FC2ブログ

美術展「前奏曲」




「前奏曲」というテーマの個展がチュラ大美術館で開催されています。

01_161154preludeart.jpg


ここがチュラ大美術館「Chamchuri Art Gallery」です。

02_160754preludeart.jpg


チュラ大美術館は、芸術学部の音楽ホールの脇にもありますので、要注意。「Chamchuri Art Gallery」はMBKから下った場所にあります。




********************************************************
これは「西遊記」を主題にした作品。
水墨画のようですが、アクリル絵の具の作品です。

03_160257preludeart.jpg


これは「三国志」ですね。
桃園の誓いの場ですが、張飛と関羽は日本のイメージと同じですが、劉備が山賊の親玉みたい。日本以外では三人の義士というより三人の山賊という扱いなのでしょうか。名士扱いが多い曹操に対し。

04_161310preludeart.jpg


同じプレリュード(物語のはじまり)でもコウモリとPM2.5が相手の戦いというのは、時節柄というか社会風刺というか。

05_161355preludeart.jpg


コウモリが死の使いという作品は多数みられます。
これは獅子との戦いの図

06_161924preludeart.jpg


テーマとしてはおどろおどろしいものが多いのですが、展覧会場では作品に合わせて古楽器を演奏していました。

タイのキムに似ていますが、キムは弦をバチで打つ楽器ですが、これは日本の箏のように爪で弦を弾いて音を出します。

07_161239preludeart.jpg


美術館を出ると、舌をしまい忘れたワンコが寛いでいます。アートだねぇ。

08_162451preludeart.jpg


こちらの子は、すっかりお昼寝タイムです。
いやいや、これこそプレリュード。これから始まる物語の前のひと時なのでしょうか。

09_162441preludeart.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコク現代美術館




「バンコク現代美術館 MOCA」という施設がありますが、実際なかなか行き方が難しい。

1.BTSモーチットで下車して、29番のバスでカセサート大学の西門の向かい側で降りて、線路を渡る歩道橋を超える方法。

2.BTSカセサートで下車して、学内循環バスの1番に乗って終点の西門前まで行って歩道橋で道路と線路を渡る方法などがあります。

3.タクシーを拾う方法。しかし美術館前の道路とウィパワディーランシット通りは線路によって遮られているので、よく道を知らないと入れないことになる。

今回は2番の方法で行ってみました。

01_131902MocaBkk.jpg




********************************************************
入館料は、60歳以上は無料です。(パスポートが必要)

02_132209MocaBkk.jpg


03_132035MocaBkk.jpg


チケットはエスカレーターの前に立っている人に渡して入ります。
館内は6階までありますが、5階までが美術館になっています。一つ一つのフロアがすごく広いので、けっこう見ごたえがあります。



「虎と女」
どうもこの絵が有名な絵らしい。1階のおみやげショップでもこの絵のレプリカを売っていた。

04_134610MocaBkk.jpg


「ナーシング」

05_133647MocaBkk.jpg


「Black Magic defy goddess」

06_133523MocaBkk.jpg


こういった宗教画をモチーフにした作品ばかりではなく、現代の生活を描いたものもあります。


「Mirror No.5」

07_133342MocaBkk.jpg


「Untitled」

08_140013MocaBkk.jpg


09_135154MocaBkk.jpg


「Untitled」

10_140043MocaBkk.jpg


「Dream in Awake 」

11_140322MocaBkk.jpg


館内のベンチ。はたして腰かけていいのやら・・・

12_140846MocaBkk.jpg


「One Hundred Elephants」
象が100体あるというのだが、数えてみましょう。

13_141803MocaBkk.jpg


郊外なので行きにくいということはありますが、なかなかに見ごたえのある美術館なので、是非とも行ってみることをお勧めします。

開館時間 10~18
休館日 月曜日

JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

佐世保旧鎮守府




佐世保といえば鎮守府が置かれていた場所です。現在は海上自衛隊佐世保地方総監部になっています。海自に行ってもかつての門柱くらいしか見れないと思いますので、海自の坂の下にある「海上自衛隊 佐世保史料館」に行ってみましょう。

01_113239sasebochinjuhu.jpg


02_125056sasebochinjuhu.jpg


「海上自衛隊 佐世保史料館」というのは、佐世保鎮守府の歴代司令長官の写真や歴史的資料、海自の制服などが資料として展示してあります。

03_125045sasebochinjuhu.jpg


残念ながら中の写真撮影は一切禁止なので、紹介できませんが、72式魚雷の構造模型や護衛艦のコックピットなどが展示してあります。


中では退役された元自衛官の方が、細かく展示内容についての解説をされていました。

中でも興味津々だったのは、戦艦武蔵と大和の違い。詳細な違いはマニアの方がよく知っているのですが、軍人さんなら一瞬で見分けることのできる大きな違いがあって観艦式などでルートを間違えないようになっていたようです。

それはカタパルトの違いだそうです。

04_125214sasebochinjuhu.jpg


********************************************************
さて、駐車場に戻って外を見ると、自衛隊病院のそばに昔の建物が見えます。

そばに行ってみましょう。

05_125116sasebochinjuhu.jpg


オペラハウスのような建物は「旧海軍佐世保鎮守府凱旋記念館」です。
これは大正時代の海軍の建物ですが、日本遺産として登録されています。

06_130045sasebochinjuhu.jpg


凱旋記念館というから、何の凱旋記念かというと、第一次世界大戦の地中海海戦での佐世保の艦隊の活躍を記念したものだそうです。

07_130109sasebochinjuhu.jpg


このホールは市民ホールとして音楽の練習に使うことはあるようですが、普段は閉まっているようです。ちょっともったいないかな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

香蘭社とか、呉豆腐とか





「有田ポーセリンパーク」を後にして、有田の町まで降りてきました。

ここで呉豆腐を買いに「たかはし豆腐店」に立ち寄ります。

たかはし豆腐店は、クルマで見過ごしそうになるくらい小さな店でした。

店に入ってみて呉豆腐を探すがよくわからない。お店の人もいなかったので、諦めてクルマに戻ると、向こうの方からお店の方から声をかけられた。

でも、その人は声をかけただけで、売り子のオバサンは別のとこから出てきたので、どういう関係なんだろう?(あとで別の場所に「たかはし豆腐店」の看板が見えたから支店の関係かもしれない)


「ごどうふ3丁くださいな。ついでにゴマだれも」ごどうふ140円×3、ゴマだれ160円。買い終わったら、「コレ持って来なさいな」と180円のもめん豆腐をサービスで付けてくれた。なんだか商売気なくて、だいじょうぶ?


呉豆腐というのは、豆乳をジャガイモデンプンでつないだ豆腐なので、料理としてゴマだれで食べても良し、スィーツとして黒みつとキナ粉で信玄餅のように食べても良いとのことです。

01_083049aritakohran.jpg


あとでこのタダで貰ったもめん豆腐を食べたら、ビックリするくらい美味しかった。豆腐らしい豆腐といいますか、ちゃんと豆乳を固めた豆腐といいますか。イマドキ無いくらい、ちゃんとした豆腐でしたよ。


********************************************************
有田を出るとそろそろ16時なので、閉店間際だけど上有田の「香蘭社本店」に立ち寄っていきましょう。

この大正ノスタルジーあふれる建物が「香蘭社本店」です。

02_170026aritakohran.jpg


駐車場はどこかとみたら、香蘭社の創業者、深川榮左衛門さんの御屋敷の中庭でした。もう戸籍上は深川榮左衛門さんはいないでしょうが、ウチの田舎でも代々長男は、家長の名を引き継ぐものなので、現在の深川家は十三代目深川榮左衛門くらいになるかもしれないです。

03_170104aritakohran.jpg


それでは香蘭社の陶磁を見ていきましょう。

「染錦薔薇八角花瓶」660万円
丸花瓶に見えますが、よく見ると八角形の花瓶です。
鍋島焼の染付です。香蘭社の特徴としては地のラピスラズリ調の瑠璃色でしょうか。

04_170212aritakohran.jpg


「色絵桜花紅葉文大壺」非売品
金色の桜花に縁どられるように紅色のモミジと緑のモミジが対比しています。
考えると季節感がごちゃごちゃみたいですが、黄金・瑠璃・紅が鮮やかに豪華絢爛綾錦となった華麗な花瓶です。

05_170315aritakohran.jpg


「色絵金彩竹林文大皿」非売品
これも初期の香蘭社の大皿です。ほとんど金一色の竹林の中にラピスラズリの竹が少しだけ混じっています。この頃からもう香蘭社の独自の色が表現されているようです。

06_170326aritakohran.jpg


「色絵遊泳黒鯉文大皿」非売品
今度はかなり写実性の高い作品です。鯉の泳ぐ沼の水面の光沢と水藻が瑠璃色で表現されていますが、それだけでは地味になるので、金色の岸辺が少しだけ添えられています。
これは完全に絵皿ですので、料理には合わないんじゃないかな~と思いますね。

07_170333aritakohran.jpg





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

有田まで行ってきます




ちょっと佐賀県の有田まで出かけてきます。

残念ながら今年の秋の陶器市は11/24(日)に終了です。有田という町は陶器市で成り立っているような所だから、陶器市が終わるとどこもかしこも店じまい。食堂まで休むことが多いようです。

なんとなく気になるお店もあるのですが、25日から1週間くらい休みとか。どんだけ陶器市に全力投球したのやら。


行きはピーチ航空で成田/福岡。。帰りはジェットスターで福岡/成田。


電車を使って福岡空港から有田に行こうとすると、南側の佐賀市や武雄市を経由して行くことになります。唐津から伊万里を経由する北周りは地図では載っているけど連絡が悪いのか、路線案内では出てこない。

道路も福岡ー鳥栖ー佐賀ー有田ー佐世保のルートと、福岡ー唐津ー伊万里のルートに分断されているので、伊万里と有田の間は近そうで近くないようです。結局は福岡からクルマで行かないとしょうがない。



横浜の自宅を6時に出て、YCATに着いたのが6時30分ころ。成田に到着したのが8時。ピーチ航空は9時出発のはずだったけど、濃霧のため離陸できずに待機をすることに。それでも12時近くになってやっと離陸。ジェットスターなど他の航空機は飛び立てないからと諦めてキャンセル便になってしまってます。

01_090955aritaposerin.jpg


まあLCCだからキャンセル便になったということではなく、どの便でも同じです。ただLCCだとキャンセルの場合は5,000円くらいしか戻らない(もともとそのフライト代金が5,000円だから)。ここで急に5,000円貰っても、どうしようもないね。
成田に宿泊して翌日の便で行くにしても、宿代とかホテルまでの交通費とかは一切出ないのだから。

LCCの場合はとにかく飛んでくれるのを待つだけです。

02_091006aritaposerin.jpg


他のフライトが次々キャンセル便になる中でピーチ航空だけは3時間遅れでなんとか飛んでくれて、福岡到着は14時過ぎになりました。┐(´д`)┌



長崎高速道路を使って有田に着いたのは15時ころ。

さっそく「有田ポーセリンパーク」に寄ってみます。

有田ポーセリンパークのランドマークは「ツヴィンガー宮殿」です。
この宮殿を見て連想したのは、これって「Wedgwood」じゃね?。

03_161303aritaposerin.jpg


04_161353aritaposerin.jpg


中にも入れるはずなんですが、閉まってた。お休みは無いはずですが、秋の陶器市が終わったばかりなので、もういいやと店じまいでしょうか。

05_161406aritaposerin.jpg


表には香蘭社のコーナーがあります。

香蘭社は代表的な有田焼の窯元ですが、ショップは有田には少なくて、東京や鳥栖にあります。

06_161149aritaposerin.jpg


07_162707aritaposerin.jpg


香蘭社の方に聞いてみますと、香蘭社のアウトレットは鳥栖などにあるけど、型落ちではなくて最初から別物だということです。もちろん「やきもの市場」などのアウトレットには置いてありません。
********************************************************
陶器というのは実際よくわかりません。

なんとなくいびつであったり、器の色が途中で変わっていたり。
ひとつひとつは面白いとは思うのだけど、同じものが出来ないので結局はバラバラのお皿でお出しすることになります。

08_075946aritaposerin.jpg


その点、磁器というのは正確無比。キリッとしており、テーブルの隅々まで同じデザインで統一された磁器で揃えることも出来るでしょう。

大皿・中皿・小皿にカップまで統一することも出来ます。

09_162106aritaposerin.jpg
[小皿14cm 5枚で7,150円]

10_170242aritaposerin.jpg
[中皿19cm 2枚で4,400円]


まあだから磁器の方が優れているとは言いませんが・・・

食卓で日常的に使うには磁器の方が便利かな。

磁器は冷たい感じがすると言って避ける人もいますけど。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR