FC2ブログ

最近の日本のジャーナリストは鎖国攘夷を提唱しているらしい




日本という国は、だいたい75年周期で「鎖国・攘夷」をまことしやかに唱えるものらしい。


2/26のジャーナリスト山田某のコラムを読むと、

《新型コロナ対策大失敗!政府は一刻も早く国民の海外旅行・海外渡航を自粛・禁止せよ!》
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamadajun/20200226-00164741/

『日本政府は他国から、日本人の入国を制限・拒否される前に、自国民の海外旅行、海外渡航を1日も早く自粛・禁止すべきだろう。少なくとも、海外団体ツアーは禁止すべきだ。そうでないと、今後、日本人が感染源となって、他国に多大な迷惑をかける。もし、日本発の感染が確認された場合、世界での日本の評判は地に落ち、日本人への信頼が失われる。

 中国政府は、1月25日の時点で、国民の海外団体旅行を禁止した。当時、中国本土の感染者数は1300人ほどだった。

 中国での感染拡大を受けて、1月27日、アメリカ国務省は渡航情報を1段階引き上げてレベル3にし、2月1日はレベル4にした。これは前記したように「渡航してはいけない」(Do Not Travel)だから、アメリカの航空会社は中国便の運航を全面的に停止した。アメリカがレベルを引き上げれば、世界中の国(ミクロネシア連邦、サモア、キリバス、ツバル、ソロモン諸島、コモロ)が追随する。

 そうならないことを祈りたいが、そうなる前、日本は自主的に、自国民の海外旅行、海外渡航を自粛・禁止すべきだ。』

********************************************************
日本では、誠に不可思議なことにこのような暴言がまことしやかにジャーナリストという肩書のもとに流布されて、それはSNS上で煽り運転のように冷静な議論を脅かしているようです。


これではまさしく、鎖国を国法とし、異国船打払令をもとに攘夷を掲げているのと変わりがない。


考えてみると、こういう思考形態はだいたい75年周期で繰り返されるものらしい。

幕末の頃、昭和初期、鎌倉時代の末期、室町末期にも出現しているようです。


こういう思想が潰えたのはひとえに経済破綻です。幕末の頃を例にとっても、鎖国と倹約だけでは破たんした経済再建は不可能になり、その結果が子減らしと娘の売買へと走っていったわけです。


無論、娘を売り、子供を捨てたところで国家経済が改善されるわけでもなく、植民進出に活路を見出したわけであり、その先に戦禍を交えるのは必然ともいえます。

********************************************************
ここであえて持論を述べると、新型コロナに感染した数が問題なのではない。感染者数ではなく、肺炎罹患者数が問題なのです。

これは風邪をみてもそうですが、風邪をひいた数というのはそれほど話題にはならない。その何%かが重症化し、肺炎になるのが問題なので、それを混同すると風邪をひいただけでICUに入れて経過観察するということになりかねない。その結果、病院が満杯でリアルな肺炎を起こしても対処できずに死んでしまうということになる。

そういう意味で、感染者に対するトリアージが大切であり、優先度の差別化を計らなくてはいけなくなります。

ところがこのトリアージ自体がとても難しいのであって、例えば列車事故で100人ほど重軽傷が入り混じり、(A)四肢に大きな損傷、内臓破裂した状態、(B)完全に押し潰されていてバイタルのない状態、(C)出血しているが病院まで自力で歩ける状態、がトリアージされるとします。

冷静に考えると(A)が緊急搬送。(B)は余力があれば蘇生処置を施す。(C)は自分で外来に行く。と分かりそうなものですが、実際には(C)がなぜ緊急搬送されないかとくってかかり、(B)は脳死状態であっても蘇生処置を止めることを許さない。

その結果(A)の搬送が遅れ助からなくなるというパターンが考えられます。

これが医師のトリアージを信用しないパニックです。

********************************************************
厚生労働省による感染症対策基本方針では

(A)高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高い
(B)帰国者・接触者外来で新型コロナウイルス感染症を疑う場合、疑似症患者としてPCR 検査を実施する。
(C)発熱等の風邪症状が見られる場合の休暇取得、外出の自粛
となっています。


つまり(C)の一般的な風邪の症状だけの場合は、無差別に外来に行っても検査はしてもらえない。保健所に相談して疑似症患者にならないと検査は出来ないということになります。

20160712-350x350.jpg
[出典:ヨシタケ シンスケ]

これは風邪症状くらいのコロナ感染者から多くの人に感染が拡大したという事例もあるが、その反面、ほとんどの場合、周囲の人に全く感染が広がらなかったという事例もあるからです。ここをウイルスは必ず無差別に感染すると煽るマスコミ報道の悪質な点です。


そうはいっても(C)が多くの人にうつしてしまい、結果として予期せず(A)の高齢者の重篤化という事例も全くないとは言い切れないので、学校やイベントは自粛してマスクをかけましょうという話になります。

********************************************************

お話変わって、この時期、学校閉鎖というのはイタイですね。

卒業式はともかく、大学を○数校受けたが全部ダメだった高校生とか、今もって就職か専門か大学か進路が定まっていない子とかどうすればいいんでしょうね。


コロナ感染した先生が授業をしたといって問題化していますが、受験生にとっては、コロナ感染なんかいいから進路相談に乗ってほしいでしょうね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 科学・医療・心理   ジャンル : 学問・文化・芸術

みんなコロナのことばっかり気にしてるけどバーツが急落中




みんな寝ても覚めても、朝からコロナ肺炎のことばかりがニュースになっている。まあ仕方ないことだけど。

その話題に隠れてひっそりとバーツは急落しています。

001234.jpg


2月27日正午のレートでは\1=0.28879THB つまり1万円=2,885THB(手数料を引いた値段)です。

これは昨年9月以来の急降下です。



この状態が一時的なものか、それとも1万円=3,000THBの時代へと戻るのかは、まだ分かりませんが。



タイバーツの急落は円/ドル相場の低下と強く連動していますので、

日本にコロナ肺炎の患者が増えた>日本の経済状態の冷却>円高なのか。

アメリカ債権利回り低下>日本の株安なのか

ちょっとわかりませんね。



ただドル/ウォンが急騰して$1=1,218Wになっているので、韓国からの企業脱出が進み、円に流れているとも考えられますので、本当の原因は韓国の急激なコロナ肺炎拡大かもしれません。

その場合は、このバーツ急落の動きは抑えられないかもしれないですね。

簡単にいうと、例えば1万円=2,000バーツだったものが、1万円=3,000バーツに急騰した場合、1,000バーツ=5,000円から1,000バーツ=3,333円に下がるわけです。

日本円を持ち込んでバーツに変えて暮らしている人々には朗報と言えますが、タイで生産して製品を日本に送っている会社の場合は円決済では目減りしている感触を受けるかもしれません。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : FX外国為替情報   ジャンル : 株式・投資・マネー

ラマⅣのムーガタ「T. TONG Mu Katha」




ラマⅣレストラン探検記。今回は以前夕ご飯を食べに行った「ニッタヤガイヤーン」の入っている「スアンプルーン・マーケット」の向かいのお店です。

お店は「T. TONG Mu Katha」という名前のようです。
このオバサン(お姉さん)のキャラクターが目印のムーガタです。

ムーガタというのはタイのBBQのことね。

01_0011Mukata.jpg





お姉さんキャラがお店に立っているかと思っていたが、さすがにそれは無かった。

02_202510Mukata.jpg


しかしここは、タイ人には有名店らしく、ラマⅣのムーガタで・・・BIG-Cの隣で・・・と言うだけですぐに分かったらしい。
********************************************************

ラマⅣの沿線沿いなんだけど、路駐が多くて道が狭くなっている。その大半はここの客らしい。店内の席は満席で、道路にも席が溢れているのだが、そこも早いもの順。

ひさびさにお客さんで溢れたお店というのを見たよ。

03_202620Mukata.jpg


メニューは板切れ一枚の表と裏にあります。
ほとんどタイ語だけど、ムーガタセットとして300,400,500THBの三種類があるらしい。他はサイドメニューだから分かっても分からなくてもどうでもよい。

04_203020Mukata.jpg


ビールが120THBというのが高い気もするが、氷付きだからそんなものか。

目印のお姉さんキャラは、メニュー表に付いていました。

05_203030Mukata.jpg


さて、400THBのムーガタセットです。
この写真が全てではなくて、他にも豚肉4種類と海老6尾くらいが付いています。

06_203651Mukata.jpg


さて小一時間かかって完食。
満腹過ぎて眠くなるほどです。
特に豚の出汁がよく利いたころに、とろとろに煮えてきたキャベツや白菜が堪りませんね。

07_212403Mukata.jpg


本日の会計は570THBでした。

ムーガタというのは、ジンギスカン風の焼肉なんでどこで食べても同じに見えるんですが、肉の質もあるし、タレの質もあるし、やはり美味しい店と不味い店があります。

コレばっかりは、行ってみるしか分からないですね。。。。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

果たして中国人がコロナのスプレッダーなのだろうか




ここんとこ各国においてコロナウイルス感染が目立っており、早く中国人の入国を禁止しなかった政府の処置をとがめるという意見が多い。

武漢は人的交流の多い都市であり、武漢に出入りする中国人は多かったので、必然的に中国全土に感染が広まったというのはある。。。。だが。。。。。

実はそのことと、中国人がウイルスキャリアであるということとは関係が無いのではないだろうか。



中国人の行動パターン:大声で唾を飛ばしてしゃべる。うるさくてマナーがない。群れたがる。糞便マナーが悪い。爆買いをする。衣服が汚い。風呂に入らない。


こういった従前からの鼻つまみ者的な行動パターンが、正当な理由付けが出来たので中国人お断りに直結したのだろう。

早い話、嫌われ者だったということか。

********************************************************
ベラ・バルトークの舞台音楽に「Der wunderbare Mandarin」中国の不思議な役人(邦題)というのがあります。

wunderbareとは、「wonderful」のドイツ語ですが、ワンダフルといっても素晴らしいとか驚くべきとかではなく、奇異とか怪奇とかの意味です。

この舞台では、中国人はナイフで刺しても、首を吊るしても死なない怪人のような存在と扱われています。





つまり欧米において、中国人とは昔から存在自体が奇異としてみられていたということです。

さて、中国人が奇異な存在という意識は、アジア人全体が奇異であるという意識と不可分ではありません。日本人だけは別とか、韓国人はアメリカの同盟国とか、自分で思っているだけの話です。それは黄色人種いっぱひとからげ。


こうなると、韓国のように人種偏見の強い国からヘイトが始まります。

ウリたち(だけ)は、優秀だから他の黄色人種とは違う。ウリナラは防疫意識が優れている、感染したとしても他の人種がもたらしたものだ。チョッパリの渡航を禁止すればすむ。


これが2月18日までの韓国人の意識でした。その後の爆発的な感染拡大は、かつてのMARSのように過去の事例を直視できない偏見がもたらしたものでしょう。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 科学・医療・心理   ジャンル : 学問・文化・芸術

「Alexander's German Eatery」で早めの夕食を




ドイツ料理のお店「Alexander's German Eatery」はエカマイ・ソイ12にあります。ドンキーがソイ5ですから、ドンキーのある通りと反対側になります。



ここでランチをしたいのですが、営業時間が15時からですので、ランチにはちょっと遅いかな。

夕食に使うと丁度いいのですが、少し前にこの隣のソイで深夜に日本人が強盗に襲われていますので、危険な通りではないにしろ夜日が落ちてから歩き回るのはちょっと気が引ける。そこで早めの夕食ということにします。

01_150312Alexander.jpg


早めの夕食で一番困るのは、お酒を出す時間が決まっていること。

この前Alexander'sに行ったときは、ダメでした。

恐る恐る聞いてみたら、今日は出してもらえたから、ウェイトレス次第なのかな。

シンハビールが90THB。値段はともかく、小瓶しか無い。

02_150928Alexander.jpg


棚に飾ってあるヴァイオリンとか、ベートーヴェンとか見ながらビールをちびりちびり。

03_152132Alexander.jpg


これはサラダのメニュー

2番目にある「GEBACKENE CHAMPIGNONS REMOULADENSOSSE UND GEMISCHTEN BLATTSALATEN」ベイクドマッシュルームのレムラードソースとグリーンサラダを頼みます。280THB

04_151847Alexander.jpg


********************************************************
これが「GEBACKENE CHAMPIGNONS REMOULADENSOSSE UND GEMISCHTEN BLATTSALATEN」

上にあるマヨネーズのようなソースがレムラードソースです。

コロッケは何だろう。

05_152157Alexander.jpg


コロッケを切ってみたら、ベイクドマッシュルームでした。ベイクドというよりフライドだね。

これがマッシュルームから水が出るので、揚げると熱々になって、まるで小籠包みたいに口の中が火傷しそうだった。熱々うまうまな一品です。

06_152319Alexander.jpg


これだけじゃあ足りないから、ニュルンベルグソーセージも追加で頼みます。

07_152808Alexander.jpg


ソーセージの下にはザワークラウトとマッシュポテトが隠れています。

08_152818Alexander.jpg


食べてみて意外だった(?)のは、ソーセージに関しては以前行ったラマⅣの「Panther Cafe and Bistro」の方が美味しかった気がする。

ドイツ料理専門店なのに、市中のカフェに負けてどうする。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR