若い娘の肌に赤い斑点ができた





知り合いのタイ人の娘さんがお肌に赤いブツブツが出来たというので、相談にのってあげた。

どうもアクメらしいが、化粧品も関係しているようだ。



日本人の女性の肌は敏感で柔らかいと言われている。

タイ人の若い女の子の肌は日本人に似ているようだ。少し黒くなるのは暑い国だから仕方がないのだが。暑いせいで代謝もいいから、もち肌になる。肌の老化も早くなる。


欧米人の肌はゴツゴツして毛穴が大きいと言われている。これは寒さがひどく肌が硬くなるからであろう。(確認したわけではないが)

朝鮮や満州に住む人も、強烈な寒気と乾燥に晒されるうえに、風呂の回数も少なくなるので皮膚は硬くなり、スクラブ入り化粧品で肌から角質を削り取ることが化粧の中心になる。



最近流行っているらしい黒砂糖の入った韓国コスメ(ブラックシュガーと書いてあった)を見せてくれた。黒砂糖は自然食品なので、それを使った化粧品も自然食品なのだというような大ウソがキャッチになっていた。



黒砂糖を練り込んだ化粧品なら硬質のスクラブになるので、これでこすれば肌は奇麗になる。というか傷だらけになる。

足の裏とか膝頭とかに使うのならいいと思うけど。


01_Sugar 40x
[黒砂糖の顕微鏡写真×40]



「かゆくなった」「赤くなった」と主訴があったが、そりゃスクラブで擦ったあとに、傷口やら毛穴やらに砂糖の微粒粉末が残って、その上から汗をかくから皮膚表面の細菌の繁殖を促していることになる。

少し考えればわかりそうなものだが。。。




白くなりたい、韓流の女優みたいな肌になりたいという若い女性の願望は分からんでもないが、韓流の女優なんて使い捨て商品だから、いっときだけ奇麗になってあとは使い捨てだといくら説明しても、聞いてもらえないのは語学力の問題ばかりではあるまい。



もちろん日本とタイでは気候条件、水質条件などが異なるから、日本の美白系化粧品がタイでも使えるかというと疑問もある。

柔軟肌にするクリームも、タイのような暑い場所ではベタベタになるし、痒くなることもあるだろう。これは日本の冬の乾燥した気候条件に合わせたものが多いからである。


********************************************************
そこでSPF値の高い日焼け止めクリームとファンデをベースにすることと、香料系は基材が熱分解されやすいので、少量だけ買って試すこと。フォームのクレンジングできちんと排気ガス等の汚れを落とすことを話しておきます。

02_1245formL.jpg
[フォームのクレンジング]



ババむさいけど、「ちふれ」とか「シャンソン化粧品」とか「資生堂ドルックス」あたりがいいと思うよ。

03_ドルックスナイトクリーム
[ドルックス]




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

サケオの絨毯




タイ王立軍の友達から「サケオまでドライブするが一緒に行かないか」というメールが来た。

サケオというのは、カンボジア国境のあるアランヤプラペート/ポイペトである。


ビザランをする人にはお馴染みの町であるが、別にビザランをしようということではない。この町は絨毯の産地でもあるので、見に行こうということである。

最近はビザランは規制が厳しくなったとは言うものの、まだ往来は多い。アランヤプラペートには行きはよいよいだが、帰りはとんでもないことになりそう。


「3時間くらいだよ」と言っておるが、行きは3時間でも、帰りは6時間とみたね。渋滞でしんどそうなので、丁寧にお断り。

距離的には180キロだから、東京~静岡くらいかな。新幹線があれば楽勝だが、東名高速でもいやだな。




********************************************************
アランヤプラペートのそばのタラート・クンクルア・サケーオตลาดโรงเกลือ สระแก้วに着いたというLINEが来たのがお昼過ぎ。


どうやら絨毯がいろいろあるらしい。

柄も象の絵なんかどう?と言われたが。ちょっと。

絨毯なんて自分で選ばないとよくわからんとは思うが、どちらにするかと言われてベージュの普通のデザインにしてもらう。


帰路は案の定大渋滞につかまったらしく夜の10時ころに到着。わざわざ買ってきた絨毯を届けてくれた。

日本人的には、いやそんな無理をしなくても。。。と思ってしまうのだが。


01_2407skolg.jpg



タイのカーペットというのはよく知らないのだが、ペルシャ絨毯よりは毛が短いが、ラグとしては良いほうに入ると思う。

大きさは2.5畳サイズで800バーツ。


イケアでラグを買ったら、このサイズで17000円だったから、約1/6の値段で購入できることになる。


タイ人の世話焼き的なとこと、日本人のノーと言えないとこが、妙にマッチしてるが、これもまたイサーンの人との付き合い方である。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックのスペイン料理「La Taska」




ウドムスックのご近所探検シリーズも第6回目である。

第1回目 ウドムスックのマッサマンカレー
第2回目 ウドムスックのローカル飯屋
第3回目 ウドムスックのステーキラオ
第4回目 ウドムスックの森の中のカフェ「ルート66」
第5回目 ウドムスックのバーンチャーンのカツカレー


コンドから見下ろした先に気になる一角があった。すぐ近そうなので、今日はスクンヴィットのソイ101/1に行ってみる。

01_2408taska.jpg



途中は自動車部品屋さんとかしかないので、殺風景である。
3分くらい歩いて、大きな交差点がソイ101/1である。


なお、ソイ101はプンナウィティーの駅前、ソイ101/2はなぜか駐車場になっていてクルマは通り抜けできない。ソイ101/3はなぜかideoMixというコンドによって居住者以外通行止めにされている。公道なのにおかしなことだ。

02_1805taska.jpg
[ソイ101/1]


ここを右折して、1分くらいでCPマートの看板が見える。

03_1807taska.jpg


このCPマートのある一角がゴールデンパークホテルに隣接している。

04_1812taska.jpg


敷地内にはビアホールやアイスクリームショップ、ラビットカフェなどがある。

05_1809taska.jpg





********************************************************

さてそのゴールデンパークプラザの敷地にあるのが、スペイン料理の『La Tasca Spanish Tapas Restaurant』


06_1844taska.jpg



店名からわかるようにタパスをメインにしたバールである。
シェフはスペイン人の男性で、奥さんがタイ人らしい。
いかにもタイに来てそのまま居ついてしまったスペイン人というパターンか。

07_1836taska.jpg


17時から19時半まではハッピーアワーでビールやワインが2割引きなんだが、開店は18時からという、まことに不思議なパターンである。

お薦めはタパス3種セットで450バーツというのもあったが、食べきれないので単品で頼むことにする。


メニューはこれだけ。タイにしては品数は少ない方だと思う。

10_1852taska.jpg
[メニュー]


タパスの中から、「ガンバス・アル・アヒージョ」と「パタタス・アリオリ」を注文。


※実際のメニューは英語表記です。
ガンバス・アル・アヒージョ=Garlic Prawns
パタタス・アリオリ=Bravas potatoes


ガンバス・アル・アヒージョ gambas al ajillo」というのは、エビとニンニクをオリーブオイルで炒めたアヒージョ。フランスパンに乗っかったスモーガスボードみたいなものかと思ってたら、スキレットがドンと出てきた。

熱々の小エビは、ガーリックの効いたオリーブオイルとマッチして、実に香ばしい。210バーツ

08_1831taska.jpg
[ガンバス・アル・アヒージョ]



パタタス・アリオリ patatas alioli」は、ほかほかジャガイモにニンニクマヨネーズをかけたもの。バルの定番メニューですな。

これも好きなメニューのひとつで、これがあれば炭水化物はいらない。冷めても美味しいから、酒席でだらだらとツマミにするには良い一品である。180バーツ


09_1834taska.jpg
[パタタス・アリオリ]


タパスというのは酒のあてみたいなミニ料理だと思っていたが、結構な大盛りだったな。

パエリアは注文しなかった。パエリアは4人前になるという。そりゃ大勢で出かけて食べるものなのか。



だいたいのタパスは200バーツ前後。タイ料理に比べると断然高い。そのぶん量も多いから注文しすぎないように。

遠くスペインまで行かなくても、東京の2/3くらいの値段で本場のタパスが食べられるお店だ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックのバーンチャーンのカツカレー




ウドムスックの西側(ソイ66側)を探索してみよう。


スクンヴィットのソイ66/1という道がある。ずっと先まで行くとソイ64につながっているから、抜け道として使われている。

以前スクンヴィットが大渋滞していた時、オン君の運転でこのソイからバンチャックの裏に抜けて、そこから高速に入ってラムカウヘンまで北上するという抜け道にしたことがある。


ソイ66/1はスクンヴィット通りからは、ホンダのディーラーの横から入る。

入り口にはモトサイのたまり場があるから、このソイは奥のほうが住宅街になっている。

01_1202Bcktu.jpg



ソイの入り口付近にはいろいろな屋台が出ている。美味しそうなのだが、スクンヴィットの向かい側、ウドムスック通りのほうが屋台が多い。多すぎるくらい。大商店街と寂れた裏町の商店くらいに差がある。

どうしても繁盛している屋台のほうに客足は向いてしまう。鮮度がいのちだからねぇ。


さて、その屋台群を先に進むと、「AKANAT PLAZA」という看板が見える。
プラザと言ってもセブンが1軒と飲食店が1軒しか無いのだが。



ここまではウドムスックの駅のホームから見える景色なので、割と全体像がつかみやすい。

02_1231Bcktu.jpg



「AKANAT PLAZA」の1階に「バーン・チャーン」というレストランがあったので入ってみる。

割と小奇麗なお店だが、隠れ家ビストロというよりは、こざっぱりした大衆食堂という感じ。

03_1237Bcktu.jpg



04_1323Bcktu.jpg


********************************************************

さっそくメニューを見ていたら、Katu Curryというのが目に止まったので試しに注文してみる。145バーツ

ずいぶんお値打ちなカツカレーだが、はたしてタイ人の作るカツカレーとは、いかなるものか。

05_1512Bcktu.jpg



カツカレーと吸い物が出てきた。
カレーの方はマッサマンやゲーンではない。少し甘口のちゃんと日本風カレーになっている。

カツの方はというと、これも日本風トンカツになっている。サクサクとしていて油の使い方も合格である。
福神漬けもコリコリとしていて、日本で食べるのと全く同じで合格です。

全体の印象はココイチカレーかな。ただしココイチは具がルーに溶け込んでしまっている。ここのは具が形を成しているから、家庭料理に近い。
「なんちゃって日本料理店」に行くよりは、断然日本料理だ(変な日本語だな)

06_1532Bcktu.jpg



ただ残念なことにお吸い物の方は、タイ料理タオジュタォフーต้ม จืด เต้าหู้だった。


07_1607Bcktu.jpg



ここまで日本風カツカレーにしておいて、タイ風スープは全く合わない。

まあオマケの吸い物だから、どうでもいいけど。






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ウドムスックの森の中のカフェ「ルート66」




ウドムスックは、バンコクでも郊外なので物価も安い。市場のまわりのお店では、大体どんな料理を注文しても50バーツ前後である。

しかし屋台に毛の生えたような店ばかりなので、衛生感が苦手な人にはダメだろう。


💛 💗 💛 💗 💛 💗 💛 💗 💛 💗 💛 💗 💛


そんなウドムスックだが、小奇麗な店が皆無ということではない。


グーグルマップを頼りに探したこのお店。

スクンヴィットのソイ66にある。





ソイ66はideoMobiのショールームの角にあるソイである。

01_1636rocaf.jpg


ソイ66に入ると、ものの見事に何もない。右には新しいコンドideoMobiの工事現場。このコンドはアナンダ開発Ananda developmentと三井不動産の共同プロジェクトである。


02_1517rocaf.jpg



グーグル君を頼りに歩き続けること4分。

やっと見つけたお店。「Route66 Cottage」という。

03_1247rocaf.jpg


04_1203rocaf.jpg



「Route66」といえば、有名なアレじゃあないか。
と言ってローリングストーンズを出すのでは芸がない。

ここはパティ・ペイジ


[Route 66 - Patti Page - 1955]


人里離れているから(?)夕方7時には終わり

05_1236rocaf.jpg



中はこんな感じ。うっそうとしたトトロの森のティールームだった。

06_4929rocaf.jpg


07_1154rocaf.jpg



まさにバンコクとは思えないような森の中。外の世界は非常に暑いはずなのに、ここだけはエアコンなどいらないほど涼しい。

まるで軽井沢にいるようだ。


エントランスまでの道が異世界に通じる道のようで、わくわく感がハンパない。

08_5245rocaf.jpg



チキンサンドを注文したら、厚切りのパンにチキンのフィレ肉が山盛りとチーズがたっぷり。

信じられないくらい美味しい。これで140バーツ

09_5919rocaf.jpg



向かいのFATTORYというバールも経営しているらしい。こちらが17時からオープンなので、そのためティールームのほうは夕方に閉じるらしい。





でも元のソイ66に出るとやはり暑かった。やはりここはバンコクだな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR