絵ブログ:フレーザーの川風




カナディアンロッキーのロブソン渓谷を発したフレーザー川は、大きく蛇行しながらバーナビーとサレーを分け、バンクーバーに大きなデルタを形成する。

フレーザーデルタによって作られた島は、大きなものからルル島、シー島、ウェストアン島、カークランド島などに分かれる。

それらのデルタ島のいくつかは、野生生物のサンクチャリィである。


フレーザーを下ると、やがてジョージア海峡にたどりつく。もう目の前には大きなバンクーバー島が広がっている。



フレーザーの川風


********************************************************

ロットリング・ラピッドグラフ(製図ペン)とコンテ・ア・パリのカレコンテ(カラーコンテ)、パステルを使ってみました。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

バッハ 幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537





ミューザ川崎にて「バッハ 幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537」を聴く。
第一部が大木麻理さんによるパイプオルガンによる演奏
第二部がその曲をエルガーが管弦楽版に編曲した演奏

オルガン演奏は大木麻理さんという若手のオルガニスト。第 65 回「プラハの春」国際音楽コンクール・オルガン部門第3位。
現在、日本とドイツで演奏活動を行っている方です。

01-top-img01.png
[大木麻理]

********************************************************

この曲は、バッハの「幻想曲とフーガ」集の中では「大フーガ BWV542」や「半音階的幻想曲とフーガ BWV904」のような有名な楽曲ではないので、あまり聴く機会が無い。



それでもオルガン音楽の中では秀逸な作品だと思う。
淡々と演奏すると、あぁバッハだなぁ。という通り一遍の感想しかないが、通奏低音を少し強めると、地獄の劫火を表現するような苦悩に満ちた音楽に変わる。



[Fantasia and Fugue in C Minor BWV 537]



しかしこれをエルガーが編曲すると、全く違った音楽になる。
冒頭のオーボエと弦楽アンサンブルのテーマは、哀愁を帯びた秋の散歩道のようだ。



[エルガー編曲/ 幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537]



もっともこの曲はリヒャルト・シュトラウスが幻想曲部分を、エルガーがフーガ部分を編曲して二人の合作になるはずだった。

ところがエルガーの方はフーガの編曲が終わっているのに、いつまで待っても幻想曲の編曲が来ないので、自分で幻想曲パートまで編曲することにした。

と書くとR・シュトラウスがさぼっていたみたいだけど、実際には編曲された1921年というのは、第一次大戦と第二次大戦の間の微妙な国際情勢。シュトラウスはドイツに、エルガーは英国です。なかなか連絡もうまく取れなかったのかもしれません。

********************************************************

さあ、2つの「幻想曲とフーガ BWV537」を聴き比べてみると。


分かりやすく、ストレートに心に響くのはエルガー版です。
バッハの原曲はやや数学的というか、論文のように堅苦しい。

しかしその論文のような堅苦しいバッハの原曲は、何度も何度も繰り返し聴いていくと、やがて重い扉の向こうに秘められたことばが聞こえてくるような。そんな気がします。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : コンサート   ジャンル : 音楽

Expediaは使用するクレカによって値段が違う件




一時帰国に成田のホテルを予約します。今回はExpediaを使って予約を入れたいと思います。

成田空港の便が夜なので、無理して深夜料金タクシーを使って、横浜まで帰ることを考えると、翌日に格安バスでも使って帰った方が安心確実です。

それで、朝バイキングが豊富な東急エクセルにしようかと思います。


01_C549aae529e_z.jpg


02_Buffe.jpg


********************************************************

そこでExpedia.comからお値段を調べます。現在は特別なプロモーションは無くて5,833円です。(プロモーションでは、キャンセル不可になるが、もっと安くなる)


ただし、このお値段には税・サービス料1,096円が入っていないので、総額は6,929円になります。

03_Expedia001.jpg



そこでNICOSのゴールドカードを使って決済に入りますが・・・突然決済の段階になって、価格が変更になり、7,575円と650円ほどUPです。


PCで決済しているうちに為替レートが変更になったのか、ホテルの値段が急に変更になったのか。




でも、ちょっと変なので、この申し込みは一度キャンセルして、再度申し込み画面に入りなおします。もし二重ブッキングになったとしても、まだキャンセル無料なので大丈夫です。

今度はJCBのトラベラーズプラスカードを使って決済に入ります。
おや、これは速やかに元の値段で決済できるようです。

********************************************************

今回の学習ポイント。

ネットの通販においてカード決済をする場合、
カードの種類によって値段が違うことがある。

必ずしも、いつもJCBの方が安いとは限らないだろうが。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行   ジャンル : 旅行

Steveston Dykeの日暮れ





リッチモンドのSteveston Dykeを歩きながら。

晩秋の、きりりとした風につつまれ

沖のドックベイには沢山の船が係留されている。

イカ釣り船のような小舟もあれば、沖合に出る大型のトローリングもある。

ステブストンはカナダの漁業を支える最前線。

 

****************************************************

Hearts call
Hearts fall
Swallowed in the rain

Who knows
Life grows
Hollow and so vain

Wandering in the winter Light
The wicked and the sane
Bear witness to salvation
And
life starts over again

♪Winter Light/詩:Eric Kaz





[Winter Light/手嶌葵]


01_23_Steveston Dyke



そう

どんなときだって

Life starts over again



コンテとパステル。オイル色鉛筆を使ってみます。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 絵ブログ   ジャンル : 学問・文化・芸術

BKKのクリスマス2016




常夏の国タイランドのクリスマスの話題です。


いつもは陽気なタイランドのX'masだけど、今年は王様のご崩御ということがあって、ちょっとおとなしめ。

今年はロイカトーンも自粛だったので、クリスマスもしないのかと思っていたけど、12月に入って少しずつ飾りつけを始めています。


例年なら王様誕生日のディスプレイと一緒になって、クリスマスの飾りつけもスタートするので、12月早々からクリスマス気分に溢れるのですが、今年は盛り上がらないジミクリです。

TVをつけても「クリスマスが始まるよ~」というイケイケ気分ではなくて、王様を偲んで学校の校庭で王様の人文字を作りましたとか、○○高校では王様の肖像画大会を開いてますとか、とにもかくにも自粛気味。

なんか立ち直れないタイランドでした。


01_1212bkxms.jpg


02_1519bkxms.jpg


03_1643bkxms.jpg


04_1659bkxms.jpg


05_1837bkxms.jpg
[@central world]

********************************************************
カナダもいいけど、こう寒くっちゃア。つらい。

それでは次のシーズンまで。'Away we go!!'


06_1912bkxms.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックのマッサマンカレー




ウドムスックに引っ越しをしたので、近くを探検してみましょう。

スクンビット側にはお店は少ないのだが、ソイ・ウドムスックに行くと通りは歩きにくいほど、屋台やら宝くじ売りやらで大いに賑わっています。

スクンビット側からソイ・ウドムスックに抜ける道が市場になっています。

01_2268udmtara.jpg



この市場は生鮮も充実しているので、魚も買って帰りたいところですね。

********************************************************

市場を抜けたところに、おかず屋台兼食堂のようなお店がありました。
通りをあるく人はおかずをビニールに詰めてもらいますが、中で食べるというとおかずをテーブルまで運んでくれます。


02_2274udmtara.jpg


どれも美味そうなものが並んでいたけど、ここはマッサマンカレーを試してみましょう。これって激辛とか激甘とか店によってタイプが様々なんです。

お皿にドーンと鶏肉のどでかい腿肉がのっかってきました。これは鶏の足の部分を丸ごとです。腿+足という感じですかね。

03_2273udmtara.jpg


うむ。これはひさびさに美味しいマッサマンですな。
コーラとセットで60バーツ払ったから、マッサンカレーだけだと50バーツかな。

04_1659udmtara.jpg



向かいの屋台でもマッサマンカレーがあったけど、そちらは40バーツでした。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

軍人に囲まれてコンドを引っ越しする




長らく住み慣れたラチャダムリのコンドから引っ越しです。
新しいコンドは、ウドムスックです。

01_2267udmcod.jpg


ウドムスックには、駅のそばにIdeoMixという新しいコンドが出来ています。スクンビットを挟んで向かいのソイ66側にもIdeoMobiの看板が出ていますから、このあたりは将来Ideoグループだらけになるのかもしれません。

02_2266udmcod.jpg



うちのコンドはIdeoMixよりは、ボロそうなコンドです。
そのぶん値段も安いのですが。一番の決めた要因は古いが広かったから。
1BRだけど、スタジオを2つ並べて作ったような構造です。

ベッドが2つとソファーベッドがあったからベッドは3つになります。
なぜかベッドマットが予備についているので、マットだけも入れたら4ベッドルームということになります。

ただし、ベランダやバスタブは無し。

03_2278udmcod.jpg



コンドの窓から見ると、ラチャダムリ方面は遠くに見えます。
バイヨークが霞んで見えますから、バンコクの中心よりはかなり離れています。
近くに目を落とすと、一軒家が多いですね。ムーバーンみたいだから、昔はこのあたりでも一軒家で売り出していたのでしょう。

04_2277udmcod.jpg


********************************************************

引越しの朝、突然、我が家はタイ国軍に取り囲まれます。

「隊長!ターゲットを捕捉します。」
軍曹は米軍黒人兵といい勝負のような体格です。
若い新兵がフォーメーションを組んで、荷物をテキパキと運んでいます。
なんだかんだで荷物はピックアップトラック1杯分ありますね。
素人だと一日仕事ですな。


05_1747udmcod.jpg



「隊長!ミッションクリアであります。」
あっというまに終了。所要時間は1時間くらい。

この前、ロイカトーンで知り合ったタイ国軍のネン君が部下を率いてくれたわけです。
しかし新国王が決まったことから、休暇は本日までという事で、早朝3時に引っ越しに取りかかってくれました。

06_1928udmcod.jpg


さすがに軍人が集まって引っ越しをすると、手際がいい。

お礼はビールだけでイイよ。と言われてしまったので、ビールとカオニャオ、ラープ、ツナ缶でパーティーの始まりです。酔った勢いで、次回日本土産で酒でも持ってくるよと約束します。

07_1923udmcod.jpg



今までいたラチャダムリ地区を銀座界隈だとすると、ウドムスックは三鷹といった地区でしょうか。東京の中央線でいうと中心と終点という比較ですが。

そのせいか、ラチャダムリでは日中は都市熱で暑いのでエアコンは欠かせませんが、ウドムスックは少し涼しい。扇風機で十分。まぁ郊外ということなんですが。


それでもノンエアコンバス9バーツで忘れ物や後片付けに元のコンドに戻れるので、キチンとパッキングしてなくても引っ越しが出来るというのが魅力です。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

微笑みの国の解剖学的所見





タイは微笑みの国というキャッチで知られています。

「微笑み」とは動物行動学的には、類人猿の場合、相手に対し敵意を持っていない、敵では無いぞという意思表示を顔面の筋肉を使って表現する仕草です。敵意を持たないから自分を攻撃しないでほしいという非抵抗意識を示します。

自分を攻撃しないでくれと懇願するのであって、相手が自分のテリトリーに侵入するのを歓迎しているわけではありません。出来ることなら速やかに出て行ってほしい。さもなければ害を与えないでほしいというシグナルです。


「微笑み」という表情は、大脳辺縁系の扁桃体で作られた好感意が側坐核Nucleus accumbensに伝わり、その指令に基づいて顔面にある顔面表情筋(笑筋、口角筋、口輪筋、眼輪筋、皴眉筋、大頬骨筋など)非常に多くの筋肉を絶妙なコントロールによって自然な表情が作り出されます。


01_system-brain.gif


しかしながら、「微笑もう」とすると、大脳の中心前回にある運動野moter systemからの指令によって、眼輪筋、大頬骨筋だけを動かして笑顔を作ろうとするあまり、チグハクで引きつった顔になってしまいます。

眼輪筋だけ強く動くと眼が笑うという状態です。大頬骨筋だけ強く働くと口角が上がるので、引きつり笑いになります。どちらも「微笑み」というよりは「冷笑」です。

よく面接のマニュアルに「口角を上げなさい」とあるけど、本当に口角を上げたら殺人犯顔になってしまうので不気味ですね。

つまりは意識すればするほど微笑みは出来ないという事になります。

********************************************************

では「微笑みの国」とは何でしょうか。

「微笑みの国」だからといって、空港でもタクシーでもどこでも誰もが微笑んでいるという訳ではないでしょう。

どちらかというと、お客である自分の方が心穏やかになって、微笑むような、優しさと穏やかさに溢れた国という意味でしょう。

02_thai-women-soldiers.jpg
[出典 alamy stock photo]


ではいま日本が進めているような「ようこそ日本」のようなおもてなしは、外国人旅行者が微笑むものだろうか。

朝の電車は押しつぶされるようだし、バスの本数も少なく、タクシーは高価である。道路標示だけ「霞が関前」を「Kasumigaseki-mae」と書き足した看板を見ても何が何やらわからない。おまけに簡体字とハングルまで添えていたら、日本人でさえとっさにはどこか読み取れない。

それは外国人に対して英語で道案内できれば、「おもてなし」とかいうのではない。

これでは微笑みとは真逆の世界に思える。



では日本をディするだけでなく、他の国々を考えてみよう。

韓国人、インド人、中国人は、タイでだけは嫌われる。(タイでさえも嫌われる)
これは日本に居るよりはもっとひどくウルサイとか傍若無人とかいうこともあるが、タイに来てタイ人をリスペクトしない。小馬鹿にして見下そうとする。王様やそれを尊敬する人々を嘲笑うという姿勢が最大の嫌われる要因のようだ。
他の人に対するリスペクトが全く無い人々というものは、相手からも思いやられることはない。

********************************************************

そんなことをさておき、タイ人のにっこりと微笑みながらワイをしてくれる姿は、この世の天使のようだ。


03_3221wai.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

日本語っぽい何か



タイは今、空前の日本ブームなので、街中に日本語があふれてる(わけないか)

でも時々は日本語に遭遇します。それもスゴく怪しい日本語に。
Superdryを訳して「極度乾燥」とか。

643_BRD_Superdry.jpg


それはそれで、あぁそうかと意味が分かるけど、よく分からない看板があった。
これはなんだろう。「木九ナ」ってなんだ?もくきゅうな?

01_4621nhppo.jpg


これはお店の全体をアップすると分かった。「もく・きゅう・じゅう」で「枠」だ。
このお店は眼鏡屋さんでした。なんか日本っぽいけど、どうも中国のお店のようだ。

お店の名前は「京东」と書いてジンドンと読む。日本語で書くと「京東」。

02_4640nhppo.jpg


向かいがパリ・ミキだったけど、そっちはフランスっぽくふるまっているが日本のお店。
********************************************************

次のお店の暖簾には、全く読めない日本語っぽい何かが書かれている。
「ウタナアア」ってなんだ?

03_3721nhppo.jpg


ディスプレイでは黒い服の周りにお面がいろいろかざってあったが、洋服屋さんかな?

04_3908nhppo.jpg



でも、お店に入るとサングラスやら腕時計やらいろいろ売っているようだ。総合ファッションアイテムのお店らしい。

それにしても「ウタナアア」ってなんだ?


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイの7不思議




タイにいると不思議なことがいくつもある。7つとは限らないのだが。



その1:どうしたらあんなに美味しくないマヨネーズを作れるのか。

決してキュー〇ーマヨネーズの宣伝をするわけではないが、日本だとどれを取ってもハズレということもない。しいて言えば、卵白を入れたのと入れないのとではどちらが好き?という程度なのだが。

タイではそもそもが違う。砂糖入れたのと入れないのとどちらが好き?と言われても、それはマヨネーズじゃないだろう。


********************************************************

その2:どうしてどの観光地に行っても同じお土産しかないのだろう。

細かいところを見ると違うものがあるのだが、おおまかに言うと全く同じ。
定番は、木彫りのカエル、象のキャンドル、山岳民族の人形の付いたヘラ、木で出来たテーブルウェア、お煎餅を揚げたような菓子、ニッパヤシで包んで焼いたお餅、といったところ。
これチェンライでも、チョンブリでも、カンチャナブリでも見かけました。

OTOPでオリジナル商品がいっぱいのはずなのに、OTOPで作られるものはだいたいシルク製品。最近のOTOPシルクは、ベトナム製の化繊入りシルクらしいから少しは違いが出てきたともいえる。

02_woodfrog35.jpg



********************************************************

その3:どうして電化製品が脆弱で、低品質なんだろう。

これはサム〇ンだからとか、中国製だからというレベルではない。東芝もシャープもひどい。まるで40年前の電化製品を売られているような気分になる。

強・中・弱しかない扇風機。日本で売ってる扇風機なら日本製でなくても、最低でもタイマーとリズムモードは付いてくると思う。


寒くなったら切るしかないエアコン。エアコンではなくてクーラーだからというつっ込みは置いといて、エアコンにセンサーやサーキュレートが付いていないように思う。つけたまま快適状況をキープし続けるということが出来ない。
確かに体感的には、それでは暑く感じてしまうから、冷やして、温度に馴染んだらさらに冷やして・・と冷やし続けたほうが、いいエアコンだと評価されるのかもしれないが、そのまま冷やし続けるから冷蔵庫のようになってしまう。


博物館で見たことがあるようなレトロの炊飯器。炊飯モードも何もなくて、ただスイッチレバーを押すだけ。炊き上がったらレバーが上がるだけ。Simple is BESTを地でいっているようだ。安いからだろうという感想もあるだろうが、それでも6600円しているから、決して安いからとは言い切れない。

03_2960ricook.jpg



********************************************************

その4:なぜ日系ファミレスが好きなんだろう。

タイ人と日本食に行こうという話になって、どこに行きたいか聞いてみたら「大戸〇」「吉野〇」「〇亀製麺」などの候補が上がったが、ちょっとドン引き。それひとり飯の店だろ。
たしかに大きなショッピングモールに行くとその手の店が軒並み。日本料理と言えばそういうものだというインプットがされているのだろう。

かれらは日本に旅行に行ったら、こういうお店を探すのだろうか。



********************************************************

その5:タイ女はなぜセコイ

バンコクの郊外で建売の住宅が3ミリオンバーツらしい。日本円で約1000万円。
実際はもう少し値段が上下するとは思うのだが、とにかくこの価格から土地付き住宅が手に入るという事らしい。
1000万の住宅を買ってタイ女にくれてやったら、別れた時に戻ってこなくて「騙された、タイ女はひどい」と言っている日本人の話をよく耳にする。
日本だとまず話題にもならない。1億くらいだと話題になるかな。

西落合だと5億くらいの家がごろごろしてるけど、本田宗一郎のお家にいたっては、どこからどこまでが家なのかもわからん。まるで大名屋敷。
どうせならこれくらいの屋敷を取った取られたしてから、あぁタイの女は恐ろしやと話題にして欲しいものだ。

05_0303thfg.jpg



これタイ女がセコイというより、タイで暮らす日本人がセコイのか。



********************************************************

その6:タイ人は老人子供にすぐ席を譲ってくれる

タイでは、バスに乗っていると老人や妊婦が乗ってくるとすぐに席を譲ろうとする。特にそこが優先席だからというわけでもなく、どこでも席を譲ろうとする。

ましてや足の悪い人が杖をついて電車に乗ってきたら、席を譲るだけでなく、電車の乗り降りまでサポートしている。
日本ではあまり見かけない情景である。

日本だと「優先席」を設けていても、あまり席を譲るという事はしない。時には優先席に座り込んだ若者はすぐに睡眠状態に入るので、老人や妊婦が乗車してきたことに気付かないだけなのかもしれない。と言ってみるが、ホントは寝たふりモードなのだろう。

そのくせ食中毒が出ると、途上国だからなどと侮った意見になる。

人に優しくないのが先進国の条件だというのなら、そんな先進国など犬に食わしてしまえ。

06_3424thfg.jpg


でもコレは、不思議でも何でもない。日本の方が「あたりまえ」のことが出来ない不思議な国なのだが、この手の話を入れていくと7つじゃあ済まなくなる。日本不思議話は別の項にとっておこう。

********************************************************

その7:タイ人はやたらとタイが大好き。

タイ人は何かにつけて連帯感を示す。むろん政府の指導もあるのだろうが、それ以上に連帯意識が強い。
例えば、王様の誕生日には王様カラーの黄色のシャツで町中が埋め尽くされる。王様の服喪の時は町中が黒服に変わる。

タイ人はタイ料理大好きなので、日本料理も好きだとかリップサービスは得意だが、なんだかんだで結局選ぶのはタイ料理。

タイ人はタイが大好きなので、日本に行きたいとは言うものの、少ししたらすぐにタイに戻ると言い出す。結局タイから離れて暮らすことはできない。



日本人だって日本は好きだし、日本料理も好きなんだけど、だからといって日の丸しょっては歩かないし、海外で折合いを付けながら暮らしている。

これはタイ人が我慢できない性格なのか、仲間への依存性が強いのか、親離れできない性格なのか。

同じタイ人でも中華系タイ人は、どこへでも進出するから全く逆の性格のようだ。


07_1378thfg.jpg



まぁタイが好きなのは、タイ人だけじゃあなくって日本人もアメリカ人もデーン人もタイが好きみたいなので、これはタイの風土に魅力があるということか。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

サムスンのすごい洗濯機




サイアムパラゴンに洗濯機を探しに行く。

ドラム式の洗濯機が主流だけど、縦型の洗濯機がいいかな。ドラム式の方が衣服が絡まないとか言われているのだが、実際に使ってみるとドラム式というのは何か小物を入れ忘れた時に洗濯槽にちょいと放り込むことができない。

それに一度水が入ると排水されるまで取り出すことができない。
おかげでポケットにカードが入っていることを発見して、急いで止めたのだが扉がロックされていて洗濯物を取り出すのに苦労したことがある。

でも最近は縦型は少なそうですね。

********************************************************
家電売り場を見て回るうちに、不思議な洗濯機を発見。

この機種WA11J5730SWをネットで調べたらタイ語のサイトだけだったので、タイのサムソンだけしか扱っていないのかもしれない。

フタが二重になっていて、フタに水が貯まっている。

01_1435sawa.jpg



何かと思ったら、フタで手洗いするようになっているとのこと。

02_8529sawa.jpg



電気を入れて、スイッチを回し、手を入れて手洗いするという画期的な全手動洗濯機というわけである。

まさに「目の付けどころがサムソンでしょ。目指してる、未来がちがう。」

ということで、予測を45度くらいナナメによぎった、普通の人は考えないようなことをするのがサムソンでした。

03_sawa.jpg



これは充電できないようにしたスマホに続く、すごい発想だな。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

本物グレイハウンドはどれだ




「グレイハウンド」というのは、有名なアメリカ~カナダの長距離バスの事。
バンクーバーとウィスラーの間を結ぶバスでもある。

01_greyhoundbus.jpg



********************************************************
このグレイハウンドはバンコクにも存在する。バスじゃあないけど。

サイアムセンターの中で見つけた「グレイハウンド」は婦人服のお店だった。

02_4336ghond.jpg


同じ階をぶらぶら歩いていると、「グレイハウンド」のカフェがあった。同じロゴだったけど系列店なのかな。

03_3854ghond.jpg


フロアを下ると今度は、「スマイリーハウンド」。ワンコは精悍な犬からカワイイ系の犬にチェンジ。服もどちらかというとカワイイ系らしい。

04_4217ghond.jpg


さらにフロアを上がると、こんどは「プレイハウンド」
Lの文字が反対向きなので、P」AYHOUNDになってるけど。

05_1444ghond.jpg


同じショッピングセンター内でこれだけ似た名前が乱立しているけど、問題はないのか。そもそもどれが本物で、どれがパク・・類似品なのか。どこまで許されるのか。

日本でも 岡埜栄泉みたいに、どこが本家かワケが分からんというのもあるけど。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

日本では使えないドコモシムがタイでは使える




ドコモのFormaシムの信号フォーマットの変更によって、新しいスマホではドコモのシムが使えなくなりました。古いスマホの機種ではまだ使えます。

この問題を回避するには、シムの契約を変えるか、格安シムに乗り換えるしかありません。

今回購入したZenfoneでは古いドコモSimでは電波を受信できなくなりました。


01_2718zefth.jpg



そこでタイでも同じ現象になるかどうか


********************************************************

結論から言うと、古いSimを新しいスマホにさしてもタイでは使えるようです。

02_2251zefth.jpg



まぁ、国際ローミングで使えるという事ですから、日本の電波の形式に関係なくて国際ローミング先のTrueMovile-Hの電波を拾っているというだけなんですが。


03_2250zefth.jpg



ローミングなんだから、当たり前といえば、あたりまえという気もするのですが、逆も真なりかというとそうではない。

タイのSimを国際ローミングで日本で使えるかというと、使えたり使えなかったり。
同じ機種であっても昨年までは使えたけど今年からはダメとか。
同じメーカーであっても旧機種は大丈夫とか、新機種はダメとか。
日本のスマホ事情は、非常に複雑怪奇。魑魅魍魎。百鬼夜行の世界。

スマホを日本で使うには、2年しばりとかメンドウな事があっても、日本で機種購入をした方が安心だと思う今日この頃です。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

エプソンのプリンタインクの詰め替え




エプソンのプリンタインクが切れてしまったので、プリンタが使えません。って前に記事にしましたが、いつまでも使えないというのじゃあ困るのでインクをなんとかしなくちゃ。

まずは、切れたインクを取り出します。「T0824」というのが型番です。

01_2211epink.jpg



このインクは近くの店では売ってないので、パンティッププラザに向かいます。

パンティッププラザは改装途中にも何度か来ましたが、前回よりはかなり変わっています。4階で降りてみましたら、あたりには何もない。どうやら今4階付近を改装中のようです。

以前あったインク屋さんは撤退していたので、2階まで下りていきます。
まずは純正品の「T0824」を探します。すぐに見つかりましたが560THB。
ずいぶん高いですな。

インクカートリッジにインクをリフィル(詰め替え)できないか。相談してみます。お店の話ではICチップが新型になったので、ICチップをリセット出来ないので認識しないというようなことを言っています。

そこで次の店へ。
同じことを聞いてみるが、やはり出来ない。
ただ空のカートリッジを買って、インクを自分で詰めれば出来るということ。早い話が互換インクということ。

ということで、空のインクカートリッジとインクを購入。

02_2206epink.jpg



カートリッジは6本組で800THB、インクは1本100THB、注射器はオマケ。

03_2209epink.jpg


04_2207epink.jpg



********************************************************

早速、カートリッジにインクを詰めるのだが、まずゴムの栓Aを外し、空気が入らないように詰めていく。
次に先端のプラスティックBに縫い針を刺して穴を開ける。どうやら空気抜けの穴みたい。

05_2212epink.jpg



下側のセロハンシールCは剝がさない。

06_2213epink.jpg



これをプリンタにセットしたら、ちゃんと認識できましたので、成功です。

でも空のカートリッジ(ICチップ付き)を作ることができるんだったら、最初からインクを詰めておいてエプソン互換インクとして売った方が早いような気もする。その方が単体のカートリッジだけ必要な顧客への対応も出来る。

07_2210epink.jpg



それをしないのは、なにか業界圧力なのか、知的財産権の侵害を回避するのか。

詰め替えた後のインクは4/5ほど残ってしまいました。だいたい20mLくらい使ったので80mLは残っています。これも無駄ですね。

08_2208epink.jpg



結論から言うと、正規カートリッジインクを3本購入すると1680THBです。互換品をカートリッジケースとインクで1400THBです。そこでインクを3色購入するよりは互換品を6色買った方が安いということになります。


が、そもそも日本ではインクは1色500円くらいなので、約160THBです。プリンタも新品で3000円くらいからあります。中古品なら1000円くらいで買えます。
安くあげようとするなら、日本で買って持っていくのが一番でしょう。






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイの物価はカナダより高い




バンコクのサイアム・ディスカバリーが改装したので、久しぶりに立ち寄ってみました。

サイアムパラゴンのM階からサイアムセンターの3階へ通じるエスカレーターがあり、さらにサイアムセンターの4階まで上がると、ディスカバリーの2階へと通じる通路がある。

01_3458BC.jpg



以前はディスカバリーの3階へ上がってからMBKへの連絡通路があったのだが、現在工事中でM階へ下ってから連絡通路でMBKへ出るようになっています。

02_2538BC.jpg



ここで混乱しそうだけど、パラゴンでは1階から順にG階、M階、1F、2F以下同文、サイアムセンターは1階、2階、3階以下同文、ディスカバリーはパラゴンと同じくG階、M階、1F、2F、3Fとなります。
つまり日本風にいうと、パラゴン2F→サイアムセンター3F→4F→ディスカバリー4F→2F→MBKという順路です。
********************************************************

さて話を元に戻して、改装なったサイアムセンターとディスカバリーにはアウトドア関連と文房具関係のお店が増えたようです。

アンダーアーマーやザ・ノースフェイスなどが入店していました。

00_20161123_unarmar.jpg


03_2841BC.jpg



アンダーアーマーには暑いタイに仕様を合わせてランニングシャツやスイミングなどサマー用品しかなかったので比較はできませんが、ザ・ノースフェイスにはジャケットなどカナダに置いてあるものと同じですので値段の比較ができます。

04_2823BC.jpg




ぴったり同じものは無かったけど、レインジャケット類がカナダで税込み$160(13,000円)ですが、タイでは10,000バーツ前後(30,000円)。

すなわちカナダのほぼ2.3倍になります。

これだけでタイの物価がカナダよりも高いとは言いませんが、アンダーアーマーのTシャツも日本の2倍くらいしていますので、全体にブランド品は高いと言えます。

05_2929BC.jpg
[Swallowtail Vent Hoodie]



でもタイの方が物価が安いはずだけど・・・という気がしますね。
間違いではないのですが、安いのはタイのノーブランドの品物です。あと交通費や通信費、食費も安いです。

外食は安いのですが、食材の費用は日本と同じくらいです。



ここにカラクリがあって、タイで外食を食べてタイの服を買って暮らしている分には非常に安く暮らすことができます。

しかしラコステのポロを着て、車を持って、家で食事を作り、休日にはナイキのウエアを着てテニスという生活をするのであれば、決して安い暮らしが出来るというものではありません。それは日本の方が安いかもしれない。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

わんこ川柳その2




「お散歩に

            行きたいのなら

                        つきあうよ」





01_2164wakk3.jpg

おいおい行きたいのはキミの方だろ



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : わんことの生活   ジャンル : ペット

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR