換算になる。

01_130135blackbun.jpg


02_125239blackbun.jpg


電子レンジで温めるとこうなる。

03_151547blackbun.jpg


お味の方はもう少しゴマ味が強いほうがいいかと思うけど、日本でいうと井村屋クラスかな。

なにせ日本の1/10というお値段が素晴らしい。
********************************************************
次に肉まんだが、これには蒸し肉まん(steamed Pork Bun)とチャーシューまん(Barbecued Pork Bun)がある。

こちらが蒸し肉まん。ちょっと日本のものよりクセが強いので好き嫌いが分かれる。16個入り115THB、1個24円に相当する。

04_205146blackbun.jpg


05_205801blackbun.jpg


こちらはチャーシュー肉まん。日本だと確か饅頭のてっぺんが裂けているんじゃなかったかな。チャーシュー肉まんというより焼肉まんという感じではあるが、こちらはとても美味しい。こちらも16個入り115THB、1個24円に相当する。


06_205204blackbun.jpg


07_115108blackbun.jpg


いずれも1個24円くらいだから本当に安いと思う。残念なことには日本へのお土産にならない(冷凍食品だから)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

インド料理「バトゥーラー」なのか「プリー」なのか




インド料理でよく登場する「プリー」と「バトゥーラー」。

Wikipediaによる解説では、

「プリー(पूरी)」
全粒粉の生地を薄い円形にのばし、油で揚げたもの(揚げパン)。揚げ油の温度を低めに保ち、生地がよく膨らむまで油の中に沈めて揚げる。揚げたては風船のように大きく膨らんでいる。


「バトゥーラー(भटूरा)」
精白した小麦粉から作られ、生地にダヒやバターを練り込み、一定時間寝かせる。
特に北インドでは、チャナマサラ(パンジャーブ風のヒヨコマメの煮込み)を付け合わせて食べるチョーレー・バトゥーレ(छोले भटूरे)が人気がある。


違いは何だろう?
この文面からは、精白粉がバトゥーラーで全粒粉がプリーだから、食パンとライ麦パンくらいの感じかな。

そこで両方を扱っているパトゥーナムのインド料理屋さんに行って
、両方注文してみた。


01_125048BaturaPuri.jpg
[プリー]


02_150627BaturaPuri.jpg
[バトゥーラー]

********************************************************
違いがわかるだろうか。

どっちも揚げパン。

違いが全く分からない。

しいていえば、プリーの方が油っぽい。

ややプリーの方が大きいので食事にはプリーの方がいいのかもしれない。

プリーもバトゥーラーもテーブルにあるチャツネを付けて召し上がれ。

03_130735BaturaPuri.jpg



プリーとバトゥーラーの違い。

でもこれはお店によって違うかもしれないので、さらに調査が必要ですね。


現在のところでは、一番のお薦めはプリーでもバトゥーラーでもなくて、油で揚げてないロティの方かな。

04_122304BaturaPuri.jpg
[ロティ]




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

名探偵コナンのカフェ@BKK



「名探偵コナンのカフェ」というのは今年の5~6月頃、東京や大阪で期間限定で開催されたカフェのこと。

開催当時は、予約がなければ入れない80分入れ替え制のカフェだったので、ふらりと立ち寄るなんて全然ムリ。予約時間の10分前に集合しなくてはいけない。予約時間に遅れたらキャンセルになるが予約金は返金できないという超難関カフェです。

そのコナンカフェがサイアムセンターにやってきました。日本と違って予約ではなくて普通に並んでください。予約金もいりません。

01_20330conancafebkk.jpg


コナンカフェはサイアムセンターの一階(G階)のオープンカフェスペースにありました。

入口では着ぐるみのコナン君が出迎えしてくれるんだけど、小学一年生にしてはガタイがでかい。

キャラの設定で頭を大きくしているので、かなり不気味になってます。

02_19382conancafebkk.jpg


********************************************************
メニューでは日本と同じ「APTX-4869カレー」もあります。250THB(850円)。

250THBのカレーなんてバンコクの相場を無視している。が、これでも日本のコナンカフェで食べたら1600円くらいするので、格安料金設定になってます。


これ食べたら、小学生に若返るらしい。パイカル飲むと元に戻るらしい・・・

03_19384conancafebkk.jpg


その他、オリジナル商品としてコナンのカラーラテ(130THB)。
蘭ちゃん、哀ちゃんもあります。

04_10300conancafebkk.jpg


カフェに入ると可愛いメイドさんが席に案内してくれます。

ちょっとメイドカフェを思い出してしまった。

05_21003conancafebkk.jpg


テイクアウトのケーキも毒々しい。165THB

07_141318conancafebkk.jpg

ケーキだけなら並ばずにメイドさんが包んでくれます。

06_21010conancafebkk.jpg


東京や大阪でコナンカフェをのがした方は、バンコクに来たら寄ってみたらいかがですか。



期間限定8/2~9/30までです。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

パニールを探せ




バフラット市場のインド人街にパニールを探しに来ています。

パニールというのはインドのチーズのことなんだけど、これだけインド人が多いバンコクでもなぜかデパートでも売っていない。

デパートにあるのは、オーストラリア産のチーズとかフランス直輸のチーズとか。もちろんべらぼうな値段でした。

タイはチーズを食べる習慣がないからチーズも高いのでしょう。タイ産のチーズというのは見たことが無いです。牛乳もヨーグルトもタイ産があるからバターやチーズもありそうなものですけど。


でもインド料理屋に行くと普通にパニールを使った料理はたくさんあります。たぶん業務用ではインドチーズはそれほど高くない値段で出しているものと思います。

さて昨日お話に出てきた「Royal India」では店頭にパニールがありました。

業務用というより自家製かもしれない。これは大きな塊でドーンと展示しています。インド人は店頭のパニールを見て、注文するのかな。

01_145440paniruindia.jpg


********************************************************
もう少し小口のパニールが無いかと探し回ったら、インディア・エンポリアムの駐車場に入る道の脇にグロサリーショップがありました。

「RANG MAHAL」という名前のようです。

02_151722paniruindia.jpg


店内には色々な食材がありますね。これはなんだろう。スナックみたいだけど、たぶんお菓子の材料かな。

03_151731paniruindia.jpg


店内の冷蔵庫の中にギー(インドバター)とかパニール(インドチーズ)とかもありました。1pcで150THB(500円)です。

でもお値段の問題ではなくて、この炎天下でどうやって持ち帰ろうか。そっちが大問題です。

まずは保冷パック探しでしょうね。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「Mutter paneer」は豆カレー




ヤワラートのインド人街、バフラット市場にパニールを探しに来ています。


インド人街っていうのは、かなりディープ。あまりふらふら行く所でもありません。

01_144131muttercurry.jpg


グーグルマップを片手に「Royal India」というお店を探します。





02_145412muttercurry.jpg


ここだけ見ると恐ろしそうな場所にあるようですが、この店は1号店。インディア・エンポリアムの向かいにあります。
2号店は、サイアムパラゴン1階にあるようです。

インディア・エンポリアムというのは、インド人街の生地専門のモールですが、エンポリアムという割りにはかなりくたびれたモールです。

03_150136muttercurry.jpg


「Royal India」はいちおう有名店なのですが、この1号店は値段が格安。だいたいのカレー類は150THB前後です。

チキンカレー155THB、チキンマサラ155THB。どう違うんだろう。

04_150106muttercurry.jpg


プリーやチャパティは12THBです。多分このお値段だと小さい。

05_150125muttercurry.jpg


********************************************************
今日の選択肢は「Mutter paneer」135THB

グリーンピースとパニールチーズのカレーです。

06_150632muttercurry.jpg


ちょっとパンチが足りない。どことなく味のピントが抜けているカレーだな。

インド料理にしては、ファミレス味に近い感じがするカレーです。早く言うとお子様あじになっている。

インド料理は難しいな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介46~プラートゥー・パロー





ウドムスックの料理紹介。「プラートゥー・パロー ปลาทู พะโล้」65THB

今回登場するのは、魚の煮つけ。

プラートゥーはタイではよく食べられている魚であるが、沖縄ではグルクマという名前で知られている。

そのプラートゥーを生姜と砂糖、醤油で煮つけたものである。

01_1316platoopalow.jpg
[プラートゥー・パロー]

パローについては、よく目にするのは「ムー・パロー」で、ゆで卵の豚肉煮である。ムー・パローは八角やシナモンが入るが、魚のパローでは生姜が主になる。


02_5513platoopalow.jpg
[ムー・パロー]

お味の方は、魚の味がよく効いているうま煮といったところ。決して辛くはないタイ料理である。

********************************************************
ここでひらめいた。

このプラートゥー・パローの汁は、煮こごりにしたらどうなるだろう。

よく冷やして煮こごりを作ってみる。

03_1518platoopalow.jpg


結果としては、よく冷えた魚の煮汁になったものの、煮こごりは出来なかった。
コラーゲン質が少ないのであろう。

これはこれで、白いご飯にかけると美味しいものだけど。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

龍柱



那覇に翁長元知事が3億円かけて龍柱を作ったということで、沖縄ではいろいろ揉めているらしい。

龍柱を沖縄観光の目玉にしようとして、結局は残念な例になっている。


01_2359ryuchu.jpg

ただこの龍柱。どう見てもチュッパチャプスのチュッピー君じゃね?

02_6007ryuchu.jpg


********************************************************
じゃあ龍柱というのはどんなものかというと。

まず須弥台という台座の上に柱があり、龍が柱に巻き付いている。柱の上部には雲がたなびいている。

バンコクのプラトゥーナムの「ザ・パラディアム・ワールド・ショッピング」のモールの隣にちょうど該当する龍柱があった。

03_1300ryuchu.jpg


この龍柱は対になっていない。単独である。

下の方を見ると、龍は対になっている。須弥台もある。雲もたなびいている。

04_1301ryuchu.jpg


祠を見ると、対になった柱がある。この柱も龍柱なのだろうか。

05_1335ryuchu.jpg



実はこの龍柱だけでなく、媽祖様を祭った天上聖母堂の龍柱も一本柱である。中華寺院の龍柱というのは、概ね一本のようだ。

では那覇にあるチュッピー君の龍柱は何だろう。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

100バーツでインド料理食べ放題



プラトゥーナムのインドラリージェントホテル周辺。別名インドラスクエアとも呼ばれているらしい(よく知らないけど)

そのインドラスクエアにある「Guptaji Kitchen」は、インド料理食べ放題の店である。

食べ放題のインド料理とはいかなるものか挑戦してみよう。



「Guptaji Kitchen」はRoyal Dosaの隣にあるから、ロイヤルドーサを探せばすぐに見つかる。

01_123754indeatabeho.jpg


ドアを開けて中に入ると・・・何も無い。

だいたいこのシチュエーションだと、ほとんどのお客は帰ってしまうな。

02_123742indeatabeho.jpg


ここは思い切って奥まで進むと、上に上がる急な階段があり、それを上るとお店になる。

しかしメニューも何もない。

03_121655indeatabeho.jpg


********************************************************
席に着くとオジサンが「カリーでいいかい」と言っていたのだが、よく考えるとカレーって言うわけがない。「タリーでいいかい」という意味である。

「タリーくださいな」と言って、タリーをよそうところを見てみた。居酒屋のもつ煮込みを思い出してしまった。

04_121703indeatabeho.jpg


待っているとタリープレートに5品入って持ってきた。これで100THB

真ん中の小鉢がダル・タッカ、モール、サンバル、小鉢ではなく大皿に入っているのがビンディーマサラ。
ダル・タッカとビンディーマサラが美味しかったが、他は塩味が強すぎるのでいまいちかな。

05_121834indeatabeho.jpg


食べていると「ロティだよ~」と大きなチャパティを2枚持ってきた。

チャパティというのは揚げてないパン。ちょっと塩味が効いてなかなかに美味。どうもインド人はチャパティも含めてすべてロティ(パン類)というようだ。

06_122304indeatabeho.jpg


チャパティとダル・タッカをワシワシ食べていたら、小鍋を持ってきて継ぎ足してくれる。チャパティも無くなったら追加をくれる。

要するに、品数は決まっているものの量は無制限というタイプの食べ放題のようです。

さすがにチャパティだけでは残ったカレーを処理できないので、「ご飯を」といったら、最初の盛り付けの3倍量をよそってくれた。

最初は見栄えを綺麗にするために少しの盛り付けだけど、追加はドカ喰い型に変わるというコンセプトでしたか。

最後はさすがに「もういいです」といってよそってもらうのを止めましたが、これは盛岡のわんこソバ以来だな。




07_123802indeatabeho.jpg


それにしても、これだけ食べても100THB、330円ですかー。市場メシより安いぞ、コレ

インド料理というのは、旨い不味いがはっきりしている。不味いのは粉っぽい。

Guptajiのインド料理は、インドの家庭料理クラスかな。すご~く旨いとは言わないが、ほっこりした料理、安心の味付けである。ちょっと塩からかったけど。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ラオスに深い祈りを捧げる




最近、タイ人の韓国に対する潮目が変わってきたようだ。

例のラオスのダム決壊の事件のことである。

韓国とすると「大雨による想定外の天災で~」と逃げの一手で。

あくまで天災の被災者を救済する献身的な韓国という上から目線のスタンスで押し通しているのだが・・・

まさしく危機管理の第一歩を間違えた日大状態である。死者を出しているから日大よりもひどい状態だろう。


タイはラオスとは関係ないように見えるだろうが。

実はタイ人(とくにイサーンのタイ人)にとってラオスとは親戚状態。イサーンから見れば南部のイスラム系タイの方がよその出来事。ラオスの被害はイサーン人にとっては自分に起こった被害なのである。

ついこの前まで韓流ドラマにクギづけになっていたタイ人が、今日は嫌韓に変わっていた。

してみると日本の嫌韓なんてものは、たわいのないもので中坊のシカトみたいなものだが、タイ人のはどろどろとした怨念すら感じる。まあ仲間が死んだ。殺された。という意識かな。

これが中国の工事だったら、「まあ安かろう悪かろうダナ」ともう少し冷静だったのかもしれない。

韓国の工事だって安かろ悪かろだとは思うのだが。タイ人にはもう少しマトモな製品を作る責任ある国に見えていたのかもしれない。


01_172301Laospray.jpg


ついこの前まではいつも満席だった韓国スイーツのお店も日曜日なのにガラガラ。

ショップでも韓国製だと買わないようです。

********************************************************
土曜と日曜のセントラルワールドで「ラオスに祈りを捧げるコンサート」が開かれていた。

02_172139Laospray.jpg


会場は無料であり、募金箱やチャリティーグッズが売られていた。

03_172144Laospray.jpg


タイでこうしたイベントの盛り上がりは、インラックを追い出したバンコク・シャットダウンのデモ以来である。

意外なことであるがタイの大洪水でもこうしたチャリティーは無かったと記憶している。

04_172054Laospray.jpg


多分、ラオスの災難で一番こころを痛めているのはタイ人じゃないかな。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ロイヤルプロジェクト@セントラルワールド




カセサート大学のイベント情報によると、8/3~8/13まで「ロイヤルプロジェクト49」がチットロムのセントラルワールドで開催されます。

今回のテーマは「持続可能な遺産の保全」というコンセプトです。

ロイヤルプロジェクトとしての持続性のある農業開発として、目先の利害に捕らわれないで、健康的で栄養価が高い農産物の開発に取り組みます。

具体的には、食用花、緑茶、ワイルドライス、ロイヤルゼリー、抹茶アイスクリーム、イチジク、アボガド、梨といった新しい農産物の開発に取り組みます。

共催のドイカム食品からはベニバナ、ハーブ、豆乳、ココナツゼリーなどの新しい加工食品。カモミールと甘草を用いた無糖のドリンクの開発といった新しい試みが行われています。

********************************************************
セントラルワールドの中は昨年度末の工事ですっかり迷路状態になってしまった。

以前は1階のイベント会場にほぼ収まっていたものが、会場レイアウトの変更で、あちらこちらに会場が出来てしまい、全くどこに何があるのかよくわからない。

とりあえずスタート地点としては中央エスカレーターの前。

ここではタイ舞踊が行われていました。

01_170319RProjekt49.jpg


メインイベント会場は昨年と同じく中央のホールです。ここでは農産物の展示販売が行われます。

02_170201RProjekt49.jpg


03_165842RProjekt49.jpg


二階に上がると、フードコーナーになっています。


ここはタイソーセージを焼いています。

04_165936RProjekt49.jpg


こちらではニジマスのカレーがけ。80THBとやや高い。

05_170012RProjekt49.jpg


物凄い行列が出来ていて、見たらドリアンアイスクリームの無料試食会だったり、即製の展示会場でジャズの演奏会があったりと、まるで学園祭のノリだね。

何となく会場のアナウンスを聞いていると「イープンの~」とやたらに日本のことを言っているようなんだけど、なにか日本産の~とか、日本的な~、とかの枕詞を付けるといいようですよ。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイではユニクロの物量作戦で




タイで過ごすには、ユニクロのエアリズムような速乾性の服がちょうどいいでしょう。

タイは蒸し暑いので外出するとよく汗をかく。突然スコールに見舞われることも多いので、服が濡れることも多いのです。

コットンのシャツは吸汗性は高いのですが、その反面、乾燥性が悪い。下着にして汗をかいたら交換するしかない。

その点では、エアリズムの服というのは、汗の吸収性も高く、濡れても速乾性があります。

02_2113thaishats.jpg

********************************************************
こうして書いているとユニクロを推しているようだけど、エアリズムにも欠点があります。

エアリズムというのはポリエステルのマイクロファイバーをまとめて、繊維の間の隙間に汗を吸着させるようにしたものです。

そこでマイクロファイバーの微細な隙間に汗が入り込むと、洗濯をしても臭いが取れにくいことがあります。

これはポリエステルの根本的な問題で、洗っても洗っても汗臭いということになります。

解決方法とすると、重曹を使うなど皮脂のあぶら分を分解除去する方法が考えられます。

重曹の入った洗剤につけ置きして、予備洗いとしてもみ洗いや踏み洗いをしてから洗濯機に入れて洗濯時間長めにすると効果があるように思います。

03_2340thaishats.jpg


ただそうなると洗濯方法としてどうしても洗濯機を長時間回すということになり、結果として型崩れしやすく、服がヘタリやすくなります。

対処方法とすると、ユニクロをまとめ買いして型崩れしたらすぐに交換できるようにするというのがいいかもしれない。
ユニクロのサイトでサイズが少なくなった商品をプライスダウンしているから、適当なものが見つかったらまとめ買いしておくのがいいでしょう。

例えばエアリズムのポロシャツであれば、最初1,980円くらいで、値下げすると1,290円、990円、500円と下がっていきます。

500円になったところでまとめ買いというのが一番良さそうだけど、実際にはこの値段ではサイズが無いので買えないことが多いでしょう。色などの選択肢を残すなら1,290円、色は何でもいいというなら990円で手を打つのがよさそうです。

01_2112thaishats.jpg


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle のハンバーガー




プラカノンのお洒落スポット「Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle」です。


プラカノンからはPD31で曲がってエカマイ方面に向かいます。ASOK方面からは40番のバスで来れます。

01_131026fsburger.jpg

この道はプラカノン側はギリギリ2車線で歩くには狭い道です。エカマイ側は4車線くらいに広いのでエカマイが渋滞していなければ、クルマはエカマイ側からの方が近そうです。





PD31の入り口から歩いて5~6分で「Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle」に到着です。

02_131556fsburger.jpg


********************************************************
3時頃でも、ほとんど満席です。女子会ばかりかと思ったけど、実際はペア客がほとんどでしたので、タイのデートスポットというところですね。

03_132323fsburger.jpg


この席の周りは、北米のオールドタウンの雑貨をレイアウトしているようです。カーサブルータスで特集を組みそうなファニチュアです。

04_132251fsburger.jpg


05_132257fsburger.jpg


これはオルゴール。オルゴールユニットだけを販売していましたが、ボックスはどこにあるのでしょうか。

06_132438fsburger.jpg


キャッシャーと書かれたレジ台がありましたが、ここはキャッシャーではなくて、昔のキャッシャーを模したファニチュアのようです。なんだか紛らわしい。

07_132305fsburger.jpg


そうこうしているうちにオーダーしたレモンスカッシュがやってきました。100THB

テーブルスタンドが綺麗です。

08_132529fsburger.jpg


もう一つのオーダーはフェザーストーンバーガー。295THB

これは普通においしかった。

09_134324fsburger.jpg


ハンバーガーは美味しいちゃあ美味しいんだけど、1000円もするというのはいかがなものか。

まあ100円マックと比べようとは思わないが。

10_132704fsburger.jpg


フェザーストーンの由来を書いたものがテーブルにあったから読んでいたのだけど、ジュエルと関係があるようだね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「Bimala Store」でインド料理の食材を買う




以前ジュエリートレードセンター付近を歩いていて、見かけた小路にインド料理のグロサリーストアがあった。

ジュエリーといっても別に宝石目当てというわけではないのだが。

今日はそのグロサリーストア街を調べてみよう。

まずはBTSスラサックで下車。ここからシーロム通りへ向かう。

そこからマヘサック通りを北上する。このあたりは宝石店が軒を並べている。通りがすべて宝石店。まるで御徒町。

店員はインド人が目立つ。インド人=宝石商という図式がぴったり。中華街のように金行が並んでいるパターンではないからインド人は金には興味がないのか。

ところどころにインド料理店が点在している。パトゥナームのインド料理店に比べるとずいぶん高級のようだ。「palak paneer」で値段を比べてみると、250THBと2倍近い値段設定である。

インド人は貧富の階層差が激しいという話だが、これほど違うと全く違う料理に見えてくる。

メニューにもインド文字は全く書かれていない。英語オンリー。でも日本語も書いてある。

********************************************************

その片隅にインド料理食材店「Bimala Store」があった。でもあまり高級感は感じられない。

周囲のインド料理店の高級感とは全く異なっているのだけど、インド料理店の仕入れは別の場所なのかな。


01_121341BimalaStore.jpg


棚に並んでいたのは「ベルプリ」。インドのポテチである。85THB
パッケージの絵は、ビリヤーニみたいだが、これは料理というよりスナック菓子。

02_121039BimalaStore.jpg


結局買ったのは、サンバーパウダー。インド料理のスープカレーの素なので、ダル豆とかナスとか入れるとインド料理が出来上がる(多分)。

03_231545BimalaStore.jpg


それとチャイのパウダー。チャイというのは茶葉から作らないとダメだろうな。

紅茶を牛乳で煮込んでもミルクティーであって、チャイにはならない。これにいろいろスパイスを加えるとチャイマサラになる。

ただしそれでは大変なので、このチャイマサラパウダーを温めた牛乳に入れると簡単に美味しいチャイマサラの出来上がり(多分)。

04_231555BimalaStore.jpg


そしてグリーンチャツネ。「チャツネをください」と言ったら、これをくれた。イギリスのsharwoodのチャツネとはだいぶ違っているのだが、いいのかな。

05_231613BimalaStore.jpg

全部で220THBの会計でした。

他にもドーサの粉とかあったけど、フライパンでドーサが出来ないかな~


[Bimala Store]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ティムホートンではなくてティムホーワンに行ってきた




バンクーバー在住の方ならだれでも知ってる「ティムホートン」に一字違いの「ティムホーワン」に行ってきました。

01_1848tmhowan.jpg


場所はエカマイの駅前「ゲータウェイ」のM階です。

「ティムホートン」はコーヒー&ドーナツですが、「ティムホーワン」はウーロン&ヤムチャです。

じつは「ティムホーワン」というのは香港のミシュラン一つ星の点心なのです。香港ではいつも満席なので入れないお店でしたが、バンコクではまだお客はいません。

02_1407tmhowan.jpg


まずは烏龍茶30THB。お茶が無くなると何回でも継ぎ足してくれます。

03_0832tmhowan.jpg


まずはドーナツの代わりに「酥皮焗叉燒包(スーピーチーチャーシャオパオ)」3個で120THB(408円)

香港ナビでは日本語でチャーシュー入りメロンパンという解説があったけど、メロンパンというよりほかほか堅パンという感じかな。

04_1111tmhowan.jpg


中を開けるとこんな感じ。熱々のチャーシューが入ってます。これは絶対外せない一品ですよ。

05_1412tmhowan.jpg


もう一つの注文は「梅辣茄子餃(メーラーチーツーチャオ)」120YHB
生春巻き皮で包んだ蒸し餃子、中身がカレー味のような感じかな?

06_1703tmhowan.jpg


ちょっと予想をはるかに超えて、不思議な味の世界に入り込んでしまいましたよ。

07_1936tmhowan.jpg


税込み・サービス料込みでトータル318THBだったので、1000円くらい。
なまじっかなカフェよりはずーとイイ感じ。落ち着くし。

コーヒー&ドーナツもいいけど、烏龍&ヤムチャは捨てがたいよ。いいお店なんでお客がいないと言って撤退しなければいいけどな。

もうじき日本にも上陸するそうです。
********************************************************
ところでこの「ゲータウェイ」は日本のお店がたくさん入ってることでも有名です。

その割にパッとしませんねー。メイドカフェの「めいどりーみん」も撤退してしまったし。テナント代が高いのでしょうか。

トイレやおむつ替え室の表示も日本語のみだし。

08_1210tmhowan.jpg


ていうか、これじゃあ日本人以外の人は来れないんじゃあないですか。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

パフラットの媽祖さま




ヤワラート通りの終点、パフラット通りにはリトルインディアという名前の付いた一角がある。文字通りインドのサリーとかヒンドゥーの神像とか売っている。

トラに乗っているのは、パールヴァティー様かな。ヒンドゥーのゆるキャラ神様。おうちに飾ればうなされそう。

01_1445yawaramaso.jpg



その片隅に「サーン・チャオメー・タップティムศาลเจ้าแม่ทับทิม」という名前の神社がある。

中国語では「天后聖母宮」となっている。

02_1451yawaramaso.jpg


03_1453yawaramaso.jpg
[龍柱]


聖母とあるがキリスト教ではない。

天后宮と短くすると、台北や台南に多い神社ということになる。

主神は天上聖母媽祖である。媽祖というのは道教の航海の神様である。

台湾に馬祖島という島があるが、これも媽祖様が流れ着いたという伝説があるからである。


04_1458yawaramaso.jpg

********************************************************
この媽祖様は、中国本土では邪神扱いで、文革ですべての寺院が破壊されているので残っていないが、台湾やインドネシア、横浜などの華僑の間では信仰が厚い神様である。

つまりは、媽祖様信仰をネットワークに、日本―台湾―香港―ベトナム―タイ―インドネシアの華僑が、ぐるっと中華人民共和国を取り囲んでいる形になっている。

中国にとっては嫌な形になっているのである。

05_1462yawaramaso.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR