皇居に花菖蒲を見に出かけよう




皇居の東御苑というのは、江戸城の二の丸・三の丸・本丸の跡である。
ここは平川門から入ると、大手門までの間の区間が入場出来るようになっている。

まずは東西線の竹橋で降りて平川門に向かう。

01_2628estpls.jpg
[平川門]

平川門の入園時に詰め所で入園票を交付してもらってから、退園時に返却する。月・金(祝日の場合は翌日)と年末年始が非公開日になっているが、入園は無料である。

02_2627estpls.jpg


********************************************************
まずは江戸城の天守閣に行ってみる。

03_2629estpls.jpg



ここは石垣が残るのみであるが、江戸城天守閣というものは振袖の火事で消失して以来、上様が無駄な天守閣を作るよりは江戸の街を再建すべし、というご意向で建て替えはされなかった。

「暴れん坊将軍」のオープニングに出てくるはずの江戸城天守閣というものは最初から石垣だけなのである。
そもそもドラマでも使っているのは姫路城である。

04_5852estpls.jpg
[暴れん坊将軍]


天守閣から見下ろすと一面の芝生の公園になっているが、ここが大奥のあった場所になる。

05_2634estpls.jpg


大奥から内濠に向かっていくと石室(いしむろ)という小部屋が石垣の中に造られていた。暴れん坊将軍はここから外にお忍びで出かけたのかな。


06_2675estpls.jpg


お城っぽいのは「富士見櫓」。文字通りここから富士山が見えたらしい。

07_2654estpls.jpg


********************************************************
大奥の反対側にある汐見坂を下っていくと二の丸に出る。この間の濠を「白鳥濠」という。

08_2637estpls.jpg



二の丸は、昭和天皇陛下が丹精込めて自然を残した場所であり、二の丸全体が自然植物園になっている。二の丸池にはヒメコウホネの小さな花が沢山咲いていた。

09_2643estpls.jpg

10_2648estpls.jpg


二の丸池の傍では、今が花菖蒲の季節である。

11_2640estpls.jpg


12_2642estpls.jpg


13_2646estpls.jpg


********************************************************
二の丸から再び本丸に戻り、大奥から中奥、黒書院、白書院とそれぞれの位置を歩いていくと最後に中雀門(ちゅじゃくもん)に出る。逆コースを歩いたが、この中雀門が表玄関になる。

14_2653estpls.jpg
[中雀門]


中雀門から先は表玄関に相当する三の丸であり、「大番所」「同心番所」「百人番所」と十重二十重に番所が並ぶ。

他の城では殿様が一人いて家臣が登城することになるので、城は門で防御するから門の櫓に鉄砲や矢の狭間があることになるのだが。
江戸城の場合は、上様は一人だが、登城するのは各大名や奉行、旗本、目付など様々になる。そうなると上様の警護だけでなく各大名の警護も必要になる。

そこで中雀門から大手門までの三の丸だけで一つの城のようになっている。

これらの番所には伊賀・甲賀・根来・廿五騎組に与力二十騎、同心百人が警備していた。伊賀と甲賀で夜ごとに忍者の戦いがあったかどうかは知らないが、そんな小説風なことが出来る状況では無かったろう。


15_2650estpls.jpg
[大番所]

16_2689estpls.jpg
[同心番所]

17_2649estpls.jpg
[百人番所]


「ええぃ控えおろう。この紋所が目に入らぬか。」で有名な葵の紋所。ご威光をかざそうにも瓦だから持ち歩くわけにはいかない。

18_2690estpls.jpg
[葵の紋]


最後の出口は、大手門。本当はこっちが正面玄関なのだけど、帰りの電車の都合でこちらを帰路にしてみた。
大手門の詰所で入園票を返却して退出になる。

19_2694estpls.jpg
[大手門]

20_2700estpls.jpg

江戸城というのは非常に巨大なので、全体を回るのは大変である。
二重橋や桜田門のある皇居(吹上御所)は江戸城の1/3程度を使っているだけである。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 建物探訪   ジャンル : 学問・文化・芸術

昭和のハムカツカレー



今日は「昭和のカレー」というタイトルで昔の懐かしい味を再現してみます。

まずはカレールーから。

カレールーは「オリエンタル・マース・カレー」を用意します。

01_2433swcury.jpg


なにそれ?知らないんだけど・・・

オリエンタルといってもオリエンタルランドじゃあなくて、稲沢(愛知県)にあるオリエンタルです。

昭和30年代から販売しているチャツネ入りのカレー。
マースって火星のことかと思ってたけど、調べたらマンゴー・アップル・レーズン・スパイスの頭文字をとってるらしい。

チャツネ入りと書いてあって、小さなプラ容器に黒っぽい液体が入っていたけど、インド料理のチャツネだと思ってはいけない。

これはチャツネ風味でもチャツネもどきでもない。ウスターソースが一番近い。

********************************************************
人参、玉ねぎを炒めてカレールーを入れてよく煮込みますが、
出来上がり少し単調です。

そこでカツカレーにします。

トンカツを使ったのでは、レトロではないですね。ここはハムカツにします。

薄切りハムを2枚一組で小麦粉と溶き卵をつけて、パン粉を薄くまぶします。(グルメをめざして厚切りハムなどというものを使うのは外道)

衣は決して厚くなったり、ハネの立ったカツとかにしてはいけない。衣はぺったんこなのがいい感じ。


出来上がりは学校給食によく出てくる味に近くなりました。

02_2434swcury.jpg
[ハムカツ入りカレー]


最後はウスターソースで味のバランスを取りましょう。

ところでカレーパッケージのオリエンタル坊やは、なぜ顔が白いんだろう。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

ステブストン・フィッシャーマンズワーフに行ってきます




今日は、ステブストン・フィッシャーマンズ・ワーフに出かけます。
スカイトレインのリッチモンド・ブリッグハウス駅まで戻ってから出かけます。



タクシーなら15分くらい、バスなら25分くらいといったところでしょうか。
401番のバスで、チャタムストリート2ndアベニューで下車して、そのまま2ndアベニューを下ります。

黄色の建物が目印です。

01_2008Fshwarf.jpg


この先を進んで船の所に降りるとフィシャーマンズワーフです。
早朝からやってますが、時間ごとに品物が違っていますので、1日のうちに何度か繰り返し来ると良いものに出会えるようです。

02_2011Fshwarf.jpg


********************************************************
ここでよく出るお魚について英語のお勉強。

英語の訳とバンクーバーで示している魚では微妙に異なることがあります。

Cod, Pacific cod = タラ
Black Cod = ギンダラ
Rock Cod, Rockfish = メヌケ
Hake = メルルーサ
Ling cod = アイナメ
Thornyhead = メバル
Pollock = スケトウダラ
Mackerel = (そのまま訳せば鯖になるが)タイセイヨウサワラと思う
Halibut = オヒョウ

Coho = 銀鮭
Sockeye = 紅鮭
Chinook = キングサーモン、ますのすけ
Tuna = 太西洋マグロ(小型のマグロ)
Skate = ギンガエイ
urchin, uni = アメリカオオキタムラサキウニ
Squid = イカ(多分スルメイカ)
spot prawns = ボタンエビ?


これらの魚類の中でお目当ては、アメリカオオキタムラサキウニ。別名アカウニ。
それとマスノスケ、別名キングサーモン。
朝の9時にはまだウニは出てなかったです。


まずタラの仲間から。タラは安いので買いやすいです。
入口付近にあるSteveston Fishという店で小口で冷凍したタラを扱っています。
鮭も切り身ならここで購入できます。
オヒョウ($6.99/LB)、ギンダラ($5.99/LB)、メヌケ($4.99/LB)、メバル($3.99/LB)、サワラ($4.99/LB)、イカ($4.99/LB)という値段です。LBは1ポンドだから約500g当たり。

03_2009Fshwarf.jpg


このオネエさんの所が一番物がよかった。キングサーモンが$10/LB、半身なら$11/LBとあるけど、1匹で10キロくらいだと思うから$200(16000円)くらいかな。

04_2013Fshwarf.jpg


これは銀鮭かな。サケとしては一番安いやつ。一番右では魚卵も売っている。

05_2014Fshwarf.jpg


これがオヒョウ。オヒョウって3mくらいだと思うんだが、これってカレイじゃないってくらい小さなオヒョウ。カレイは釣ったことあるけど、もう少しねずみ色っぽくて表面がざらざらしている。

06_2015Fshwarf.jpg


エビは大きくて真っ赤です。テントが赤いのでより赤く見せています。ダルマエビかな。

07_2016Fshwarf.jpg


こちらはエイ屋さん。エイをいろいろ切り分けて売ってます。これ韓国料理の素材だけど、便所の悪臭ぷんぷん。いかにも韓国料理って感じの魚です。

08_2018Fshwarf.jpg


続く・・・・



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

タイのお土産はステンレスの鍋です





サイアムパラゴンでIHヒーターを買ったら、オマケで27センチの大型鍋が付いてきた。

フタはガラス製で、だいたい5Lサイズだから土鍋に匹敵するサイズである。

01_1448tanbe.jpg



土鍋と違って、卓上のIHで温めながら使えるという事なので、結構便利そうである。

使わずにしまっていたが、あるとき実家に電話をしたら、是非にも欲しいということなのでタイからのお土産にします。

タイではショッピングセンターに行くとよく展示してあるのだが、2000バーツから3000バーツの値段が付いている。日本では幾らくらいなんだろう。


********************************************************
それで持ち帰って調理してみると、結構使いやすい。


まずはおでんに使う。最初から卓上IHで作ろうとは思わないが、ある程度までガス台で調理して卓上に出すと、熱々おでんの出来上がり。

04G_2364tanbe.jpg




ついでに200V仕様のIHヒーターも持って帰ってほしいと言われたが、日本の家の方が200V仕様にしていないので使えない。ブレーカーの検波抗で電圧を測ると200Vになっているので、ブレーカーまでは100Vと200Vが来ているようだ。ただしこれから先は、いじれないようになっている。

03_2362tanbe.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

わんこ川柳その3





「いたいです

             本気でかんだら

                           おこります」




01_2188wakk2.jpg

じゃれているうちに、何か本気で喧嘩をしていたような気になっているってあるかな




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : わんことの生活   ジャンル : ペット

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR