ステブストン・フィッシャーマンズワーフに行ってきます




今日は、ステブストン・フィッシャーマンズ・ワーフに出かけます。
スカイトレインのリッチモンド・ブリッグハウス駅まで戻ってから出かけます。



タクシーなら15分くらい、バスなら25分くらいといったところでしょうか。
401番のバスで、チャタムストリート2ndアベニューで下車して、そのまま2ndアベニューを下ります。

黄色の建物が目印です。

01_2008Fshwarf.jpg


この先を進んで船の所に降りるとフィシャーマンズワーフです。
早朝からやってますが、時間ごとに品物が違っていますので、1日のうちに何度か繰り返し来ると良いものに出会えるようです。

02_2011Fshwarf.jpg


********************************************************
ここでよく出るお魚について英語のお勉強。

英語の訳とバンクーバーで示している魚では微妙に異なることがあります。

Cod, Pacific cod = タラ
Black Cod = ギンダラ
Rock Cod, Rockfish = メヌケ
Hake = メルルーサ
Ling cod = アイナメ
Thornyhead = メバル
Pollock = スケトウダラ
Mackerel = (そのまま訳せば鯖になるが)タイセイヨウサワラと思う
Halibut = オヒョウ

Coho = 銀鮭
Sockeye = 紅鮭
Chinook = キングサーモン、ますのすけ
Tuna = 太西洋マグロ(小型のマグロ)
Skate = ギンガエイ
urchin, uni = アメリカオオキタムラサキウニ
Squid = イカ(多分スルメイカ)
spot prawns = ボタンエビ?


これらの魚類の中でお目当ては、アメリカオオキタムラサキウニ。別名アカウニ。
それとマスノスケ、別名キングサーモン。
朝の9時にはまだウニは出てなかったです。


まずタラの仲間から。タラは安いので買いやすいです。
入口付近にあるSteveston Fishという店で小口で冷凍したタラを扱っています。
鮭も切り身ならここで購入できます。
オヒョウ($6.99/LB)、ギンダラ($5.99/LB)、メヌケ($4.99/LB)、メバル($3.99/LB)、サワラ($4.99/LB)、イカ($4.99/LB)という値段です。LBは1ポンドだから約500g当たり。

03_2009Fshwarf.jpg


このオネエさんの所が一番物がよかった。キングサーモンが$10/LB、半身なら$11/LBとあるけど、1匹で10キロくらいだと思うから$200(16000円)くらいかな。

04_2013Fshwarf.jpg


これは銀鮭かな。サケとしては一番安いやつ。一番右では魚卵も売っている。

05_2014Fshwarf.jpg


これがオヒョウ。オヒョウって3mくらいだと思うんだが、これってカレイじゃないってくらい小さなオヒョウ。カレイは釣ったことあるけど、もう少しねずみ色っぽくて表面がざらざらしている。

06_2015Fshwarf.jpg


エビは大きくて真っ赤です。テントが赤いのでより赤く見せています。ダルマエビかな。

07_2016Fshwarf.jpg


こちらはエイ屋さん。エイをいろいろ切り分けて売ってます。これ韓国料理の素材だけど、便所の悪臭ぷんぷん。いかにも韓国料理って感じの魚です。

08_2018Fshwarf.jpg


続く・・・・



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

白頭ワシの海でホエールウォッチング




ステブストン海岸に出ると、まず目につくのがシーブリーズアドベンチャーSteveston Seabreeze Adventures Vancouverです。

01_2028BldEgl.jpg


ここは有名なホエールウォッチングの出発点である。
ベイサイドにあるボートに乗って、ホエールウォッチングをすることになるが、バンクーバー島の周囲はオルカ(シャチ)のメッカでもある。

02_2007BldEgl.jpg


これはホエールウオッチングとSea Lionのツアーから成っています。

ホエールウオッチングの方は、クジラやその周囲にいるシャチをボートで追いかけて見ることが出来ます。

03_2029BldEgl.jpg



春(4/1~6/17)は12時出発
夏(6/18~8/31)は9時と14時出発
秋(9/1~10/31)は11時出発
で各時間~5時間くらい。時間が不定なのは見つかるまで乗っているのかな。大人$130

04_2031BldEgl.jpg


********************************************************

ホエールウォッチングが出来るのは、バンクーバーとバンクーバー島のナナイモ、ビクトリア、サンジュアン島を結んだ線の中である。

05_2030BldEgl.jpg



「アシカ Sea Lion」の方は4月と5月のみで$32。Lopez Islandに行くと、アシカSea LionやアザラシSealの群れが遊んでる様子を船から見ることが出来ます。こちらはご要望に合わせていかようでもということのようです。

06_WHOEL-03.jpg
[Sea Lion アシカ]

07_WHOEL-02.jpg
[Seal Pupy アザラシの赤ちゃん]


アザラシSealは年中見られるけど、アシカSea Lionの日向ぼっこを見てみたいなら、4月がオススメということですね。




アメリカといったらこれ、白頭ワシBald Eagleです。大統領選とかいうと必ず引っ張られる人気者。リアルな白頭ワシは、運が良ければ今の一時期だけ、出会うことが出来るでしょう。

08_Bald Eagle
[Bald Eagle ハクトウワシ]


大型クジラの方は、長時間潜水が可能なので、なかなか姿を見る機会がないが「ザトウクジラHumpback Whale」はビクトリアの沖合、「ミンククジラMinke Whale」はサンジュアン島付近がポイントと言われている。
「コククジラGray Whale」は極めて希少種なので、運まかせになるが、シアトル沖合のウヒッドベイ島付近のコーブが観察地点になっている。

09_WHOEL-05.jpg
[Humpback Whale ザトウクジラ]


「シャチOrca」はこの海域全体に分布が見られる。ホエールキラーというよりは、ドルフィンキラーという感じかもしれない。恐ろしいイルカと言われているが、なかなか愛嬌のあるチャーミングなイルカである。

10_WHOEL-06.jpg
[Orca シャチ]


  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
シャチ  
白頭鷲    
アシカ      
ザトウクジラ
コククジラ            
ミンククジラ  
アザラシ
セミイルカ




約1万円だけど、高いというべきか、安いというべきか。

$1000で7人乗れるボートを1日(am8-pm4)チャーターできるので、人数がそろうなら、それでトローリングしながらホエールウォッチングをした方がいいかもしれない。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

日本人の働いていたブリタニア造船所




ステブストン編を再開します。

ステブストンというのは、old daysの街並みも素敵ですが、やはりフィッシャーマンズワーフを中心とした漁港の話題は欠かせません。




ステブストンの漁港についたので、フレーザー川沿いに歩いて「ブリタニア・シップヤーズ・ナショナルヒストリックサイト」に行きます。漁港からだいたい15分くらい。


01_2043BrSpY.jpg


ここは昔、サケ漁の漁業基地だった場所です。大正時代の日本人たちはここをベースにして暮らしている人が多かったようです。


02_2039BrSpY.jpg


「ジャパニーズ・デュプレックスJapanese Duplex」という説明板がありました。訳すと「日本人の二階家」になりますが、変なのでデュプレックスのまま説明します。

説明版の内容は『この建物の一階には魚網の作業場があり、二階は保管庫になっていた。デュプレックスから道を挟んだ向かい側には、高垣商店と日本人住宅が並んでいた』とあります。

03_2045BrSpY.jpg


昔の写真との位置関係から、デュプレックスの左に高垣商店があり、木道を挟んだ手前側が日本人住宅になります。

04_2046BrSpY.jpg


実際に残っている家は数軒ですが、その一つが村上ハウスという名前です。村上音吉さんという方が1929年から移民してきて、1942年に強制収容所に収監されるまで暮らしていたそうです。

05_2047BrSpY.jpg


横に廻ってみましょう。よく手入れされた花壇がありますが、これは奥さんの村上あさよさんが、丹精込めたガーデンを再現したものです。
村上あさよさんは2004年に104歳でアルバータ州のカルガリーで亡くなられています。

06_2048BrSpY.jpg


中を覗いてみます。この日は内部を公開していなかったので、窓辺から写真を撮ってみました。

キッチンとかダイニングテーブルが見えます。左のドアは勝手口なので、すぐに外になります。

07_2049BrSpY.jpg


リビングルームにはボストンバッグやベビーカーが見えます。奥にはベッドが見えています。
このボストンバッグと同じものが実家にあったので、当時はこれで日本まで往来するのが普通だったようです。

奥にあるシンガーミシンもむかし実家に残っていました。

引き揚げた時の荷物にはダウンの羽毛布団もあったので、ベッドの布団は綿ではなくて羽毛だと思います。

08_2050BrSpY.jpg


村上ハウスはNo.40になっていましたので、少なくとも40軒以上の家屋があったと思われます。

********************************************************

デュプレックスの先には、「ブリタニア造船所 Britannia Shipyard」があります。漁船の造船所です。現在でも木造船を作ることがあるようです。

09_2051BrSpY.jpg


内部は右側が修理工房で、左がドックになっており、ここからフレーザー川に進水できるようになっています。

10_2052BrSpY.jpg



我が家のあった跡がどこなのかは不明ですが、母親が幼児のころに落っこちたというデッキはここでしょうか。

1922年のころの厳しい生活を思わせるような歴史公園です。

でも大正時代のことですので、現代の暮らし向きと比較しても比べようはありません。当時の日本よりはずっと進んだ暮らし向きだったのかもしれません。



こうして先人のくらしの跡をしのぶと、いまさらのように元気なうちに母を連れてきてあげたかった思います。後悔は過ぎ去った後から付いてくるものです。







JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

Tim Hortonsでベーグルを





バンクーバーに「Tim Hortons」という店がいくつかある。


ガイドブックにはドーナツ屋さんだと書いてあるけど、実際はハンバーガーなどのファーストフード。というわけでマクドの一種。

01_4204TimH.jpg



お金が無いので、このティムホートンでご飯にする。
コーヒーとベーコンベーグルにクリームチーズを挟んだものとポテトの盛り合わせが来る。$4.61(369円)

02_4530TimH.jpg


ティムホートンといえば、ワーホリや語学留学に来ている邦人のベストパートナーのようだが、なんか惨めな気持ちになる。

バンコクに戻ればどんな日本人でも大富豪のおぼっちゃま。バンクーバーにいれば大貧民か。

まあ$4.61=120THBなのだから、しかたが無いかもしれん。

ついでに言うと、隣のタイ料理屋のテイクアウトのガパオ飯は$9.91=256THBということになる。タイの8倍以上かな。とても高いので手が出ない。



・・・ニコスのゴールドカードが使えなかったという時点で、あせって節約しながら使っていたけど、宿代はカード決済できたのでホントはそんなにケチケチしなくても良かった。

お金が無いのは首が無いのと同じだな。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

バンクーバーの水事情




バンクーバーで、とても驚いたことは、水道水がちゃんと飲める。(驚く事では無いかもしれんが)

バンクーバー・ウォーターユーティリティ・アニュアル・レポート2015 (Water utility annual report 2015 City of Vancouver)によると、
「Vancouver’s water originates from rain and snowmelt collected in three mountainous watersheds protected and managed by Metro Vancouver.」
とあるので、近隣の山岳から雨水や雪解け水を使っているようです。



水の美味しさを体感的に比較してみると、東京の水よりはずっと美味しい。横浜の水道水と比べても遜色がない。

横浜の水道水は道志川水系の水なので、ミネラルウォーターとしても売っているくらいだからかなり格が上のクラスだけどね。

01_1830vawat.jpg


バンクーバーとウィスラーの水道水を飲み比べると、ウィスラーの方がキリリとしている。冷たい水が気持ちいい。
これは気分的な問題ではなくて、山岳地帯の水道水に含有するエアレーションの関係ではなかろうか。

日本でも金町浄水場で汲み上げて殺菌した東京の水よりは、軽井沢や岩手花巻の水の方が美味しい。ご飯を炊いてみるとその差が歴然とする。
********************************************************

牛乳を買って飲んでみる。1% Milk、2% Milk、Skim Milk、Butter Milkがあるが、バターミルクというのはバターの入った牛乳と勘違いするけど、実際はバターを取った残りのミルクなので低脂肪乳である。

他はBanana Milk、Cookies & Cream Milk、18% Coffee Creamなどがあるが、いわゆる成分無調整の3.5% ホールミルクが無い。
あることはあるが、4Lだけになる。

とにかくも多量に牛乳を消費するから、ダイエットのために1%牛乳などがあるのだろうが、牛乳の消費を抑えようという考え方は無いらしい。

02_1902vawat.jpg


水道水と牛乳が美味しいということでは、バンクーバーはとっても住みやすい街だということになる。が、レストランの相場が多少高い。

牛乳1Lが200円くらいなので、食材にかかる費用は日本と同じくらい。外食に食費がかかるということは、カナダでは自炊が多いことになる。

タイのキッチンはおままごと程度だが、カナダのキッチンは日本と同様になっている。とはいえ全家庭を見比べたわけではないので一般的な印象に過ぎないが。

03_6100vawat.jpg


治安はいいので、銃で襲われることは無いのだろうが、それでも乞食はいる。
ホームレスはいても、乞食がいないのは日本だけかもしれない。


屋台飯で日本よりは格安に暮らしたいという考えでは不向きな場所になるが、日本と同レベルの生活を維持したいというむきには適した場所ではなかろうか。


タイでは、最初は英語であたりをつけて、通じないようならタイ語を混ぜて、それでもダメならタイ語のイントネーションを変えてと、会話だけでも非常に苦労することがある。

そもそも英語が通じるというだけでも、カナダというのは暮らしに不自由さのストレスを全く感じない。日本で暮らすのとそれほどの違和感もなく暮らしていける。

カナダに語学留学などという話があるが、これって東京人が関西弁を習うために大阪で暮らしてるというような違和感があるのである。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

Carver's Steakhouseと死のハンバーガー




バンクーバーのお店の紹介を全くしてないね。

カフェやティールームならいくらでも話が出来るけど。
お店は高いから、あまり外食はしたくないんでね。



夕食は、「Carver's Steakhouse」に出かけます。

ここは前から気になっていたお店ですが、ラマダ・リミテッド・ホテルの目の前にあります。

01_1986Crvn.jpg



コースメニューは
マッシュルーム・スープのトリュフオイル
またはリッチモンドファームサラダ

子牛のカツレツ・ケッパーソース添え
または鶏むね肉のローストフレイザーバレー・モッツアレラ添え
または鮭とアボガドの寿司

シェフのデザート


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

この中で鶏肉のチーズ添えというのをチョイスしてみたのだが、竜田揚げにパプリカとチーズをのせたサラダでした。




02_carvers81.jpg


日本と同じでレストランの中で写真を撮るのは不謹慎なので、お店のFBの写真を使います。

************************************************
お味はどうのこうのという前に、ヘルシーすぎてもの足りない。

カナダ人は健康志向が強いと言っても、ベースはアメリカ人だから肉・肉・肉と体が要求するんでしょう。

どうりであちらこちらに韓国人の経営するBBQ店があると思った。



アメリカンジョークなのだろうが、韓国系BBQ店のハンバーガーのことを"Flatline Burger"といいます。TVのアメリカンアニメでもよく登場します。

もとはスパムのように平らな整形肉で作ったハンバーガーだから「フラットライン」なのだが、それが転じて、食べたら心電図がフラットラインになるバーガーという意味で「死のバーガー」

03_Hilltop-Cafe-Diner-Everest-Burger7034.jpg
[引用
http://www.followmefoodie.com/2011/07/hilltop-cafe-diner-burger/]


これを食べたら24時間以内に死が訪れる。

たしかにメタボになって死が訪れるハンバーガーだよ。そりゃ。


助かるには、命のメニューを授からなくてはいけない。
・・・ということで、こういうヘルシー料理があるわけなんだな。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

タイ航空の夏のプロモーション?




今7月のフライトを探しているんだけど、スクートでバーゲン価格が成田/BKK往復が34,328円。荷物往復とも30キロ。食事なし。座席指定在り。

そしたら、タイ航空では成田/BKK往復42,000円くらいで出ていた。これは夏のプロモかなと思ったけど、タイ航空のHPで特に宣伝が無いから、普段料金みたい。

羽田/BKKでも44,270円だったが、復路は成田になる。つまり羽田/BKK,BKK/成田という変則便になる。
往復とも羽田では56,270円になる。

01_2345TGprom.jpg



ANAは69,000円、JALは60,000円だから、タイ航空はほとんどLCC値段だ。

スクートは、シートピッチは広いから窮屈という事は無いのだけど、なぜか座り心地が悪い。6時間のフライトで変に疲れる。ご飯が出ないとか、ドリンクが出ないとかといった問題ばかりではないようだ。
トイレが妙に少ない。シートが薄べったいようなのは気のせいだろうか。

それで10000円ほどしか違わないのなら、タイ航空の方が良さそうです。羽田からはB-747だけど、成田に行くのはA-380。
A-380は図体がでかいから離着陸がヨッコラショという感じです。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

日本のソンクラーンと「御車返し」の桜




上野の寛永寺に灌仏会を見に行く。
灌仏会とは、タイではソンクラーンに相当するので、4月8日前後に行われると言われている。
日本のソンクラーンとは言っても、水を掛け合うわけではない。15度くらいでとっても寒いので、水かけなどしてたら死んでしまう。

水ではなくて甘茶を仏像に掛けることになる。


01_2492uekbe.jpg


甘茶といえば、砂糖の入ったお茶かな。タイではデフォで甘茶だな。と思っていたら、全然甘くない。番茶がこころなし舌の奥の方で甘みを感じるかな~といったくらい。

これは砂糖入りのお茶ではなくて、アマチャというアジサイ科の植物のお茶のようです。

02_2493uekbe.jpg


********************************************************
4月8日は例年、桜の満開日。寛永寺境内も桜が満開です。

ここは古いお寺なので、ソメイヨシノは無くて、エドヒガンやオオシマザクラの古木などが多く揃っています。


03_2486uekbe.jpg



これは有名な「御車返し」
あまりの美しさに帝が御車を返してもう一度見に戻ったという故事があります。

実際にもう一度戻りたくなるような桜とは、八重一重といって一重の花と八重の花が混在し、また一つの花びらの中で白と薄桃色が混在するものを「御車返し」と言うようです。

04_2487uekbe.jpg


05_2494uekbe.jpg



こちらは、「江戸彼岸の枝垂桜」
シダレ桜の名所というのは、いろいろあるのだが、微妙に色合いや枝ぶりが違う。シャワーのように天空から降り注ぐシダレ桜もあるが、このように藤の花のようにしだれたものものもある。

まるで花かんざしのようだ。


06_2488uekbe.jpg





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 神社仏閣   ジャンル : 学問・文化・芸術

芝離宮の桜@浜松町




羽田からモノレールに乗って東京に向かっていくと、浜松町付近に2つほど離宮が見えてくる。
浜松町の駅そばにあるのが芝離宮。大江戸線の汐留から行くのが浜離宮である。

芝離宮は大久保家の上屋敷の庭園が宮内庁の管轄になり、その後恩賜庭園として東京に渡ったものである。

01_2512sbtein.jpg



入口が少し分かりづらいが、浜松町の北口まで向かいそこから海に向かって5分ほど歩く。入園料は70円

入口から見える高いビルは東京ガスのビルである。

02_2513sbtein.jpg


********************************************************
庭園は中央に大泉水という池を中心に構成されている。
大泉水は水鳥の観測のメッカでもある。

03_2515sbtein.jpg


大泉水の辺りが桜庭園になっている。この庭園では酒盛りは禁止なのでブルーシートを敷いて席取りをしているような客はいない。

04_1637sbtein.jpg


05_2518sbtein.jpg


桜庭園の一帯は、空を覆わんばかりの桜のトンネルになっている。

06_1634sbtein.jpg


07_1634sbtein.jpg


遠くから見る桜も素敵ではあるが、そばで見るのもまたいいものである。

08_2489sbtein.jpg


帰りに高島屋の「たねや」の桜餅を買って帰る。250円
道明寺でつつんだ桜餡はこの時期だけのお菓子である。
非常に上品な和菓子なので、食べるのがもったいないようだ。

09_2479sbtein.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 桜 花見   ジャンル : 地域情報

視界一杯の富士と湧水池




今日は折から予定していた富士山を見に出かけることにする。
クルマで出かけるとアクセスは簡単なのだが、すべて公共交通機関だけで出かけてみる。

まずは、横浜を上野東京ラインで出発すると、東海道線の国府津で御殿場線に乗り換える。

御殿場線に入ると2両編成のローカル線なので、このあたりまで来ると旅行気分かと思っていたが、意外と春休みの部活動の高校生などで満席である。

御殿場まで行くと向かいのホームに沼津行きが待っているから飛び乗る。このあたりの列車は1時間に一本の割りだから、乗り過ごすと大変である。

御殿場を過ぎたあたりが、富士山に最接近の位置になる。画面一杯の富士山は、裾野付近まで雪に覆われていたので、まだまだシーズンには遠いようだ。


01_2464fjmtn.jpg


********************************************************
視界いっぱいに拡がった富士山をバックにして、電車はやがて沼津の駅に入っていきます。

沼津の駅にはオオグソクムシの煎餅が売っていた。漁港まで行けばオオグソクムシの刺身とかも食べられるらしい。タイのメンダーをキモチワルイとか言ってるようだが、メンダーは一応は調理してあるので生食ということはない。
してみると日本の方がタイよりは昆虫食がさかんなのかもしれない。

02_gusokumushi.jpg
[オオグソクムシ]

沼津の駅のそばの寿司屋でお昼のランチ海鮮丼をかきこむが、やたらと量が多い。田舎の人はこんなに多量のご飯を毎度食べているのだろうか。流石に苦しいのでご飯は少し残す。

駅前から三島行のバスに乗り込む。「八幡」で下車310円
降りた場所からしばらく歩いていく。
途中に「しぞーかオデン」のお店もある。いまお腹いっぱいだからまた今度。

10分ほど歩くと、道路の向かい側にエディオンやサントムーンやユニクロが見えてくる。ここが「柿田川湧水群」である。
ここまで沼津からバスで向かったけど、土日なら三島からサントムーンまで無料シャトルバスがあるらしい。

03_2474fjmtn.jpg


「柿田川湧水群」というのは、富士山の湧き水の吹き出し口で、柿田川の水源になっている場所である。一帯は公園になっているので、無料でいつまでも寛いでいられる。

04_2472fjmtn.jpg


05_2469fjmtn.jpg


06_2470fjmtn.jpg



富士山の溶岩の中を何年もかけて濾過されて流れ出す水は、透明度は無論のこと、悠久の時の流れを感じさせてくれる。
特段に滝や池があるわけでもないので、観光地には成りにくいのだが、いつまでも佇んでいると泉のパワーのようなものを感じさせてくれるから不思議だ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 静岡県   ジャンル : 地域情報

高知の河内晩柑





『河内晩柑』という果物が高知から送ってきた。

河内とあるが、大阪の河内ではなくて熊本の河内らしい。

文旦の変種で、文旦の風味と瑞々しさを併せ持っていて晩成ということらしい。

要するに熊本文旦ということか。

01_2417bansyu.jpg


どうして食べるのか聞いてみたら、レモン絞りでジュースにすればよいということなので、さっそくレモン絞りを取り出す。

02_2418bansyu.jpg


味はグレープフルーツにやや似たところもあるが、エグイ残り味は皆無。文旦をジュースにしたような雰囲気がある。

ジュースしぼりで絞って、少し蜂蜜を加え、炭酸水で割ってみた。これは「さわやか~」としか表現しようがない。

炭酸水でも水っぽさが無かったから、ウォッカと炭酸を入れて、サワー割りもいいかもしれない。


一度味わうと、なかなかにかけ替え無き逸品である。

これは愛媛と熊本くらいでしか作っていないので、やや知名度は低いかもしれない。

********************************************************
文旦の原種はタイのポメロ(ソムオーส้มโอ)という話もある。

03_1438bansyu.jpg



ソムオーはいろいろ出回ってるが、やや水気が足りない。『河内晩柑』に相当するジューシーな品種改良はタイでは行われていない。

『河内晩柑』は日本の風土でないと育たないという事では無く、その逆で晩成なので無霜で越冬する必要がある。バナナと同じなのでタイの方が生育に適している。


強弁すると、旧来の商品のままで良しとしており、農家の開発努力が足りない、育種研究所の研究努力が足りない、政府の農産業助成が不足している、ということかもしれない。


どこかで成功した育種改良品を盗んでくるだけでは、サム〇ンのように、おのずと結末が見えてくる。
挙句の果てに設備投資が無駄になったのは、オリジナルのせいだと責任転嫁に走ることになる。
それまでの開発努力が無いので、その先の販路拡張や広報活動といった地道な努力などという頭はまわらない。


つまり自分の努力で新品種を開発しない限りは、いくら種を持ち込もうとダメなものはダメなのである。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : おやつ   ジャンル : グルメ

今年も作ります文旦のマーマレード




高知から土佐文旦が送られてきた。今年は河内晩柑も入っていた。文旦と晩柑のコンボだ。

文旦は冬のもので、晩柑は5月のものだけど、微妙な時期に両方を揃えてもらった。

01_2447bumma.jpg
[土佐文旦]

02_2417bumma.jpg
[河内晩柑]

********************************************************
さっそくマーマレードにします。
文旦はさっぱり爽やか系の柑橘類なので、このマーマレードは独特な品格があります。


今年は少し手抜きで作ってみた。

レシピ
文旦 1.4kg(ほぼ大3個)
ココナツシュガー 300g
ハチミツ 大さじ3
ブランデー 少々
ペクチン 無ければ種を使います


1.まず文旦をたわしでよく洗う。

2.次に半分に切って、レモン絞りで果汁を絞ってしまう。絞る前にフォークで種を取っておくとやりやすい。

03_2441bumma.jpg
[果汁]


3.文旦の果皮は半球を1/4に切って、出来るだけ白いワタを切り取る。このワタ取りは出来るだけていねいに行う。ワタが苦いという事もあるが、ワタが残るとマーマレードが中華のツバメの巣スープのようになってしまう。

4.果皮はフードプロセッサーで裁断する。

5.裁断した果皮を水を加えて沸騰するまで茹でる。

6.果皮をざるにあげ、湯を切る。冷水につけてよくもむ。
(5~6)は三回繰り返すと果皮がしんなりする。

04_2442bumma.jpg
[果皮]


7.果皮のお湯を切り、絞った果汁を加える。ココナツシュガーと蜂蜜も加える。種がたくさん出ているので、種は潰して袋に入れ鍋に入れペクチンを出すようにしますが、精製したペクチンがあればそちらでも可能です。
ココナツシュガーは白砂糖よりコクが出ます。それに1個が300gなので計量しなくてもすみます。

05_2440bumma.jpg
[ココナツシュガー]


8.アク取りシートを入れて30分煮込む。

9.終了10分前にブランデーを加える。

10.これでだいたい小瓶3個くらい出来ます。一度に作ると大変なので、この分量で何回かに分けて作った方が良いでしょう。

06_2445bumma.jpg
[完成]


土佐文旦だけのものとか、文旦+晩柑のとかいろいろ作ってみたが、少しずつ味が異なっているのでこれはこれで面白い。



完成したマーマレードは、パンに付けたり、紅茶に入れるのもいいのですが、やはりそのまま食べるのが一番です。あれば無糖のクラッカーに載せて食べてみましょう。

KALDIに行ったら、「Colussiのソルトクラッカー」と「Utvaldaのサワードゥ」があったので購入してきます。各160~190円くらい。

07_2449bumma.jpg
[コルッシ]

08_2450bumma.jpg
[ヨーテボリー]


マーマレードのような甘いタイプにはコルッシのソルトクラッカーの方が合いますね。ヨーテボリーにはカブラレスチーズ(青かびチーズ)のような濃厚なものの方がいいかもしれない。コルッシってイタリア産で、ヨーテボリーはスエーデンです。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 手作りお菓子   ジャンル : グルメ

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR