ヒンデミット交響的変容



今日は「ヒンデミット交響的変容」を聴きに出かける。演奏はプロースト管弦楽団ということである。

P_20180512_171320.jpg


ヒンデミットの「交響的変容」または「ウェーバーの主題による交響的変容」とは、パウル・ヒンデミットが1943年に作曲した管弦楽作品である。


これは変奏曲というよりは、もはや原曲などとは全く無縁の管弦楽組曲と言ってもいいかもしれない。

一応それでも原曲らしきものはある。どこかの街角でアコーデオン片手に演奏されていそうな軽い曲である。


[ウェーバー8つの小品 op.60]

さてこれが管弦楽曲になるとこのように変わる。


[ヒンデミット交響的変容]

まさに原曲の影も形も無く行進曲風になっている。これはヒンデミットの音楽それ以外の何者でもない。

第2楽章は、「トゥーランドット」による変奏という題である。ウェーバーのトゥーランドットに使われていた主題が楽器を変えながら、さまざまに演奏をされていく。

この楽章はラヴェルのボレロに比較されることが多いのだが、確かに繰り返しではボレロ的であるが、比較するとするとベンジャミン・ブリテンの「青少年のための管弦楽入門:パーセルの主題による変奏曲とフーガ作品34」のフーガが適切かもしれない。

最初これを依頼したバレエ・リュス・ド・モンテカルロの芸術監督レオニード・マシーンとしてはもっと単純にウェーバーの管弦楽化を望んでいたようなので、出来上がりに不満であったようだ。結局バレエ化は出来なかったのである。


しかし現在では、ヒンデミットを代表するような名曲として演奏回数も多いナンバーとなっている。


********************************************************
ここで金管楽器が多用されているので、いっけん吹奏楽のナンバーに見えるのであるが(実際に吹奏楽でも演奏されることがある)、聴き比べると吹奏楽ではパートの厚みが全く違っている。

金管が目立つので、奥にやられていそうな弦楽パートであるが、この弦楽器があるか無いかでは全く違っている。


[ブラスバンド演奏]

つまりはブラスバンド風に見えるが、その実は、純然たる管弦楽をフルに使いこなした交響的楽曲ということである。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : コンサート   ジャンル : 音楽

色とりどりにグラデのあるバラ~谷津バラ園2




前回のバラ園が続きます。

「リオ・サンバ」
いかにもブラジルっぽいというか、派手目なバラです。
移り気なバラなので、黄色だったり橙色だったりと刻々変化をしていきます。変化の途中でグラデーションがつくので覆輪にも見えます。
アメリカ・ウォーリナー社、1991年

01_3216krosemable.jpg


02_3217krosemable.jpg


「きらり」
これは赤と白の絞りです。ジョージ・バーンズに似た色合いですが、葉が強い光沢をもっています。
やはり赤・白・黄色の絞りは和服をイメージします。
日本・京成バラ園芸、2003年

03_1452krosemable.jpg


04_1458krosemable.jpg



「アンネのバラ Souvenir d'Anne Frank」
アンネ=フランクの形見と名付けられたバラはバーゼルから日本に空輸されたのですが、そのうちの一本だけがかろうじて生き残ったという物語のような奇跡のバラです。

咲き始めはオレンジ、そして黄色へ、やがて赤い覆輪が入り、どんな色へ変化してゆくのか分からない。無限の可能性を秘めているということで、アンネの未来への可能性を語っているといわれています。
ベルギー・デルフォルヘ、1955年

05_3257krosemable.jpg


06_3258krosemable.jpg


「ピカソ」
これは見事に手描きしたような模様のバラです。
花は裏が白くなったり、白バラに赤の覆輪が入ったようになっていたりと色々なパターンがあります。
イギリス・マグレディ、1971年

07_1344krosemable.jpg


「アリンカ」
黄色の花をベースに赤が差し込んでいるので、太陽のように赤い火炎が燃え上がっているようです。
ドイツ・コルデス、1985年

08_3270krosemable.jpg


********************************************************
つぎは色が変わってゆく系統ではありませんが、印象的な色の花です。

「カフェラテ」
カフェの名前の付いたバラには、カフェラテだけでなく、カフェオレ、カプチーノ、コーヒー、エスプレッソ、ブラックティーとたくさんあります。そのほとんどは茶系の花。

特にミルクコーヒーの色だというのですが、コーヒーというよりアンティークドールを連想します。

オランダ・デルイター、2005年

09_3261krosemable.jpg


10_3260krosemable.jpg


「キャロリーヌ・ドゥ・モナコ」
モナコ公国の王女の名前を戴いてますが、白い剣咲きで中心にほんのりと紅をさしている上品なバラです。

中心に紅を差した「キャロリーヌ・ドゥ・モナコ」は京成バラ園のものしかない。
他の植物園や庭園の「キャロリーヌ・ドゥ・モナコ」は中心には黄色が強くなったものだけなんだけど、枝変わりしたのか、土壌の関係なのか実に興味深い。
フランス・メイアン社、1989年

11_3267krosemable.jpg


12_3268krosemable.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : バラが好き!   ジャンル : 趣味・実用

五月のバラ~谷津バラ園




「谷津バラ園」に五月の夏バラを見に行きます。

ほぼ満開の状態ですね。

01_1343rgardn18.jpg


02_1345rgardn18.jpg


まずは、赤バラから。

「ストロベリー・クラッシュ」
英国ディクソン社、1974年

03_3219rgardn18.jpg


「イングリット・ウェイブル」
ドイツ・タンタウ、1981年

04_3223rgardn18.jpg


「クリスチャン・ディオール」
メイアン社の代表的なバラです。
フランス・メイアン、1958年

05_3244rgardn18.jpg


「ナイトタイム」
赤バラというより黒薔薇の仲間に入ると思います。

黒薔薇というととっても妖しい響きですね。
アメリカ・ウィークス、1975年

06_3254rgardn18.jpg

********************************************************
次は白バラです。
昔々、近所に白バラ牛乳というのを売っている店があって、そこのコーヒー牛乳が美味しかったことを思い出しました。

「白バラコーヒー」って白いんだか黒いんだかよくわからない名前ですが、コーヒー牛乳だから茶色です(あたりまえか)

まずは代表選手として「ヨハネパウロ2世」
白バラといえば、ボリューム感たっぷりのこの花ですが、ヨハネパウロ2世のもう一つの特徴として、花弁に他の色が入りにくいという点があります。
アメリカ・J&P、2008年

07_3212rgardn18.jpg


同じ白バラでも、「サラトガ」は少しアイボリーが入っていますので、ミルク色といった感じです。
アメリカ・バーナー社、1963年

08_3206rgardn18.jpg


「アキト」
これも小型のバラですが、白に少し赤が混じります。
ドイツ・タンタウ、1974年

09_3209rgardn18.jpg


「花ぼんぼり」
アメリカの白バラはストレートで力強いパワーを感じますが、それに比べて、日本の白バラは優雅さ・お淑やかさを感じさせます。

化粧のきつい米国美人か、薄化粧の日本女性か。
日本・京成バラ、2011年

10_3247rgardn18.jpg


11_3248rgardn18.jpg


長くなったので次回に続きます。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : バラが好き!   ジャンル : 趣味・実用

京葉線南船橋から谷津バラ園に行く




谷津バラ園がちょど満開でみどころであるということなので、横浜から千葉県の谷津バラ園に向かおうと思います。

グーグル君で行き方をチェックすると、京成線で船橋まで行って各停に乗り換えて谷津に行く方法。でもこれは直通が無いので、高砂などで乗り換えないといけない。

もうひとつはJRで南船橋に行く方法。これは東京で京葉線に乗り換えるか、りんかい鉄道で新木場で乗り換える方法がある。

00_0122kbara.jpg


東京駅で京葉線に乗り換えるのはイヤなので、りんかい線で新木場で乗り換える方法をとってみよう。

新木場というと、木場が新しくなったみたいだけど、ここは昔、「夢の島」と言っていた場所で、早い話ゴミの埋め立て地である。

東京五輪の会場になるので最近急に整備を始めたのだが、以前はゴミ焼却炉の余熱を利用した熱帯植物園があったくらいかな。


新木場ではほとんど歩かずに京葉線に乗り換えが出来る。

京葉線は、東京DLのシンデレラ城を横目に見ながら、どんどん進み「南船橋」に到着。

01_1430kbara.jpg


降りたのはいいが、ここは何もない場所だね。イケアとららぽーとがあるようで、ららぽーとへはシャトルバスが出ていた。

02_1510kbara.jpg


********************************************************
さて、駅を出ると見事なほどに何も無い。これじゃあ夜は危なっかしい。

03_1522kbara.jpg


この塀沿いの道を延々と15分くらい歩くと、さらに何もない場所に至り、あたりは一面の草原になった。

あたりは環境庁の野生動物保護区になっているので、お店も無いし、自販機すらおいていない。

ここは本当に東京か?

04_1692kbara.jpg


団地の中を迷いながら、やっと谷津バラ園にたどり着いたのだが、これはグーグル君のナビ間違いだね。所要時間25分。

05_2561kbara.jpg


帰路は京成谷津の方に向かったが、こちらのほうが駅近で、迷わずに2分で到着したよ。

06_2985kbara.jpg


バラ園の話は、またあした。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : バラが好き!   ジャンル : 趣味・実用

カリンニコフ交響曲No2 A major




アウローラ交響楽団の演奏会に出かける。

本日の演目は「カリンニコフ交響曲 第2番 イ長調」

ヴァシーリー・セルゲイェーヴィチ・カリンニコフは、帝政ロシアの1866年生まれである。スクリャービンやグラズノフ、ラフマニノフなどと同時期に活躍した作曲家・指揮者である。

01_225817karinnikov.jpg


ロシアでは好んで演奏されているが、欧米で演奏に取り上げられることは少ないようだ。

解説書によると「色彩的な管弦楽法による美しい民族的な旋律が多く用いられている」とあるのだが。。。

この文言解釈は正しいのかどうか。

どちらかというと祝典音楽的というか、いかにもロシアが好みそうな翼賛的音楽。

決してバルトークのルーマニア民俗舞曲のような民族的旋律の蒐集と分析を行ったものではなく、流行り歌を集めてきたようなもの。


さて、「カリンニコフ交響曲 第2番 イ長調」であるが、曲は4つの楽章から構成されている。

Mov.1 Moderato/Allegro non troppo
Mov.2 Andante cantabile
Mov.3 Allegro scherzando
Mov.4 Andante cantabile/Allegro vivo


第1楽章の行進曲風のテーマが印象的であり、これが全体を支配している。

ただ第3楽章スケルツォがいかにも終楽章的であり、締めをまとめている。

こういう音楽はよく中国とかで、紅衛兵を賛歌するような音楽で、なぜか多幸感な顔をした紅衛兵が行進しているアレだね。


[第3楽章スケルツォ]


おかげで第4楽章が始まると「あれ?次の曲?」という気持ちになってしまった。

おまけにその第4楽章は途中から第1楽章と全く同じ曲になっているので、よけい「アレ?やり直し?」と思わせられてしまう。

どうみても蛇足の第4楽章だった。


[第4楽章アンダンテ・カンタービレ]







JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : コンサート   ジャンル : 音楽

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR