ステブストン・フィッシャーマンズワーフに行ってきます




今日は、ステブストン・フィッシャーマンズ・ワーフに出かけます。
スカイトレインのリッチモンド・ブリッグハウス駅まで戻ってから出かけます。



タクシーなら15分くらい、バスなら25分くらいといったところでしょうか。
401番のバスで、チャタムストリート2ndアベニューで下車して、そのまま2ndアベニューを下ります。

黄色の建物が目印です。

01_2008Fshwarf.jpg


この先を進んで船の所に降りるとフィシャーマンズワーフです。
早朝からやってますが、時間ごとに品物が違っていますので、1日のうちに何度か繰り返し来ると良いものに出会えるようです。

02_2011Fshwarf.jpg


********************************************************
ここでよく出るお魚について英語のお勉強。

英語の訳とバンクーバーで示している魚では微妙に異なることがあります。

Cod, Pacific cod = タラ
Black Cod = ギンダラ
Rock Cod, Rockfish = メヌケ
Hake = メルルーサ
Ling cod = アイナメ
Thornyhead = メバル
Pollock = スケトウダラ
Mackerel = (そのまま訳せば鯖になるが)タイセイヨウサワラと思う
Halibut = オヒョウ

Coho = 銀鮭
Sockeye = 紅鮭
Chinook = キングサーモン、ますのすけ
Tuna = 太西洋マグロ(小型のマグロ)
Skate = ギンガエイ
urchin, uni = アメリカオオキタムラサキウニ
Squid = イカ(多分スルメイカ)
spot prawns = ボタンエビ?


これらの魚類の中でお目当ては、アメリカオオキタムラサキウニ。別名アカウニ。
それとマスノスケ、別名キングサーモン。
朝の9時にはまだウニは出てなかったです。


まずタラの仲間から。タラは安いので買いやすいです。
入口付近にあるSteveston Fishという店で小口で冷凍したタラを扱っています。
鮭も切り身ならここで購入できます。
オヒョウ($6.99/LB)、ギンダラ($5.99/LB)、メヌケ($4.99/LB)、メバル($3.99/LB)、サワラ($4.99/LB)、イカ($4.99/LB)という値段です。LBは1ポンドだから約500g当たり。

03_2009Fshwarf.jpg


このオネエさんの所が一番物がよかった。キングサーモンが$10/LB、半身なら$11/LBとあるけど、1匹で10キロくらいだと思うから$200(16000円)くらいかな。

04_2013Fshwarf.jpg


これは銀鮭かな。サケとしては一番安いやつ。一番右では魚卵も売っている。

05_2014Fshwarf.jpg


これがオヒョウ。オヒョウって3mくらいだと思うんだが、これってカレイじゃないってくらい小さなオヒョウ。カレイは釣ったことあるけど、もう少しねずみ色っぽくて表面がざらざらしている。

06_2015Fshwarf.jpg


エビは大きくて真っ赤です。テントが赤いのでより赤く見せています。ダルマエビかな。

07_2016Fshwarf.jpg


こちらはエイ屋さん。エイをいろいろ切り分けて売ってます。これ韓国料理の素材だけど、便所の悪臭ぷんぷん。いかにも韓国料理って感じの魚です。

08_2018Fshwarf.jpg


続く・・・・



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

タイのお土産はステンレスの鍋です





サイアムパラゴンでIHヒーターを買ったら、オマケで27センチの大型鍋が付いてきた。

フタはガラス製で、だいたい5Lサイズだから土鍋に匹敵するサイズである。

01_1448tanbe.jpg



土鍋と違って、卓上のIHで温めながら使えるという事なので、結構便利そうである。

使わずにしまっていたが、あるとき実家に電話をしたら、是非にも欲しいということなのでタイからのお土産にします。

タイではショッピングセンターに行くとよく展示してあるのだが、2000バーツから3000バーツの値段が付いている。日本では幾らくらいなんだろう。


********************************************************
それで持ち帰って調理してみると、結構使いやすい。


まずはおでんに使う。最初から卓上IHで作ろうとは思わないが、ある程度までガス台で調理して卓上に出すと、熱々おでんの出来上がり。

04G_2364tanbe.jpg




ついでに200V仕様のIHヒーターも持って帰ってほしいと言われたが、日本の家の方が200V仕様にしていないので使えない。ブレーカーの検波抗で電圧を測ると200Vになっているので、ブレーカーまでは100Vと200Vが来ているようだ。ただしこれから先は、いじれないようになっている。

03_2362tanbe.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

わんこ川柳その3





「いたいです

             本気でかんだら

                           おこります」




01_2188wakk2.jpg

じゃれているうちに、何か本気で喧嘩をしていたような気になっているってあるかな




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : わんことの生活   ジャンル : ペット

リッチモンド編。始まります




バンクーバーの内陸側を大きく分けると、
北にあるのがウェスト・バンクーバー
中心部でガスタウンなど観光の中心地がダウンタウン
南に下りハイソ系のショップが多いところがキツラノ
東がバーナビーコキットラム
南がリッチモンド市になります。

リッチモンド市の南がステブストン、東はサレー、サレーから南でアメリカ合衆国に接しています。

日本に例えると、バンクーバーが東京ならリッチモンドは市川くらい。郊外になるサレーは千葉ということでしょうか。里見八犬伝の上総から先はアメリカ合衆国です。

01_richimond_map01.jpg


ということなので、バンクーバーを少し下るとそこはアメリカ合衆国。シアトルだってクルマで数時間になります。

****************************************************

カナダラインの終点は「リッチモンド・ブリッグハウス駅 Richmond-Brighouse」になります。中心街のバラッドからでも30分くらいですからそんなに遠くではありません。

02_2079RmdBrg.jpg
[Richmond-Brighouse前]

リッチモンドは京都のように道路は碁盤の目になっています。縦方向はNo1-Road、No2-RoadとNo8まであり、横方向はウェストミンスターHwy、グランビルAve、ブランデルRd、フランシスRd、ウィリアムズRd、ステブストンHwyと大きな道路が交差します。その間をいろいろなアヴェニューが網羅します。

03_richimond_map02.jpg
[ Richmond]


中にはウェストミンスター・ハイウェイのようにHwy表記の道路もありますが、高速道路という事ではなく片側3車線くらいの大通りの意味になります。

04_1988wstHwy.jpg
[ウェストミンスターHwy]

さてこのリッチモンドは戦前は日本人の移民が多く暮らしていた街でしたが、中国人が白人をそそのかして日本人を排斥してからというもの、すっかり中国人の街と化してきました。

その中国人が鼻につくという事で、しだいに嫌われつつあるようです。
カナダのど真ん中で中国語のみで会話している連中ということで、ちょっと異質感が半端ない。
うまく使うと美味しい料理を安く食べられるから、いいんだけど。ちょっと身なりが貧乏くさい。

05_public-market-stalls.jpg



たしかに中国人は固まってコミュニティーを形成して、排他性を醸し出すので嫌われるのですが、この地区にはもっとやっかいなフィンランド人もいるので喧嘩を始めるときりがないことになります。
フィン人は放射性廃棄物の立入禁止の処理場などに無断で住み込んでいるようです。それで病気になって被害者だと訴えてもねぇ。

06_234RmdBrg.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

タイの物価はカナダより高い




バンコクのサイアム・ディスカバリーが改装したので、久しぶりに立ち寄ってみました。

サイアムパラゴンのM階からサイアムセンターの3階へ通じるエスカレーターがあり、さらにサイアムセンターの4階まで上がると、ディスカバリーの2階へと通じる通路がある。

01_3458BC.jpg



以前はディスカバリーの3階へ上がってからMBKへの連絡通路があったのだが、現在工事中でM階へ下ってから連絡通路でMBKへ出るようになっています。

02_2538BC.jpg



ここで混乱しそうだけど、パラゴンでは1階から順にG階、M階、1F、2F以下同文、サイアムセンターは1階、2階、3階以下同文、ディスカバリーはパラゴンと同じくG階、M階、1F、2F、3Fとなります。
つまり日本風にいうと、パラゴン2F→サイアムセンター3F→4F→ディスカバリー4F→2F→MBKという順路です。
********************************************************

さて話を元に戻して、改装なったサイアムセンターとディスカバリーにはアウトドア関連と文房具関係のお店が増えたようです。

アンダーアーマーやザ・ノースフェイスなどが入店していました。

00_20161123_unarmar.jpg


03_2841BC.jpg



アンダーアーマーには暑いタイに仕様を合わせてランニングシャツやスイミングなどサマー用品しかなかったので比較はできませんが、ザ・ノースフェイスにはジャケットなどカナダに置いてあるものと同じですので値段の比較ができます。

04_2823BC.jpg




ぴったり同じものは無かったけど、レインジャケット類がカナダで税込み$160(13,000円)ですが、タイでは10,000バーツ前後(30,000円)。

すなわちカナダのほぼ2.3倍になります。

これだけでタイの物価がカナダよりも高いとは言いませんが、アンダーアーマーのTシャツも日本の2倍くらいしていますので、全体にブランド品は高いと言えます。

05_2929BC.jpg
[Swallowtail Vent Hoodie]



でもタイの方が物価が安いはずだけど・・・という気がしますね。
間違いではないのですが、安いのはタイのノーブランドの品物です。あと交通費や通信費、食費も安いです。

外食は安いのですが、食材の費用は日本と同じくらいです。



ここにカラクリがあって、タイで外食を食べてタイの服を買って暮らしている分には非常に安く暮らすことができます。

しかしラコステのポロを着て、車を持って、家で食事を作り、休日にはナイキのウエアを着てテニスという生活をするのであれば、決して安い暮らしが出来るというものではありません。それは日本の方が安いかもしれない。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR