カナダの消費税




カナダの消費税とはいっても、バンクーバーおよびその周辺の消費税。
カナダは州によって消費税率が異なります。

まずは国に治める消費税をGSTといい5%です。
州に治める消費税をPSTといいバンクーバーは7%です。

合わせて12%になるわけだが、食料品とか、飲食店ではPSTは取られていないので5%になる。

まずティム・ホートンでベーグルとコーヒーを注文した時の領収書。かかっているのはGSTの5%だけである。

01_1221TimReci.jpg


次にザ・ノースフェイスでジャケットを購入した時の領収書。衣料品にはPST7%がかかるので、消費税は12%になっている。

02_1201northReci.jpg



簡単に言うと、最初に洋服を買いに行って、わぁ~1万円ならやっすいわぁ。レジに行ったら11200円になっていた。その調子で買い物をしていたら、あっという間に予算超過。
慌てて食品を恐る恐る買っていったが、こちらは意外とお金は出ていかなかったということになる。

確かに5%と12%の差は大きい。12%なら消費意欲に冷水をかけられる。

********************************************************

石原伸晃が、消費税は15%でも20%でもまだ足りないというような事を言っていたが、あればあるだけ使いたくなるのが人情というもの。

20%にしたらお金が余ってしょうがない。国立競技場なんて1000億2000億なんてケチケチしないで1兆円くらい使ったらどうかということになる。

それに対して議員定数や議員報酬を削減するのが先だというピント外れな意見があるが、議員報酬なんて削減したところでたかが知れている。だいたい議員を1000人くらい選んで、ようやく10人くらいがマトモな人がいる。議員定数を100人にしたらマトモなものが良くて1人、悪ければ全部マトモじゃないかもしれない。こんなリスクを抱えて議員定数削減などと言うのはよっぽどの性善説か、思考がお花畑か。

お金があるんだから使わなきゃ損という考え方を直さなければ、いくら消費税率を上げてもキリがない。
タイの王様の提唱する「足るを知る」というのは、一番の基本の哲学である。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

バンクーバーの7イレブン事情




ふと気になったのでメモしておこう。
バンクーバーには7-イレブンが少ない。
全くないわけではないが、きわめて少ない。
世界でも稀な街かもしれない。

ウィスラーには以前はあったらしいが、今では絶滅している。
スコーミッシュでは、グレイハウンドのターミナルの先に1軒だけあった。
これも車があって行ける場所なので、街角にあるわけではない。

バンクーバーのダウンタウンには全くないが、オルフェウム劇場からの帰り道でロブソン通りを渡った所に1軒あった。
それも小さな小さなセブンだったので、気が付かずに通り過ぎてしまった。

リッチモンドでは、バスに乗っているとNo1ロードの途中で見かけたが、郊外型のセブンなので車が無いとちょっと行けない。

セブンですら少ないのだから、ファミマやローソンに至っては皆無。だれも知らないと思う。

********************************************************
じゃあ逆に、セブンのニッチを占めているのは何かというと、ロンドンドラッグやショッパーズというドラッグストア。

01_2086LONDONDRUG.jpg
[ロンドンドラッグ]


ドラッグストアでは薬以外の食品類も扱っている。日本でもフィットケアやクリエイトなど食品や化粧品、日用雑貨を扱うドラッグストアは存在している。

しかしバンクーバーのロンドンドラッグでは、携帯の契約、コンパスカードの契約、さらにはPCなどの情報家電までも扱っている。

タイで言えば、ブーツと、パワーバイと、セブンイレブンが合体したものだと言えば、わかってもらえるかな。

boots203body_pa.jpg

POWER BUY

seven_223724.jpg


そうそう、ワンコが涼みに来るセブンはタイだけだから。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

ステブストン編。白鳥の湖かな




ステブストンの漁港の話の続きです。ずいぶん同じ漁港で話を引っ張るなという感じですが。


この漁港にはフィッシャーマンズワーフの他には、シーフードレストランやシーフードと関係なくステーキ屋さんとかフィッシュ&チップスとか様々なお店で賑わってます。
ということでステブストンで一番の繁華街っぽいですね。

01_2024stswn.jpg



港の中には、これまたいるわいるわのコブハクチョウ。


02_2017stswn.jpg


03_2020stswn.jpg

「コブハクチョウ Mute swan」。」和名のコブではあまりいいイメージは無いけど、英語ではミュート・スワン。このミュートってweak(弱弱しい)とかいう意味合いよりも、graceful(優雅)に近いかな。


04_2019stswn.jpg



フィッシャーマンズワーフにお買い物に来ている人が近づいても逃げる気配もないです。

05_2023stswn.jpg



じつはこんなに白鳥がそばにやってきたのは、動物園に行った時以来です。
日本でも中海とか伊豆沼とか白鳥のサンクチャリがありますが、だいたいは双眼鏡で見るとか、餌付けの時にそばで見るとかでした。


06_2022stswn.jpg



野良ハクチョウっぽいのですが、これはステブストン漁港の対岸のウェストアン島に「アラクセン国立野生動物保護区 Alaksen National Wildlife Area」という地区があって、しっかり保護されているわけです。
この地区に入るにはEnvironment and Climate Change Canada regional officeに申請を出すようになっています。




バンコクでもルンピニ公園にはミズオオトカゲやニシキヘビが多数いて、困り者として捕獲されて原野に放されているようですが、きちんとミズオオトカゲの自然保護区としてサンクチャリ化した方が観光の目玉になるような気がするのですが。

いつまでもワットプラケオとかパタヤとかに観光を頼っている時代じゃアないような気もします。

********************************************************

チャイコフスキーで有名な白鳥の湖 SWAN LAKEですが、これで登場する白鳥も、このコブハクチョウです。

07_Tchaikovsky_Swan_Lake_Bonynge.jpg



コブハクチョウはデンマークの国鳥になるくらいで、ヨーロッパでは普通の白鳥です。



さてさてオデット姫さまはどれかな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

フィッシャーマンズワーフでウニを買って帰る




前回の記事の続きです。ステブストンのフィッシャーマンズワーフです。

朝の9時にはまだウニが出てなかったので、町をぶらぶらしてティールームに入ってお茶にしたりして時間を潰します。

12時になったので、再度フィッシャーマンズワーフに出かけます。

01_1111seaurchin.jpg


今度はウニが入荷していました。これはアメリカオオキタムラサキウニ American giant sea urchinsです。
ウニの船が着いたのではなくて、もとから係留してある船に商品が運ばれてきて、お店が開くというシステムです。


02_2074seaurchin.jpg



ウニが3個で$10(800円)。ここで食べることは出来ませんので、ホテルに持ち帰りましょう。
今日は少し小ぶりだというので4個にしてもらえました。
大きいのは2個で$10ですが、スシ用には小さなのがいいよと教えてもらいます。

03_2075seaurchin.jpg


ムラサキウニは棘があるので、すぐにビニールが破れてしまいます。固めのビニールを二重にして包んでもらいます。
それでも棘が袋から出てきたから、次回からは布の袋を持参していくといいのかもしれない。



ホテルの洗面台のボウルに拡げてみます。洗面台がいっぱいになるくらいの大きさ。だいたい1.5ポンドくらいかな。それにしてもでかい!!

04_2077seaurchin.jpg




処理の仕方はお店に書いてあったけど、
1.まず口の周りをハサミで切り開いて口を取り出す。
2.軽くひっくり返して中の水を出す。
3.スプーンで身を出す。
4.塩水で軽く洗う。
5.キッチンペーパーで水切りをする。
6.完成
となってます。なぜか中国語。

05_2076seaurchin.jpg


それで手順に従って処理をするのだが、まずハサミは細身のカニ用キッチンハサミがいいでしょう。ダイソーで100円です。

殻を切ると崩れていくので、少しずつ殻を取り除きながら切っていきます。一度に切るとトゲとウニが混ざってしまいます。

口周りを丸く一周すると、口器が取れます。この口器は「アリストテレスの提灯 Aristotle’s lantern」という名前が付いています。なんかギリシャっぽい。

これはこれで、面白いのでとっても興味があるのだが。


06_3c856ee227.jpg
[引用
http://farm4.static.flickr.com/3498/3979627220_3c856ee227.jpg]

07_Lanturn.jpg
[Aristotle’s lantern]



それでスプーンで身を取り出してお皿に並べますが、海藻や消化器なども一緒になってます。黒いのが消化器でしょう。これらをお箸で取り除きます。


軽く塩水を加えるけど、どんどん溶け出すので、塩水に入れて洗うというわけにはいかない。ミョウバンを入れると固くなって以後の処理も楽になるのですが、ミョウバンを入れない生ウニにしたいので、溶け出すまでの時間勝負です。

おおまかに黒い部分を取り除いたら、試食です。だいたい100gくらい取れたかな。

08_2078seaurchin.jpg



それで美味しいかといわれると、ビミョーですな。ミョウバン処理していないウニなので上等なんだろうけど、少し生臭い。ミョウバン処理して臭みを洗い切った方がいいのかもしれない。

これはこれで慣れると、ミョウバン処理したのなんか食えるかって言い出すのだろう。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

白頭ワシの海でホエールウォッチング




ステブストン海岸に出ると、まず目につくのがシーブリーズアドベンチャーSteveston Seabreeze Adventures Vancouverです。

01_2028BldEgl.jpg


ここは有名なホエールウォッチングの出発点である。
ベイサイドにあるボートに乗って、ホエールウォッチングをすることになるが、バンクーバー島の周囲はオルカ(シャチ)のメッカでもある。

02_2007BldEgl.jpg


これはホエールウオッチングとSea Lionのツアーから成っています。

ホエールウオッチングの方は、クジラやその周囲にいるシャチをボートで追いかけて見ることが出来ます。

03_2029BldEgl.jpg



春(4/1~6/17)は12時出発
夏(6/18~8/31)は9時と14時出発
秋(9/1~10/31)は11時出発
で各時間~5時間くらい。時間が不定なのは見つかるまで乗っているのかな。大人$130

04_2031BldEgl.jpg


********************************************************

ホエールウォッチングが出来るのは、バンクーバーとバンクーバー島のナナイモ、ビクトリア、サンジュアン島を結んだ線の中である。

05_2030BldEgl.jpg



「アシカ Sea Lion」の方は4月と5月のみで$32。Lopez Islandに行くと、アシカSea LionやアザラシSealの群れが遊んでる様子を船から見ることが出来ます。こちらはご要望に合わせていかようでもということのようです。

06_WHOEL-03.jpg
[Sea Lion アシカ]

07_WHOEL-02.jpg
[Seal Pupy アザラシの赤ちゃん]


アザラシSealは年中見られるけど、アシカSea Lionの日向ぼっこを見てみたいなら、4月がオススメということですね。




アメリカといったらこれ、白頭ワシBald Eagleです。大統領選とかいうと必ず引っ張られる人気者。リアルな白頭ワシは、運が良ければ今の一時期だけ、出会うことが出来るでしょう。

08_Bald Eagle
[Bald Eagle ハクトウワシ]


大型クジラの方は、長時間潜水が可能なので、なかなか姿を見る機会がないが「ザトウクジラHumpback Whale」はビクトリアの沖合、「ミンククジラMinke Whale」はサンジュアン島付近がポイントと言われている。
「コククジラGray Whale」は極めて希少種なので、運まかせになるが、シアトル沖合のウヒッドベイ島付近のコーブが観察地点になっている。

09_WHOEL-05.jpg
[Humpback Whale ザトウクジラ]


「シャチOrca」はこの海域全体に分布が見られる。ホエールキラーというよりは、ドルフィンキラーという感じかもしれない。恐ろしいイルカと言われているが、なかなか愛嬌のあるチャーミングなイルカである。

10_WHOEL-06.jpg
[Orca シャチ]


  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
シャチ  
白頭鷲    
アシカ      
ザトウクジラ
コククジラ            
ミンククジラ  
アザラシ
セミイルカ




約1万円だけど、高いというべきか、安いというべきか。

$1000で7人乗れるボートを1日(am8-pm4)チャーターできるので、人数がそろうなら、それでトローリングしながらホエールウォッチングをした方がいいかもしれない。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR