FC2ブログ

タイのお土産は安物ばかり



昨日の深夜便で帰国です。

さっそくお土産を開きましょう。

まずはマックスバリューで買った「煎り空豆」10THB(30円)/35g
いままでのお土産で最も安いという記録を打ち立ててくれました。
それでいて美味い。
10袋買ったんだが、即行でうりきれ。
こりゃ次回は箱で買って帰るかな。日本にもあるけど、3倍以上高いんだよね。

01_1511thaimiyage.jpg


つづいてのお土産は「ココナツミルク」20THB
ココナツミルクは日本にもあるけど、400mL缶で300円くらいだから使いにくい。
頑張ってタイ料理をこしらえても半分は要らない。しかし保存できるものではないので捨てるしかない。
そこでこうしたミニ缶はけっこう役立つものです。

02_1512thaimiyage.jpg


「チリソース、ナンプラー、ピーナツソース」、各30~50THB
これはタイにもいろいろな種類があって味が微妙に違う。
一番高かったブルーエレファントのものを買ってきました。

03_1513thaimiyage.jpg


以上、非常に安くてとっても重宝されたベスト3です。安物だといってもあなどれませんぞ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

AISのリフィルカードを買いに行く




AISのシムカードに「SIM2Fly」というのがある。
要するに海外ローミング用のシムなので、これを使えばタイ国外でも携帯が使えるということになる。

SIM2Flyにはアジア用8日間 3GB(399THB)と欧米用15日間 3GB(899THB)がある。それぞれサポートする国の中でローミングによるデータ通信が可能になる。

01_2214byrifil.jpg


そこでそれぞれの利用可能期間を過ぎたらもう捨てるのかというと。。。。実は利用可能期間を過ぎても、SIMの有効期間は1ヶ月ある。

さらにその有効期間内に追加チャージすれば更に1ヶ月延長される。少額の20THBでも1ヶ月延長されるので、何回か繰り返してチャージすることで1年先まで延長できる。

チャージしても無駄にならないかと心配になるが、このSIMは世界中で使えるし、タイ国内では普通のSIMとしても使える。

そこでもしタイ国外に行く用が無くなったとしても十分使うことはできるのである。

タイ国内での速度・利用期間・料金・USSDコードは以下のようになっている。
その都度オススメのプランがメールなどで来るので、必ずしも以下のコードしか使えないというものではない。

1M/7days- nolimit-99THB *777*9048# 📞
4M/30day- nolimit-450THB *777*9051# 📞
4M/1days- nolimit-29THB *777*7149# 📞
6M/1days- nolimit-34THB *777*7209# 📞

********************************************************
追加チャージ(TopUpという)の方法は、タイ国内であればAISの支店や駅の構内などに、TopUpの機械があるので、自分で出来る。

ではタイ国外にすでに出てしまったあとの場合、TopUpはどうするか。

ネットでTopUpも出来るようになっているが、これにはクレジットカード決済が必要になるのだが、タイのクレカ会社の発行したものでないと使えないので、それがないと実際には出来ないことになる。


タイ国内のセブンイレブンなどに行けば、TopUpのPINコードを販売してくれる。これを持って海外に行けばいいことになるが、これは他のレシートに混じって捨ててしまうという可能性が大である。

下の写真の赤線でマークした16桁の数字がPINコードである。
まず、スマホの優先データサービスネットワークを有効にして、モバイルデータをONにしておく。

そのうえで「*120*PIN#」に📞をコールするとUSSD信号が送られてTopUpが出来る。

02_0053byrifil.jpg


レシートに印刷したPINでは嫌なので、シーロムコンプレックスにあるAISの支店にリフィルカードを購入に行ってきた。

1枚100THBなので5枚くらい買っていきますね。

03_0054byrifil.jpg


これは後ろにあるスクラッチを削るとPINコードが出てくる。
下の方の「ธ.ค.2562」は有効期限である。2019年12月まで有効ということになる。

04_0055byrifil.jpg


このSIMのローミングプロモーションでは、2017年12月現在では、日本を含むアジア圏内では299THBで8日間、北米・欧州では799THBで15日間ローミングによるデータ通信が可能になっている。新規にSIM2Flyを購入するより100THB安くなっている。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

Scoot10でもANAの方が安かった



スクートの10%オフセール(スクート10)のお知らせが来たので、東京/BKK便を調べてみた。

01_6213scoot10.jpg


2月は、どの便も高い。全然安くない。
バンコクから東京に飛んでいって、東京でオリンピックを観戦しようということかな?
ついでに北海道も堪能できるという事かもしれないね。


それで比較的安い1月末から3月初めまでのフライトを検索してみる。バーゲン対象はフライバッグ(20kgまでの受託手荷物、食事なし)

成田/BKKが30,981円、BKK/成田が33,864円。

02_6214scoot11.jpg

それに手数料等が加わって73,805円という数字が出た。昨年の同時期では、25,970円だったから3倍も値上がりしている。

03_6215scoot12.jpg


LCCなのに73,805円も出してどうする。
********************************************************
そこでExpediaで航空券を検索する。上海乗り継ぎとか台湾乗り継ぎとかはパスする。あくまで直行便。

ここではスクートは58,287円、エアアジアは59,408円と61,408円、全日空が59,620円と64,620円となっていた。

スクートの値段が違うのは、帰路がクアラルンプール経由で11時間かかって帰ることになっているから。(帰路もスクート直行便なら+13000円追加料金が必要なので71,300円になる)

エアアジアの違いは成田出発時間の違い。安い方の便でも帰路もエアアジア直行便を使うと+20,300円なので80,000円になる。

全日空の違いは成田を使うか羽田を使うかの違いだけでどちらも直行便。

04_6216expe13.jpg


次にANAのサイトに行って、前後一週間の出発日による値段の差を調べてみた。

1月22日成田出発/3月8日羽田到着が一番安いようだ。

05_6310ANA02.jpg


更にANAの詳細を調べると、成田発/BKK着29,900円、BKK発/羽田着29,720円(受託手荷物46kg、食事あり)で合計59,620円となっている。
これは往復を購入した場合の価格なので、片道のみの購入では各15万くらいになる。

この値段はリアルタイムで変化するので、一日待ったら10,000円くらいUPすることもあるようである。ただし、「Keep My Fare」を利用すると1,000円で72時間予約を確保が可能になる。

06_6311ANA03.jpg

スクートのフライバッグでは20kgしか受託手荷物が預けられないので、40kgにすると更に7,360円UPになる。
それにしても、いくら荷物を減らして頑張ってみてもLCCがANAより高くなるなんて・・・



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介35~パットパックルアムミット





「パットパックルアムミットผัดผักรวมมิตร」(ミックス野菜炒め)20THB

01_1908uskptpak.jpg


パット(炒める)・パック(野菜)・ルアムミット(混合した)の合成なので、ミックス野菜炒めという訳になる。

********************************************************
写真で見ると、ブロッコリー、人参、さやえんどうが入っている。ジャガイモのような形をしているのはフクロタケである。

必ずこの野菜が必須ということでないのだが、ブロッコリー、人参、さやえんどう、フクロタケはだいたい入っている。あと追加するとベビーコーン・椎茸・カンラン菜あたりが定番であろう。

白菜や大根は水が出るので入らない。
味付けが無いので、豚肉などが入ることもある。

だいたいどこのお店でも「タクミアジทาคูมิ-อายิ」を使ってしまうので、やや味が単調になるきらいがある。

02_2500uskptpak.jpg
[ทาคูมิ-อายิ]



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

IDEOMobiの工事が始まった~1




ウドムスックの駅前スクンビット・ソイ66に「IDEOMobi」というコンドミニアムが作られる予定。
これは三井不動産とアナンタデベロッパーズのジョイントで企画されているようだ。

さぞかし高価なマンションになることだろう。三井不動産というのはマンションの建設と一緒に「ららぽーと」のような大型のショッピングセンターを作ってタウン全体の価値を上げる会社だから、おそらく近隣には大きなショッピングモールも出来ることになるであろう。

01_1636rocaf2.jpg


ところが、最初のうちはなかなか工事がスタートはしなかった。施工業者が決まらなかったのか、タイだから予定調和で遅れるのが当たり前なのか。

02_1517rocaf2.jpg


まあ最初はウドムスックなんて郊外も郊外。オンヌットの開発でさえやっと始まったばかりだから、こんな場所に立派なマンションを作っても売れないだろうと思っていた。

そのような事情で工事開始も遅くなったのかもしれない。
********************************************************

ところがここにきてやっと重い腰を起こすように、工事が始まってきた。

オンヌットも最近はマンションラッシュだし、プンナウィティもどんどん地元資本の小型マンションが出来つつある。やっとウドムスックまで開発の手が入るようになったのかな。

工事が始まるとダンプが現場に入るにも道路が塞がってしまうし、朝夕にトラックがミャンマー人を満載して運んでくるようになる。

下から見ると見上げるばかりの高層ビルの骨格が出来つつあるように見える。

03_1231nwcod.jpg


上から見ると、マンションに隣接した部分の樹木は伐採してるから、駐車場か公園が出来るのかもしれない。または第2期の工事現場なのかもしれない。

04_0807nwcod.jpg


だがそれ以外の場所、特に赤線でマークした場所は手付かずのまま。このままジャングルにしておくのだろうか。

05_0814nwcod.jpg


ちょっと気になる三角部分。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介34~パッ・ファクトーン・パッ・カイ




「パッ・ファクトーン・パッ・カイผัดฟักทองใส่ไข่」(カボチャの卵とじ炒め)20THB

01_1800fktonkai.jpg

パッ(炒める)・ファクトーン(かぼちゃ)・パッ(炒める)・カイ(卵)ということになります。

タイ料理の中でもカボチャを使った料理です。
まず、ニンニクを油で炒めて、カボチャを加えます。
さらに水を加えてカボチャを煮こみます。
カボチャが煮えたところで卵を加え、塩・砂糖・ナンプラーを少し加えて甘く煮たものです。
隠し味でオイスターソースやココナツミルクを少し入れることもあります。

「カボチャ炒め」といってもカボチャを炒めるわけではないですね。
********************************************************
ただカボチャは日本のものと少し違うようです。
なんかシワシワです。

煮込んでもべちゃべちゃにならずにホクホクしていますので、「カボチャの煮物」のようなウェットな感じにはなりません。

02_0937fktonkai.jpg
[ฟักทอง]

日本で出回っているのは西洋カボチャということですので、タイのカボチャの方がカンボジア栽培種に近いということかもしれません。

03_b5167b.jpg
[日本のカボチャ:NETから引用]

そこで、このホクホクした感じはお菓子の方に適しているので、タイ菓子ではおイモの代わりによく使われます。

04_0940fktonkai.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

本格中華の泰和軒は台湾より美味しかった




トンローで見かけた中華料理店が気になっていたので、久しぶりの飲茶を選んでみようと思う。

トンローの駅前から赤バスに乗って出かけよう。どこまで乗っても7THB。
進行方向左手にカミリアン病院が見えたら下車。ほぼ終点に近いけどね。

道路を渡ってソイ20に入る。入って3軒隣が『泰和軒 tai he xuan』である。

01_131515.jpg


ランチタイムは11:00~14:30、ディナータイムは18:00~22:00とある。

02_172346.jpg


12時に入ったら、お客さんは3組しかいなかったが、12時半にはほぼ満席。予約するか時間を早めに行くのが良さそうだ。ほぼタイ人のみ。


03_122050.jpg


ビュフェとあるが、バイキングではない。点心をメニュー表からオーダーすると作ってくれる。追加注文をしても構わないので、卓に並べすぎないように少しずつ追加していくのがよい。

食べ放なので、399THB。お茶は30THB。フカヒレは100THB追加になる。

04_120735.jpg


フロア係には日本語が話せる人もいるし、どの人も最低限は英語が話せるので、お薦めはどれかとか、いろいろ聞きながら注文していった。
********************************************************
まずはスープから。薦められるままに選んだのは「滋补乌鸡汤」。烏骨鶏のハーブスープである。鶏ベースの薬膳だが、すごく美味しかった。滋补汤とは滋養のある湯という意味。

名前だけ見ると薬臭いイメージだが、食べてみると鍋料理の最後のだし汁のようでいろいろ旨味がギッシリ。これは外せないね。

05_121511.jpg


おなじみ「上海小籠包」は熱々なので、火傷しそうだった。箸でつまむと皮が破れて熱い肉汁が飛び出してきた。
小籠包といえば鼎泰豐ばかりが紹介されるが、バンコクの鼎泰豐は台北の本店に比べて皮が少し厚い気がする。厚いものだから小籠包がぬるかったとか、モソモソしていたとかの評価が下されているのである。ということで鼎泰豐でしか食べたことのない人はここと食べ比べをしてみるといいかもしれない。

06_122045.jpg


「叉焼」チャーシューなのだが、ラーメンに入れる焼豚とは違って、スペアリブのようになっている。蜂蜜を塗って焼いてあるようだ。このままご飯に載せたいところである。

07_122315.jpg


これもチャーシューだが、チャーシューを細かく切って腸粉で包んで蒸したものである。「叉焼腸粉」
腸粉というのは、生春巻に似たライスペーパーで素材を包み蒸しした広東料理である。おなじ叉焼なのに調理の仕方でこんなに味が多彩に変わるものだ。
この点心は横浜だと中華街の采香で出される評判メニューである。

08_122817.jpg


左が「猪肉焼売」。猪肉というのは豚肉のこと。焼売というと、崎陽軒のシュウマイを連想するが、シュウマイより肉団子に近い。プリプリすぎて、箸で切れないほどだった。

右は「鼓汁酸梅蒸排骨」。こちらがスペアリブになるのだが、スペアリブを蒸して油を抜き取り、醤油で味付けしたものなのであっさりしている。鼓汁とあるが、豆鼓ではなくて醤油のこと。

09_125848.jpg


次は餃子であるが、蒸し餃子である。「港式蝦餃皇」とあるから香港式の海老蒸し餃子である。
海老をぎゅっと浮き粉の皮で包んだ餃子なので、餃子を食べるというより蒸した海老を食べているようだ。

いわゆる焼き餃子(鍋貼)は台湾では見かけたが、本当の中華料理ではない。

10_130128.jpg


デザートもいろいろあるが、今日はゴマ団子をチョイス。「黒芝麻麻团」。"团"は"團"の異字体。
烏龍茶はポットサービスなので、何杯でもお代わりが出来る。

11_125903.jpg


その「黒芝麻麻团」を切ってみた。ゴマ団子は中の餡のとろみ具合が命。饅頭のような固い餡から、ゴマ餡まであるからね。

この店のゴマ団子は熱々の液体だった。これは実においしい。
ゴマ団子だけ食べても満足して帰っただろう。

12_130842.jpg


これだけ食べたらさすがにお腹がいっぱいなので、もう食べれません。税・サービス込みで460THB(1580円)になった。


バンコクでもいろいろな中華料理店に入ったが、ややなんちゃって中華という感じがしなくもない。味付けが少し中国と違う店が多い。ところが「泰和軒」はほぼ台湾の味に近い。最近は台湾も味がやや当たり外れがひどくなったから、台湾を超えたかもしれない。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

とりあえず口内炎にはTRINOLONE




口内炎にかかってしまったので、薬局に行ってあれやこれやと病状を言う。そこで「TRINOLONE」を処方してもらった。15THB(50円)

01_0917trinolone.jpg


「TRINOLONE」ってどんな薬かと思ったら、弱いステロイド剤で、成分はトリアムシノロンアセトニドということなので、ステロイド系の虫刺されの薬くらいかな。
アトピーに処方されるリンデロンよりはずっと弱いので、それほど恐れることもないが、ステロイドには違いないので副作用も当然気にしなくてはいけない。

ずいぶん安いステロイド剤だなと思ったら、使い切りになっているので1週間くらいしか使えない。

でもこういう使い切りスタイルというのは常備薬としては不向きだが、ステロイドのように賞味期限のあるものには有効だな。だいいち安いし。

02_0950trinolone.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

Taco & Salsaのメキシコ料理タキートス




メキシコ料理の老舗の「Taco & Salsa Mi casa es Tu casa」がスクンビットのソイ20にあるので、今日はそこでランチにしよう。
” Mi casa es Tu casa”「(自分の家と思って)寛いでくださいね」

01_1407asoktacos.jpg


店に入ってまず目に飛び込むのは、この壁画。男か女かバイか。って感じだが、これはフリーダ・カーロ (Frida Kahlo)の自画像である。

フリーダ・カーロは、奔放な生活を送っていた女性で、一時期トロツキーの愛人にもなったということなのだが。
いかにもスキャンダラス好み。

02_1404asoktacos.jpg


壁にも関連した絵がいっぱい。
ソンブレロを冠った男にもメキシコ文化よりもネイティブアメリカンを連想させる。

03_1150asoktacos.jpg


さて
メキシコ料理店と言えば欠かせないのは「ディア・デ・ムエルトスDia de Muertos」(死者の日)

様々に化粧をほどこしたガイコツが祭壇に並んでいるのは圧巻である。

04_4310asoktacos.jpg


もうひとつのメキシコを代表するものとして「ルチャリブレ」がある。

ルチャというと欠かせないのは覆面レスラー。タイガーマスクにグレートサスケはみちのくプロレス。空中必殺サスケ・スペシヤルXはよい子はマネをしてはいけません。

05_1343asoktacos.jpg

********************************************************
メニューはそれぞれイラストで示されている。
イラストでは実際の感じはよく伝わらないところもあるが、ほっこりとした感じがイイ。

本日のオススメというページを開いてみると、だいた250THB前後。

06_1456asoktacos.jpg


それでNo.18の「Tacos Dorados」を注文してみる。揚げたハードトルティーヤとあるが、どのようになっているのだろう。

07_1340asoktacos.jpg


やってきたのはブリトーみたいに丸めたトルティーヤを揚げたものだった。
待っている間に検索したら、「タキートス」のことらしい。

08_1351asoktacos.jpg


コーントルティーヤだから硬質なトルティーヤをしっかり揚げてあるので、ナチョスのようになっている。
ハードトルティーヤを丸めて(丸められないだろうから、柔らかいうちに丸めてから)揚げたようだ。
中にブリトーのように肉や野菜を包み込み、そのうえにたっぷりサワークリーム、チーズ、ガカモーレが載せてある。

09_1326asoktacos.jpg


惜しいのは、豚肉の味がなくてシーチキンの味だった。最初、魚のタコス・ドラドスを注文したのかと思って、メニューを見返したほどだ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

新発売のスマホ「Huawei Nova2i」を買ってみた



ファーウェイの新発売のスマホ「Huawei Nova2i」が発売になった。
日本では未発表のモデルのようなので、スペックを書いておく。


OS:Android 7.0
CPU:Kirin 659 Octa Core /2.36GHz

MEMORY
RAM:4GB
Storage:64GB
Card Slot:microSD, up to 256 GB (uses SIM 2 slot)

バッテリー/3,340mAh

ネットワーク
- GSM 850/900/1800/1900 MHz
- UMTS
850/900/2100 MHz - LTE 帯域1/3/5/7/8/28
データ通信
2G:EDGE / GPRS
3G:HSDPA、HSUPA
4G:LTE DL、LTE UL
2枚のNano-SIMサポート

マルチメディア機能
16Mピクセルカメラ+ 2Mピクセルカメラ(デュアルカメラ)
- 最大画像サイズ3456 x 4608ピクセル
-シーンモード(ポートレート、ナイト)(顔検出)(ビューティーフェイス)(スマイル検出)(パノラマモード)
高露出(HDR)撮影モード
フロントカメラ/ 13MP, 2MP(デュアルフロントカメラ)
ビデオ録画/1080 x 1920ピクセル

Assisted GPS
- Google Maps™アプリケーションをサポート
WiFi 802.11b / g / n
- ポータブルWi-Fiホットスポット
- Wi-Fi Direct(Wi-Fi Direct)
Bluetooth 4.2
- ステレオヘッドセット(A2DP Bluetooth™ステレオ)
ニアフィールド通信(NFC)
マイクロUSB 2.0
USBダイレクトドライブ(USB On-The-Go)
3.5 mmヘッドフォンジャック
指紋認証

DISPLAY
Size:5.5 inches
Type:IPS LCD capacitive touchscreen, 16M colors
Resolation:1080 x 2160 pixels
PPI:443 ppi pixel density

Dimension:156.2 x 75.2 x 7.5 mm
Weight:164g
色:Black, Gold


01_2169Hua Nova


それでネットで検索すると、PowerByで9900THB、thaimobileoutletという通販で8400THBという情報であった。
http://www.thaimobileoutlet.com/th


PowerByなどで購入するとVATリファンドが受けられるだろうが、thaimobileoutletではリファンドの受付はしてくれない。

1500THBの差はVATリファンドより大きいので、thaimobileoutletグループのお店を探しにMBKへ向かう。
********************************************************
MBKの4階の電気売り場は以前と様子が一変しており、Eブロックの店は半分以上が閉店していた。

スマホの安売り店は少なくなっており、ほとんどはリペア業者かスマホケース業者に変わっている。

02_5428Hua Nova


その中で一軒の店舗を見つけて、値段の交渉に入る。最初の言い値は9000THB。

高いんじゃない?という顔をしていると8700THBに下げてきた。
どうやら店の奥にいるバアさんがオーナーで、店頭販売しているのは雇われ小僧みたいで、値段をどうしたらいいかはその都度バアさんの顔色を窺っている。

ここでギリ値で8400THBまでは下がるだろうが、店の利益が出ないと渋るかもしれないので、8500THBを切り出してみる。
これでも100THBの利益はあるだろ。

この段階でオーナーが奥から出てきて、OKになった。
店頭の小僧さんのやった交渉値段ではないから、小僧さんの責任ではないわな。

これで三方丸く収まる。

実際はそのあと調子に乗った小僧さんが、メモリーカードどうですか。Simどうですか。ケースどうですか。と自分の営業成績を上げようとしたのは、お約束。
でもみんな有るからいらないな。

03_3130Hua Nova


箱を開いて初期設定をしてもらってから持ち帰ります。スマホケースは純正が付属品で付いていた。

04_3918Hua Nova


取説はタイ語だからおいといて、スマホを包んでいるカバーに大体のことが書いてある。

まずスロットル1にはナノSimのみ、スロットル2にはmicroSDメモリまたはデュアルSimとしてのナノSimを差すようになっている。

05_0053Hua Nova


ボディの右側(図では左)に電源ボタンとボリュームボタンがある。

06_0051Hua Nova


裏面にはデュアルカメラが付いている。レンズの下にある丸いものは指紋認証である。

07_4657Hua Nova


日本語の設定をみていこう。(もう日本語設定は済んでいるのだが)

まずはホームメニューから「設定」を選ぶ。初期設定が日本語になっていなかったら、この歯車アイコンを選ぶ。

08_4626Hua Nova


さらに「詳細設定」(歯車アイコン)を選ぶ。

09_4439Hua Nova


上から2番目に「言語と文字設定」がある。

10_4451Hua Nova


「言語」をタップすると、いろいろな言語が追加設定されるので、そこから日本語を選択し、チェックを入れると画面設定が日本語に変わる。
Android 7からは、Romに日本語が書き込んでなくても使えるようになったようだ。

以前はアイフォンと台湾のスマホでは日本語が使えるが、ギャラクシーやシャオミでは日本語はあえて使えないようになっていた。これも愛国心という名の"warped mind"なのかもしれない。

11_4459Hua Nova




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコクで一番おいしいバチャーンだそうな




台南で中華チマキを買って以来、粽が恋しいです。そこでタイの粽、バチャーンを探す。タイ人も客家の流れが入っているから、中華チマキも美味しいはずだ(多分)


タイ人に、バチャーンはどこが一番おいしいのか聞いてみた。

ヤワラーにある「チャン・バチャーン」だそうな。

ヤワラーまで行くのは面倒だよ。と言ったら電話をしてくれた。

「配達もしてくれるよ」

イヤイヤまだ試食もしてないし。受け取り方もメンドウだな。

「ソイ36に支店があるよ。凍らせて日本まで持って帰ればいいよ」

うんそれイイネ。まずは買ってみよう。でも日本まで凍らせて持って帰るのはムチャっぽいんですけど。

********************************************************
ソイ36といえば、トンローの「My Choice」のそばみたいだ。

トンローで降りてモトサイで「My Choice」に向かおう。

01_1258bachang.jpg


さて「My Choice」には着いたが、どこかな「チャン・バチャーン」。

すぐ先の洗車場の片隅にひっそり在った。

02_1253bachang.jpg


お店に入ったが、オシャレな洋菓子店だ。バチャーンどこ?

03_1254bachang.jpg


バチャーンがあるかどうか聞いたら、冷蔵庫を開けて、すぐ食べるなら蒸してくれる、持ち帰るなら冷凍のままを選んでくれる。1個60THB

04_1011bachang.jpg


1個について75秒電子レンジをかけてみる。

具が盛り沢山。下の方にゴロッと出てきたのは栗かな。

05_1012bachang.jpg

中には干しエビとか茹でピーナツとかも入っている。

06_1018bachang.jpg

値段的に高いかな~と思っていたが、ほかのバチャーンに比べて大ぶりで具が多いのが特徴です。好みとするともう少し淡泊なのがイイかな。


タイ人には「五月まで待つともっと美味しい」と教えてもらったのだが、やはり粽は端午の節句の時期に食べるものだね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介33~スペアリブのタマリンド煮込み




タイ料理でも名前の分かるものばかりではない。今回は「スペアリブのタマリンド煮込み」としておくが、正しい名称ではない。50THB

01_1633sparbtmrid.jpg


タイ料理というのは、意外にスペアリブを使ったものが多い気がする。市場の中の肉屋さんでも普通に骨付きリブが売られている。

北米などではスペアリブは、バーベキューソースたっぷりつけて焼くようなものがスタンダードだが、タイでは揚げる、生姜で煮る、レッドカレーで煮る、レモングラスを添えて焼く等々いろいろな料理がある。そこにタイ料理の多様さがある。

今回はタマリンドを使って、ほろ甘く煮込んだスペアリブである。
タマリンドというのは、砂糖のようなキツイ甘さではない、うっすら甘みを感じる甘味料である。

似たものが無いのでたとえが難しいが、昔の日本では甘味料として柿をつかっていたのだが、そのような、柿で甘みを付けた煮込み料理とでもいったところか。もっとも蜂蜜も入れているから柿よりはもうすこし甘くなるのであるが。

これはとっても上品なお味です。そのうえスペアリブの肉もスプーンだけで取れるように柔らかく煮込んである。骨を掴んでしゃぶらなくても平気なので、食べ方も上品にできる。
********************************************************
それにしても50THB(170円)で、材料費よりも安く、たっぷりスペアリブを堪能できるのであるから、タイの主婦は料理に手を出さないワケだ。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

最近ウドムスックの渋滞が激しいんだが




ウドムスックの駅からオンヌット方面を眺めていると、どうも渋滞で全く動いていないようだ。その逆は道はガラガラになっている。

01_0932uskrtfy.jpg

ウドムスックからトンローに向かおうとすると、バンチャックまではひどい渋滞。
その先のスクンビット通りの渋滞を回避するのにバンチャックを左折して、高速に入っても降りたらまたペチャブリ通りが渋滞。
スマホによるナビでは、車を使って41分、電車とバスで39分。

ナビを見てわかることは、タクシーで大回りをさせられたと憤慨する前に、大回りをしてもそれが目下の最善のルートなのかもしれないということだ。

02_1922uskrtfy.png

これは朝の渋滞だろうと思っていたのだが。

昼過ぎまでコンドに居たことがあって、時間ごとに見てみたら、朝から夜まで常に渋滞していた。

渋滞マークが取れたのは午前2時すぎ。

ちょっと酷すぎないか。
********************************************************
道路状況を見ると、スクンビット通りの渋滞は、オンヌットからアソークまでは断続的であるが区間渋滞は短い。

要するにバスやタクシーに乗るのであれば、オンヌット~アソーク間しかまともに動いていないということのようだ。

逆コースを見ると、ラチャプラソンの交差点が酷いことになっている。信号1回や2回では交差点を通過できない。

これはサイアム方面からの帰路は、アソークまではBTSを利用して、車はアソークから先しか使えないことになる。

一日中混雑しているということは、年末だからということも考えられるのだが。
もっと別の要因。MRTの延長やバンナー方面への人の流れ、コンドや戸建て住宅の増加なども考えられる。

バンコク全体の人の流れが変わってきているような気がする。

これは、今までのようにドンムアン空港まで余裕を見て1時間。などという計算は成り立たないので、モーチットまでBTSで行ってからタクシーを使った方がいいことになる。

そうなると大きなバックは使えないな。荷物があるのならスワンナプームしか使えないということになりそうだ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

チーズケーキハウス(エカマイ)



今日のランチは、「チーズケーキハウス Cheesecake House & Restaurant」まで出かけてみよう。

チーズケーキハウスは支店がエカマイ駅前のメジャーシネコンプレックスにもあったが、本店の方に行ってみる。シネコンの中にあるお店は、まだ健在なのだろうか。


BTSをトンローで下車。バスでカミリアン病院に向かう。ここで下車して、ソイをエカマイ側に向かって歩いていく。

エカマイ側からでも行けるのだが、ちょっとだけエカマイ側の方が遠い気がする。

店の前が広い駐車場になっているオシャレな一軒家レストランである。

01_1648czckhouse.jpg


店の前に本日のおすすめ料理の写真が並んでいるというのは、やや古いタイプのレストランなのだな。

02_1647czckhouse.jpg


本日の値引き品。レーズンチョコケーキが10%引き

03_1819czckhouse.jpg


駐車場の脇には「pet lover's corner」という場所があった。
場所柄なのかワンコ連れで来る人が多いらしい。

1005141_581484635230177_185685446_n.jpg


そういえば、スイスのベルンでレストランに入ったら、大型犬を普通に店内に連れていたけどあれは迷惑だったな。ドイツ人というのは自分の主張ばかりするが、他人の迷惑なんぞ一顧だにしない民族だから。

********************************************************
お店に来るのは、ほとんどタイ人だけだった。それも年寄りが多い。今回だけでなく、以前もそうだった。

エカマイ駅前の店は場所柄、若い人が多かった気がする。

04_1653czckhouse.jpg


このお店は、本当はスイーツよりも軽食が美味しい。
メニューには本格的なタイ料理というよりは、グリーンカレーとかパッタイとかいった軽食が多い。

そこで本日のチョイスは、「スイカのジュース แตงโมปั่น」 90THB

05_1617czckhouse.jpg


「パット・パック・カナームー」110THB
相変わらずの安定した美味しさ。ちょっとファミレスくさい味がやや高級感を下げている。

06_1657czckhouse.jpg


デザートは「アップルチーズケーキ」 120THB
値段の割には、味はフツーかな。

07_1655czckhouse.jpg


スイカのジュース(テンモーパン แตงโมปั่น)は、バンコクでも都心ではよく見かけるが、ウドムスックまで来るとまず見かけない気がする。逆にタイ紅茶(チャーイェン ชาเย็น)の出現率が高くなる。

どこからが境界線かというと、エカマイとプラカノンの間かな。ということは、エカマイまでが都心で、プラカノンから先が郊外ということになる。バンナーから先になるともうド田舎ということで。

屋外のカフェも、都心部ではオシャレという扱いだが、田舎まで来るともう地べたで飲食しているのと同じになる。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

二十四時間で全工事終了




コンドの一階にはランドリーがある。

二部屋続きの大きなランドリーだったが、先週末に営業終了の張り紙が出ていた。

01_1643uskreform.jpg


営業終了の翌日には、さっそく撤去工事が始まる。

かなり大掛かりに工事を始め、天井や壁面にはペンキを塗り始めた。

この分なら少なくとも1ヶ月以上は撤去工事にかかるだろう。そのあとリフォームの工事が入り、新しい店舗の機材が搬入されることになるので、少なくとも2ヶ月以上。下手をすると1年以上かかるものと思っていた。

********************************************************
ところがである。翌朝同じ場所に通りかかると、もう内装工事は終了してお店の設備は搬入され始めている。

02_1742uskreform.jpg


その夕方には、お客さんも入って営業を開始していた。美容院である。

お店の営業を開始しながら、残った外側の看板などの作業を始めていた。

03_1741uskreform.jpg


この間、ちょうど24時間。徹夜で突貫工事をしたのだろう。

タイ人も、やれば出来る子だったんだネと初めて気づいた。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスック市場の野菜たち~その2




前回の続きになるが、今度は野菜の仲間を紹介しよう。

まずはネギの仲間から。
わけぎ(トンホンต้นหอม )もタイではよく使われる。長ネギもあるのだが、トンホンイープンต้นหอมญี่ปุ่นという。文字通り“日本ネギ”というわけである。

01_1147uskyasai.jpg


ゴーヤ、(マラมะระ )沖縄と同じくゴーヤ料理が多いのもタイの特徴である。苦みも同じようなものである。サッとゆがいて苦みを抜いてサラダにすることもある。
ゴーヤもタイや沖縄で食べると美味しいのに、東京で食べるとすごく苦く感じるのは気候のせいであろうか。

02_1743uskyasai.jpg


茄子。タイは茄子の種類が多い。
まずは長ナス(マクア・ヤーオมะเขือยาว )。日本のナスよりも大ぶりであり、色は黄緑色でる。焼いて皮をむいて食べる。鰹節とポン酢が欲しいところ。

03_1627uskyasai.jpg


玉子ナス(マクア・プラーมะเขือเปราะ )。タイナスと呼んでいる。生食が多いようだ。

04_4828uskyasai.jpg


スズメナス(マクア・プゥアン มะเขือพวง )。最初グリーンピースだと思っていたが、これもナスである。タイカレーには欠かせない。

05_4928uskyasai.jpg

********************************************************
バナナの花。パッタイに入れるのであるが、どうしても欠かせないというものではない。

06_4355uskyasai.jpg


四角豆(トゥアプー ถั่วพู )。これもタイのサラダにはよく登場する。マメの仲間だが、豆よりもサヤの形が独特である。

07_5059uskyasai.jpg


最後に生姜のグループ。
生姜には、香りづけ用なので固くて食べられないもの(カー ข่า )がある。

カーはトムヤンクンの香り付けなので、同じく香り付けに使うバイマクルー、レモングラスとセットになって売っている。

08_1836uskyasai.jpg


日本の生姜に相当するものはキムオーンขิงอ่อนという。柔らかい生姜ということになるから、ガリにしたり、千切りにした針生姜をつくる。

09_5051uskyasai.jpg


野菜にはまだまだ種類があるが、葉ものは難しいからまたまとめが出来たら発表する。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

Barrio Bonitoのメキシコ料理(トンロー)





トンロー方面に出かけることがあったので、ランチにはソイ17にある雑居ビルに行ってみる。

01_0128barimexic.jpg

このビルは1階がレストラン街になっており2階以上はアスレチックなどになっている。

レストラン街は、メキシコ料理、スペイン料理が中心となっているが、アイスクリームショップやビールだけという店もある。

02_0734barimexic.jpg


ちょっとオーダーの仕方が不明だが、あちこちで頼んでもテーブルまで持ってきてくれるのかもしれない。

********************************************************
今日はメキシコ料理の「バリオ・ボニートBarrio Bonito Authentic Mexican Restaurant」にしてみる。

死者の日の壁画が、なんか漫画チックになっている。

03_1521barimexic.jpg


コンクリートむき出しのテーブルが、ビアホール感を出している。

04_1526barimexic.jpg


テーブルには心ばかりのサボテンの鉢が。

テーブルの向こうはステーキハウスになっており、スペアリブの作り方がよく見える。

05_1534barimexic.jpg

まずはアグア・デ・タマリンドagua de Tamarindo、メキシコ風のドリンクである。タマリンドが入っているので甘いが酸っぱい。

そのまま飲むとちょっとエグイ。あとでナチョスと一緒にすると非常に合っていた。

06_0038barimexic.jpg


次に出てきたのは、チャルーパ Chalupa

でもタコベルのチャルーパとは形が全く違う。

タルトのベースのようなマサに、玉ねぎを焼いたものとか肉とかハラペーニョとか入っていて、上にガカモーレをトッピングしてある。

07_2931barimexic.jpg


そしてナチョス。ナチョスには4種のトッピングが付いてくる。

08_2944barimexic.jpg


サルサはビックリするくらい辛かった。(乗せすぎ?)

09_1148barimexic.jpg


左側にあるワカモーレが最高に美味しかった。

ワカモーレってなかなか美味しいのに当たらない。だいたい胡瓜をすり下ろしたんじゃないかというような青臭いのか、味もそっけもない無味無臭のものばかり出くわしていたので感激である。赤い粒は柘榴かな?

10_4630barimexic.jpg


デザートだと思って最後に食べたのは、デザートではなくてブリトーだった。
パッと見るとクレープっぽいからね。中は肉を炒めたものとかいろいろ入っていたのでとてもジューシーなブリトー。

11_2927barimexic.jpg


お勘定は、骸骨に載ってやってくる。お釣りも骸骨の中。ちょっと不気味。でもリアル感まるでなし。

12_5472barimexic.jpg


360THBにサービスが10%とVAT7%で、424THB(1440円)

13_5750barimexic.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスック市場の果物たち~その1




今日はウドムスックの市場の様子を解説しよう。野菜類は後日に、今回はフルーツから。

ただウドムスックの市場は、地元の市場なので高級な果物とかは置いてない。そこで時期が外れると全く無い。今のシーズンだとマンゴスチンとかメロンも無い。
パイナップルも無いところを見ると、微妙に収穫時期を外しているようだ。

少々高くても(と言っても100円くらい高くなるだけだが)、必要ならばオートコー市場に行くとマンゴスチンもパイナップルもある。
センタンに行けば、桃だろうとメロンだろうと置いてあるだろう。しかしここではそのようなものは売れないので、だいたい高くても250円くらいが限度だと思う。

逆に言うと旬がよくわかる。


スイカ(テンモーパン แตงโมปั่น )50THB、ลูกละというのはルクラーと読んで1個という意味だから、各50THBという意味になる。

01_1445uskfruts.jpg


バナナ(クルアイ กล้วย )、25THB、これは小さいバナナである。

02_1446uskfruts.jpg

これは果物ではないのだが、バナナの葉。こんなものも売っている。料理の皿にしたり、ココナツミルクで作ったお菓子を包んで蒸したりする。

08_1650uskfruts.jpg


竜眼、(ラムヤイลำไย )、ロンガンともいう。見かけは小イモみたいだけど甘いフルーツである。50THB

03_1448uskfruts.jpg


ミカン(ソム・マンダリンส้มแมนดาริน )は非常に小ぶりであるが、これは日本の温州ミカンに相当するものである。50THB、ほかにもソム・ショクンส้มโชกุนなどいろいろなソムがある。

04_1449uskfruts.jpg

これはドラゴンフルーツ(ゲウマンゴンแก้วมังกร)60THB、サボテンの一種である。当たりか外れか食べてみないと分からない。

10_1342uskfruts.jpg

マンゴー(マムアンมะม่วง )は値段がピンキリであるが、これはカオニャオ・マムアンに使っていたものだから、やや高級品の部類になる。80THB

05_1452uskfruts.jpg

店頭ではカオニャオ・マムアンも作って売っている。40THB
カオニャオ・マムアンはレストランで食べると200THBくらいするから、市場ではいかに安いかがわかる。

06_1458uskfruts.jpg

もっと安いマンゴー40THBもあったが、そちらはソムタム・マムアン(マンゴーのパパイヤサラダ)用のようだ。

09_4333uskfruts.jpg


ついでに市場にもクレープ屋さんはあって、3品盛りで40THBだから130円になる。

07_1488uskfruts.jpg


「Crepes & Co.」だとスイーツクレープが200THBだから、1/5の出費ですむ。部屋でTV見ながら黙々と食べるだけなら市場でも充分である。

味気ないと思うならCrepes & Co.まで行かなくてはいけない。

(次回は野菜編につづく)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

南の国に雪が降る




プロンポンの駅前に立つと、雪が降っていた。それもかなりのブリザードだ。-----あゝ暑い。。。

01_1406emqutea.jpg


このチープさが堪らなく、ダメ押しで暑さを感じさせてくれる。

02_1645emqutea.jpg


木立には霧氷が張り付いているじゃあないか。。それにしてはみんな薄着のような気がするが。気のせいか。

10_1625emqutea.jpg


03_1331emqutea.jpg

********************************************************
あちこちに白熊くんが居るのだが、これは片足が無いのじゃあない。スケートをしているのだ。

04_1309emqutea.jpg

05_1332emqutea.jpg


小さな白熊くんと大きな白熊くん。小さな白熊くんのポーズは、セブンがアイスラッガーを放つときのポーズではない。なんか昔っぽいポーズだね。

06_1337emqutea.jpg


07_1235emqutea.jpg


雪だるまたちが速攻でメルトダウンしそうなんだけど。気のせいか。

08_1534emqutea.jpg


ということで、エムクォーティのクリスマスイベントでした。

09_1137emqutea.jpg


暑いんだけど、盛り上がってるね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「My Choice」で美味しいニガウリと柔らかい生姜





今日はスクンビット36の「Great American Rib Company」でランチにしたい。

そこでトンローで下車してソイ36に向かう。

トンローといえば、奇数側のソイしか行かないから、こちら側はトンローという気がしない。

道が狭くて車もすれ違いがやっとだから、歩くのはちょっと危ない。モトサイでウオッシュ36までと言えば連れて行ってくれる。

ウオッシュ36というのは、洗車場の事。かなり大きな洗車場だけど、ガソリンスタンドで洗ってもらうのとどう違うんだろうか。

01_1255mchocrest.jpg


そのウオッシュ36の向かいが「Great American Rib Company」なんだが。

02_1349mchocrest.jpg


門が閉じていた。あれ?休みか?

"改装工事の為、閉店する"と書いてあるが、いつまでだろう?

03_1346mchocrest.jpg

********************************************************
しかたないね。そばに「My Choice」があったはずだから少し戻る。

04_1258mchocrest.jpg


ここも閉まっているのだが、明かりがついているのでやっているかもしれない。バンコクの高級店ではしばしばメニューなどは外に出さない、OPEN表示も出さない、呼び込みもしない。

それでも本日は予約のみという場合もあるから、入ってから確かめる。

05_1302mchocrest.jpg


今日は単にお客が誰もいなかっただけのようだ。

やはり窓際にだれかお客が居ないと入りづらいものだ。

06_1305mchocrest.jpg


ナムプリック・ガピ・プラトゥーน้ำพริกกะปิปลาทูを注文。170THB

これは野菜がたっぷりなので、サラダとしてもメインディシュとしても使えるから好きなんだよ。

美味さの決め手は中央のガピ味噌(これがナムプリック・ガピ)。エビのすり味噌なんだが、激辛から激甘まで、激臭から芳醇な香りまで千差万別。つまり美味いとまずいが並び立つ難しい料理。

これは良い香りで辛くないタイプだった。外国人が多い地区だからマイルドにしてあるのかな。

右側にあるのがニガウリを茹でたもの。手前が生ショウガ。トムヤンクンに入れる固くて食べられないショウガ(カー)と違って、やわらかくて美味しいショウガ(キン)だった。他の料理を脇に置いて生姜ばかりをバリバリ食べてしまった。

タイでは生で食べられる生姜は無いものと思っていたから、余計に感動的な出会いである。

上側の説明をすると右手にあるのが「四角豆、トゥアプー、ถั่วพู」、左手にあるのはオクラผักกระเจี๊ยบ、その前がタイナスมะเขือเปราะ、左前がタイのキュウリแตงกวา。

07_1319mchocrest.jpg


デザートではライムのスムージーを注文。60THB
キンキンと冷えて、レモンかき氷みたいだった。

08_1311mchocrest.jpg





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

セーラームーン実写版




「美少女戦士セーラームーン実写版」のDVDを日本で600円で買ってバンコクに持ってきた。

これは2003年に放映された実写版ドラマである。今から14年も前のドラマなのだが、なかなかよく出来たドラマである。

img63094767.jpg

出演者がすごくて、沢井美優、泉里香、北川景子、安座間美優、小松彩夏という現在のトップモデルとかトップ女優さんがそろっている。AKBなんかでは太刀打ちできないくらいの美人を揃えている。文字通り美少女を揃えました的ドラマである。

演技の方はいささか時代を感じるものもあるが、北川景子さんなどは現在と同じ演技スタイルだし、北川景子・安座間美優のツートップがそろえば、敵キャラも敵ボスも引き立て役に過ぎないというところだが、どっこい敵ボスには杉本彩が扮しているので、もはや美少女VS美熟女の対決という物凄いことになっている。

実際はこのセーラー戦士はドラマ初出演の人ばかり(北川景子さんもこれがデビュー作)、セーラー戦士以外はほぼ仮面ライダーの中の人たちという子供向けのキャスト配置。そこに敵ボスとして杉本彩がそびえたつ形なので、杉本彩が大御所であとは学芸会的なものだった。

しかし回を重ねると素人さんが初主演ながらしっかり味を出してきて、杉本彩もかすんでくる。

デビューの北川景子もメインではなくて、サブに付けていることで後日大いに役立つことになる。メインだったらいつまでも、《セーラームーンの北川景子》というふうにキャラ付けされてしまうので、あとあとやりにくくなっただろう。

最近の実写版ドラマは、キムタク+もろもろ、嵐+もろもろ、とすぐに誰のためにシナリオを仕立てて、大御所はドラマが崩壊するのをサポートする役回りというのが分かりやすい。おかげで成功か失敗かは第1話ですぐにバレてしまう。

その点でも昔はしっかり作っていたんだなぁと思う。
********************************************************

今年はセーラームーン25周年だそうであるが、当初は中二という設定だったので、アニメのセーラームーンもアラフォーになってしまった。実写版ではもう少し若くてアラサーといったところ。

こうした催しもので昔の人に再登場してもらうと、ガッカリするくらいの爺婆が登場するものだが、このドラマの登場人物を見ると、美少女とはいかないが現役バリバリ美女まっさかり。

そうした評価からも一度は観てみることをオススメする。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 懐かしドラマ   ジャンル : テレビ・ラジオ

スクンヴィット26のCasa Lapinでティータイム



久しぶりにプロンポンに出かけた。

昔はソイ26にあるタラホテルによく泊まった。タラホテルが工事に入ってからは隣のSt.Jamesホテルに泊まった。安い割に部屋が広く、モーニングが美味しかった。

タラホテルの前を通りかかると、「ダブルツリーホテル」と名前が変わっていた。その割には外観があまり変わってなさそうだから、居ぬきの状態で経営者が変わったのかな。

01_1441casalapin.jpg

この道はどんどん進むとK-Villageに出る。

都心に近い割には、コンドも低料金だったし、かといってスラム化しているわけでもない、途中にホテルもあるので夜でも安心して歩けるソイだった。

********************************************************
途中で疲れたのでティールームで一休み。

「Casa Lapin」と書いてある。

02_1442casalapin.jpg


緑の多いカフェのようだ。ホテルと併設しているらしい。

03_1444casalapin.jpg


入り口はやや重厚な木の扉だったが、その裏側にも入り口がある。カフェは中だけでなく、緑に囲まれた野外とか、裏の大きなテーブルとかいろいろな場所で寛げるようになっている。

04_1445casalapin.jpg


そのため、オーダーはレジで行い、料金は前払いになっている。このへんの事はウドムスックのThe66 Cottageと同様になっている。

05_1452casalapin.jpg


オーダーはカプチーノ。90THB

バンコクにしたら強気の値段設定。スタバァと同じくらいの値段設定かな。

06_1463casalapin.jpg

お客もスタバァとかぶるようで、ほぼ同じ感じ。
でもコーヒーの味はこっちのほうが旨いと思った。

07_1482casalapin.jpg

ところで、この「Cas Lapin」だが、日本語訳で「カーサ・ルパン」になっていた。
これでは、↓の感じになってしまう。

08_lupin3_castle_large.jpg

やはり正しく「カーサ・ラパン(ウサギ屋敷)」の方がいいと思う。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介32~ガオラオ・ルアットムー




本日紹介する料理は「ガオラオ・ルアットムーเกาเหลาเลือดหมู」

豚の血液のスープです。ガオラオというのは、ラーメンの汁だけの状態。ルアットは血液。ムーは豚です。

01_2020gaolaomuu.jpg

豚の血なんて病気になりそう・・・と思ってしまうけど、生の血を飲むわけではなくてちゃんと調理してあるから大丈夫。

実際に血の料理というものは日本でも古来からあるものです。スッポン、まむし、鯉などでは生で食べることがあります。

豚の血になると日本では少ないのですが、沖縄では食べるようです。

********************************************************
さて、このスープの食べ方だけど、そのまま食べるか、少しご飯を添えて食べるようです。
クッティアオを入れても合うと思う。

タイ人の中でもこの料理は精力増進剤、滋養強壮剤、病人の治療食という受け止め方をしているようです。その用途ではスッポンと似たようなものです。

ただ今回の料理は血がレバー状に固めたものではなくて、スープ全体に血の色になっているから、「ガオラオ・ルアットムー」というよりは「ガオラオ・ナムトックムー」とした方が正しいかもしれない。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

クイーンシリキットのエル・メルカドでランチ





今日は日本人社会でも有名店の「エル・メルカド」に行ってランチにします。

エル・メルカドは行き方が少し込み入っているので、まずはアクセスの紹介から。

車ではスクンビットからラチャダーピセークに入り、ソイ16から入ればいいのだが、この入り方は劇混みのメッカなので、時間帯によっては不可能。おとなしく地下鉄に乗ってクイーンシリキットから入る方がいいかもしれない。

地下鉄はクイーンシリキット駅の4番出口から出ます。

01_1344elmercad.jpg


出た先は何も無い。というか塀があるので道路には出られない。

02_1346elmercad.jpg


塀に沿って進むと駐車場があるが、その一角にモトサイの受付があるから、ここから出ます。

03_1401elmercad.jpg


道に沿って行くと、「エル・メルカド」と書いた黒板がありました。

04_1426elmercad.jpg


05_1436elmercad.jpg


実は最初は黒板に気付かず、行き過ぎてしまったくらいなので、分かりにくいです。


こんな何もないカウンターを通り抜けて、先に進みます。

06_1456elmercad.jpg


ここまで奥に入って、ようやくお店だと分かります。メニューの書いてある看板もあるし。

07_1461elmercad.jpg

********************************************************
今日は、肉を使ったセットランチを注文。390THB

ワインはグラスワインが140THB

まずはスターターメニューでサラダが出てきます。リンゴとラディッシュ、ハムとチーズがてんこ盛り。

08_1411elmercad.jpg


メインは豚肉とコメのソーセージ、ポテトが添えてあります。またしてもサラダ。サラダが被ってしまっているが、メインは野菜とハムとチーズのお店ですから、サラダが売りなのでしょう。

このソーセージは、ネーン(タイソーセージ)みたいな作り方をしていました。
さすがにこの店ではネーン独特のクセは取ってあるので、美味しく頂けました。

09_1421elmercad.jpg


食後のデザートはいろいろ盛り沢山。タルトやティラミスが各種150THB

10_1511elmercad.jpg


アップルタルトは190THB、エクレアは59THBです。

11_1557elmercad.jpg


でもケーキ以上に気になったのは、チーズ各種です。

まずはハードチーズから。

12_1611elmercad.jpg


13_1612elmercad.jpg


14_1613elmercad.jpg


ワインでウオッシュしたチーズ類もあります。

15_1614elmercad.jpg


16_1615elmercad.jpg


17_1616elmercad.jpg


クリームチーズとかブリューチーズもいろいろ

18_1617elmercad.jpg


次は肉はいいから、ワインとチーズを盛り合わせで食べてみようかな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ビッグママで黒いラビオリを食べてみる




今日はアソークまで出かけたので、このあたりでランチにしてみます。

ターミナル21では落ち着いて食べた気がしない。サミットタワーまで歩いてみる。

サミットタワーといえば、ビル内にタグホイヤーのメンテナンス工房があって、クリスティアン・ディオールの時計も予約なしで30分くらいで電池交換をしてくれる。3000円。

日本だとアトリエに送っても予約で1ヵ月位ざらにかかるので、バンコクで電池交換した方が早いし安い。

01_1328blklbol.jpg
[サミットタワー]

サミットタワーの横には「剣心」という居酒屋が出来ていた。日本を意識した居酒屋みたいである。

02_1329blklbol.jpg

********************************************************
剣心からソイの中に入ると、「ビッグママ」というお店があったので入ってみる。

なにがビッグなのだろう?

03_1331blklbol.jpg

ランチメニューを見ると、150~230THBといったところ。ランチメニューに載っているのはイタリアンだけだが、外でタイ料理の屋台も出していた。外の屋台の方は満員御礼でたちまちのうちに売り切れていた。

04_1334blklbol.jpg

ランチを頼むと、まずはオニオンスープとパン3種類とバターなど4種類のソースがやってきた。実はこのパンが一番おいしかった。ソースは緑色のガーリックの入ったソースが一番美味しい。

05_1339blklbol.jpg


店内はやや細長い。店の構えからすると、レストランよりはケーキ屋さんの方がいいかもしれない。

06_1346blklbol.jpg


待っているうちに最初のオーダーのレモン・ミントシェイクが来た。70THB
これはなかなかに美味しい。T21やCWPではなかなか飲めない味だ。ホテルかエンバシークラスかな。

07_1347blklbol.jpg


もう一つのオーダーの「ブラックラビオリとシュリンプ・サフランソース添え」が来た。230THB

08_1348blklbol.jpg


この黒い茄子のようなものがブラックラビオリ。気になって注文してみたものの正体がさっぱり。

一般には、ブラックラビオリというのはイカスミを使った皮で、中に海老が入っているものだが、海老は外に出ているので、中身がさっぱりわからないのである。

ちょっとパンの美味しさに貫録負けしているかな。パンとレモン・ミントシェイクがすごく美味しかったから、あとはまあまあにしておく。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
表に出ると、向かいの店も「ビッグママ」だった。営業時間外なのか閉店したのか人影はなし。ちょっと店名の字体も違う。どちらが本家なんだろうか。それとも同一店なのだろうか、疑問がわいている。

09_1407blklbol.jpg


ライバル店だとすると、同名で店を出すというのはアコギだし、本店支店の関係なら店名ロゴに統一性が無いので、店の展開の仕方が変すぎる。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコクのバスもいよいよ電子化かな?




パッカノンから25番の赤バスに乗ってウドムスックに戻ります。

昨年くらいはタダだったけど、いつの間にか6.5THB料金を取るようになっていた。

赤バスに乗るのは久しぶりだから、もっと直近まで無料だったのかもしれない。

昨年の10月の葬儀あたりから、赤バスは番号無しになってサナムルアンの王様の葬儀場へへの無料バスになっていた。途中の区間利用も出来るのだろうが、葬儀場参拝者でもないのにタダで区間利用をするのは不謹慎なので、しばらくは利用を控えていた。

久しぶりに乗ってみると、「e-Ticket適用バス」といった表示がしてある。

バスの中にはタップ出来るようにタップ板が設置してある。まだ利用は始まっていないようだが。

01_1616busbkketkt.jpg


この写真を見てわかるように、ボロボロで今にも崩壊しそうなバスにタップ板である。

どうせタダで利用していた時もあるんだから、銭函を置いて勝手にお金を入れるようにした方が似合っていると思うんだが。

********************************************************
e-Ticketが活用されるとバスはワンマン運行が可能だから、車掌を減らせると考えているのかもしれない。

しかし赤バスの乗車口はバスの中ほどである。この乗車位置から間違っている。

乗車口を運転手の横にしなければ、e-Ticketをタップしない不届き者やタップの仕方を知らない外国人が無賃乗車をしそうである。

赤バスではなくエアコンバスでは、乗車口は運転手の横とバスの中央にある。そこは日本と同じであるがその後が違う。タイでは乗るのも降りるのも、どちらの乗車口を使っても構わない。これを前乗り後ろ下車のルールを徹底させないと、このe-Ticketは生きてこない。そこが最大の課題だと思う。

次にバス内に次のバス停表示が無い。乗客は外の景色で降車場所をチェックするか車掌に聞くのである。つまりバンコクではまだまだ車掌が必要である。

さてこのオンボロバスに取り付けたe-Ticketのタップ板。どういうことになるのだろうか。そのうち飽きてゴミになりそうだが。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介31~トムジュー・ムーセップ




「トムジュー・ムーセップ ต้มจืดหมูสับ」30THB

トムジュー・ムーセップというのは、カオマンガイを頼むと小鉢で付いてくるスープであるが、それは料理サンプルでしかない。別枠でちゃんとトムジュー・ムーセップを頼むと、ゆうに二人前は入っている。

ちゃんとしたトムジュー・ムーセップでは、ひき肉のツミレにいろいろ野菜や豆腐などが入っている。
具がメガ盛りだと鍋のようになる。具が少ないと牛肉湯のようなスープだけのラーメンのようになる。


01_1015tomkumu.jpg


今日のお店のものは、人参と冬瓜が入っていたので、日本でいうと冬瓜汁みたいなものである。

そのぶんさっぱりとした味付けで、野菜の旨味と甘さがよく出ていた。辛いのが苦手な人でも全く問題無いという優しい味付けの料理。

トムヤンスープっぽいのが入っているから、醤油とかつ節を入れて味を直すとふるさとの味っぽくなります。(店によってはピリ辛系トムジュー・ムーセップもあるようだ)

パクチーが入っていたので、かろうじてタイ料理に入ったが、パクチー抜いて和風の出汁にすると冬瓜汁となるだろうな。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

半熟工房の半熟芝士をいただく




タイ人から、日本土産だよ~と言われて「半熟芝士」をいただく。どこのお店なのかはよく知らないのだが有難うございます。

01_2155hjkkobo.jpg


裏を見ても日本と違うじゃないか。調べてみたら香港らしい。香港で乗り継ぎをした際に空港で買ったのかな。

だが、お店の名前は「半熟工房Hanjuku kobo」と日本語になっている。日本のショップなのか。それとも名前だけ日本語のショップなのか。

02_2156hjkkobo.jpg


********************************************************
中身は小判型のチーズケーキ。中国菓子とは全く違う。確かに日本土産だ。

03_2158hjkkobo.jpg

でも中国でも、こうした日本式チーズケーキを作るようになったんだ。
これで「原宿チーズケーキ」なんて書かれたら、まず分からないね。

肝心の食感や風味も「原宿チーズケーキ」だよ。

いや原宿ではダサいから、「乃木坂チーズケーキ」とか「紀尾井町チーズケーキ」の方がいいのかな。

04_2159hjkkobo.jpg


ということで、美味しく頂きました。早くバンコクにも出店するとイイね。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介30~ポピアソット




ウドムスックの料理紹介。今回は「ポピアソットปอะเปึ้ยะสด」です。50THB

ポピアソットとは生春巻き。ウドムスック市場のスクンヴィット側に午前10時ころまでお店を出している朝食専用屋台である。

ウドムスック通り側にもお店が出てるけど、同じものかどうかはわからない。

01_0914bobiasot.jpg


さてこの生春巻き。海老も人参も入っていない。唐辛子も入っていない。どちらかというと野菜サラダ。

入っているのは、シーチキン&レタスとカニカマ&レタスだった。それにマヨネーズが付いてくる。

そういうことで、ベトナムの生春巻きとは違うものかもしれない。(ベトナムにもこうした野菜サラダ生春巻きがあるかもしれないけど)

02_0915bobiasot.jpg


生春巻きを野菜サラダの食べ方のツールとするというのは、実はよく出来ている。生野菜がバラバラでは食べにくいし、ドレッシングも散ってしまう。
生春巻きの皮がほどよい炭水化物なので、パンや麺類の代わりになる。

生春巻きとして提供すれば、分量も把握しやすいし、片手で摘まんで野菜サンドのように食べられるのである。


ただ生春巻きの皮を水で戻しているので、水の清潔度が気になるところである。
いずれにしろ、買ってすぐに食べるものであって、冷蔵庫に保管したり、弁当にして食べるというのは適さないと思う。

弁当にするなら野菜サンドのほうがいい。こちらは同じ店で20THBだった。

03_0916bobiasot.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR