体にいいというペリラをどうやって使おうか



王室プロジェクトで体にいいというペリラを買ってみた。50バーツ/250g

01_0913perpan.jpg



ペリラというのは日本では「荏胡麻」とか「あぶら荏」とか呼ばれている紫蘇の実です。

「荏胡麻油」といえば、斉藤道三がこの荏胡麻油を売って財を成したといわれているが、戦国時代には胡麻油と荏胡麻油しかなくて、胡麻油は貴族の物だったので、庶民や寺社では油というのは荏胡麻油だったようだ。


さてこの荏胡麻だがどうやって食べてみようか。

さしあたり鍋で少し焙ってみるが、それほど香ばしくなるものでもない。
食感がプチプチするので、お茶漬けに入れると良さそうだが、毎度お茶漬けというわけにもいかない。


********************************************************

そこでパンに入れてみます。

ついでにクランベリー(つるこけもも)もあったので、それも入れてみます。

「荏胡麻とクランベリーのパン」です。

02_0912perpan.jpg



できあがりは、クランベリーの酸っぱさと荏胡麻のプチプチ感がミックスされてイイ感じ。

パン・オ・レザンになるかと思ったら、スコッチケーキっぽいパンが出来上がった。

03_1317perpan.jpg



********************************************************
イイ匂いがするから飛んできたけど、クランベリーは犬には毒かもしれないから、あげられないよ。

04_1320perpan.jpg





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイ料理紹介22~パーパックルアン




タイの野菜のうま煮「パーパックルアンผัดผักรวม」20THB

これはその材料は千差万別。カンラン菜(カナー)が入ることもあるし、ブロッコリーやアスパラガスでもいける。キノコもフクロタケでもシメジでも大丈夫。なんでもありの料理なんだが、揚げ出し豆腐というのは初めて見た。


01_2002papak.jpg



********************************************************

ここでパーパックルアンに使うとちょうど良いタイの野菜の種類と相場を見てみよう。



トゥア・ファック・ヤオถั่วฝักยาว(十六ささげ)10THB
これはインゲンにソックリであるが、インゲンの倍くらい長い。
特に特徴的な味でもないのでインゲンでも代用できるんじゃないかな。

02_1347トゥア・ファック・ヤオ
[トゥア・ファック・ヤオ]


ヘッ・ファンเห็ดฟาง(フクロダケ)15THB
マッシュルームより松露に似た形のキノコ。
トムヤンクンを始めとして、ほとんどのタイ料理で登場するキノコの仲間。
パーパックルアンに使うのならシメジでも代用できるのだが、トムヤンクンやトムカーガイとなるとシメジでは無理がある。やはりこのヘッ・ファンが無いと始まらない。

03_1377ヘッ・ファン
[ヘッ・ファン]


ヘッ・チメジเห็ดชิเมจิ(シメジ)15THB
しめじってタイ人には発音できないんだね、そこでタイ語ではチメジになります。チメジって言ったら本当に通じた。
シメジは15THB(50円)なので日本とそうは変わらない。

04_1107ヘッ・チメジ
[ヘッ・チメジ]


カナー(คะน้า)10THB
これはタイ料理には欠かせないキャベツの仲間。茎はキャベツの芯にそっくりな食感。キャベツの芯を細切りにすると同様なものが作れると思う。カナーと豚バラの炒め物(カナームーコー)などに使う。

05_1347カナー
[カナー]


マクア・ヤーオ(มะเขือยาว)
写真の隅に写っているハヤトウリや大根はどこでもあるので特に説明はしないが、このマクア・ヤーオは日本の長ナスより一回り大きい茄子である。マクア=茄子、ヤーオ=長い、だから直訳でも長ナスだった。

06_1346マクアヤーオ
[マクア・ヤーオ]


ボッコリィ(บร็อกโคลี่)
写真で見てわかるようにブロッコリーである。外来語になると思うのだが、ボッコを高く、リィを上げて発音する。カタカナことばのようにリィを下げたり、英語のように巻き舌でリーと言っても通じない。通じても発音の違いを直される。

07_1348ボッコリ
[ボッコリィ]




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

フレンチの「パリ・バンコク」の雰囲気が変わったがオーナーが変わったのかな




ずいぶん久しぶりになるが、サラディーンにあるフランス料理「パリ・バンコク」に出かける。

01_124313pbkk.jpg


店構えは変わっていないのだが、なんとなく雰囲気が違っていた。
まずはメニューにイタリア料理が入っていたこと。
タパスまでメニューにあったこと。タパスといっても乾きものだけでスペイン料理とは言えないのがつらい。

それに以前はかなり安かったハウスワインが無くなっている。

02_126641pbkk.jpg

********************************************************
それで「シェフのビーフタルタル」を注文してみた。490B。

注文すると、お姉さんがテーブルサイドで調理を始めた。
このお姉さんがシェフなのか?
ちょっと聞けない。"Are you Chef? "

03_121136pbkk.jpg


途中で「お味はこれでいかが?」とテイスティングをさせてくれる。

出来上がりはこれ。「ビーフタルタル」とあったが、牛肉のタタキというか、牛肉のつくね状のものだった。

これはこれで美味しいとは思うのだが、味の方は以前のやや塩味の効いた調子から生肉に近い味付けに変わっていた。

パフォーマンス入りというのはオーナーの意向なのか?

04_121641pbkk.jpg

チェックビンすると出される料金箱は以前と同じなので、お店自体は変わっていないようだ。

オーナーの気まぐれなのか、オーナーが変わったのか。。。。ナゾである。

05_124200pbkk.jpg


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

レッドカレーうどんが流行るかも?




MRTの構内で見かけたポスターに「パッタイうどん」というのがあった。

01_105826rdcury.jpg


パッタイというのは、麺のオムレツのことだけど、これはパッタイというよりカオソイかレッドカレーうどんのようだ。
レッドカレーと饂飩のコラボというのは、珍しいわけではなくて、稲庭うどんの銀座佐藤養助商店の定番メニューである。1300円。

02-redcurrygakko.jpg
[レッドカレーうどん]


銀座佐藤養助商店には「グリーンカレーうどん」というのもあるからゲーンキヨワでもいけるらしい。
********************************************************
さて、このポスターの写真は讃岐うどんにも見えるが、こうしたモチモチ系でも大丈夫なんだろうか。

タイにはカノムジーンขนมจีนというレッドカレー素麺(正しくは米の麺だからソーメンではなくてライスヌードル)がある。

03-2234rdcury.jpg
[カノムジーン]


カノムジーンに使う麺は、ツルツルだが腰が無い。
ツルツルかモチモチかというのは、好みの問題というだけではなく辛さの問題である。
モチモチ麺にしっかりとレッドカレーが絡んでいては、激辛になってしまうので日本人では食べられない。

かといってツルツルだけで腰が無いカノムジーンでは、三時のおやつになってしまう。


そこで日本から持ち込んだ星野の「手振りうどん」で試してみる。

この手振りうどんはツルツルだが腰があるので、つけ麺に使いやすい。

04_201538rdcury.jpg
[手振りうどん]


ゲーン・ペッ(レッドカレー)とかゲーン・ルアンでも試してみたが、ちょっと辛すぎる。ゲーン・ソーンがちょうど良さそうなので、ウドムスックの「ステーキラオ」で持ち帰りをします。140THB


結果は上々。カノムジーンに似ているものの、手振りうどんはライスヌードルより腰があるので、ゲーン・ソーンの辛さもドンと持ちこたえる。それでいてツルツルしているのでノド越しもいい。饂飩をすすっても辛くてむせ返ることはない。


「ステーキラオ」のゲーン・ソーンは大ぶりのエビが4匹入っているので、かなり贅沢な饂飩になったと思う。

05_204456rdcury.jpg


これはそのうち日本でも流行るんじゃないかなって味でした。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

イタリア料理のカーサパスタ




スクンビット101/1は、ウドムスックとプナウィティーの中間地点である。

この通りをどんどん奥に入っていくと、イタリア料理の「カーサパスタ」がある。



この通りを更に直進するとシーコンスクエア方面になるのだが、どうも素直につながっているのではないらしい。途中で左に曲がってオンヌット通りのソイ・オンヌット46につながっている。
この道は、スクンビット通りからオンヌット通りへの迂回路に使うらしい。が、そのぶん朝夕は101/1への右折が渋滞している。

01_1848kspasta.jpg


********************************************************
さてこのカーサパスタだが、隠れ家的な雰囲気もあって、パッと見ただけではほとんどわからない。ふつうこの雰囲気はタイ料理屋だと思うだろうな。

02_1829kspasta.jpg


レイアウトでワインが並んでいる割にワインリストが無くてシンハとハイネケンだけというのが痛い。
シンハの小瓶で75THB、ハイネケンは85THB。

03_1922kspasta.jpg

シーフードリゾットを頼んでみた。290THB。
リゾットはリーゾ・カルナローリという中粒米を使うのだが、ちょっと米の種類が違うのかもしれない。タイ米は使っていないが、タイ産ジャポニカ米かもしれない。アルデンテではなく、おじやになっているからそう感じるのかもしれない。

04_1915kspasta.jpg


パスタやリゾットという選択肢は、タイでは難しい料理に入るのかもしれない。タイ人はどうもアルデンテで出すことが出来ない。ラーメンもそうだけど、くたくたに煮てしまう。
これは客が求めるのか、お店が悪いのか、どうも両方かも。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR