ステブストン路面電車Steveston Interurban Tram




モンクトン通りのステブストン・コミュニティセンターの一角が、広い公園や学校施設になっており、この場所には線路がまだ残っています。
この線路はSteveston Interurban Railwayの跡です。

01_2066int.jpg


近くにあるステブストン交通博物館「Steveston Interurban Tram Building 」が開いていたので入ってみます。9月~6月は土日だけ10:00~16:00、7月~8月は月曜定休の連日に11:00~17:00開館

02_2068skgv.jpg



説明プレートを読むと、「このステブストン路面電車は、1902年にカナダパシフィック鉄道CPRによって蒸気機関車鉄道として設置されたのが始まりで、1905年(明治38年)からブリティッシュコロンビア電気鉄道BCERに移行して電車が走行するようになった。」とあります。


03_2069skgv.jpg



1945年の時刻表を見ると、Steveston/ Branscombe/ Woodwards/ Blundell/ Lulu/ Brighouse/ Lansdowne/ Cambie/ Bridgeport/ Marpole/ 57th Avenue/ Kerrisdale/ 22nd Avenue/ 4th Avenue/ Vancouver Davie St. となってます。ステブストンからバンクーバーまで、6時始発の16時30分終電というダイヤで所要時間は約57分でした。

バンクーバー駅は、ディビーストリートなので、今のイエールタウンあたりにバンクーバー駅があったようです。

ステブストン路面電車の線路の跡は現在リッチモンドのRailway AvenueとなってNo1 St.とNo2 St.の間の大通りに残っています。





[ステブストン路面電車線路跡]



路面電車の歴史としては、東京市電や大阪市電よりも早い時期になるから、大正時代にはステブストンはかなりの都会だったと思われます。

04_streetcar-4755-01.jpg
[引用 http://transit.toronto.on.ca/streetcar/4755.shtml]



バンクーバーと違って、ステブストンという都市に関する情報は極めて少ないのだけど、昔からとても開けていた都市のようです。

「一郎亭」だけでなく、「横濱鐵板焼」や「彦寿司」「丸和寿司」などの日本料理屋さんも数多く展開しています。それらの日本料理屋さんを味わったことが無いので判断は出来ないのですが、物珍しさからの日本料理店の展開ではなくて、ふつうに日系人たちが作った町なんだという感覚です。


カナダの日本料理店については、こんど入ってみたら再度レポートしてみましょう。


05_47ea-ba9f-b72fe10aaadb-1908.jpg
[1908年のステブストン]
引用 http://transit.toronto.on.ca/streetcar/4755.shtml




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

革のグローブを買ってみる





NIKAIDOを出ると、「Steveston Marine and Hardware」というお店がありました。
釣り道具、大工道具、船舶道具、ボート、船外機まで海洋道具一式を扱っているストアです。


01_marine.jpg


ここで、革のグローブを発見。
グローブと言っても野球のそれじゃあなくて、日曜大工のグローブです。
これを探していたんだがなかなか無くって。
自動車の整備をしたり、大木を持ち上げたりする時に使います。
あと、冷凍庫や液体窒素を扱うのにもいいものです。
軍手だと、すぐ切れたり、薬品が染み込んだりするので意外と使えないのです。$5.0(400円)

02_2080skgv.jpg



シーフードレストランのStevestone Seafood Houseや貸自転車屋Village Bikesを抜けると、ステブストン図書館とモンクトン通りは、昔懐かしい街並みが続きます。

03_2002skgv.jpg



06_2001mokrd.jpg
[Moncton St]



「ジョージア湾缶詰工場博物館Gulf of Georgia Cannery National Historic Site」は、博物館になっておりオンシーズンであれば中を見ることが出来ます。

ここでは、シーズンの初めに冷凍マグロの展示即売もやっています。

07_1999mokrd.jpg
[Gulf of Georgia Cannery National Historic Site]

********************************************************
まだ朝なので、お店は開いてないけど「Dave's Fish & Chips」
フィッシュ&チップスのお店で、タラのから揚げCod Tipsを出してくれます。

あとで行ったらとても混んでて入れなかった。


08_2000mokrd.jpg
[Dave's Fish & Chips]






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

NIKAIDO紅茶店




モンクトン・ストリートを歩いていますと、「NIKAIDO」というお店がありました。

日系のお店のような名前だけどオーナーはカナダ人のサラ・コッカーさんです。
元は英国人と日本人の夫婦によって日本の商品を扱うお店として歴史を刻んでいました。

1912年の大火災で残った日系商店の歴史的建造物を保存しつつ、当時は2階に商店が合ったところから、二階堂という日本語をお店の名前にしたという事です。

01_2003nikd.jpg



****************************************************

さてその二階堂は、お茶と化粧品、そして文房具。
お茶はクリームアールグレイ、アールグレイファンシィ等のフレーバーティ、ステブストンオーガニック、ネパール等のアンフレーバーティ、深蒸し、宇治等の日本茶、桜茶、烏龍茶、プーアル茶、マサラチャイなどなど様々なお茶が揃えてあります。


どれにしようか。いろいろ見ているうちに「Kusumi tea」発見。
クスミって憧れの高い紅茶の印象がある。

02_kusumilogo.gif

アナスタシア、クラシックアールグレイ、アールグレイデテインなどいろいろ買ってみます。1つ$0.99という半端な値段です。
日本で買うよりかなり安い。35%オフくらいかな。
なにより1パックずつ自由に選べるというのがうれしい。

03_2132nikd.jpg



文房具はロディアのメモ帳、FieldNotesのフィールドノート、katieleamonなどなどどれも一流の品物を揃えています。
万年筆は置いてあるけど、アルシュのような画材は置いてないです。


04_2004nikd.jpg



化粧品は?これはちょっとわからないです。奥の方にあったのかもしれない。


05_moncton_nikd.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

ステブストンのAdorbellaでティータイム




ステブストンのモンクトン・ストリートを3rdアヴェニューに行ってみる。

そこは小さな民家。
「Adorbella」という紅茶専門のティールームです。

01_1933adrtea.jpg


02_1934adrtea.jpg



[Adorbella]


****************************************************

とても丁寧に丸くカットしたパンに、クリームチーズとサーモンをはさみ、それを組み立てて、薄く切ったスモークサーモンをトッピング。まわりを薄切りの胡瓜でラッピングします。
すこしだけ、ディルの葉を添えましょう。


03_1946adrtea.jpg


04_1960adrtea.jpg



ルーズリーフティーをポットに入れて、ティーコージーtea cozyをかぶせます。

05_1944adrtea.jpg


5分待って。できたてのお茶に、蜂蜜を入れましょう。

06_1948adrtea.jpg


cozyって、とっても気持ちの良い言葉。気取らなくて、暖かくって、居心地よくって、こぢんまりして。


よく晴れた日は、外でティーパーティーをするのもいいかもしれない。

07_1970adrtea.jpg



そういえば、この「Adorbella」って、グリーンゲイブルズに似ているような。そんな気がするのはカナダだから?



サーモンサンドウィッチ、アドルベラ・ティーを添えて。$18.9


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

オシャレなモンクトン通り





ステブストンに出かけます。

ステブストンはリッチモンド市の南側。フレーザー川に開けた漁港です。

まずはリッチモンド・ブリッグハウス駅のそばのラマダ・リミテッドホテルからバスで向かいます。

バス停はウェストミンスター・ハイウェイとアルダーブリッジ・ウェイWestminster Hwy FS Alderbridge Wayの交差点にあります。ハイウェイと言っても高速道路や高架道路ではなくて普通の道路です。


01_1988mokrd.jpg
[Westminster Hwy]

ここで401番のバスに乗ります。コンパスカードを乗車口のタッチパネルにタップ。SUICAと同じです。
日本でもそうですが、バスを降りるときはカードはタッチしません。

02_1991mokrd.jpg


バスはウェストミンスター・ハイウェイを一直線に進み、突き当りを左折します。ここからナンバー1ロードです。
ナンバー1ロードをステブストンHwyで右折して、4thアベニューを南下します。チャタム・ストリートまで来たら下車します。皆さん2ndアベニューで下車したから、ここが終点みたいですね。バス停はとても分かりにくいですが、ベンチがあればだいたいバス停です。

03_1989mokrd.jpg


チャタム・ストリートの「一郎亭」が2ndアベニューの目印になります。
2ndアベニューも、3rdも4thも近いので、あまり変わりません。どこで降りても徒歩1分くらいな間隔ですから、下車する場所を気にしなくても平気です。

一郎亭は氷の暖簾を出していたけど、この寒いのにかき氷が出るんだろうか。

04_1992mokrd.jpg
[一郎亭]

一つ海沿いの通りが、モンクトン・ストリートMoncton St。ステブストンの中心街になります。

このあたりのお店は、ウェスタン映画に出てきそう。リアルなディズニーランドなので素敵です。なぜあまり宣伝してないんだろう。

イイね~こういうストリートが琴線にふれるんですよ。バンクーバーに来たら一度は立ち寄ってみたい場所なんだな。


05_2005mokrd.jpg
[Country Bread Co パン屋さん]

********************************************************


ここからは、海岸線に沿ってDykeという木道が続きます。美しい海岸線を見ながらジョギングをしたり、サイクリングをして過ごします。


09_2038mokrd.jpg


10_2033mokrd.jpg


トライツロードに沿ってモンクトンストリートまで戻っていきます。

11_2060mokrd.jpg


(続く)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR