ドラフト会議の数学理論




今年のドラフト会議も終わった。下馬評どおり清宮選手を1位指名するチームが続出して投票は手に汗握る展開で・・・

2番指名の安田選手、3番指名の馬場選手も指名が競合していったが、阪神と巨人は相変わらずクジに弱い。1番を外しただけではなく2番もダメだった。そんなことだからCSにも負けるんかな。


さて、そのドラフトだが、選手の打撃力・守備力・投手力・外野内野へのコンバータの応用性・などなどすべてを点数化してクジの順位を決めているものと思われる。

例えば清宮95、中村93、安田85・・・と付けていって高得点から指名したのだろう。

これは相手が断らないということが前提条件になっている。

ドラフト会議

********************************************************
女の子への告白タイムの場合はどうだろう。

美貌・スタイル・性格・経済観念などを点数化して、A子95、B子85、C子75・・・・・Z子0点としよう。

女の子の告白ドラフト会議でA子ちゃんに指名が競合したとしても、クジでは決まらない。肝心のA子ちゃんにはその気がなくて指名されていないD男くんに気があるかもしれない。

A子ちゃんを外したが、B子C子はもう決まってしまった。次に残った中でD子ちゃんをチョイスというわけにはいかない。

ここで先ほどの点数化は白紙に戻って、好感度・自分に気があるかどうか・性格を重視して、美貌はどうでもよくなるかもしれない。

次の計算式ではZ子95、W子85・・・と先ほどとは点数が大きく異なることがある。

つまり現実社会における選択肢というものは、AかBか、どちらかが〇でどちらかは×、というような2択ではないのである。

AもBも捨てがたい、Zも0点とはいえマンザラでもない。
そのうえAにもBにも拒否された。場合によれば安全牌と思ってたZでさえも拒否権発動という事態もある。
Aを指名したということにより、気分を損ねてBから拒否されるということもある。。。。

すなわちAは〇であると同時に×でもある。
Zは0点であると同時に100点でもある。

まさにシュレディンガーの猫状態。

********************************************************
さて、この現代数学における練習問題には正解が無い。

正しくは、スパッととける解が無いのであって、力業でならスパコンで何年かかるか分からないが解けないことはない。

コンピュータでは数学のようにどこかに解があるという前提であるから、〇か×か、0か1か、で決めようとするからである。

現実社会における行動力学というものは、このように量子アニーリングに従った挙動をするものである。


ドラフト会議の様子を強引に現代数学につないでみたのだが、やはりここは運を天に任せるしかないのだろう。

意中ではないチームに引かれたことが、大いなる開花への起爆剤になるということもあるのだから。



それにしても阪神というチームは負ける場面がよく似合う。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 数学   ジャンル : 学問・文化・芸術

ウドムスックの料理紹介27~160円のプーパッポンカリー




「プーパッポンカリー ปูผัดผงกะหรี่」というのはタイを代表する料理である。

ソンブーンなどの有名店で出されるプーパッポンカリーは、一番小さいもので税込みでだいたい420THB。1400円というところであろうか。

01_1404pupacu.jpg
[ソンブーン@エンバシー]


高級店なので、それはそれで美味しいプーパッポンカリーであり、おおいに満足するところである。

********************************************************
ここウドムスック商店街で出される「プーパッポンカリー」は50THB。160円である。

02_1134pupacu.jpg
[プーパッポンカリー]


なんと本家ソンブーンの1/8以下の値段。

それでお味の方はというと、小さな蟹なので、蟹の大きさはソンブーンにはかなわない。小さいが数では負けない。5~6匹はあろうか。蟹の数が多い分、よくダシが出ている。
カリーの方によく味の出た絶品のプーパッポンカリーである。


ソンブーンといえばお連れさんがタニヤのお姉さんとキマリだから、お連れさん抜きで料理だけを比べてしまっていては、身も蓋もないのであるが。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

Charley Brown's Mexicanaのケサディーヤは食べきれないほど出て800円




ASOKのロビンソンの裏にある「Charley Brown's Mexicana」に入ってみた。

01_1303mexques.jpg


店内はメキシコの国旗と色々な話のワンシーンを切り絵にして飾ってあるのだが、、、どう見ても洗濯物を干しているようにしか見えないorz

02_1805mexques.jpg


Día de Muertos(死者の日)の骸骨がどこかにないかと見渡すと。。。。ありました。
これはマリリンかな。

03_2338mexques.jpg



ソンブレロがあちこちに積んであったから、パーティーの時はみんなソンブレロ祭りになるんだろうね。

04_133746.jpg



なんか不機嫌そうなネコ 「オレのマルガリータには塩を入れないで。って言ったよネ」

05_133758.jpg


********************************************************

さて料理の方はと言えば。
最初にお通しでナチョスが出てきます。

これに付いてきたサルサが結構辛い。ユカタン・ハラペーニョを入れてあるそうです。

06_1310mexques.jpg


メインはチキン・ケサディーヤを注文。タコスの皮(トルティーヤ)にチーズとトマト・マリナードソースで焼いたチキンを挟んで焼いたものです。
サイドにサルサ、サワークリーム、ピクルスが置いてあります。

07_1320mexques.jpg


この熱々チーズがけっこうイケル。4枚しかないので少なかったらまた注文しようかと思っていたが。
とてつもないボリュームで、逆に食べすぎたかなと思うほど満腹。コーヒーやケーキまでは入りそうになかった。
サービスチャージを入れて242B(800円)でした。

ランチだからこの値段なのかなと思っていたが、メニューを見るとそうでもない。ランチはソフトドリンクが付いてくる。ビールやワインに変えると85B追加。ドリンク設定が安くなっている。

ディナーではドリンク設定以外同じようなもの。
タコスは90Bから、ケサディーヤは150Bから、ブリトーは305Bからあるようです。

08_1308mexques.jpg


09_1309mexques.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

東芝 DynaBookを買ってみた




中古の東芝のDynaBook R732を購入してみる。

CPUはCore i5 3320M 2.6GHz、メモリー4GBで128GBのSSDが付いている。

01_1653dybotsh.jpg


auのポイントが山のように溜まっていて、そのうえ利用期限が迫っていた。
日本の滞在期間も残り少なくなっていたので、あまり細かいスペックは気にしなくて、ほぼ値段だけで即決。


ポイント分として17,000pを差し引くと9,800円で購入したことになる。


これでもWindows10が付いてくる。MARプログラムによるライセンスなので、自分のライセンス登録が可能であり、アップデートの対象になる。
********************************************************
さしあたりの感想は、「軽いね」

昔のダイナブックは、据置型じゃあないかってくらい重いので持ち運びなんか考えたこともない。

据置型にしているとバッテリーの持ち時間なども考慮していないから、バッテリー駆動が1時間で終了するという代物だった。

今のダイナブックは最大18時間も持つようなバッテリーパックを選ぶことが出来る。標準装備のバッテリーでも6.5時間である。


バッテリーが大丈夫なら、日本からタイまでの所要時間と同じだけ持つという事になる。そこでタイに戻る機内でずっと映画をかけていようと思っていたが、離発着では使用禁止とかで実際には1.5時間しか使わなかったが、約25%のバッテリー消費があった。計算上では6時間使えるということになる。まぁまぁ大丈夫かなー



acerのAspire Timeline AS3810Tが今まで一番軽かったが、それでも1.6kgである。DynaBook R732は1.3kgしかない。

AspireはDVDドライブを外付けにすることで軽量化を図っていたが、R732ではDVDドライブもSDカードリーダーも付いてのこの質量だから、軽量化の努力は並大抵ではないだろう。

02_2125dybotsh.jpg
[acer AS3810T]

03_2108dybotsh.jpg
[DynaBook R732]


ディスプレイが13.3インチなので、キーボードも87キーになる。
もっとも外部CRTに接続しているから、ディスプレイサイズはあまり重要ではない。


WiDi(ワイヤレス・ディスプレイ)にも対応できるが、WiDi自体は1080ピクセルのHDまでしか対応しないので、HDMIで直接つないだ方が1920ピクセルのフルHDに対応できる。


USB3.0が2つになったのは有難い。以前のダイナブックではUSB3.0は1つしかなく、他はUSB2.0だったので、外部HDDにUSB3.0を使うとUSBメモリーは2.0のポートを使うので遅くなってしまうという不便さがあった。

今後、例えば映像のキャプチャなど大容量で転送するものなどではUSB3.0の方がスムーズにできるのである。


04_0709dybotsh.jpg
[USB3.0]

********************************************************
CPUはCore i5 3320Mという第3世代のコアi5を使っている。これ自体は速いとは思わないが、SSDと組み合わせることで高速化が可能になる。

特にネットを見る時などではその速さが際立っている。

Core i7と比べて速いか遅いかと言われても、実感するものではない。単発のベンチテストではCore i7の方が速いのだろうが、Core i7は時々不安定になるので、全体としてはCore i5の方が作業の所要時間は速いのかもしれない。

これはどこがボトルネックになっているかで決まる問題なので、CPUだけでPCの速度を云々するという事は出来ない。


特に中古品だからと言って液晶が焼き付いていたり、キートップが擦り減っていたりという事もない。最近の中古品は質が良くなっているようですね。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : ノートPC   ジャンル : コンピュータ

皇居に花菖蒲を見に出かけよう




皇居の東御苑というのは、江戸城の二の丸・三の丸・本丸の跡である。
ここは平川門から入ると、大手門までの間の区間が入場出来るようになっている。

まずは東西線の竹橋で降りて平川門に向かう。

01_2628estpls.jpg
[平川門]

平川門の入園時に詰め所で入園票を交付してもらってから、退園時に返却する。月・金(祝日の場合は翌日)と年末年始が非公開日になっているが、入園は無料である。

02_2627estpls.jpg


********************************************************
まずは江戸城の天守閣に行ってみる。

03_2629estpls.jpg



ここは石垣が残るのみであるが、江戸城天守閣というものは振袖の火事で消失して以来、上様が無駄な天守閣を作るよりは江戸の街を再建すべし、というご意向で建て替えはされなかった。

「暴れん坊将軍」のオープニングに出てくるはずの江戸城天守閣というものは最初から石垣だけなのである。
そもそもドラマでも使っているのは姫路城である。

04_5852estpls.jpg
[暴れん坊将軍]


天守閣から見下ろすと一面の芝生の公園になっているが、ここが大奥のあった場所になる。

05_2634estpls.jpg


大奥から内濠に向かっていくと石室(いしむろ)という小部屋が石垣の中に造られていた。暴れん坊将軍はここから外にお忍びで出かけたのかな。


06_2675estpls.jpg


お城っぽいのは「富士見櫓」。文字通りここから富士山が見えたらしい。

07_2654estpls.jpg


********************************************************
大奥の反対側にある汐見坂を下っていくと二の丸に出る。この間の濠を「白鳥濠」という。

08_2637estpls.jpg



二の丸は、昭和天皇陛下が丹精込めて自然を残した場所であり、二の丸全体が自然植物園になっている。二の丸池にはヒメコウホネの小さな花が沢山咲いていた。

09_2643estpls.jpg

10_2648estpls.jpg


二の丸池の傍では、今が花菖蒲の季節である。

11_2640estpls.jpg


12_2642estpls.jpg


13_2646estpls.jpg


********************************************************
二の丸から再び本丸に戻り、大奥から中奥、黒書院、白書院とそれぞれの位置を歩いていくと最後に中雀門(ちゅじゃくもん)に出る。逆コースを歩いたが、この中雀門が表玄関になる。

14_2653estpls.jpg
[中雀門]


中雀門から先は表玄関に相当する三の丸であり、「大番所」「同心番所」「百人番所」と十重二十重に番所が並ぶ。

他の城では殿様が一人いて家臣が登城することになるので、城は門で防御するから門の櫓に鉄砲や矢の狭間があることになるのだが。
江戸城の場合は、上様は一人だが、登城するのは各大名や奉行、旗本、目付など様々になる。そうなると上様の警護だけでなく各大名の警護も必要になる。

そこで中雀門から大手門までの三の丸だけで一つの城のようになっている。

これらの番所には伊賀・甲賀・根来・廿五騎組に与力二十騎、同心百人が警備していた。伊賀と甲賀で夜ごとに忍者の戦いがあったかどうかは知らないが、そんな小説風なことが出来る状況では無かったろう。


15_2650estpls.jpg
[大番所]

16_2689estpls.jpg
[同心番所]

17_2649estpls.jpg
[百人番所]


「ええぃ控えおろう。この紋所が目に入らぬか。」で有名な葵の紋所。ご威光をかざそうにも瓦だから持ち歩くわけにはいかない。

18_2690estpls.jpg
[葵の紋]


最後の出口は、大手門。本当はこっちが正面玄関なのだけど、帰りの電車の都合でこちらを帰路にしてみた。
大手門の詰所で入園票を返却して退出になる。

19_2694estpls.jpg
[大手門]

20_2700estpls.jpg

江戸城というのは非常に巨大なので、全体を回るのは大変である。
二重橋や桜田門のある皇居(吹上御所)は江戸城の1/3程度を使っているだけである。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 建物探訪   ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR