茨戸のジンギスカン




ガトーキングダムでしばらく休んでから、夕食に出かけます。
ビールを飲みたいから、車は置いていきますね。

歩いて5分くらいの場所に「ノースヒル&茨戸ガーデン」というステーキハウスがあります。

どちらがノースヒルでどちらが茨戸ガーデンなのか最後までよくわからなかったけど、どうも食べ放題の部屋とアラカルトの部屋で名前を分けているらしい。


01_173037baratojgskan.jpg


入口の脇にシェフの像がお出迎えです。シェフの脇には象さんもいました。

02_173112baratojgskan.jpg


トラとか馬とかいろいろあります。

03_173108baratojgskan.jpg


これは何だろう。頭が虎で、お尻が龍。龍虎が一つになってます。
一つになると最強かというと、あまり強そうではない。
虎の後脚が龍のようになって跳躍力が減退したので、戦力減。

04_173120baratojgskan.jpg


なんか、入る前からドン引きしてしまいます。
********************************************************
気を取り直して入りましょう。
入口でまずどのメニューにするかを聞かれます。
細かいメニューはテーブルについてからで、おおまかに焼肉食べ放題か、ジンギスカン食べ放題か、すき焼き食べ放題か。
それかアラカルトで焼肉・ステーキ・ジンギスカン・ラーメンなどかくらいの分類です。

メニューにより部屋が違うからでしょう。

ちなみに焼肉食べ放題2100円、ジンギスカン食べ放題1700円、すき焼き食べ放題2100円、シーフード食べ放題2800円。

アラカルトではサーロインステーキ1150円、牛ヒレ2600円、和牛4000円。

05_173552baratojgskan.jpg


ハンバーグは780~900円、ビーフシチュー1250円。

06_173545baratojgskan.jpg


焼肉は450円~1100円。

07_173652baratojgskan.jpg


ジンギスカンは生ジンギスカン740円、味付きジンギスカン630円。

08_173633baratojgskan.jpg


アラカルトではラーメン700円、蛸のハンバーグは600円、ソフトクリーム280円。

********************************************************

ロイズコンフェクトリーでチョコとかソフトクリームとかいろいろ食べてきたので、生ジンギスカンとビールだけもらいます。

しかし・・・来たのは写真よりは大盛りでドカーンとしたのが来た。(写真を忘れた)


お試しで生ジンギスカンを取ってみて、美味しかったら焼肉を追加しようかと思っていたのだが。とても追加どころではないですね。生ジンギスカンは柔らかくて、ラムの臭みがなくて美味しかった。次回はすきっ腹で来よう。

ビールも最高だね。480円


これだけお肉が美味しいのは月寒ジンギスカンクラブ以来だよ。月寒ジンギスカンクラブも美味しいのだけど、だれか運転してくれないとビールが飲めない。



これでお一人様は1200円くらいなので、札幌の都心部よりは2割安くらいになります。






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

ガトーキングダムサッポロ




16時ころになって茨戸川沿いにある「ガトーキングダムサッポロ」に到着しました。

駐車場がむだに広大なので、どこに停めたらいいのかちょっと迷って、結局フロントの真ん前に停めます。

01_1418gatokin.jpg


ホテルのロビーではウシ君とエゾジカ君がお出迎えです。

02_1456gatokin.jpg


お茶請けのウェルカムスィーツもシャトレーゼの商品です。

03_1505gatokin.jpg


お部屋はこんな感じ。

以前に書きましたが、これがシャトレーゼポイントを1000点あつめてタダで泊まれることになったスタンダードツインという部屋です。タダなのに中は広々です。

ちょっとこれじゃあ、高い料金を払って狭い部屋に泊まった今までの日々は何だったのだろうか。。。

04_1509gatokin.jpg


お部屋からは茨戸川の蛇行部分がよく見えます。中央の中の島はゴルフ場になっています。

正面の都会が札幌ですので、ここは札幌の離れ屋敷くらいの位置関係です。

05_1513gatokin.jpg


********************************************************
ホテルの中を見てみます。

この上まで吹き抜けになった空間が朝食会場のレストラン「ヴィーニュ」です。

06_1514gatokin.jpg

「ヴィーニュ」では夕食も3800円の食べ放題になっています。
ただ夕食を広々とした空間でいただくのはどうも。

06_808dinner_buffet.jpg



中庭に出るとウォータースライダーのある大きなプールがあります。まだ6月なので外のプールは休止。室内プールだけです。

07_1526gatokin.jpg


ロビーから2階へあがる専用階段を通ると、結婚式場の教会が見えています。

08_1528gatokin.jpg


ホテルのお隣が「フェアリー・フォンテーヌ」という施設です。
ここにシャトレーゼ、室内プール、温泉などがあります。

なぜガトーキングダムと別館かというと、温泉だけとかプールだけの利用も出来るので、宿泊客以外の人が利用しやすくなるためでしょう。

09_1538gatokin.jpg


フェアリー・フォンテーヌの中にある「シャトレーゼ」
品揃えは横浜と全く同じだった。

10_1539gatokin.jpg


そのお隣の「ファンタニヴェール」。こちらは生クリームを多用したスイーツケーキがたくさん並んでいます。スフレで生クリームを挟んだドラ焼きが美味しそうだったな。

でも明日の朝は、たくさんシャトレーゼが出てくるので、今晩は我慢しておきましょう。

11_1541gatokin.jpg


12_1546gatokin.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

石狩のサーモンファクトリー




さて、あいの里のロイズコンフェクトリーを後にして、次は石狩川の河口に向かいます。

ここは石狩川の蛇行が取り残された形になっている三日月湖の形態をしています。

三日月湖は、大きく分けると上流が茨戸川(ばらと)、下流が真勲別川(まくんべつ)の二つに分かれるのですが、地元ではだいたい茨戸川で統一しているようです。

クルマを走らせると、まず生振地区という場所に入りますが、ここはほとんど人影がありません。

クルマを走らせても全く同じような風景が続きます。もしかして無限ループの中をさまよっているんじゃないだろうか。。。

ようやく何か建物が見えたなと思ったら「ペットメモリアル天使の里」というペットの霊園があった。

次に見えたのは「ばらと霊園」という墓地だった。

ここはお墓だけしかないのかもしれない。

そういえば、この付近には人口がゼロになった町があるそうな。事故などで強制退去でゼロになったわけではなく、自然減でゼロになったようだ。


生振地区を抜けると、オロロン街道に出ました。これは小樽から稚内まで続きます。
夏は素晴らしい自然を満喫できる道路ですが、冬は最も厳しいブリザードに見舞われる厳しい街道です。

01_1410samonfact.jpg


オロロン街道からハマナスの丘に出ると、「北のカナリアたち」を思い出します。本物は礼文島だけど、礼文島は混んでいるのでこちらのほうが実感がわきますよ。

6人のカナリアたちは、それぞれ自分を苦しめ傷ついてしまうけど、いつかはわだかまりや苦しみも解けてゆく。春の訪れとともに雪が溶けてゆくように。そんなシーンでしたね。

ハマナスの丘では、真っ白なハマナスが咲いていました。


02_1431samonfact.jpg

********************************************************

オロロン街道を左折して、「サーモンファクトリー」に向かいます。


サーモンファクトリーとは、鮭工場ですね。佐藤水産という大きな会社の鮭の工場と直売所、レストランがあります。

03_1466samonfact.jpg


工場の駐車場は非常に広くて、専用の交差点を曲がると駐車場入り口です。

大型観光バスもいたから、中国人などの団体も爆買するのかしらん。

04_1476samonfact.jpg


直売所の入り口には大きなカニがいます。とってもわかりやすいですね。

05_1517samonfact.jpg


カニの横にはこちらも大きなサケです。

サケ&カニといえば、タイ人の二大好物でしょう。さっそく写真を撮ってLINEで送って、自慢しておきましょう。

06_1527samonfact.jpg


さてインスタ写真はいいから、中の直売所をのぞいてみます。
ロシア産の時鮭で8,000円くらい、日高産の時鮭で16,500円。
鮭ってこんなに高かったっけ?

切り身で1切れ400円。

カニなら半身で10,000円。

07_1538samonfact.jpg


レストラン部の方を見ると、ウニ丼で4,000円。
なんかすごい値段だけど、全部高額だから見ているうちに3,000円くらいの瓶詰の鮭などお買い得に見えてきてしまう。

この錯覚には気を付けないといかんです。
まあ、きっと美味しいんでしょうけどね。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

あいの里でないと食べれないロイズの生チョコクロワッサン




ロイズ・あいの里工場のコンフェクトリーショップは、工場の向かいの駐車場のそばにあります。


01_1250royzchrowasan.jpg


ここはショップのサイズだろうと思っていたのだが、非常に大きくて、ちょっとしたスーパーくらいの大きさになっています。

02_1251royzchrowasan.jpg


チョコはもちろん売っているのだけど、それ以外にもパンなども扱っています。
こういうチョコ以外の商品は、千歳では扱ってないですね。

03_1314royzchrowasan.jpg


********************************************************

ショップの奥はイートインになっていて、レジを済ませると自由に食事ができます。

ありがたいことには、コーヒーは無料で何杯でもOK。ミルクが無かったからブラックだね。

でもチョコが甘いからブラックでちょど良かった。

04_1307royzchrowasan.jpg


まずは本日のお目当て「生チョコクロワッサン」195円

05_1258royzchrowasan.jpg


これはパンみたいだけど、実は中身はすべて生チョコなのです。
チョコパンというのは、中身がチョコクリームだけど、ロイズのは正真正銘の生チョコ。

千歳でも売ってはいるのだけど、270円と4割アップのお値段です。それよりなにより、微妙に味が違う。

やはりロイズの生チョコクロワッサンは、工場まで出かけて求めるだけのものがあります。

06_1318royzchrowasan.jpg


もうひとつ買ってみたのは「ふわっとクロワッサン」162円

こちらはクロワッサンというよりはシュークリームに近いものです。これもシュークリームのクリームがとってもまろやかです。
「ふわっとクロワッサン」はあいの里店でしか売っていません。

07_1359royzchrowasan.jpg


お次は、「ロイズのソフトクリーム」300円

これもロイズの工場に行かないと入手できない品物です。
チョコはビターでどっしりしたソフトクリームと、とってもクリーミーでマイルドなバニラがあります。

どちらにしようかと迷いに迷って、結局ハーフ&ハーフ。

08_1377royzchrowasan.jpg


うわっ。2つ買えばよかった。


ソフトクリームは週に1回、機械洗浄の日があるので、その日は午後4時までしか扱えないようです。

09_2250royzchrowasan.jpg


ロイズの工場にこのままいたら、晩ご飯が入らなくなりそうなので工場を後にします。

他のいろいろなパンも試してみたいですね。
パン持ち帰りも考えたけど、真夏日なのでクルマの中に置けないのです。まことに残念。

朝9時からオープンなので、明日の朝ごはんに寄ってみましょうか。

ロイズ・あいの里コンフェクトリーは駐車場の外にもトイレがありますので、ドライブイン代りにも使えますよ。駐車料無料。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

北海道のロイズの工場は風のガーデンでしたよ




札樽自動車道の伏古インターまで戻って、石狩方面に向かっていきます。

札幌でも北のはずれ、あいの里に向かっています。
ここら辺まで来ると帯広や富良野と風景は全く同じです。牧草をしまうカマボコ型の倉庫が並び、畑はずっと地平線まで同じ作物を育てています。

「あいの里」って「愛の里」のようなちょっと宗教がかった名前かなと思ったら、「藍の里」だった。



それで、ここに何があるかというと、ロイズコンフェクト本社・あいの里工場があるのです。

そう、工場作りたてほやほやのチョコを求めてきたのです。

01_1326royzgarden.jpg


02_1333royzgarden.jpg


工場内は、昔のチョコレート製造機が外部展示してあり自由に見学できます。

これは「シロッコロースター」というカカオを焙煎する機械。

03_1335royzgarden.jpg


これは「リファイナー」というチョコの結晶を細かくする機械。

04_1336royzgarden.jpg


これは「デポジッター」というチョコの充填機。

05_1337royzgarden.jpg


勿論、最新の機械はこういうコンクリートミキサーのような重量級ではなくて、もっと綺麗な総ステンレスになっています。そちらの新型装置は千歳で見ることができます。

********************************************************
さて、工場で出来立てホヤホヤのチョコを食べる前に、工場の庭を見て回りましょう。

ここはほとんどNET情報がつかめなかったけど、北海道ならではのローズガーデンがあります。入場無料。

06_1401royzgarden.jpg


バラはつぼみが膨らんだ状態だったので、あと1週間先なら満開ですね。

「アネモネ・シルベストリス Anemone sylvestris」は清純無垢という花言葉。


07_1402royzgarden.jpg


「カンパニュラ・プンクタータ Campanula punctata」花言葉は女の純情。

08_1410royzgarden.jpg


タイだったらゴールデンシャワーと言いたいところだけど。。。

09_1425royzgarden.jpg


10_1427royzgarden.jpg


11_1527royzgarden.jpg


12_1533royzgarden.jpg


13_1626royzgarden.jpg


14_1640royzgarden.jpg


15_1641royzgarden.jpg


16_1728royzgarden.jpg


17_1733royzgarden.jpg


18_1738royzgarden.jpg


19_1832royzgarden.jpg


20_1840royzgarden.jpg


21_1925royzgarden.jpg


爽やかな風のガーデン。これでもガーデンの半分くらいしか廻っていないのです。ロイズ工場を取り囲んで全体がローズガーデンになっています。


さて、ゆっくりとした時を刻んだところで、お向かいにあるロイズのコンフェクトリーショップに行きましょう。

単なるチョコの売店ではないのですよ。(つづく)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR