FC2ブログ

日本もだいぶ暖かくなってきたから帰国します



3月下旬になると、だいぶバンコクも暑くなってきます。
日本も極寒期を過ぎたので、だいぶ暖かくなってきたようです。

それで一時帰国をしようと思うのですが、安いフライトチケットがない。

この時期は桜見物で訪日するタイ人が多いからね。航空会社も強気なわけなんですよ。

01_21556japanback.jpg


その中でも安そうなフライトは、BKK15:15/HND23:00で、65,000円。

値段も高いが、羽田23時じゃあ、横浜は午前1時ころですか。寒いだろうな。

02_44250japanback.jpg


バンコク時間は何とでもなるが、日本の到着時間はよく考えないと大変です。宿泊費も高いので、安易に成田に泊ればいいというのはトータル金額が高くなります。

********************************************************
かろうじて安いと思えるフライトがエアアジアXで23,293円
ドンムアン4:25、成田12:40の片道フライトです。

ドンムアン午前4時というのは、午前1時に空港へ行って手続きをするということになります。

成田にお昼の12時40分。空港を出るのが13時40分、横浜到着が16時。まあまあイイ時間帯。

03_62335japanback.jpg


ドンムアン午前10時の方が楽だけど、成田に夕方19時じゃあ、空港を出るのが20時、横浜到着が22時。タクシーも割増の時間帯。

ベストな時間帯はバンコク深夜0時、成田到着が朝の8時。それなら横浜に昼11時には到着します。

エアアジアって乗ったことが無いけど、どうなんですかね。

タイ人に話したら「絶っっっっっ対。イヤ」と言われましたが。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

土佐のアイスいかが




「高知」というところは、つくづく宣伝の下手な地方だと思う。
「高知」「土佐」というと、カツオのたたきを連想するのだが、実際にはそんなに旨いものではない。

高知に行って食べたものでは、鶏のから揚げがおいしい。でも鶏は宮崎とか大分とかに名前負けしてしまう。

みかんも美味しい。これも愛媛の方がネームバリューで負けてしまう。

トマトも美味しいのに、お隣の徳島に名前を取られてしまった。


結局、高知は愚痴愚痴いうだけ。愚痴愚痴番長だな。

********************************************************

その高知から遅まきながらバンコクにアンテナショップが開かれていた。

場所はイセタンの5階。日本の食品やお菓子類が売っているコーナーである。

01_121111tosanoaisu.jpg


ここにはアイスしか置いてないのだが、それでも頑張ったほうだと思う。

まずは「山北みかん」

山北というと、神奈川県の足柄峠みたいだけど、この山北は高知県香南市。
門外不出という訳ではないが、県外に出さないから誰も知らないジューシーなミカン。90THB

02_121048tosanoaisu.jpg


そして「文旦」90THB

文旦はソムオーの仲間だからタイ人には受け入れやすい味だと思う。

03_121036tosanoaisu.jpg


そして「柚子」90THB

ゆずの味は難しいかもしれない。ゆずを広めるには、ゆずぽん酢がどうしても必要な料理を広める方が先かもしれない。

でも、ゆずは豚シャブにはよく合う。タイは豚肉の美味しい国だから、きっと評価してもらえるんじゃないかな。

04_121037tosanoaisu.jpg


それにしても90THBじゃあ苦戦するかもしれないが、頑張ってください。
まずは龍馬から早く脱却してください。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

素晴らしきウィーン料理




ウィーン料理といってもヨーロッパまで行かなくても、バンコクで本場のウィーン料理が楽しめる所があります。

チッドロムのセントラグランでホテルの24階にある「The World」です。

ここでは2/21~3/3の期間限定ではありますが、オーストリア料理をすべて食べ放題にしています。期間が外れてもパンとチーズとスィーツは何時でも提供してくれます。Lunch 850THB++

01_144150vienafood.jpg


「Klare Rindsuppeクラーレ・リントズッペ」ポテトのコンソメスープ
Klareとはクリアーのことだから、クリアスープという意味か。
ドイツ圏に行くと料理の楽しみはズッペです。
コンソメと言っても玉ネギだけのスープと違って、野菜ゴロゴロの豚汁に似た料理です。実によいおダシが利いていてほっこりとした料理です。

02_140221vienafood.jpg


「Tafelspitzターフェルシュピッツ」牛煮込み料理
ビーフシチューの肉だけを食べるような料理です。トロットロになるまで煮込んだビーフは、ステーキと違ってパンによく合います。

付け合わせは「Wiener Kartoffelsalatカルトッフェルザラート」
これが実に軽い。そして美味しい。
ポテトサラダのようなポテトにマヨではない。
調べるとポテトをコンソメとバターで炒めるようです。軽いというのは卵を使ってないからかな。

03_134213vienafood.jpg


********************************************************

ウィーンのパンはたくさんあるので、どれから食べていいのかわからない。

まずは「カイザーゼンメル Kaisersemmel」
いわゆるカイザーロールである。ドイツに行ったときには毎日カイザーゼンメルが出てきたのだが、これにハムを挟んで食べる。まあドイツにおけるマクドのバンズと思えばいいか。
でも少し硬い。

04_143454vienafood.jpg


「ライ麦パン Braunes brot」
ライ麦パンたっていろいろ種類があるんだが、名前が書いてなかった。ロッゲンブロートRoggenbrotという名前でも出ているが、これもRoggen=ライ麦、brot=パンだから同じこと。
次のミッシュブロートよりも酸っぱいのはライ麦比率が高いから。
とても美味しいパンです。それでいてスープに浸すような固いパンではない。

食べ方としてはバターでもいいけど、チーズやschmalzを塗って食べましょう。これを知ったらもうドイツ系のパンに首ったけになること間違いなし。

05_143512vienafood.jpg


「ミッシュブロート Mischbrot」
いわゆる田舎パン。パン・ド・カンパーニュとして売られている小麦粉50ライ麦50のパンです。ロッゲンブロートよりもクセが無いので、料理に合う万能のパンです。
よくドラマでシチューの皿をさらって食べるシーンがあるけど、こちらが合うかもしれません。

06_143514vienafood.jpg


「ツオップ Zopf」
ツオップ Zopfはライ麦を使わない普通のパン、ヴァイツェンブロート Weizenbrotに入ります。
ふつうの食パンが食べたかったら、このツオップを選択するといいでしょう。柔らかいので、歯が弱くても大丈夫。バターを塗って召し上がれ。可愛い三つ編みが特徴ですから一目でわかります。

ツオップというのはドイツパンというよりスイスパンというイメージがありますが、ドイツやオーストリアにも広く伝わっています。ただ小麦パンはライ麦パンに比べると日持ちが悪いという性質があります。

07_143557vienafood.jpg


さてさてパンの話をしているとキリがないので、これくらいにして。
次はパンに塗るものの紹介です。

カイザーゼンメルのようにハムを挟むものもありますが、ライ麦パンはチーズ等を塗って食べます。

まずは「grammel schmalz」シュメルツというのは、パン用スプレッドのラードです。ラーメンに入れるラードと違って、パセリとかベーコンなどが練りこんであります。

ラードをパンに塗るって、もうメタボ一直線。バターでさえ控えているというのに。。。と、ぼやかないでまず一口。もうウィーンのパンの魔力からは逃げられなくなりますよ。

えっ!! いままで食べていたライ麦パンって何だったんだよ~と絶句するくらいライ麦パンの世界が変わります。

08_143614vienafood.jpg


もうひとつ、ライ麦パンを美味しくするアイテムはチーズです。

「トム・ド・サヴォワTomme de savoie」
このチーズはセミハード系ですので、パンに載せていただきます。とってもまろやかでクリーミーなチーズですので、単独で食べてもいいでしょう。

サヴォワというのはフランス領ですが、シャモニーに似た地方です。

09_144034vienafood.jpg


「タレッジオTaleggio cheese」
北イタリアのタレッジオ渓谷で作られているというウォッシュ系チーズです。ウォッシュタイプはワインの摘みであってパンに塗るものじゃないと思ってましたが、意外と合いますね。
独特のクセがありますが、このクセが堪りません。グリーンサラダに入れて、オリーブオイルをたっぷりかけてもいいでしょう。

ちょっと固いタイプですので、ロッゲンブロートのような固いパンに塗ると良いでしょう。

10_144046vienafood.jpg


********************************************************
ここまで書いて大事なことを忘れていた。
ウィーンといえば、デザートです。
もうパンに夢中でデザートをすっかり失念してしまいましたが、気を取り直して取りに行きましょう。


「ザッハトルテSachertorte」
ウィーンといえばザッハー。と思うでしょうが、最近のウィーンっ子には人気が低いですね。やはり毎度ザッハーじゃあねぇ。

でも観光客のチョイスはやはりザッハーです。チョコレートケーキに見えますが、(チョコレートケーキには違いないですが)アプリコットの味がよく効いていますので、チョコレートケーキのようなドス~ン感は来ないです。

11_140926vienafood.jpg


「エステルハージ・トルタEszterhágy torta」
いかにもウィーンを代表するケーキです。必ずしも白いアーモンドクリームばかりではなく、チョコを使うものもあるようです。

でも食後のデザートにはあまり合わないかな。午後ティーの時間に寛いで召し上がれ。

表参道にジェルボーというウィーン菓子専門店があるのだが、そこでも作っているらしい。でも売り切れという場合も多いのでなかなか幻のスィーツというものでしょう。

12_140933vienafood.jpg


「カイザーシュマーレンKaiserschmarrn」
これはビュフェだから形が崩れたのではなくて、元々そういうものです。
一口で言うと、砕いたパンケーキにチョコやアプリコットのソースをかけたものです。
いかにも食後のデザートっぽいこのケーキは、ケーキショップでは形にならないので扱えないでしょう。

これは自分でもできるようなケーキです。まずはパンケーキを焼いて、それをバラバラに砕いて、アップルパイのフィリングやキャラメルソース、チェリーなどのコンポートを添えれば出来上がります。

13_140943vienafood.jpg


eatigo割引で593THBでした。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイのお土産選び




そろそろ帰国しなくてはいけない時期がやってきた。

タイのお土産選びの時期でもあります。

まずは娘へのお土産は何にしよう。

前回少し分けてあげたコーントルティーヤが好評だったから、これは欠かせません。

トルティーヤなんて日本でも売ってますが、少し味が違うのはなぜだろう。

バンコクのコーントルティーヤは、揚げるとパリパリのナチョスになります。コイケヤのドンタコスの味ね。

01_160400taitoy.jpg


娘の子供~つまり孫ね。コレがなかなか難しい。

いかにものタイ土産っぽい象のぬいぐるみ。83THB
こういうのはもう飽きたので、もっと実用的なおもちゃ類が欲しいらしい。

02_190924taitoy.jpg


いかにもバッタもののバービーちゃん人形。73YHB
名前はエンジェルちゃんだそうな。

03_190714taitoy.jpg


レゴブロックの大きいの。175THB
このバッタもののレゴブルックは互換性があるのだろうか。

04_190657taitoy.jpg


午後のティーセット。195THB
箱はデカイが左半分は恐らくからっぽ。おままごとセットというのは良いがいささかパーツが少なすぎる。ドーナツ1個じゃあ、ひとり飯のママゴトになるぞ。

05_190959taitoy.jpg


コスメセット。229THB
ドライヤーまで付いている。サンペンレーンまで行ってつけまつげでも買って付けようか。
でも考えてみると、ケース付きだから嵩張るので却下。

06_190935taitoy.jpg


結局、午後ティーセットのケーキの多いのにします。225THB
箱は邪魔だから中身を出してカバンに詰めます。
ちなみに箱の右部分にはシートが入ってました。

07_191758taitoy.jpg

********************************************************
おまけ
ワンコのお土産は肉です。45THB
前回買ったおもちゃも即日壊れました。
耐久度ゼロです。

08_191737taitoy.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ほんのり懐かしいタイの煎餅




オンヌットのBIG-Cに出かけます。駅前のLOTSUの方が大きいのですが、BIG-Cの方が市場の真ん中にあるので、庶民的な雑貨が揃っています。

BIG-Cの3階に上がると、「MR D.I.Y」がありますので、部屋のドアノブを買い求めます。

部屋と部屋の間のドアなので、カギ無しが欲しかったんだけど、全部カギ付きですね。89THB(307円)

01_192740onnutkaoten.jpg


日本だと3,000円はしますから、異様なほど安いです。

タイで仕入れて、日本のアマゾンマケプレで売っちゃうとイイかも。
********************************************************

帰り道にBIG-Cから駅への近道を通り抜けます。このあたりは路上市場になってます。要するに屋台ストリートです。



その一角でカオテーンข้าวแต๋นを売ってました。20THB

02_191722onnutkaoten.jpg


タイのあちこちで売っているお菓子です。おこしみたいだけど、おこしより歯にやさしい、サクサク感がたまらないお菓子。

コレって絶対に日本人うけがいいと思う。どことなく懐かしい昭和の香りの漂うお菓子。

カオニャオをイモの一種で色付けをして、干して固めて揚げたものです。表面にかかっている茶色のものはキビ糖です。他にもムーヨーン(乾燥した繊維状の豚肉)とかカシューナッツを張り付けたのとかもあります。

03_192924onnutkaoten.jpg


タイ人はどうしてこういうお菓子を推さないんだろう。

カオニャオ・マムアンみたいなスイーツ系もいいけど、こういう素朴なお菓子ももっとメジャーになって欲しい気がします。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR