ネギトロ丼92バーツ




本牧まで出かけて、マグロのたたきを買って帰る。
299円だから約92バーツ

01_2344ngtdn.jpg



これでネギトロ丼を作ります。

レタスと胡瓜を添えて、マグロのたたきと卵黄を乗せる。
たっぷりの海苔を添えて出来上がり。

02_2351ngtdn.jpg


これで92バーツであがるんだから、和食もすてたもんじゃあない。

《新鮮な魚介類が手に入れば》という前提がつくが。

今回は隠し味というか隠し食感としてレタスと胡瓜を用意してみました。

マグロに脂がのっているので、レタスがほど良く受け止めてくれます。

たれには、お酒、塩、割り下、みりんを入れて煮冷ましを用意しました。

********************************************************

タイ飯が安い安いと言われながらも

和食だって工夫すればそんなには高くはかからない。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

ウドムスックのマッサマンカレー




ウドムスックに引っ越しをしたので、近くを探検してみましょう。

スクンビット側にはお店は少ないのだが、ソイ・ウドムスックに行くと通りは歩きにくいほど、屋台やら宝くじ売りやらで大いに賑わっています。

スクンビット側からソイ・ウドムスックに抜ける道が市場になっています。

01_2268udmtara.jpg



この市場は生鮮も充実しているので、魚も買って帰りたいところですね。

********************************************************

市場を抜けたところに、おかず屋台兼食堂のようなお店がありました。
通りをあるく人はおかずをビニールに詰めてもらいますが、中で食べるというとおかずをテーブルまで運んでくれます。


02_2274udmtara.jpg


どれも美味そうなものが並んでいたけど、ここはマッサマンカレーを試してみましょう。これって激辛とか激甘とか店によってタイプが様々なんです。

お皿にドーンと鶏肉のどでかい腿肉がのっかってきました。これは鶏の足の部分を丸ごとです。腿+足という感じですかね。

03_2273udmtara.jpg


うむ。これはひさびさに美味しいマッサマンですな。
コーラとセットで60バーツ払ったから、マッサンカレーだけだと50バーツかな。

04_1659udmtara.jpg



向かいの屋台でもマッサマンカレーがあったけど、そちらは40バーツでした。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

島根和牛でスキ焼を




今年の株主優待券で「特選島根和牛500g」というのが送られてきた。

01_1740wgski.jpg


なかなかに素敵な和牛じゃないか。今日はこれですき焼きにしよう。

02_1742wgski.jpg


****************************************************
すき焼きというのは、割り下で味が決まります。
割り下は今半のものを使おう。

03_b-304.jpg


ネギと豆腐はいいとして、しらたきか、葛きりか。私はしらたきの方が好き。
熱湯を通して、臭みを切ります。

春菊は?入れようという意見と、入れないという意見もあるが。

お麩は、車麩ではなくて、新発田麩を使ってみます。

04_1746wgski.jpg
[新発田麩]

新発田麩というのは、肉まんみたいに膨れるかと思ったけど、そんなには膨れない。しっかりすき焼きの汁を吸いこんでいるので、これだけで美味しいすき焼き重が出来そうなお麩でした。

島根和牛って、赤身系の肉質感のある和牛で、食べたとき脂身よりは肉味を感じる和牛でした。さしは控えめになっているので、しゃぶしゃぶよりはスキ焼ですね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : 株主優待   ジャンル : 株式・投資・マネー

タイのあずきはどうですか




毎年恒例のロイヤルプロジェクトで小豆を買ってみる。
500gで45バーツ。だいたい日本の小豆の1/4の値段。

「あずき」は英語でもAZUKIなんですね。

01_159thazki.jpg


形は小ぶりだけど、色つやもいい小豆です。

02_126thazki.jpg


********************************************************

レシピ
あずき 500g
砂糖  250g
塩   少々


小豆を3回ほどゆでこぼし、アク抜きをします。
水から1時間くらいゆでます。

03_172thazki.jpg


砂糖を何回かに分けて加えては、また10分煮ます。

最後に蓋をして1時間ほど放置します。

04_728thazki.jpg


しっかりゆで汁を吸ってゆであずきになりました。

05_729thazki.jpg

これを再び火を入れますと、あずきの中の水分が一度外に出てきます。
焦げ付かないようにしゃもじでかき混ぜながら、弱火で水分が無くなるまで、ことこと煮詰めます。

炊きあがりのタイミングは、餡の砂糖が尖っていないこと。
時間が短いと、砂糖が浮き出たような味。あずきに砂糖を振りかけたような味になります。

じっくりとゆっくりかき混ぜますと、しだいにあずきが潰れていきます。

06_730thazki.jpg

小倉あんが完成しました。色つやも良いし、豆の香りもしっかりしたよい餡子になりました。これだけで立派な和菓子の完成です。

07_731thazki.jpg


お餅を入れて「ぜんざい」にしましょうか。


そういえば、大阪に夫婦善哉というお店があったな。
普通のぜんざい屋さんだけど。

秋葉原にある竹むらでは、ぜんざいの事を「お志るこ」と言ってますね。「こ」は十に「い」を足した字です。

そういえば竹むらは「ラブライブ!」の聖地とかで、最近は行列が出来ててなかなか入れません。

08_rect_6286488.jpg
[写真引用:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13000342/dtlrvwlst/2342694/]


などなど昔話をしているうちに、ぜんざいが完成。甘さ控えめです。

09_1737thazki.jpg

夫婦善哉というネーミングは嘘くさいが、出雲に「神西湖」という小さな湖がある。

出雲神話によると、斐伊川は元は出雲平野を横切って杵築から稲佐浜の方に流れていた。それを大国主命オオムナジが治水により流れを変えて宍道湖の方に変えた。元の川の痕跡が神西湖と神戸川である。

この治水の祝事に奉納された料理を「神在餅」。それがもじって「ぜんざい」と変わったものだという。

確かに神事の膳と考えれば、そうなのだろうなという気もする。昔は正月15日の厳粛な気分で「あずき雑煮」を食べていたような思い出がある。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

エビ祭り




今日はタイの魚介類の料理です。
オートコー市場に向かいます。

まずはパナメイ海老を1キロ。380THB
これは日本でもよく料理に使われます。

01_0298ebif.jpg


続いてオニテナガエビを1キロ。850THB
これは同じ海老でも非常においしい海老です。タイに来たなら是非にでも食べたい逸品です。

02_1426ebif.jpg

03_1424ebif.jpg


これはコウイカの仲間ではないかと思います。1杯で1キロあります。240THB

11_1435ebif.jpg


04_1424ebif.jpg


イカの仲間もいろいろあります。モンゴウイカみたいなのや、ヤリイカみたいなのとか。

05_5776ebif.jpg


********************************************************
さてこれらを買ってタイ人のおうちに行って調理します。
調理ったって炭火で焼くだけなんですが。

06_1416ebif.jpg


まずはオニテナガエビ。だいたい一匹でお皿がいっぱいになります。この海老は味噌がとっても美味しい。濃厚な味でウニのようです。

07_1418ebif.jpg


つづいてパナメイ海老のほうに取りかかります。これだけお皿にのせてだいたい250gくらいですので、このお皿に4杯あります。
これは丁寧に背ワタを取っていきます。

08_1417ebif.jpg


出来た料理はヤム・クンだそうです。トム・ヤム・クンみたいだけど生だからヤム・ウンセンの仲間ということか。要するに「生海老のカルパッチオ」というところかな。でもオリーブオイルはかかってないな。

09_1419ebif.jpg


さて期待度が非常に大きいコウイカを焼いてみます。半身でもう焼き網がいっぱいになりますので、どんだけ大きなイカだこと。
もったいないことにイカ墨も内蔵も捨ててしまいました。塩辛を知らない?食べられない?

10_1420ebif.jpg


焼きイカは柔らかく、ジューシーで、ほんのりした塩味に仕上がりました。お醤油を持参したほうが良かったですね。
生食できるのかどうか分からないので、イカそうめんにはしなかったけど、絶対イカそうめんで食べてみたい。アニサキスがいることがあるのかな?




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR