東大医学部でタイマッサージ




東大ではいま五月祭の真っ最中。丸の内線を本郷三丁目で降りて「赤門」の方に歩いていきます。

01_2624thsepy.jpg
[赤門]

赤門から入ると正面が医学部になります。龍岡門側から入ると東大病院の敷地が広いので、医学部になかなかたどり着けません。

東大の医学部というのは、非常に古い施設なのであまり最新鋭な研究設備とは思えません。別の言い方をするとボロい。

その東大の医学部で、タイマッサージの医療への応用という発表をしていました。

02_2620thsepy.jpg

********************************************************

[研究の引用]
タイ古式セラピー

タイ古式セラピーはタイ医学の一分野であり、タイ医学とは、伝統的な処方、薬草学、助産婦学、古式マッサージの4分野からなる2500年に渡り継承されている伝統医療である。

タイ古式セラピーの特徴は
・全身へのアプローチ
・身体全体への体重移動を利用したアプローチ
・指、手の掌、肘、腕、膝、足裏などを臨機応変に使用
・圧とストレッチの巧みなブレンド
・流れるような安定したリズム感
などがあげられる。

タイ古式セラピーでは、横向け、うつ伏せ、仰向け、座位などの様々な体勢で施術をおこなう。

身体への影響について
・バランス調整-精神&身体の自律神経を整える
・活性化作用-深い呼吸を促し筋肉と関節周囲をほぐす
・気づきを促し-自身のコンディションに敏感になる
以上の3つの影響が考えられる。

これに基づき、パーキンソン病の治療などへの適応も研究できる。



ということで、タイマッサージが肩こりや足の疲れを取るというだけではなく、ホメオパシー医学、すなわち自己治癒力の喚起という代替医療の切り札として期待されるようです。


タイ古式マッサージは、古くて新しい医療として注目を集めつつあるようですね。

********************************************************
本日のお土産
本郷三丁目の三原堂の「大学最中」。あずきと白あんの二種類あります。
白あんは、少し柚子の香りがしていた。220円

昭和7年創業というから、80年ちかく東大の前でお菓子屋さんをしているお店です。

03_1912thsepy.jpg

甘さしっとりタイプなので、ちょっとだけ昭和の味がする(気のせい?)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理   ジャンル : 学問・文化・芸術

タイの小豆でこし餡を作ってみる




ウドムスックのマックスバリューで小豆が売っていた。75バーツ(240円)/400グラム
北海道産の小豆と比べるとだいたい1/3の価格である。
以前これでお萩を作ってみたが、まあまあの味になった。

粒餡については、タイでも探せばタイオリジナルが見つかる。しかしこし餡はどうだろう。イセタンにあったのは日本から輸入したものだったし、純正なタイのこし餡というのは見たことがないのかもしれない。セブンのパンにはこし餡があるものの、タイ製なのか中国製なのか日本からの輸入品なのかはわからない。

タイの小豆がこし餡は出来ないのか、タイ人がこし餡を好まないのか、単に餡職人が居ないだけなのか、それを検証してみよう。

そこで、タイの小豆からこし餡を作ってみることにします。

ここでこし餡の作り方をおさらい。

レシピ
1.小豆を煮て何度か湯こぼしをしてアクを取る。
2.皮が柔らかくなるまで煮る。
3.漉し器で小豆を濾す。
4.上澄みを捨てる。
5.何回か水を加えて静置して、上澄みを捨てる。
6.手拭いで餡を絞る。
7.60%くらいの砂糖を加えて、練りながら加熱する。
8.餡がゆるゆるになった頃に仕上げで塩を加える。
9.タッパに入れて冷蔵庫へ
10.食べる時に、餡と水と砂糖を加えて汁粉にする。


ここで砂糖については、こし餡ではザラメ、黒砂糖、メープルシロップ、水飴を加える。ゴマ餡では白ごまペーストに蜂蜜、きな粉を加える。

・・・と、なっている。

********************************************************
まずはステップ1は何度か湯こぼししてアク抜きを完了。
ステップ2については、圧力鍋に35分かけると十分柔らかくなった。

問題はステップ3から
漉し器で濾しても、小豆がペースト状になって漉しとれない。ほとんど目詰まりしてしまう。そこで方法を変えてフードプロセッサーでドロドロにして荒い目のシノアに入れて、上からスリコギで漉しとっていきます。

01_1821thazk.jpg
[シノア]

それでも濾しきれないので、残ったペーストは生ゴミ用のネットにいれて絞って濾します。この時点で結構荒い濾し方になってしまいます。

タイのアズキ澱粉の粒子サイズが大きいのかもしれない。それで漉し器で濾せないから肌理の細かいこし餡にならないものと考えられる。

少しザラ付くかもしれないが、作業を続けます。

ステップ5では、フードプロセッサーで裁断したので静置するとアズキの皮の断片が上の方に溜まっています。これを掬い取るようにデカンテーションを何度か繰り返します。

ここまでで餡子液は5リットルくらいになったので、ステップ6で手拭いで搾り取ります。和手拭いがあったのでこれを濡らしてザルに拡げ餡子液をお玉で入れながら絞っていきます。

力を入れて雑巾絞りをするようなあんばいでも餡が飛び出すようなことはありません。

絞りたてはオカラみたいになります。

02_1348thazk.jpg
[搾りたて餡]


さて、ここから企業秘密が一杯の世界なので、手探りでやるしかないのですが、最初の小豆が400グラムなので、グラニュー糖200、黒糖20、キビ糖20でやってみます。

03_1942thazk.jpg
[砂糖]


最初は固い粘土をこねているような状態だけど強火で加熱しながら木べらで練っていきます。これはけっこうな重労働。やがて水が出てきたら中火にします。沸騰すると熱い餡が吹っ飛んでくるので厚手の大きな鍋を使う方がいいでしょう。

04_2052thazk.jpg


練りあがりの状態というのは難しいのだが、味噌のような状態になったら塩を小さじ1/2ほど入れてよく混ぜて火を止めます。和菓子屋さんでは深夜に始まって朝方まで練っているのですが、それはあまりにもBLACKなので・・・

05_2053thazk.jpg



火を止めたらタッパに移し替えます。

06_2055thazk.jpg



さあ、肝心のお味の方はというと、ザラツクこともなくほんのり塩味でなかなか美味しくできました。業者さんのようにゴマペーストを入れるとテカリ具合も違ってくるのですが、こちらはシンプル&ヘルシー的な餡ですので、桜餅に入れたりすると良いかもしれない。


07_2453thazk.jpg
[これは買った桜餅]





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 手作りお菓子   ジャンル : グルメ

サティ「パラード」、ストラヴィンスキー「火の鳥」



水星交響楽団の55回定演にミューザ川崎シンフォニーホールへ行く。

本日の演目は
サティ バレエ音楽「パラード」
ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」


と近代のバレエ音楽の特集である。


最初に登場する「パラード」とは、原作:ジャン=コクトー、美術:パブロ=ピカソ、音楽:エリック=サティという1917年の当時としては極めて前衛的であり、実験的な作品である。


まず、ピカソのデザインした舞台衣装がとても前衛的。
この森のような人物とビルのような人物とが出てくる。
ピカソのゲルニカに描かれていた馬が出てくる。
こうした奇妙な人物だけかというと、普通の人間も出てくる。

01_du_ballet_Parade.jpg



音楽の方も前衛的である。
パレードのようなお祭り音楽が演奏されているかと思うと、タイプライターやらハイヒールの足音やらも出てくる。ピストルの音も混じっている。
パーカスとして外部音が入るというのはそう珍しいことでは無いが、突然のように入るというのは不思議な感じがする。



[Parade, 1917]

********************************************************
次の演目はストラヴィンスキーの「火の鳥」

サティとストラヴィンスキーとの組み合わせというのは不思議な感じもするが、ジャン=コクトーがバレエ「パラード」の音楽を最初に依頼しようとしたのはストラヴィンスキーの方だったらしい。

同時期にバレエ・リュス(ロシアバレエ団)の公演を介して活躍をした関係ということになる。

さて、「火の鳥」はもう少し前の時期の作品になるのだが、この「火の鳥」については以前より気になって仕方のないことがあった。

「火の鳥」の序奏部で、楽譜にはあるはずのコントラバスの半音階変調の3連符が聞こえないのだ。
JIMMYも歳なので、ピアニッシモのコントラバスの極低音などは聞こえなくなったのかもしれない。

02_sw1149.jpg



それともCDの録音が悪いのだろうか。YOUTUBEでもやはり聞こえない。


[火の鳥 序奏/Bernstein IPO]


生演奏ではちゃんと聞こえました。やはり録音状態か再生機器の問題だろう。極低音を弱音で再生するというのはブックシェルフのスピーカーでは無理かもしれないなぁ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : コンサート   ジャンル : 音楽

タイフェス代々木にはタイ人がいっぱい




5/13と14は代々木でタイフェスが開かれていた。

13日の方は大雨のうえにお昼頃池袋駅で電車が止まったので、人出は少なかったかもしれない(見てないけど)
そのためか14日の方はトンデモの人だかりなので、久々に人酔いしてしまった。



01_1146thfes.jpg


02_2602thfes.jpg


03_2604thfes.jpg


お店は食べ物屋さんが圧倒的に多くなっている気がする。
お値段はお釣りが出ないように、だいたいワンコインの500円(160THB)になっている。

タイの市場の価格と比べると160バーツのソムタムって何だよ~という気になるが、日本の弁当でも最低500円くらいだから安く感じてしまう。消費税の8%が無かったからやっぱり安いのだと思う。

出来たら食べ歩きをしたいところだけど、ものすごい人の列で、どこが先頭やら尻尾やらわからん。TDLみたいに「最後尾はこちら、〇分待ち」という看板が欲しい。

04_2604thfes.jpg


これはBTSの構内でよく見かけるミスターシェイク。これも500円。
バンコクにいるうちは何気なく飲んでいたのだが、こうしてみると特別な飲み物に見えてくる。

05_2605thfes.jpg


********************************************************

それにつけても、タイ人の多いこと。こんなに在日タイ人って多かったっけ。留学生のバイトとかも動員しているのだろうが、あちらこちらでタイ語と日本語を交えてしゃべりだす。
旅行中らしいタイ人はいなかったから、ほぼ長期滞在組か日本永住組かな。

06_1201thfes.jpg


歩いていると人通りの少ない一角になったが、ここに在日タイ人のサポートセンターがあった。

07_1204thfes.jpg


中を覗いてみると、タイ人のための法律相談やVISA相談をしているらしい。


08_1205thfes.jpg


日本語でも表示があった。生活水準や教育システムに関する相談や入管相談などを行っている。働き口が見つからなかった場合、フルーツカービング講師やタイ料理教室、ハーバルボールなどのタイ手芸品を作る職業訓練もするようだ。


09_1208thfes.jpg


日本人向けには職業相談会のように書いてあるのだが、タイ語交じりのパンフを読むと実はもっと切実で、人身売買取引被害にあった場合の相談のしかたとか、健康を損ねているが日本に医療費が高額なので病院にかかれないタイ人のための健康管理といったこと。
不法就労に関してタイ人は入管の摘発を恐れて雇用者のいいなりになることがあるが、不法就労助長罪というものもあるので相互に防止しないといけないというような話だった。

10_0905thfes.jpg

********************************************************

夕方まで待つとタイ航空とエアアジアの航空券が当たるという大抽選会があった。航空券が当たるというのでメインステージでは妙に盛り上がっていた。

3万円くらいの出費でここまで盛り上がるのなら、景品としてはなかなかいいものだ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : イベント   ジャンル : 学問・文化・芸術

森の中のバール「FATTORY」@ウドムスック




スクンヴィットのソイ66は、ほぼウドムスックの駅前である。

今日はソイ66にあるバールの「FATTORY」で夕涼みしよう。

01_1329fatry.jpg



場所は、以前行ったカフェ「ルート66」の向かいである。


ソイ66はideoMobiのショールームの角にあるソイである。

01_1636rocaf.jpg


このバール「FATTORY」は夕方17時~23時にオープンするのだが、土日は12時~14時にランチもやっているようだ。ずいぶん短い時間じゃないか。

02_1333fatry.jpg

03_1345fatry.jpg

お店の中はアールデコなアイテムがいっぱい。

ちょいとシャンソニエを連想してしまう。


[さくらんぼの実る頃/加藤登紀子Le Temps des cerises Tokiko Katho]


💛 💙 💜 💗 💛 💙 💜 💗


通してもらった席は、昔懐かしSINGERミシンの台だった。でもミシンペダルは踏んでも動かない(当然か)

04_1817fatry.jpg



水の音がすると思ったら、目の前に水の流れるオブジェがある。
二階に通じる階段は飾りだから歩けないようだ。

05_1823fatry.jpg



料理はハンバーグ。う~ん。旨いことは旨いとは思うんだが。
こじゃれているから、ガッツリ食べるには不向きです。
ビールもシンハの小瓶しかないな。リオもあったけど。


06_1835fatry.jpg


この子が料理を運んでくれました(うそ)
各テーブルを順にまわってお相手をしてくれてます。

07_1843fatry.jpg



特に賑やかな音楽が掛かっている訳ではなく、話し声が大きい訳でもない。
静かに思い思いのひと時を過ごせるそんなバールだね。
「飲み屋」というよりは、「喫茶カフェ」




どうです?ウドムスック。

タイの下町の雑踏かと思ったら、こんなアーバンライフなスタイルのお店もある色々バラエティ豊かな街でしょう。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR