赤牛牛乳と加計学園




日本で赤牛といえば阿蘇和牛などの赤毛の肉牛であるが、タイでは乳牛を指しているようである。
マックスバリューで買い物をしたら、この赤牛牛乳と赤牛ヨーグルトがあった。タイ・デンマークミルクというようだ。タイでは安心して飲める牛乳だと思う。13THB

01_211914.jpg


02_185028.jpg


さてこのデンマークミルクはデンマークと関係があるのだろうか。

会社の沿革を見ると、55年前に国王陛下がデンマークを訪問した時にデンマークの牛乳生産について研究起業せよという勅許を出したことに始まるという。

つまりは王室プロジェクトの一環であり、安全で健康的な畜産製品の供給となっている。

********************************************************

このタイ・デンマークミルクで面白いのは、安全な乳製品の供給の根本的な問題として、獣医の確保と獣医師による安価な家畜の治療というのがあった。


一例をあげると、初診料100THB、乳房炎診断30THB、出産300THB、胎盤摘出100THBなどのように安価な治療費に抑えることで伝染病の拡散を防ぎ、飲用に不適格な乳製品の歩留まりを抑える。安価で安全な飼料を供給することで安心した酪農生産者の確保をおこなう。


乳製品を安定価格で買い入れるとともに、酪農研修、アグロツーリズムを通じて酪農家に牧場の研究開発を助成する。


ここまでをセットにしてはじめて酪農農家の安定した産業化がなされるという考えである。

>>>>>>> <<<<<<<<<

日本では四国の大学に獣医学部を作るということで、某マスコミは『首相のお友達だから便宜を図った』と、まるで遠山の金さんに出て来る悪代官と御用商人のように面白おかしく話を作っているようだ。


ここに教育を買春と勘違いしている阿呆からすが登場。阿呆なだけに泥舟を漕いでいることに気が付かない。泥舟に我も我もと乗り込んで。気が付けば阿呆からすと一緒に泥沼の中。


なんとかして首相の足を引っ張ってやろうという気持ちなのだろうが、酪農の現場では家畜の病気対策の高額化、乳製品の受給の不安定化、高騰する飼料などの火急の問題によって酪農農家は大変なようだ。


こうした問題を解決できるのなら首相の友達であろうとなかろうと、一縷の縁でもすがろうかというものだ。

某マスコミにはこの農民の苦しみは分からない。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイの牛乳どれがおいしい?




タイにもいろいろな牛乳がある。タイ語が読めなくてもラベルの色で判別できる。茶色はコーヒー牛乳、ピンクはイチゴ味、黄色はバナナ味というのはだいたい世界共通だと思う。

問題なのは無調整乳のほうで、だいたいは紺色のパッケージが多いと思うのだが、例外もあるから混乱する。

明治やダッチミルの牛乳ではだいたい濃紺を選んでおけば普通の牛乳を選択できる。23THB/450mL

普段使いにはこれでもいいが、殺菌しすぎた牛乳のような味がする。

01_2256thmlk.jpg


ところがロイヤルプロジェクトの牛乳は、濃紺はバニラ味になっていた。無調整乳の方は濃緑色である。よーくパッケージを眺めていると "Whole Milk" 書いてあるのだが、イメージ先行では間違えてしまう。12THB/200mL

こちらの方が味が豊かで口当たりもよい。問題はパッケージが飲み切り型なので、空いたプラボトルを洗って詰め替えるしかない。

02_2254thmlk.jpg


こちらは「MILK & MORE」の出しているHOKKAIDO牛乳。北海道の原乳を使っているのかどうかは知らない。名前だけでも北海道といっておけばハクが付くのかもしれない。

少し高くて39THB/200mL。114円だから日本と同じ価格ではあるのだが、タイでは妙に高級品に感じる。


03_2253thmlk.jpg



「mMILK」というブランドの牛乳が、やや安心して飲める牛乳だが、こちらは黒い牛さん模様がついている。98THB/2000mL

04_1649thmlk.jpg


********************************************************
それらの牛乳の中でイチオシなのは、この赤い牛さんマーク。デンマークミルクという会社である。12THB/200mL

いろいろ飲み比べてみた中では一番くちに合っていた。水っぽさが無く、ごくごく飲んでも後味が悪くない。

タイ人にも好評らしく、すぐに売り切れてしまうので、なかなか手に入らない。


05_2037thmlk.jpg



ただこれも比較すれば、、、という話であって、スゴク美味しいのかと聞かれると、ビミョー。

飲みなれた日本の牛乳の方が体に合っていると思う。

--続く--

★☆ 牛乳の話題は明日も続けます ★☆




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ヤマハのQBIXが新発売




ヤマハからQBIX125ccが発売されて、メガバンナーで飾ってあった。
ABSの付いた最上級で59,900THB(195,000円)ということらしい。

オシャレ系のバイクなので、ちょっと気になる。

01_1533QBIX.jpg


02_1534QBIX.jpg



一番高いモデルはABS(アンチロックブレーキ)が搭載されている。日本でも来年から125CCはABSかCBS(コンバインドブレーキシステム)の搭載が義務付けされる。

軽量バイクでうっかり前輪だけブレーキをかけて後輪ブレーキが遅いとフロントが沈む。ヘタをするとダイブする。
後輪だけ強くかかるとロックして滑る。
クルマと違ってコケる乗り物だから、ブレーキはなかなか難しい。
ABSはいわゆるブレーキ時のコケを防止し、安全性を図るものである。

キーはスマートスイッチだというから、キーは持ってるだけでスイッチが入る仕組みかな。

メーター類がすべてデジタルメーターになっているところが未来っぽい。クルマでは普通のことなんだが。


バイクもそのうちすべてEV化するだろうから、今のような自転車の発展形から自由な形に変わるかもしれないね。

********************************************************

日本でも逆輸入で販売しているようだが、28.4万円くらいなので、タイで購入する約1.5倍の値段がする。

そんなことなら、タイで買って自分で船積みして持ち帰れば安く出来そうである。

補修部品を一緒に買えば壊れても心配はない。

船積み値段もかかるが、それほどのこともない。



しかしそうはうまくいかない。
バイクのパーツ一つ一つの型番リストと購入証明が必要だということらしい。

これってバイク屋なら出来ることだろうが、個人では輸入させないということらしい。

これも一つの既得権益。


誰か、個人輸入できたゾという人がいたらノウハウを教えてほしい。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

日本でタイのTVを見る方法




タイ人を日本に連れてきた人にとって、一番困るのはホームシックだと思う。

日本にはタイ語を話すような環境は無いし、タイ人同士でツアーでやって来たとしても、タイ語の環境が無いというのは結構辛いものがある。

最初は物珍しさで旅行しているものの、観光しているうちはいいが、滞在が長くなると退屈してしまう。

これはタイ人に限らず、日本人でも同じだと思う。タニヤあたりの片言日本語でさえも懐かしさを感じて、ついついお金を使ってしまうのと同じかな。


そこでそんな寂しがり屋のタイ人の為に、日本で視聴できるタイ語のTVチャンネルを紹介しよう。(タイで視聴できる日本のTVの逆だね)


まずはPCとTVをHDMIケーブルでつなぐ。PCのスペックはあまり関係ないが、NETの速度が問題なのでSSDの方が良い。TVはフルHDでもHDでも構わない。TVが無ければPCのモニター画面で見ることになる。

まずは
http://www.onlinethailand.net/tv_online/
をクリック

タイの多くのチャンネルはケーブル配信しているものが多いので、ストリーミングとしてNET上にUPしている状態である。
ここにあるすべてのチャンネルが日本で視聴できるわけではなく、タイの国外視聴制限のかかっている場合もある。


01_14532ThaiTV.jpg



ここで国外視聴制限のかかっていない「Thai PBS」をクリックしてみる。

02_2366ThaiPBS.jpg
[Thai PBS]


他には「CH3」「true 4U」「PEACE TV」「Bright TV」も見ることが出来た。
********************************************************
制限のかかったチャンネルも国の識別コードをタイに変えることで見ることが出来ると思うが、チャンネル数も多いので、そこまでする必要も無いだろう。


これは逆にいうとタイではケーブルTVに入っていなくてもNET環境さえあれば無料でタイの全てのTVを見ることが出来ることになる。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

後期高齢者になったら誰が介護をするのか





体の自由が利かなくなってきたら、誰に面倒を見てもらおうか。
女房か、息子の嫁か、いやいや矢張り気兼ねの要らぬ娘の方か。


女房などはあてにならぬ。
それなら今のうちから息子の嫁には愛想を振りまいておくのが上々。


それにしても近頃は息子の方は嫁の実家にばかり顔を出しおって、とんとご無沙汰である。
こりゃ嫁方の老後の面倒を看させようという魂胆か。



ならばやはり娘がいいかもしれん。今まで散々面倒を見てやったことだし、だいいち今まで育ててやった恩がある。これで知らんぷりとは世間様にも、風あたりが悪かろうよ。


娘というものは他家に嫁いだものだから、姻家の親の面倒を看なくっちゃなどと言っておる。実家の親の面倒を看てくれというのは、口に出すのは憚られるものだな。


そうだ。孫だ。孫を手懐けておけば大好きな爺やを捨ててはおけぬとなるもんだ。孫だ、孫だ。



いや待てよ。先立つものだ。金が無いのは首が無いのと同じこと。退職金で建てたこの家だ。あと株と定期があるじゃあないか。老後の面倒を看てくれたらそっくりやろうというのはどうだ。


それならあの底意地の悪い息子の嫁や、ごうつくな娘でなくたっていいんだ。タイに居る愛人のAちゃんはどうだ。
最近、日本語も上手になってきたし、無口で余計なことを喋らないのがいい。タイなら土地を買って家を建ててやってもそうはかからない。



どうもAちゃんには弟がいるらしい。弟といってるが、ありゃ愛人だな。そこらの色惚け老人と違って、わしゃ騙されんぞ。土地と家を買ってすぐにワシを追い出す魂胆だな。タイでは外国人は土地所有が出来ん事くらいは知っておるわ。
BBB銀行の3年定期が金利が2%だから預けたほうがいいなどと言っておったが、ワシの定期が目当てなんかもしれん・・・・



01_0124.jpg
[ヨシタケシンスケ http://www.bookbang.jp/anniversary]

********************************************************
こりゃ「リア充」じゃなくって、「リア王」だね。

歳をとるということは、世間の束縛や職務のしがらみといった負担から解放された。あぁやっと自由になれたという安堵感よりも、世間から放っておかれる、屍を晒してもただの塵芥でしかないという寂寥とした不安感に陥って、Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)ウロウロしているだけなのかもしれない。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR