トンローのBrainwakeの和定食



トンロー界隈に行くと日本人が多い。

以前はプロンポンが日本人村だと言われていたのだが、最近ではフジスーパーのまわりには日本食屋さんもめっきり少なくなった気がする。

昔はソイ33界隈には、タニヤまで行かなくても日本人御用達のキャバレーが沢山あったような気がする。最近はどうなんだろうか。



それに比べるとトンローは日本食屋さんが多い。

それもプロンポンにあったような居酒屋的な日本食屋ではなくて、ファミレスというか、家族連れで賑わうようなお店が多い気がする。

かといってトンローが日本人村かというと、そうでもない。タイ料理店もフランス料理店も混然一体となっている。トンローの端から端まで行くと、世界中の料理が味わえるという趣向である。


今日はトンローのソイ19まで赤バスに揺られて出かけてみる。目指すのは「Brainwake organics」というお店。

ちょうどトンロー警察の向かいだから、警察が見えたらベルを鳴らして下ろしてもらう。

01_5320brinwak.jpg


大通りには面してなくて、DM HOMEの駐車場の敷地内になる。こんな看板が出ていた。

02_1224brinwak.jpg


********************************************************
「ブレインウェイク・オーガニクス」と書いてあるが、フードホールとベーカリーラボとも書いてある。パン研究所かな。

03_3237brinwak.jpg


ランチメニューはパッタイ125THB、豚角煮丼145THB、ハンバーガー145THB、カレー豚カツライス125THB、ビーフカレーライス135THBとある。

カレー豚カツライスって、カツカレーのことかな?

04_1432brinwak.jpg


お店は、ここまで重厚にしなくてもいいんじゃないかとツッコミを入れたくなるくらい玄関が重厚なドアになっている。

入ってすぐはパン屋さんなので、いろいろ美味しそうなパンが並んでいた。

今日はご飯が食べたいので奥に進む。奥はしゃれた感じのレストランになっている。

05_0507brinwak.jpg


ハンバーグランチセットを頼んでみる。豚汁が付いているのでドリンクが不要になる。

ご飯はタイで作られたコシヒカリのようだ。ほっこりしていてなかなか美味しい。

ハンバーグは、とても和風。味噌味だとか塩味だとかいうのではなく、ケチャップのかかったハンバーグなのだが、日本のハンバーグなのである。
付け合わせに焼き茄子というのがうれしい。

豚汁もまあまあだったが、ゴボウを洗ってそのまま煮たような感じだったので、もうちょっとアクを抜いたほうが良かったかな。

06_1925brinwak.jpg


ハンバーグ定食136THB、税サービスを入れると160THBだった。

屋台料理を除くと、160THBというのはタイ料理なみの値段だと思う。今どきの日本食屋さんは200THB超えが普通なのに。

表の看板には145THBとあったのだが、あれは違うものなのかな。
ちょっと疑問が残ってしまった。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの料理紹介37~ゲーン・パネーン



「ゲーン・パネーンแกงพะแนง」というのはペナン島由来のゲーンだと言われている。
パネーンに入れるココナツの分量で甘い店もあるし、すごく辛い店もある。

市場で買ったのは汁気が少なめで、やや辛い。カリーに限りなく近い感触なので、日本的に「ペナン風カレー」と称してもすんなりする。

他のゲーンというのは、カレーというより香辛料入りスープなので、インドカレー(コルマ)とは大きく違うのだが、このゲーン・パネーンだけはインドカレーによく似ている。

01_1939uskgenpane.jpg


これにホーム・マリ(ジャスミンライス)を添えて食べると・・・

「さわやかな大人の辛さ。」ハ〇スのジャワカレーというタッチになる。20THB




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

料理紹介36~ガイオップ「鶏もも肉のコンフィ・タマリンドソース添え」




これは今一番のお気に入り料理。「ガイオップ ไก่อบ」60THB(200円)

ガイオップというのは、「鸡汤」のような、鶏のスープ料理だと思っていたのだが、ウドムスック市場のガイオップは、一見カレーのようです。

01_1905guioppu.jpg


それで食べてみるとカレー味は全くありません。少し皮がカリッとしてほんのり甘みのある柔らかいお肉です。
似た料理を示すと、フランス料理の「鶏肉のコンフィ」になるでしょうか。

カレーのように見えるのはウコン(ターメリック)ขมิ้นです。「鶏もも肉のコンフィ・タマリンドソース添え」ということになります。


レシピ
鶏肉 300g
ウコン
タマリンド
ナンプラー   大さじ2
醤油      大さじ1
砂糖      小さじ1
小麦粉     小さじ1
タピオカ    小さじ1
ホムデン    数片
カー      少々
塩       少々
胡椒      少々
パクチー    適量
パクチーシード 適量

********************************************************
鶏肉を油で揚げて、十分に油を切ります。
水にナンプラー、カー、ホムデン(エシャロット)、ウコン、タマリンドソースを入れ沸騰させ、砂糖と小麦粉を加えます。
鶏肉を入れて醤油、塩、を加えて煮込みます。
仕上げに醤油を加えて味を整えます。
タピオカを仕上げに加えます。
パクチーは好みに合わせて。

このままで作るとシチューのようになってしまうので、鶏肉を入れる時間がコツかもしれません。
ほろほろとなるまで煮込みます。かといってスープに溶け込んでしまってはダメ。あくまでメインは鶏肉の方なので。

大きな鶏肉と少しだけのスープが付きますが、このスープもご飯にかけると絶品です。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

マスタードの種でペンネのソースを作る




チットロムのセントラルデパートで買ってきたマスタードの種をお土産に持って帰りました。

ふつうはワインビネガーと合わせて粒マスタードを作ります。

でもそれだと、ソーセージとかポトフとかに使用用途が絞られてきます。

今回はイタリアンシーズニングと合わせて、ペンネのソースにしてみました。もちろんスパゲッティでも大丈夫です。



まず買ってきた材料は、ペンネ50THB/500g、乾燥ピッキーヌ、マスタードシード30THBです。

タイだからタイ料理の材料しかないというわけではありません。タイ料理の素材であっても工夫次第ではイタリア料理にもスペイン料理にもなります。

01_1684mastpenne.jpg

********************************************************
鍋に塩をひとつかみいれて、ペンネを茹で始めます。

ソースの方はオリーブオイルでガーリック、乾燥ピッキーヌ、ベーコンをこんがりするまで炒めます。そこにスライスしたタマネギを加えます。
マスタードシードを加え、トマトソースを加えて煮込んでいきます。
バジル、イタリアンシーズニングも加えて調子を整えます。

ソースが出来上がったころに、ペンネも茹で上がるようにします。

最後にあえてできあがり。

02_1250mastpenne.jpg


マスタードはからしではありませんので、こんなに入れても辛さとは関係ありません。辛さはピッキーヌで調整しましょう。

マスタードのプチプチ感がなんともいえない食感です。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

すき焼きとスッキーは違うものだけど、すき焼きの方が数倍美味しいと思う



本日の献立は、「すき焼き」
タイにもスッキーなるものがあるけど、全く似ても似つかないものだね。日本人だから・・・ではなくて、美味しさは格段に違う。

こればっかりは贔屓目ではなくて、そう思う。

まずは牛肉を買いに行きますね。牛肉たって、ステーキにするわけじゃあないからアンガス牛とかアルバータ牛とかじゃあしょうがない。

ここはひとまず人形町まで買いに出かけよう。

人形町の駅前には、「日山」と「今半」がある。焼肉にするなら日山。すき焼きにするなら「今半」と決めてある。

01_0070sukkijpn.jpg

今半の肉は高いのだが、あれはしゃぶしゃぶ用なので、すき焼きにするなら切り落としでも充分である。

そこで、白滝、根深ねぎ、椎茸、仙台麩、焼き豆腐も用意する。春菊とかは要らない。

ここで関東では割り下を用意する。醤油とだしに砂糖・酒・味醂を加え、ひと煮立ちさせて冷ましたものである。

割り下は出来合いのものでも充分であるが、今半の割り下とスーパーの割り下では全く味が違ってくる。割り下には安物は使わないほうが良い。

02_1447sukkijpn.jpg


関西では直接砂糖と酒を鉄鍋に入れて焼き目を加えていくのだが、関東ではあくまで牛鍋として、割り下でネギや豆腐を煮込んでいく。

最初は牛脂を入れて野菜や豆腐を加えていくが、肉を入れすぎると固くなるので、そっと入れて、赤みがほどよく残る程度で引き上げ、溶き卵に搦めて食べる。

白滝はあくを吸い取るとともに、肉の旨味も吸い取ってくれるのでじっくり煮えるのを待ってひきあげる。

最近はいい焼き豆腐というものがなかなか手に入らない。どれもこれも大豆の汁を固めただけの充填豆腐とさほど違わない。250円の豆腐も50円の豆腐もたいした違いが見当たらない。
これは諦めるしかないのかもしれない。


03_1572sukkijpn.jpg

********************************************************
というような話をタイ人にしたところ、実は知ってると言われてしまった。

タイ人は「すき焼き」といえば、MKやコカのことを差しているんだろうというのは、大きな勘違い。ちゃんとすき焼きは日本に行かないと食べられないということも周知のことであった。

タイスキは火鍋(フーコー)の一種だろうと思っていたのだが、火鍋は火鍋でまたちょっと違う。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 美味しかった♪   ジャンル : グルメ

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR