トランプとエロ民主主義



今日は役立つ英語のお勉強をしよう。

カナダにいるときにTVで見るものが無いからCNNばかり見ていた。
カナダのケーブルTVはCNN以外は音楽チャンネルとかスポーツチャンネル、なぜか中国系チャンネルくらいかな。日系もアルジャジーラもBBCも無い。(BBCは地方によれば放映されているのかもしれない)

それで例のごとくトランプとヒラリーの話題ばっかり。

トランプが政策がどうのこうのという前に、TVをお笑い番組に変えてくれたのだけは事実だと思う。

“Grab them by the pussy. You can do anything”

けっこう早口の下ネタなので、邦語にトランスフォームする前に話題が変わるので、直感的に感じたままの印象しかないのだが、トランプが口汚いスラングとかスキャンダルがという前に、「ああアメリカのフェミニズムってのはこういうもんか」という印象が強い。

トランプが言ってるのは、フェミニズムってのは男が女に下心アリということを包んでいるだけなんで、「金をもってるんだからやらせろよ、ベイビ~」ということ。

早い話がこういう内容なんだが、それを支持する民衆はアメリカの本音だと喝采している。これがアメリカの民主主義の本質的な部分なので、名付けてエロ民主主義 Erocracy。

trump_flicker_face_yess.jpg
[引用
http://inthesetimes.com/article/18309/donald-trump-republican-president]

5年前、グアムに行ったときにタモンには韓国人の売春婦のいるナイトクラブだらけだったような気がする。アメリカ国内ではいたるところに韓国人売春婦バーやマッサージがあるそうだ。
ここまで大っぴらに売春をやっていればVISAの取り締まりが強化されそうなものだが、そういうことはしない。



アメリカという国は韓国人の売春婦を摘発しながら、実は韓国人売春婦ウェルカムのところがあって、慰安婦の像the Prostitute Statueも、売春婦prostituteのモニュメントと見ているふしがある。
prostituteを日本がいくらcall girlだと言っても、callしているわけではないから違う。

それがアメリカのエロクラシーなのだろう。



若いころ、道に迷っているような日本人の女性観光客がいたから、お困りですか Can I Help Uと声をかけたら、ものすごい形相で睨まれたけど、あれは白人にどこかに連れてってサインだったんだろう。

あれじゃあ韓国人慰安婦slutty prostituteと間違えられて、レイプされたり殺されたりもあるかなって気も少しする。


********************************************************

そういう分析で行くと、ヒラリーのような教条的で、夫の不倫を蔑むような目で見るような女は『嫌な女 Nasty Woman』ということになる。

これはヒラリーが年取っているからとか、主義主張が違うからとかではない。

本質的にエロクラシーが嫌悪している部分だからである。


ただ、ここで注意すべきことは"Nasty boy"でゲスな奴、汚らしい奴、間男の意味にもとれるから、"Nasty Woman"にそういうニュアンスを含ませたとすると最上級の侮辱言葉になる。
ふつう銃で撃たれるよ。


こういう事を日本のジャーナリストは「女性に対する差別用語を使いました」などと、何を言ってるのか分からないピントの外れた解説をしているので可笑しい。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

ダウンタウンの歴史的ヘリテージ




今日もバンクーバーの観光ガイドの記事かな。

バンクーバーには歴史的遺産となる古い建物がいくつかある。
歴史的な建造物は、バンクーバー市の制定(M)、ブリティシュコロンビア州の制定(P)、連邦政府の制定(F)によりサブクラスが分けられる。その中でもクラスA:最重要建造物、B:重要建造物、C:Character的建造物に細分類されている。

スカイトレインのシティセンター駅で降りてみよう。
まず駅前にあるのが1913年の建造の「ハドソンベイ・デパート」。もっとも駅は地下なので、一度地上に出ないと建物の外観はわからない。

01_2085herita.jpg
[ハドソンベイ・デパート]


ハドソンベイ・デパートの前のWジョージアStを歩くと、左手に見えるのが「バンクーバー美術館」。こちらも1913年の設立。この建物は建設当時はビクトリア州地方裁判所であった。
現在は前庭のテラスを工事中だが、ロブソン・スクエア側から入れる。

02_2088herita.jpg
[バンクーバー美術館]

03_2089herita.jpg
[バンクーバー美術館,ホテル・バンクーバー]


バンクーバー美術館の隣が「ホテル・バンクーバー」これは1939年の建物だが、最初の建物は1887年にグランビルStに建てられている。現在ではフェアモントホテルが経営している。

04_2091herita.jpg
[ホテル・バンクーバー]


さらにWジョージアStを先に進むと、「Coastal Church」が見えてくる。1918年建造のキリスト教教会である。写真を撮り忘れた。


教会と言えば、WジョージアStを逆に南方向に下ったところには「ホーリーロザリー大聖堂」がある。1900年。

*************************************************

カテゴリーBに入るものを見ていこう。
まずは既出の「パシフィックセントラル駅」1919年建造

01_1944pace.jpg
[パシフィックセントラル駅]



同じく駅舎では「ウォーターフロント駅」1914年建造。ただし内部が非常に新しくなっているのでパシフィックセントラルの方が趣がある。

05_Waterfront-herita.jpg
[ウォーターフロント駅]

バンクーバーにはこうした古い建造物が多いのだが、ややもすると古いだけの危険構造物になりかねない。古くて住まなくなって低所得者やホームレスの居住になっているとか。
地震が無いから建物が古いままに残るのだが、空調管理やセキュリティ管理に難しいこともあり、メンテが問題なのである。

ただしこうした歴史的建造物に関しては、ヴィクトリアの方が多い。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

カナダプレイスから裏町へ




昨日に引き続き、ダウンタウンの観光案内です。でも裏ガイドですので、女の子は一人で立ち寄ってはいけません。少年もダメです。ゲイや変質者に声をかけられて事件に巻き込まれるリスクもあります。

表ガイドは「ガスタウンはお土産屋さんだらけ」にあるので、歩くならそちらの方にしてください。


********************************************************

ウォーターフロント駅の正面には、サイモンフレーザー大学(SFU)のブックセンターがある。

このビルの最上階は展望台のVancouver Lookoutがあり、港を一望できるという事で観光地になっているが有料である。59歳までは$16.25、60歳以上は$13.25、学生IDがあれば$11.25であるが、誰か利用しているのを見たことが無い。多分団体客が団体バスで乗り付けた時だけ利用するんじゃないかな。

ビルの2階はロビーになっており、ここからの港の眺望は無料で見ることが出来る。
01_2104dnvfs.jpg


下の駐車場に降りると眺望は、こんなものだから2階とはいってもかなりの高台になっている。

02_1961dnvfs.jpg


********************************************************
ガスタウンのウォーターStreetからWコルドバ通りに沿った裏道をブロッド・アレーBlood Alleyという。この小路はアボットStreetまで続いているが、夜は通らないほうがいい。

以前殺害された日本人留学生の女の子が、アル中のシュナイダー容疑者と会っていたのもこの近くらしい。近くのハーバーセンターの監視カメラに写っていたようだ。

03_2099dnvfs.jpg


いわゆるガスタウンの裏町であるが、店は通りの端にしかない。
このホームレスタウンのような裏町は、バンクーバー映画学校VFSの校舎の裏でもある。いわゆるバンクーバーのアニメの殿堂である。https://vfs.edu/programs/classical-animation#campus

04_2100dnvfs.jpg


ブロッド・アレーをアボットStreetに抜けると「LA CASITA」がある。学生街のメキシコ料理である。

05_2101dnvfs.jpg


ここからはWコルドバ通りなので、オシャレ系の店が並んでいる。

06_2102dnvfs.jpg



Wコルドバ通りの終点が、お土産物街のウォーターStreetになる。ここからはガスタウンのお土産通りになるので、これを右に行くと蒸気時計がある。
正面がウォーターフロント駅である。


07_2103dnvfs.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

ガスタウンはお土産屋さんだらけ




バンクーバーの中心地区をダウンタウンという。でも下町という訳ではない。旧市街というくらいの意味。

ダウンタウンのさらに中心になるのがバラードからグランビルStにかけての一帯。そこは美術館も劇場も揃っており、巨大なショッピングモールのPacific Centreもあるので雨でも雪でも大丈夫。

グランビルの南に広がるのがエールタウン。さしずめ表参道といったオシャレ系の店が並んでいる。

グランビルの西にあるのはゲイの集まるデイビーストリート。別名ゲイ・ストリート。

グランビルの北にはカナダ・プレイスという波止場がある。ここから船で渡るとノース・バンクーバー。

カナダ・プレイスのある「ウォーターフロント駅」から歩いた界隈が観光地の名所であるガスタウンになる。



[Canadian Maple Delights Gourmet]


ウォーターフロントの前のウエスト・コルドヴァ通りから斜めに入るとウォーターStです。

まず目に入るのが、「Canadian Maple Delights Gourmet」
メープルシロップやメープルバターが売っています。

02_1953dntwn.jpg


その隣にあるのが「男前」

03_1954dntwn.jpg


「男前」を超えて、先にあるのは「Suraj」というお店。おみやげのT-シャツなどを売っています。
そんなに安いとは思わないが、CANADAとかVANCOUVERとか大書きしてあるT-シャツが売っている。ちょっと着るのは憚られる。

04_1955dntwn.jpg


その隣にはレンガ作りの古い建物がある。「Hudson House」と書いてある。プレートには本家のハドソン商会であるようなことが書いてあるが、どうなんだろ。ハドソン商会というのは、シティセンターにある大きなデパートの事。ここにも結構安いカウチン・セーターやノース・フェイスなどがあるのだが、なんか肌触りがちょっと違う。ノース・フェイスなどは直営店がグランビルStにあるから、そちらで買った方がいいと思う。

05_1958dntwn.jpg


06_1959dntwn.jpg


四つ角には有名な観光スポット「蒸気時計」がありました。
つい見落としてしまいそうなほどに小さな時計です。札幌の時計台と同じで三大がっかりですな。人形町の甘酒横丁角にあるからくり時計の方が大きいと思う。

07_1960dntwn.jpg


ここらの店に置いてある定番と言えば、まずはメイプルシロップ、メイプルクッキー、熊のぬいぐるみ、エルフのぬいぐるみ、クマの石細工などかな。白いクマさんは石鹼かと思ってたら石を削って作ったものだった。「soap stone」と書いてあったからこりゃ滑石だね。これの細工品はカナダの特産品なのかな?

08_soap stone


ここからギャシー・ジャクソンの像のあるキャロルStの交差点までがガスタウンです。この辺りは煉瓦造りの洋館が多いですね。

09_2098dntwn.jpg


ここまでが、ダウンタウンの観光名所です。所要時間3分といったところです。
あまりにもサラッと終わってしまうので、ガイドブックも1ページくらいしか割いていません。


そこでバンクーバーは見る所が無い。がっかりだ。魅力が乏しい。と即断してしまう方もいるようです。

が、ここは修学旅行で京都に来た中学生が木刀とか新選組グッズとか買いに来るところと同じに思った方がいい。
それで京都の魅力を評価はしないでしょ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

バンクーバーのバス事情




バンクーバーのバスには郊外に出かけるグレイハウンドなどの長距離型と市内バスのトランスリンクがあります。

トランスリンクに所属するスカイトレインとバスとシーバスは共通のコンパスカードで乗車できます。

01_compass-cards.jpg
[コンパスカード]


そこまではSUICAと同じなんですが、違うのはゾーンタイム制。つまり90分以内であれば何度乗り継いでも追加料金はかかりません。

ただしゾーンを超えると追加料金がかかります。
ゾーンというのはバンクーバー市で1ゾーン、リッチモンド市で1ゾーン、バーナビで1ゾーンですので、リッチモンドからバーナビに行くと3ゾーンという事になります。1ゾーンの区間料金は$2.1。

また平日の夕方6:30以降と土日は、ゾーンは撤廃されて全体で1ゾーンになります。

DayPass(一日共通券)は$9.75です。コンパスカードを購入した方が安いのですが、デポジットの$6を回収するにはダウンタウンまで行かないといけないので、旅行者では回収できないかもしれません。

どちらがお得かを考えておかないといけません。


アダルト(64歳まで)のコンパスカードは駅の券売機で簡単に購入できます。
カードの券売機で、「New Compass Card」→「Add Stored Value」→「$20」とクリックするとAmount Dueが$26となります。
支払いは「Insert Cash」「Debit Card」「Cedit Card」から選びます。

02_1950vbus.jpg
[券売機]


お金のチャージは同じく券売機で「Load Compass Card」→コンパスカードをタップ→「Add Stored Value」→「$20」とクリックしてお金を払います。最後にもう一度コンパスカードをタップして金額を記憶させます。

65歳以上はコンセッションカードConcession cardというオレンジ色のカードにすると割引運賃で乗車できます。Concession cardは自販機では買えません。購入場所のマップはhttp://www.translink.ca/en/Fares-and-Passes/Where-to-buy-FareDealer.aspx
にあります。
空港ではセブンイレブンで購入するようですが、このセブンは見つからなかったので、シティセンターのロンドンドラッグのカスタマーサービスまで行かないとダメそうです。

ロンドンドラッグというのは、ドラッグストアですが、食品も雑誌もPCもスマホも売っているお店です。

スカイトレインは、バーナビとリッチモンドではスカイを走りますが、バンクーバーでは地下になります。全然スカイではありません(笑)

03_1952vbus.jpg
[スカイトレイン]

****************************************************

バス停はだいたいベンチがあるからわかりやすいですが、ポールに四角いプレートが付いていて何番のバスが停まるか書いてありますので、違うナンバーでは止まってくれません。

04_1989vbus.jpg
[バス停]


バスの時刻表はバス停にはありません。PDFでもダウンロードできますが、バス停でスマホのマップを操作して、現在地から○○に行きたいというように入力すると、何分後に何番のバスが来るのかお知らせが来ます。

ホテルのそばにいればWIFIがパスワードなしに使えるようなので、あまり苦労はしません。

人里離れた場所ではデータ通信を使うことになりますが、DocomoのシムではROGERSの電波を拾いましたのでROGERSのプランが良さそうですが、それはまた別の記事で紹介します。

バスに乗り込みますが、「ウェストミンスター・ハイウェイに行けますか?」などと聞いた方がいいかもしれません。まぁ聞けなくてもかまいません。

バスに乗るには日本のSUICAと同様にセンサーにコンパスカードをタッチします。

降りるときは、窓際にロープが張り巡らされていてこれを引っ張ります。ボタンもありますので、どちらでもいいようです。


05_1991vbus.jpg


バスの扉は自動では開かないので、ドアの開閉ボタンを押して下車します。「Thank you」と声をかけて下車しましょう。「コップン・カー」でも「謝謝」でもかまいませんが、「シェイシェイ」では通じません。


06_1988vbus.jpg
[ウェストミンスター・ハイウェイ]





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

ダウンタウン編。Thornton Parkのカナダガン



バンクーバーのダウンタウン編の始まりです。


バンクーバー・パシフィックセントラル駅は、1917年建造というから99年前に作られた歴史的ヘリテージである。
ウォーターフロント駅はもっと古く1914年設立なのだが、大幅な内装工事が行われているため、パシフィックセントラルの方が趣がある。

01_1944pace.jpg


鉄道駅なのでここからアメリカ大陸横断の旅が始まるのだという感慨があるが、実際はシアトル行きのアムトラックやVIAなど1日1便クラスの発着しか無くて、ほとんどはグレイハウンドなどのバスデポとして使われる。

駅に入ると右側にバスデポへの通路があり、ここに何便ものバスが止まっている。
ウィスラー行きのグレイハウンドもここから出る。

02_1941pace.jpg



********************************************************
パシフィックセントラル駅の前に「Thornton Park」という公園がある。どうということもない公園なのだが、公園を突き抜けるとスカイトレインのメインストリート・サイエンスワールド駅Main Street–Science Worldになる。


03_20b0e540d2.jpg
[引用 http://forum.skyscraperpage.com/showthread.php?t=139672]


さて、このThornton Parkだが、いるわいるわ。カナダガン

04_1945pace.jpg


この子たちはハトと共存しながら

05_1947pace.jpg

この子たちは、もうハトを駆逐しちゃいました。

06_1946pace.jpg


公園のベンチのそばでもなんのその。追いかける人も犬もいないから怖いものなしだね。

07_1948pace.jpg

野良カナダガン状態です。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

GrayHoundのチケット




ウィスラーからバンクーバーに戻る方法としては、
Pacificcoachに乗って、ダウンタウンで下してもらう方法。$65
shattleでダウンタウンまで行く方法。$64
そしてGrayHoundに乗ってバスターミナル(バスディーボBusDepo)に行く方法があります。$18~

GrayHoundというのは、カナダやアメリカを回る長距離のバスです。

01_1936greyhound-bus.jpg


バスディーボはパシフィック・セントラル駅のそばにありますので、そこからはリニアモーターカーのスカイトレインを使うと10分でウォ-ターフロントに出ます。荷物が無い場合は"DownTown"で降りたいと言えば、フェアモントホテルの所で降ろしてくれます。

GrayHoundはネット予約で$18.5~22.5(1450~1770円)です。


バンクーバー発 7:30  10:30  14:30  20:00
ウィスラー着    10:00  12:45  17:00  22:15


ウィスラービレッジ発   10:00  13:00  16:30  19:45
バンクーバー着          12:45  15:45  19:15  21:55


****************************************************
予約の入れ方は、https://www.greyhound.ca/
を開いて、出発地を「Leaving from」、目的地を「Going to」に入れ、日付を入れます。この時Vancouver BCとVancouver WAを間違えないこと。BC=ブリティッシュコロンビア、WA=ワシントンです。

02_g03.jpg


ここで①ウェブ割、前売り、普通、返金可、がありますので、ウェブ割にしておきます。示してある料金は税抜きですので$4.5くらい税が追加されます。②で次へ

03_g04.jpg


まずプライマリーカードの保有者かどうか聞いてきます。持ってないなら①をチェックして②の次へ

04_g05.jpg


次に氏名を入れると、プリンターがあるかどうか聞かれます。①をチェックして②の次へ

05_g06.jpg


最後にクレカ情報を入れますが、アメックス、マスター、VISAのみでJCBはダメ。
またVISAでもカードの氏名の所のローマ字が名+姓の順になっていないカードはキャンセルされます。
今回の支払いではニコスはダメで、Viewカードは大丈夫でした。

Primary Billing Address の所は、クレカに登録してある自分の現住所

State/Provinceはアメリカ在住者でなければ無記名

電話番号は3ケタ+3ケタ+4ケタにします。
全部記入してNEXTをクリックすると完了です。

06_g07.jpg


出てきたConfirmにはバーコードが入っていますので、印刷してバスに乗る時に渡します。スマホに保存したのでは無効になります。



少し待つとeTicketというメールが来ますが、このメールを印刷してもeTicketになりません。

※1cnd $=78円のレート計算です

予約を入れなくてもオフシーズンなら窓口購入すれば乗れますが、チケットビューローはバンクーバーのパシフィック・セントラル駅の中ですので、バンクーバー発の往復であれば窓口購入が可能です。またバスに直接現金払いでは乗れません。


02_1942greyhound-bus.jpg
[バンクーバーセントラル駅のチケットビューロー]


時間無指定のチケットの場合は、混んでいて乗れないと3時間待ちになってしまいますのでオンシーズンでは時間指定の方がいいでしょう。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

森の中のステラージェイズのさえずり



ウィスラーの話題の続きです。

朝の散歩にアルタレイクまでやってきました。
いかにもビーバーが潜んでそうな湖畔です。

01_1861stjz.jpg


突然あらわれた山小屋風の建物。
ハイジのお爺さんの小屋でもなく、トイレでもありません。発電所でした。

02_1867stjz.jpg


トイレはこちら。簡易トイレが径に隠れてひっそりと設置してありました。意外ときれい。毎日きちんと掃除がされているようです。

03_1871stjz.jpg


ヴァレートレイルValley Trailは南ドイツの風景にそっくり。ヘムロック(ツガ)の森にチップとデールが住んでいるというイメージ。

04_1870stjz.jpg



道端に青い鳥が見えます。
ステラージェイズSteller's Jay(ステラーカケス)です。

05_1874stjz.jpg

06_1873stjz.jpg


ステラージェイズというのは、あのブルージェイズの近縁種です。

ブルージェイズ。。。野球でも有名ですね。

07_2992stjz.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

タイの王様のご崩御の報はCNNでも流れ出した




「Thai King Bhumibol Adulyadej dies at 88」
というタイトルで、深夜のニュースで流れてきました。

ご冥福を、お祈りいたします。
タイの皆様のお悲しみを悼み入ります。


161013220744-03-thai-king-mourners-exlarge-169.jpeg
[CNN upload]


Thai Prime Minister Prayut said "he needs time to jointly mourn with Thai people."
The prime minister urged people to be vigilant about national security.
"Everyone will need to be alert in every region and throughout the country to ensure safety," he said.
タイのプラユット首相は「タイの人々と追悼するための時間が必要である。」と述べました
首相は、国家安全保障に関する警戒するように催促しています。
「誰もが安全性を確保するために、すべての地域で、国全体に警戒する必要があるだろう "」と彼は言いました。

以上CNNで伝えるタイの情勢です。
すこしだけ国外の情報とタイ内部での情報に差があるようです。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

朝のヴァレーは爽やかな風の中に




ウィスラーは紅葉がまっさかり。

今日はヴァレートレイルValley Trailの朝の散歩をしてみます。
レンタサイクルは1日37$(3000円)もします。ここはバスを使います。



まずはアルタ湖のほとりにあるレインボーパークに行ってみます。




レインボーパークには、ブラッコム・ロッジから歩くと45分かかりますので、途中までバスで向かいます。

ビレッジ・ゲート・ブルーバードVillage Gate Blvdから6番のバスに乗っていきます。

01_1880allk.jpg

バス賃は$2.5ですが、お釣りは出ませんので小銭で払います。

02_1881allk.jpg


スマホで地図をよく見ていないと目印になるものが全くありません。バス停名前の表示もありません。そのそもバス停自体はただのポールですので、何個目のバス停で降りればいいという計算もできません。

03_1877allk.jpg


ちょっとバス停1つ通り過ぎてしまいましたが、ここからヴァレートレイルに入ります。

04_1851allk.jpg


途中の道しるべにあるには、マス釣りの注意書きのようです。「anglers」とあるから《釣り人の皆様へ》ということでしょう。その下にある黒い箱には犬のフンを持ち帰る袋が入っています。

05_1854allk.jpg


線路を渡る前に左手の小路に入ります。

やがて線路沿いに径が続いています。
この線路はもう廃線になったようです。


06_1855allk.jpg


小川の辺にはカヤックを川に入れる桟橋が作られています。これでマスを釣るといいかも。

07_1872allk.jpg


谷間の小路を抜けるとアルタ湖に到着。
湖面からはウィスラー山とブラッコム山が見えてきます。

08_1862allk.jpg

心にしみいる明鏡止水。
ここにはビーバーがいるようですね。

アルタ湖のそばにある公園がレインボーパークです。

09_1866allk.jpg


ブラックベアもいるようです。人に慣れているので襲ったりはしないという事なんですが、襲う気が無くても、じゃれただけでも大怪我ですので会わないにこしたことはないです。

10_1859allk.jpg


カナダガンもいるようです。この位置からブラッコム氷河Blackcomb Glacierとホルストマン氷河Horstman Glacierが見えると書いてあります。

11_1860allk.jpg

********************************************************
しばらくは雲が切れるのを待ってみます。
山の天気は数秒で変化しますので、天気が悪いから帰ろうなどとは思わないほうがいいですよ。

少し待っていると、ホルストマン氷河Horstman Glacierがくっきりと見えてきました。

12_1869allk.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

オカナガンはワインがとても美味しい



カナダ・ウィスラーのもう一つの魅力。
それはワインの名所という事。
ビールも有名ですけどね。

ブラッコム・ロッジのお隣には、「The Whistler Grocery Store」と「BC Liquor Stores」が並んでいます。

おつまみはブルーチーズとペンネを用意しましょう。どちらもグロッサリーストアに売っていました。

この「BC Liquor Stores」はバンクーバーにも支店がいくつかありますが、ウィスラー店が一番使いやすい場所です。
****************************************************

さっそくですが、カナダワインの講習から入ります。
カナダ産のワインはナイアガラワインとBCワインに分かれます。(BC = British Columbia)
BCワインの多くはオカナダガン渓谷のワイナリーですが、バンクーバー島やリッチモンドにもワイナリーがあります。

カナダワインの白ではピノグリ種、シャルドネ種、ゲヴェルツトラミナー種、Sauvignon Blanc、Riesling、Viognier、そしてブレンドに分かれます。
オカナガン渓谷の有名な醸造所としては、シダークリークCedarcreek、チャーチ&ステイトChurch & State、ワイネグレツキーWaynegretzkyなどが主要なブランドでしょう。

01_Cedarcreek.jpg
[Cedarcreek]

さっそく「Waynegretzky Okanagan Pinot Gris 2015」これはカナダのオカナガン渓谷の白ワイン。ピノグリ種のブドウから作ったワインです。

02_829okanagan.jpg


じつは私はワインが好きではない。なぜなら最初はいいが、どんどん口当たりが悪くなる。頭が痛くなる。気持ちが悪くなる。ムカついてくる。。。。

でもね、本当のワインはそうじゃないことも知っている。正しいワインは酔っぱらう事はあっても、頭が痛くなるというのはない。気持ち悪いなど論外である。ムカつくなんて絶対不純物のはず。


このワイネグレツキーのピノグリがまさに求めていたワイン!!

電子レンジで温めたペンネをつまみにして、いくらでも入っていきます。

さっぱりした口当たり。フルーティで豊かな香り。青臭さなどは微塵もない。飲めば飲むほどにワインはすすむ。

むかし銀座のエノテカで飲んだワインもこんな感じだったな。けっこう高かったけど。

03_847okanagan.jpg



TV放送をCNNから、クラシックチャンネルに切り替えると、ウェーバーのクラリネット協奏曲をやっていた。

なんか優雅なウィスラーの夜。

急にユーミンの「ロッヂで待つクリスマス」を聞きたくなってYOUTUBEで探してみる。






さて、問題です。オカナガン渓谷のピノグリ種ワイン。お幾らでしょう。

 ♡
  ♥
   ♡
    💛

答は・・・
一番高いので1200円、安いので800円くらい。

値段と味は必ずしも一致してなくて、★4つで$10.99(\840)だったり★3つで$15.49(\1180)だったり。

いずれにしても全部安いというのが実感。


いいな、これ。もうタイには戻りたくない。ウィスラーの子になるー。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

マーモットがたくさんいますよ





この時期に山に行くためのクツは選択が難しい。
登山靴にしたらいいのか、ウォーキングシューズがいいのか。

アシックスのTJG806は軽いとはいえ900gあります。
ナイキのメトロプラスは600gなので軽いのだが、トレイルスニーカーという感じでしょうか。

あとでヴァレイ=トレイルもしたいのでナイキのメトロプラスだけ持っていくことにする、

01_1738mmot.jpg
[アシックスのTJG806]

02_1739mmot.jpg
[ナイキのメトロプラス]


********************************************************

今日のコースは「Alpine walk」というアップダウンの少ないコースです。もう少し体力のある場合は「Overload Trail」にトライするのもいいでしょう。

03_1916mmot.jpg


7~8月のオンシーズンであれば、「7th Heaven Express」というリフトが動いていますので「ホルストマン氷河Horstman Glacier」の端まで行くことが出来ます。

04_horstmantbar.jpg
[Horstman Glacier]


さっそく歩いてみましょう。足元の心配な人のために無料の杖置き場もあります。スキーストックが置いてあります。

05_1919mmot.jpg


道は砂利道ですが、きちんと整備されています。

06_1914mmot.jpg

雲海を突き抜けるように遠くのカナディアンロッキーの山々が見えてきます。

07_1915mmot.jpg


山頂から氷河までヘリで行くこともできます。1万円くらいかな。
雲海の中にグローリー(光輪)が見えています。

08_1922mmot.jpg


********************************************************
さていままでの写真にマーモットはいたかな。

09_1924mmot.jpg


実は7枚目と8枚目の写真の場所にいたんですが、カメラを構えているうちにいなくなったようです。
マーモットって何?という人には下の写真を。

10_mamot.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

ウィスラー山からブラッコムの氷河まで




今日はブラッコム山に登る。とはいえ、トレッキングする体力は無いので、ゴンドラを使います。
9月以降はゴンドラは休止になるルートが多くなります。スケジュールを確認しないと、土日しか運航していないことがあります。


ゴンドラは大きく分けると、Whistler Village Gondola、Top of the Summit、Peak2Peak Gondola、Solar Coaster-Wizard Expressの4コースですが、他にもFitzsimmons Expressなどのリフトもあります。リフトはスキーとマウンテンバイク用ですが、ゴンドラにバイクを乗せることもできます。


01_Lifts-Map.jpg


Whistler Village Gondola
May21-June17 10:00 17:00
June18-Sep5    9:30 17:00(Fri-Sun 20:00)
Sep6-Sep18     10:00 17:00(Sat 20:00)
Sep19-Oct9      Closed (only Sat,Sun 10:00 17:00)
Oct10              10:00 17:00

Peak2Peak Gondola
May21-Sep18 10:15 17:00
Sep18-Oct9    Closed (Sat,Sun 10:15 17:00)
Oct10            10:15 17:00

Solar Coaster-Wizard Express
June11-July17 10:00 17:00
July18-Sep5    10:00 17:00
Sep6-Oct10     Closed

Top of the Summit
June25-Sep9   10:45 16:00(Fri-Sun 17:30)
Sep5-Sep18    10:45 16:00

****************************************************
ゴンドラはネット予約注文しておくと、「Guest Services Ticket」で受け取ることが出来ます。$50.18

02_1933bcmt.jpg
[Guest Services Ticket]

予約していない場合は外にあるチケットビューローで購入。$51.95 予約の方が少しだけ安いかな。

03_1934bcmt.jpg
[チケットビューロー]

だがチケットの購入の待ち時間は予約の有無はあまり差が無い。むしろゴンドラの待ち時間が長い。オフシーズンですら30分待ちになる。

04_1901bcmt.jpg


ゴンドラは15分ほどでウィスラー山のテラスに到着。ここから見えるウィスラー山には、Glacier BowlとWhistler Bowlの2つの氷河が見える。氷河まで行くリフトは9月9日まで。

05_1905bcmt.jpg


次にブラッコム山に行くゴンドラに乗る。このゴンドラは山と山をつなぐので「Peak2Peak」という。ゴンドラはウィスラービレッジからのる時だけ切符を見せるが、途中は全くフリーになる。所要時間15分
要するに自力でウィスラー山に登ってくれば、それから先はタダでゴンドラに乗れることになる。


06_1913bcmt.jpg


07_1927bcmt.jpg


山頂と山頂を結ぶと言ってもロープはピンと張っているわけではなくて、U字型にたわんでいる。そこでまずはかなり下ってから再度昇ることになる。

この日は小雨模様だったので、雲が低くなっている。そこでまずは雲海の中へと下っていく。

08_1909bcmt.jpg


雲海を突き抜けると、そこにはウィスラー谷が見えてくる。

09_1912bcmt.jpg


再びロープを昇って、雲海を突き抜けると、Wedge Mountain2891mの彼方は雪景色です。

10_1906bcmt.jpg


まるでラピュタの世界だな。

ウィスラーは標高が高いので、山々は雲を突き抜けてしまう。そこで「天気が悪いから今日はハズレ」とか諦めないほうがいい。天気が悪く下界から山頂が見えてなくても、ゴンドラで登ればそこは別の世界が待っている。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

ヴィレッジのお土産はヘリーハンセン




ウィスラーのヴィレッジは、ショップが所狭しと並んでいます。閉店が早いので18時頃までには購入をしたほうがいいでしょう。それ以降ではお店が半分くらいになります。

01_1843oghan.jpg


02_1844oghan.jpg


03_1845oghan.jpg


04_1839oghan.jpg


05_1841oghan.jpg


****************************************************

ここで気に入ったのが、「ヘリーハンセン」のウォータープルーフのジャケット。

暴風と防寒と兼ねていますので、ポンチョに比べて生地がしっかりしている。
グランドコートのようなペラペラ生地ではない。
これならヨットパーカーになりそう。$116.5(10600円)

06_1848oghan.jpg


07_1849oghan.jpg



もうひとつお気に入りは「The North Face」の防寒ジャケットRESOLVE JKT BLUE L。$123.2(11,170円)

日本のノースフェイスで買うと税込みで14,690円なので、25%OFFという事になります。もっともこれは空港での両替レートなので$1=\91のレートでの計算なので、デビットカードを使えばもっと安く買えた。デビットに1万円しか入れてないので高いけどキャシュ払いです。

だいたい日本と同じものが置いてありますので、ご当地感が全くないです。逆に言うとハズレは無い。安いと言っても、タイのようにガクンと安いわけではなくて、全体的に高いものがちょっとだけ安いという感じかな。

08_1892oghan.jpg


09_1846oghan.jpg



非常に寒いので、お土産というよりは、カナダに滞在中ずっと着ていたいと思います。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

ヴィレッジの「野リンゴの小路」は秋のよそおい




ウィスラーヴィレッジからシダー・グローブに向かって歩いてみます。

ウィスラーの道路は、一番大きな道路は国道99号線ですが、「Sea to Sky Hwy」と愛称が付いています。「空に続く道 By 西村由紀江」ということですね。





それより小さいが信号機のある道路をウェイ。信号無いけど車が通る道がドライブ。舗装してある散歩道がストロール、森の中がグローブ、舗装してなかったり木道だったりするトレイル。と細かく名前が分けてあります。

ということで、トレイルとストロールを歩くと気持ちの良い散歩コースになります。

まず中心部のヴィレッジ・ストロールから。
ここは商店街になっていて、コーヒーショップなども並んでいるヴィレッジの中心です。石畳の道が続きます。

01_1891wdrv.jpg


商店の軒先には、色々な季節のハンギングフラワーがあります。

02_1899wdrv.jpg


********************************************************
ゲイトウェイ・ループに下るとすっかり紅葉です。

9月なのに、とっても寒い。体感温度は1月くらいでしょうか。湿度は低いので底冷えがするという事はありませんが、ひたすらキリキリとした冷たさ。冷凍庫に入った時の感覚に似ています。

03_1884wdrv.jpg


「Cedar Groveシダー・グローブ」まで下ってきました。シダー・グローブ、「杉木立の道」という意味でしょうか。このあたりの小径にはそれぞれ「野リンゴの小路(Crabapple Drive)」とか、「ハヤブサの街路(Falcon Crescent)」とか素敵なネーミングに溢れています。

さすがに赤毛のアンの国です。

「野リンゴの小路」の行き止まりには、教会があります。教会の名前は「our Lady of the Mountain」山の乙女の教会ということでしょうか。
04_1875wdrv.jpg

05_1853wdrv.jpg


06_1852wdrv.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

ウィスラー編。①ウィスラー・ビジターセンター





バンクーバーからウィスラーにシャトルで向かい「ゲートウェイドライブ」で下車します。全員降りるのかと思っていたら、誰も降りてこなかったから、終着駅だという事でもないようです。

どこで下車したらいいのかよく分からないときは、ビジターセンターの三角の建物が目印です。


ウィスラーでは、何事をするにもビジターセンターが一番便利です。ホテルの予約、ゴンドラの予約、バスの予約、カヌーの予約、レンタカーの予約となんでもこなしてくれます。

というわけでウィスラーに到着したら、まず寄るべきポイントです。

朝の8時から夜の20時まで(木金土は22時まで)開いているけど、オフィスは6時頃には閉まります。パンフとかは置いてあるので、アクティビティなど検討するのに参考になります。

01_1533-dsc03488.jpg
[ビジターセンター]



ついでに言うと、ビジターセンターの前がバンクーバーへ帰るバス停です。ウィスラー・シャトルとパンパシフィック・コーチの乗車位置はブラッコムロッジの前、グレイハウンドの乗車位置はビジターセンターの前なので少し離れています。

02_1900.jpg
[ブラッコムロッジ]

03_1935.jpg

[グレイハウンドのバス停]

***************************************************

そして、センターの裏はトレッキング用の服を扱うアウトドアスポーツ用品店。ノース・フェイスやヘリー・ハンセンなどの店が並んでいます。

まずはアイスクリームから。「merchis'sメンチーズフローズンヨーグルト」新宿にも出店を始めた香港系のアイスクリームショップ

04_1897.jpg



次にBCのチョコといえばロジャーズ「Rogers' chocolates」
ヴィクトリアに1号店があるようですが、ガスタウンにもあります。

ショコラばっかりは原材料が新鮮だからとかといってガーナに行ってもしょうがない。
ベルギーのチョコが入っていれば美味しいというものではない。
パリのJacques Geninなどがショコラとしては美味しいと思う。
基本はパレットの使い方の上手なシェフによるテンパリングだと思う。

※BC=ブリティシュ・コロンビア

05_1896.jpg



そして「Amos & Andes」
ここは閉まっていたけど、カウチンセーターのお店です。BCといえばカウチンセーターが有名なので、ガスタウンでも1万~2万円くらいで売っていますが、本物はだいたい4万円くらいです。

06_1898.jpg


本物は脱脂していない羊毛を使っているので雨が降っても濡れない仕様ですが、重い。くさい。洗えない。なので最近では着ることは無いでしょうね。

07_1890.jpg


すっかり夜が更けてきました。ここは自家醸造ビールのお店「BREW HOUSE」

08_1835.jpg


タウンプラザ。
この奥に見えるのが、BGアーバンカフェ(ブレッド・ガーデン・アーバンカフェ)
BGアーバンカフェというのは、バーナビ、コキットラム、空港にも支店のあるコーヒーショップ。

09_1834.jpg







JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

カナダへ行こう。⑥YVR空港からウィスラーへ




バンクーバー国際空港からウィスラーに向かいます。

空港から直接行くPacificcoachバスは$74(5,800円)です。結構高いですね。


出発時間は以下の通りですが、予約できるのは原則として飛行機の到着時間の1時間以上後のバスになります。( )は季節によって休止します。

到着ロビーの3階へ上がるエスカレーターの前にチケットカウンターがあります。今回は13時50分に到着したので使わなかったけど、もしフライトの時間が早まってバスの出発時間に間に合うような場合は相談するといいかもしれません。

01_1818skomi.jpg


【往路】
YVR
9:00 13:00 (15:00) (16:30) (17:00) 20:00
ウィスラービレッジ
11:30 15:30 (17:30) (19:00) (19:30) 22:30

【復路】
ウィスラービレッジ
5:00 9:00 12:30 (15:30) (16:00) (19:00)
YVR
7:30 11:30 15:00 (18:00) (18:30) (21:30)

バスは到着ロビーから外に出てすぐの場所に待機しています。今日は11番ゲートでした。10~13番のゲートがウィスラー行きなのでそのどこかにいます。

02_1820skomi.jpg


****************************************************
空港からウィスラーに行くには、もう一つ「Whistler Shattle」を使う方法があります。$65

これも空港からウィスラーにシャトルしてくれるコーチです。今日はフォードでしたがベンツの時もあります。ちょっとPacificcoachより時間がかかりますが、ダウンタウンで何カ所も降ろしてくれることと席が空いていることが魅力です。

03_1822skomi.jpg


04_1821skomi.jpg


予約はウィスラー・ビジターセンターに直接します。ビジターセンターは観光案内だけでなく、バス・タクシー・レンタカーの手配もすべてやってくれるので非常にありがたい存在です。

ビジターセンターに予約を入れると半日後には、Booking confirmeが届きました。

メールでは国際線出口に「ビーチの大壁画」があって、その下に受付がある。シャトルは11番のベイから出る。という事が書いてあります。

「ビーチの大壁画」というのが謎でどこかわからなかったけど、税関を出てすぐにトランジットのゲートがあったので、そこのことでしたね。ただここは一通なので到着ゲートに出てしまうと戻れません。しかたないから係りの人を電話で呼び出してもらいました。

****************************************************
05_YVR_skomi01.jpg


シャトルは空港を出ると、ダウンタウンを抜けてウェストバンクーバーからハウサウンド・フィヨルドに入ります。
まるで湖のようだけど、入り組んだ入江です。

ここが氷河地形という証しは対岸の山が切り立っていること。(U字谷)と、道の脇に点在する巨石(erratic block)です。つまり河川でしだいに小さくなりながら堆積する岩石とは異なり、突然落とし物のように巨石が山の中や草原に置いてあることがあります。氷河が巨石を運んだまま溶けてしまったので、巨石は浸食されることなく置き去りにされることになります。
06_1940skomi.jpg


入江の終端がスコーミッシュの町。スコーミッシュを過ぎるとひたすら原生林の中を進みます。
原生林の切れ目から左手に、氷河をいだいたタンタルス山が見えてきます。

3時間を過ぎたころには、急に開けてあたりはロッジや別荘が並んできます。すぐ近くには氷河の横たわるウィスラー山が見えてきました。

07_1882skomi.jpg


08_1827skomi.jpg


09_1883skomi.jpg


終点はウィスラービレッジ。ビジターセンターの正面にある少し広いパーキングです。

10_1886skomi.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

カナダへ行こう。⑤Designer Outlet編




空港編の続きです。


バンクーバーのもうひとつの特徴は、ショッピングモールの多いこと。

メトロタウンやリッチモンドにも巨大モールがありますが、空港のそば、テンプルトンにもアウトレットモールの「McArthurGlen Designer Outlet」があります。空港からテンプルトンへは12分くらいで到着するので、時間が余ったら覗いてみるといいでしょう。ゆっくり見て1時間くらい余裕があれば行ってこれます。

空港からアウトレットモールに行くには、スカイトレインでテンプルトンまで行きます。

スカイトレインのYVR乗車駅は少し離れていますが、途中色々なトーテムポールが目印です。

01_1815doutlet.jpg


02_2117doutlet.jpg


03_1816doutlet.jpg


テンプルトンの駅からは足跡マークに沿って歩いていきます。
はい。そこのワンコもワンコの足跡に沿って歩いて下さいね。

04_2108doutlet.jpg


中央広場はなんとなくTDL風です。

05_2107doutlet.jpg


ここは右が「スケッチャーズ」で左が「ナイキ」です。手前が「アンダー・アーマー」先に行くと「Columbia」だったかな。
この店ぞろいで分かるように、アウトドアスポーツ・登山用品などの店がメインです。
でも「ヘリー・ハンセン」とか「ザ・ノース・フェイス」とかは現時点では出店していません。

06_2105doutlet.jpg


07_2106doutlet.jpg


カナダは寒いからね。「H&M」や「オールドネービー」のようにペラペラな服では、いくら安くっても寒さをしのげないので撤退してしまいます。ユニクロはまだ進出してないけど、ヒートテックを押せばカナダでもやっていけるかも。

実際に日本でヒートテックのアンダーを買っていったけど、結構重宝した。いくらなんでもカウチンセーターを着ては歩けない(笑)

最近のカナダでも薄着で(実は)暖かいというのがポイントですな。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

カナダへ行こう。④コンパスカードを購入




コンパスカードの買い方をメモしておきます。
コンパスカードというのは、SUICAのような電子乗車券のこと。これ一つでバンクーバーのトランスリンク所属のスカイトレイン、バス、フェリーにすべて使えます。

01_1951cpscard.jpg


SUICAと違うのは、最初の乗車から90分以内であれば、途中下車しても次の電車は無料になること。従ってバスの乗り継ぎや電車からバスに乗り換える場合も、時間内であれば追加料金はかかりません。

また土日はすべてのゾーン内で1ゾーン料金になりますので、使い方によれば一日乗車券よりは安く乗れます。

2016年の9月の1ゾーン料金は$2.1ですが、料金は変更されることもあります。

********************************************************
さて、一般的なAdultのコンパスカードは、駅にある自動券売機で購入できます。
65歳以上であればConcessionカードを買う事ができますが、ダウンタウンのロンドンドラッグまで行かないと購入できません。

02_1950cpscard.jpg


この券売機のスクリーンにタッチして、購入の手続きを開始します。日本語メニューもありますが、簡単な英語なのでまごつく事はありません。

まず、"New Compass Card"にタッチして、"Add Stored Value"をクリック、希望金額(例えば$20)をクリックします。支払い請求で$26(デポジット$6)と表示されるので現金かデビットカードを使って支払いすれば完了です。

03_1949cpscard.jpg

購入したカードをSUICAと同じように読み取りセンサーにタッチすれば改札のゲートが開きます。
下車するときも同様にセンサーにタッチすれば、残量表示とともにゲートが開きます。

04_1817cpscard.jpg


まだ現時点ではフェリカなどのおサイフケータイは使えないようです。そのうちiPhoneをかざせば、ドル両替してなくてもフェリカで世界中ピピッと決済できるようになるかもしれません。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

カナダへ行こう。③カナダドルに両替




ちょっと今日の話題は宣伝臭いけど。ステマじゃないから。参考にだけしてください。


空港での両替レートは0.112だけど手数料$5.95かかるので、2万円で$220になる。
$1=91円である。

ジャパンネット銀行のカード決済では
$1=76.23円-αだった。-αというのは利用額500円につき1円のキャシュバックがあるからで、実際の両替レートは若干良くなります。

市内で最もレートの良いVBCEで
$1=77.59円

BLUESHORE銀行ではレートが0.0123なので
$1=83.33円になる。市中銀行と比べてもジャパンネット銀行の両替レートはかなり良い方になります。


01_1895bank.jpg



そこで一番良いのはチップ銭と少額のドル以外はカード決済にした方がいいことになる。ドラッグストアでも出来るだけカード決済にしないと、小銭がどんどん増えてしまう。

****************************************************

バンクーバーの特徴は、(北米全体がそうだけど)あまりキャッシュを使わない。使えるけど、お釣りが出なかったりする。

クレカ払いをしようとしたけど、ニコスのゴールドカードでさえも拒否されてしまった。これは信用度の問題ではなくて、カナダの銀行がアクセスできるかどうかの問題なので、カードは何種類か持って行った方がいいです。



そこでデビットカードの登場です。VISAデビットカードはカナダに銀行を開設しないと使えないと思っていたが、最近は世界共通になったらしい。

以前の日本のデビットはJ-Devitと言って、日本の銀行のキャッシュカードに付いていたけど、日本でしか使えなかった。というより日本国内ならATMに行くほうが早いので用途が無かった。


ジャパンネット銀行のカードにはキャシュカード機能とVISAデビット機能が付いているので、ここにお金をプールしておけば年会費無料でVISAデビットカードが使える。
住友とか三菱とかでもあるけど、年会費がかかったり、口座維持のための年間最低取引額があるようだ。
楽天ではJCBデビットが無料だけど、JCBがカナダで使えるかどうか不明。



そこで今回はジャパンネット銀行のはやぶさ支店にお金を1万円ほど送っておきます。
結果的にはこのジャパンネット銀行しか使えなかったので、もっと入金しておくんだった。

06_Japannet_001.jpg
[ジャパンネット銀行のカード]


ジャパンネットというと、なんだかTVショッピングみたいだけど、あれはジャパネット。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR